真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール
(最新HbA1c5.8/2018.1)

コメント返信について~逃げ恥の刑

2018年01月14日 | コメント返信について

どーも、プーカプカです。

 

先に周知したとおり、レシピ等の質問に対する返信コメントのみで運用していく期間をもうけさせて頂いております。

コメント欄を閉じるときは、ブログを辞める時だと決めているので、コメント機能はそのままにしています。

皆様からのコメントは、メールで飛んでくるので、いつも嬉しく拝見しております。

 

質問には回答していきたい、とは申しましたが、コメント運用の趣旨であるところの、

なんと返答するのが適切で

且つ自身のコンプライアンス感覚と誠実の落としどころであり

そしてえいやーっと一刺しできるのか

なーんてことを考える事で生活の時間を蝕まれたくない

に引っ掛かる案件には、質問形式でコメント頂きましても、回答はいたしません。

 

内容はともかく、じつに残念なモノイイをする方と遭遇したならば、そのお気の毒な方とは縁を結ばないようにする実生活と同じ基準で、ネットの闇を浮かんで沈んで。

三十六計逃げるに如かず

そんなドラマが流行りましたね←見てないけど

コメント (5)

今後のコメント返信について

2017年11月11日 | コメント返信について

どーも、プーカプカです。

 

 

たいへん恐縮ではございますが、今後のコメント返信について、一筆したためておきます。

今朝現在で、13コメント頂いており、全てに返信できれば勿論ベストなのですが、いかんせん、手が回りません←四十肩で、文字通りにも手が後ろに回りません(汗)

この先、5月頃までは、仕事で手が回らない状況が確定しております。

よって、レシピ等の質問に対する返信コメントのみで運用していく期間がございます。

 

コメント欄を閉じるときは、ブログを辞める時だと決めているので、コメント機能はそのままにしておきます。

皆様からのコメントは、メールで飛んでくるので、いつも嬉しく拝見しております。

時には、柿の種に手が伸びそうになるプーカプカを、思いとどまる絶好のタイミングで、「血糖値コントロール頑張ってますね~」という有り難いメールが届く事もございます(笑)

 

 

皆様に褒めて伸ばして頂いて、自分ばっかり得しておきながら勝手な申し分ではございますが、エネルギーの配分を考えた時に、

生活を維持する事>その為にはブログを続ける事>コメント返信

という順序を付けざるを得ないところまで来てしまいました。

 

自分の血糖値コントロール生活において、皆様の温かいコメントが果たした役割は大きいです。

↑ こんな人間だった事を忘れないように、日々、過ごしていくために、食事写真や情報生地の更新は務めておこないます。

 

あつかましく繰り返しますが、皆様からのコメントは、いつも大変嬉しく拝見しており、褒められて調子に乗って頑張っちゃって健康を維持できており、感謝の気持ちで一杯でございます。

返信できないけど、書いてくれると嬉しい

などと、口が裂けても云えません(が、手が勝手に書いております)

とっても厳しい情勢なんですが、親を見送るまでは頑張って働きます…

 

ご馳走様でした。

ちゃう、ご清聴ありがとうございました。

コメント (7)

ところで付き

2017年10月02日 | コメント返信について

どーも。プーカプカです。

 

日曜の朝ごはん

 

昼ごはん

日曜は、市の委託を受けたボランティア講義。

この日で98回目…100を目指してテンションアップだ!と、新作おからパンを全部、持って行こうとしたら入らなかった(笑)

 

晩ごはん

激安スーパーのタイムセール、はまち230円。

これまで刺身は、糸寒天をサラダ麺ふうに敷いたりする程度だったけど、ご飯のようなものと一緒に食べる状況を再現してみようかと。

高野豆腐を水に浸けておいて、水分を吸ったらそのまま引き上げ、絞ったりせずに電子レンジで3分。

ふっかふかの布団のようになります。

うん、刺身のお供は、この高野豆腐メシが合うね。

カレーや丼系なんかも、一見、おから餅が合いそうだけど、高野豆腐の方が美味しいかも。

 

ところで、先日のブログで「これではイカン」と対応を自省してみたコメントの件でございますが…(突然、ランキングがどうとか書かれたやつです)

「いつやるの?今でしょ」で有名な林先生の記事を読んだ事で、ココロが定まりました。

 

(以下、林先生の記事からの引用)

向こうがどういう状況でこういうことを言ってるのか、ということをきちんと調べられたうえで、状況を整理して、そして決して高ぶらせることなく『これについては、私たちは何も間違ったことをしていない』と、堂々と発表された。

こういう姿を見せることが、ぼくは教育だと思うんです。

(引用、ここまで)

 

わざわざ調べて状況を整理するような事はしませんけども…

ごく普通の人間が、ごく普通に糖質制限をし、ごく普通に社会を生きている

そういう姿をさらす事で、少しでも血糖値コントロールの参考にして頂ける事があれば、それは自分自身の助けにもなる感情が沸いてくる、という…

ある意味では読者の皆様を利用して、自分もまた利を得ているのですから、分からない時は「あらー、全然意味が分かりませーん」と、サラっと流して、以後はコメント欄で突っかからない方針とします。

3年もやってて、なんて純真(笑)

コメント (9)