真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール
(最新HbA1c5.8/2018.1)

をを~っとバナナ

2018年06月24日 | 災害備蓄

どーも、プーカプカです。

 

先日の地震の際に、電車通勤区間の一部を徒歩で帰る事になった若い子に、ソイジョイを数本もたせたので、在庫補充で久々に買い足した。

ソイジョイ・クリスピータイプに、バナナ味が出ていたのを知らなかった~

3月発売だった模様。

 

地震当日にもバナナ味を1本買っていたので、晩ごはんに食べてみたところ…

ををっと

バナナや ←あたりまえ

思いもよらないレベルでバナナ感

ま、バナナ嫌いの人は買わないであろうから良いとして、バナナらぶラブーって人でないと、ちょっとご遠慮レベルでバナナ感ハンパねぇ

 

これは、災害時に1本あれば、かなり満足でける(もう1本食べたいとは思わない)、エェんとちゃう?←なんでや

というわけで、買い足したのであります。

ま、備えあっても憂い有り、ですけど、出来る事をやっていなかったという感情は自身を貶めて他の様々な災害時の負の感情と相まって、よろしくない血糖値の動きに繋がるかと存じますので、出来る事はやっておいたのだからシャーないカカカっと

コメント

企業戦士グニャリ

2018年06月18日 | 災害備蓄

どーも、うっかりと、特命事項たる業務に備えて早朝から勤労しておった為に、地震後、防災管理部門が入るビルに移動して仕事に追われるハメになったプーカプカです。

 

朝から晩まで、恐ろしい加齢臭を振りまきながら(涙)

もぉ首タオルですよ、奥さん

 

コメント欄で安否、生活面等を気遣って頂き、感謝申し上げます。 

この度の地震の特徴は、非常に限定された地域に大きな被害が出ているという点にございますが、大阪全体のインフラ、物流等を考えるに、この後予想される南海・東南海連動の大地震に備える為の、得がたき経験の一つではあったと存じます。

失われた幼い命を、この先の大勢の児童・生徒の救命に繋げる事が、我々の社会的役割だと強く心を引き締める地震でございました。

 

災害備蓄について、も一度、リンクしておきます

このたびの地震は本震ではない恐れもあるので…

 

地震の1分後に遭遇した駅売店(大阪メトロはローソンなのだ!)で、ブランのドーナツをババっとひっつかみ、買って移動しました。

今思えば、もっと買っておけばよかった。

無駄になってもいいから、帰宅できない想定で買い物するクセをつけないとアカンなぁ。

気が利いてるようで、やはり動転している部分があったのか。

 

 

ファミリーマートの「ひとくち手割りカリカリ梅」は1袋で炭水化物3.7g

ソイジョイクリスピー ホワイトマカダミアは、ソイジョイ史上?最少糖質5.9g

初めて見たクリスピーのバナナ味は糖質7.1g

 

皆さまには、地震の直後には「動転して、常とは違う低い判断力、鈍い即応性」の状態に置かれるということを、何度もイメージなさって、条件反射の行動反復練習をオススメします。

そうすれば、ウチの母のように、揺れが完全に納まった後になってから、壁に頭からぶつかって、デコにミミズバレを作り、氷嚢で冷やす必要もなくなります。

えぇ、NHKカウントのけが人398人だかには含まれておりませんとも。

 

ゆれたら、まずしゃがむ。

机などのもぐり込む場所がなかったら、アタマを防護しながら、ガラスではない壁際に移動する。

その際は、天井を睨みつけながら。

商業施設、駅なども通路等、天上からの落下物は多いですよ。

揺れが収まって、立ち上がって動き始める時、あなたの足腰は、自分が思う以上に動揺して震えており、そして思考と手足の動作は一致しないものです。

 

安全が担保された机の下や、壁際に居る場合は、まずは座り込んで、腹式呼吸をゆっくり数回して、他の人の動作を目から脳に伝えて、情報処理回路が自分のなかで繋がって初めて、自分の動作に移りましょう。

このたびの地震で、冷静に見ていると(被災経験豊富なもんで)、本当に滑稽で危険な行動を、地震発生直後に行う人々の多いこと、ハラハラしました。

しゃがんで、アタマ守って、もぐるか隅に寄る。

これは反復練習あるのみです!

