「動物の幸せを結ぶ会」---里親通信&活動報告---

里親探しボランティアサイト「動物の幸せを結ぶ会」の活動報告を掲載するコンテンツです。

飼い主のいない猫さんの避妊・去勢手術2匹

2019年03月24日 | 活動のご報告

飼い主のいない猫さんの手術2匹 (メス1匹・オス1匹3月19日捕獲・20日手術・21日退院)


この記事をはてなブックマークに追加

迷子犬・ベルちゃん捜索にご協力ください

2019年03月20日 | ラック

蓮田市から迷子になった犬を捜している飼い主さんが居ます・

3ヶ月が過ぎました。どんな小さな情報も助かります。

宜しくお願い致します。

詳細

老犬15才・オス・体重16キロ・雑種・中型犬・白色に茶色のブチ・

ベルちゃん

特徴 片方の耳が半分 折れている

昨年2018年12月17日より

お散歩の途中・リードが手から離れてしまったそうです。

飼い主さんは必死で捜しています。

この犬を見かけた方・保護して居る方がいらっしゃいましたら至急ご連絡ください。

どうぞ宜しくお願い致します。

連絡先・090-2432-1852   加藤まで

連絡先・090-3080-5119  佐藤まで


この記事をはてなブックマークに追加

飼い主の居ない猫さんの去勢手術とケガ治療しました

2019年03月18日 | 活動のご報告

飼い主のいない猫さんの去勢手術とケガの治療もしていただきました。(3月18日)

一度戻すと新たに捕獲する事が難しいのでケガが良くなるまでの期間2週間、保護する事にしました。

2週間分の化膿止め注射をしていただきました。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

里親様よりナナちゃんの訃報のお知らせです

2019年03月16日 | 天国の家族

ナナちゃんが旅立ちました、ご家族の皆様に深く愛されてとても幸せそうでした。

ブリーダー崩壊で助けた犬です、衰弱しきって死ぬ寸前のようでした。

目を背けるほど哀れな姿でしたがお優しいご家族様に助けていただきまして

ナナちゃん幸せそのものでした。

里親様には心より感謝申し上げます、有り難うございました。

加藤様へ

今朝、ナナは永遠の眠りにつきました。(3月8日
抗がん剤治療を始めて腫瘍は小さくなり、もう少しナナとの暮らしが続くものと思っておりましたが残念です。
加藤様にも色々と心遣い頂きありがとうございました。心より感謝申し上げます。                         

 

 

 3月13日荼毘に伏してまいりました。とても辛い病気から解放されてお空の上で楽しく過していると思います。

ナナは東日本大震災のあった3月に我が家に来てから8年間とても楽しい思い出を沢山残してくれました。

有り難うございました、感謝申し上げます。


 


この記事をはてなブックマークに追加

飼い主のいない猫さん、避妊手術

2019年03月16日 | 活動のご報告

ノラ猫さん避妊手術 2匹

3月14日捕獲・15日手術・16日オス猫は元の場所へもどしました。

メス猫は少し雨が降り、寒いため2泊させてから元の場所へ戻します。(17日)

オスは麻酔を掛けてから去勢手術をしてあることが分かりました。

獣医さんより電話を頂きまして、手術が済んでいることのお知らせを頂きました。

耳カットしていただき、私共で1泊させて元の場所へ戻しました。

黒色オス

 

白い猫メス

 


この記事をはてなブックマークに追加

子猫保護しました・親子猫

2019年03月16日 | 猫を保護しました

 子猫保護 メス はるかちゃん(2月5日保護)

親子猫の子猫、この写真の時より2ヶ月後に保護、大きくなりました。

風邪治療に2ヶ月掛りました。

検便3回、ワクチン1回済み、血液検査(両方とも陰性でした)。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

子ねこを守る母ねこ

2019年03月09日 | 猫を保護しました

 母ねこが子ねこを連れて、草むらに逃げる姿をみて胸が詰まりました。

ノラ猫さんの避妊手術の現場に行きましたとき、まだ小さな子猫が母猫について一緒に逃げる

その姿を見て胸が詰まりました。2018年11月18日写真、親猫の横に子猫。

母猫を捕獲した場合、獣医さんから戻る迄3日間掛ります。

その間この子猫がお母さんを捜すのは間違いないです。

寒い夜1匹で過ごせるだろうか、餌を食べられるだろうか、

考えてしまいます。無理する事をやめてこの辺りの他の猫の手術を優先しました。

餌やりさんが数人皆で子猫を守って下さいましたので最後に親猫の避妊手術が出来て助かりました。

 

飼い主の居ない猫の避妊、去勢手術をする事は増やさない為に行います。

好きな人も居れば嫌いな人も居ます。あまり好きでは無いがそっと見守りたいという人も僅かに居ます。

生まれて増えれば不幸になる、それなら増やさない方法として、今のところ避妊・去勢手術しかありません。

手術をするのは人間の勝手で可愛そうという人も居ます。

行政での犬の殺処分はかなり減りましたが、猫の殺処分は減りません。猫を産ませて捨てる人があまりにも多いです。

私たち人間の問題だと思います。

飼い主のいないノラ猫と呼ばれる猫たちは余りにも不憫でなりません。

人によってノラ猫にされてしまった猫たちの避妊手術のために運搬をしていただける方捜しています。ご連絡下さい、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加