コメント (2)

災害備蓄、余談

2018年03月10日 | 災害備蓄

どーも、プーカプカです。

 

いま、お腹の中が真っ黒なので<をい

タイトルに限った内容だけ書いて去ります

 

先日、災害備蓄について再びまとて書いたのですが、その時に敢えて入れなかった食品がございます。

(楽天市場検索画面から)

 

蒸し大豆で認識されている状態の豆です。

昔はよく、缶詰入りで買っていました。

今でも「豆+ドライパック」で検索すると出てきます。

最近はスーパーでも見かけない商品ですが、自分は以前、兵庫県に住んでいたので、生活協同組合コープが強い地域でもあり、神戸コープのドライパック缶は普通に売られていた記憶が…

 

黒豆タイプとか、えんどう豆、ひよこ豆、色々あったな。

なぜ災害備蓄から外したか、というとですね。

 

美味いんだな、これが。

えぇ、それはもう、ホクホクと、甘味もほんのりあって、塩ふったりなんかしたら手は止まらず…

過剰なほどに美味しいドライパックは、備蓄に成り得ず、買ったそばから次々食べてしまう(爆)

 

そして、これは個人差が大きいと存じますが、自分の場合、ドライパック大豆を1缶とか一気に食べると、翌日あたり、腸内にガスが発生します。

生成されたものは、出さなければなりません。

避難所では大いに困惑します。←どんな顔して入力ちう

 

でも安いし、美味しいし、日持ちするし、主食になるし、備蓄向きです。

●平常時におやつ代わりに食べつくしてしまわないオトナな精神力

●災害時に消化能力に応じて少しずつ食べる我慢が可能な精神力

をお持ちの方には、おおいに薦めます

コメント

もう一度考える、災害備蓄

2018年03月04日 | 災害備蓄

どーも、プーカプカです。

 

もうすぐ震災7年目が巡ってまいります。

自分は、災害の種類は違えど、自分と実家と2度の被災をしているので、「災害は実際に起こり自身にふりかかるモノ」という思考が出来ますが、普通は、正常化バイアスという心理的現象により、なかなか踏み込んだ考えには至らないかと存じます。

備えとは、7割がお金で、2割が想像力で、1割が物資かな~ ←ミモふフタもナイ

 

血糖値を管理したい人間にとって、災害時の食料は大きな心配事。

過去のブログでも、糖質制限の経験が深まるにつれて変化していった備蓄内容に触れました。

災害備蓄の再考  買い溜めましょう、その日の為に

 

それらの内容と重複しますが、今の自分が思っている災害時の食料について、書いておきたいと思いました。

というのも、先月、糖質制限の災害備蓄について広く語り掛けるような場にコメントをしたところ、参加者の一人から、糖質制限ちゃんとやってないやろすっこんどれー的に否定されまして、そこの管理者に迷惑をかけないよう反論せずに沈黙したのです。

 

糖質制限でけとらんやろ、とは、よう云うた

ま、そこはえぇのん。<エェのか

 

災害の備えとは、想像力(と財力)です。

自分以外の誰かが言ってる事を、なんでそういう事を言ったのか想像して、自分に適用できるんか、そうするメリットや損益分岐点はどうなんか、色々考えて、自分には不要やと思われる情報でも、それが必要な人間も居るやろし、とりあえず情報出してきただけでも、何もせんよりマシやんかーありがとさーん

というような人間力が、災害時に己を助けると存じます。

 

自分は、自宅と職場(災害時には職場に泊まり込むので)、両方に食糧を備蓄する必要があり、備蓄を始めた最初の頃の派手な内容から、思考を重ねて、このように落ち着きました。

●高野豆腐 1日1箱目安

●インスタント味噌汁 1日5個目安

●ツナ缶 1日3缶目安と、マヨネーズ1本

●焼き海苔

●あればソイジョイのチョコ味 1日2本目安

賞味期限の少し前に、新しいストックと入れ替えて、日常の食料として使っています。

普段使わない食材は、ストックのローリングが上手くできないので、最初の1回だけで終わってしまいがち。



災害時は、異常な状態なので空腹感も常とは違い、発生当初は最小限の量でも苦痛ではありません(経験者)

また集団の中で過ごす事を想定して、周囲の嫉妬を煽らない地味な食べ物を。

そしてストック入替が用意で安価、水だけで食べられる状態になるものを。



上に書いた内容は、あくまでも被災当初3日間程度の為の備蓄です。

最初の3日間位は、自治体から食糧が手当されたとしても、2人で菓子パン1個とか、おにぎりだけとか、そんなもん。

その期間は、やる事も多いし、ストレスMAXだし、パニクッてもいるし、ともかく食べて動ける状態にしておきたいもの。

 

4日目以降、長期戦であったり、自宅に戻れなかったり、また自宅でもなく職場でもない場所で被災した場合に、どうするか。

糖質制限推奨ドクターの第一人者である江部医師も述べていたのですが、それには分食が有効です。

自分の職場の先輩も、妊娠糖尿病の時期を、1日5分食に分ける事で、体重と数値を減らす事ができたと言っておりました。

 

よく登場する図ですが

食後2~3時間で、食事の影響が消えると考えて(糖尿病発症者の場合です)、1日3食分を6回くらいに分食すればいいわけです。

おにぎりとか、菓子パンしか配給が無かったとしても、一般的なそれらの糖質量は60~70g位までの商品が殆どですから、一度に食べずに分割しましょう、という方法。

被災のストレスで、空腹時血糖値も上がっているハズですが、実行不可能な事を並べ立てても仕方ないので。

 

災害の備えとは、想像力(と現金)と、その場にあるもので乗り切る胆力です。

避難先に持って行ける1か月分以上の低糖質食糧なんて非現実的な望み。

自宅で3日間耐え忍べば済む程度の災害であれば、なんてラッキーだったんだ、という事だと存じます。

 

一番最初に備蓄に取り掛かる時は、まずは、手持ちの食品(普段の、ね)を全部並べてみる。

賞味期限をマジック等で大書きすると、取り組みやすいです。

どういう食品が好みなのか。

ついつい賞味期限を超えてしまう、あんまり食べないモノは何か。

自分の家に、どれくらいの食材が眠っている(或いは死んでいる…)のか。

 

想定日数と、品目と、基本個数を決めたら、あとは「使ったら買い足す」をしばらく意識して続けると、そのうち意識しなくても在庫が回るようになります←なりませんかね

皆さんも生きた在庫とあられん事を 

(参考)

コチラのブログも大変参考になります。

災害時の糖質制限

コメント (3)

買い溜めましょう、その日の為に

2017年10月14日 | 災害備蓄

どーも、プーカプカです。

 

先日、派手にスッ転びまして…

それで、今後は、災害備蓄以外にも、病気や怪我や、年齢的にぎっくり腰!?も視野に入れて、家庭内(と、自分は職場にも)、備蓄食料を増やす傾向で行こうと存じます。

 

過去にも何度か備蓄品について書きましたが、現在のミニマム最強セットはこれかな。

糖質量の少なさは大前提として、

 1)お腹が満たされて

 2)タンパク質がとれて

 3)水があれば食べられる状態になって

 4)便秘も防げる食物繊維量で

 5)他人の嫉妬を煽らない内容←避難所では意外にコレ、大事になってきます…

 

職場用には、百円ショップの投げ売りを買占めました。

ランチを作れなかった時や、残業時に食べたりも。

明星 ローカーボヌードル

糖質11gちょいです。

しかしコレは、避難所では嫉妬を煽るかも(笑)

 

3個パック270円だった品。

グリコ カレー職人って、レトルトの中では糖質が凄く少ないのです。

それが備蓄用になってる!!

炭水化物(=ほぼ糖質と解釈)12.2gです。

避難所だとニオイで嫉妬を煽るかも? 

 

こっちはコッソリ食べられそうです。水戻しの高野豆腐と合わせやすいですね。

(公式リリースから)

同じはごろもフーズの、魚を使ったパスタソース。賞味期限が缶詰並み。

全部で10種類になったとのこと。

 

これもコッソリ食べられる… 

腹持ちも良いです。

 

自宅9本、職場9本を基本個数として、減ったら買い足してます。 

 

ふるさと納税1万円で160枚の焼き海苔がいただけます。これは避難所でも嫉妬を煽らないかも(笑)

 

百円ショップのおつまみ。

結構、かんばしい匂いがするので、大規模避難所とかでは難しいかな?

 

職場の公式備蓄品。

肉じゃが(糖質22.1g)、さば味噌煮(糖質9.9g)、筑前煮(糖質17.9g)

3日間、配布されます。市民の皆様も収容する事になっているので、かなり大量に保管しています。

 

備蓄品の過去写真を探していたら、自分の書いた記事もみつけました。

買い溜めちゃってるブログ

それに書いていたスープは、長期保存用のものです。

実家に毎年お年賀で持って行って、病気の時にも食べてもらって、賞味期限を回転しています、

糖質量は下記のとおり。

トマトスープ 10.2g かぼちゃスープ 13.1g 豆のスープ 12.6g

 

たまーに激安スーパーが68円とかで売り出すコレ…

美味しいけれど、お腹にガスが溜まりますので(爆)、避難所では後々困る事態に!?

 

そしてイオンなどで、よく安売りしているコチラ。

水戻しの高野豆腐と合わせやすいですね。3箱とか5箱で●●円!というセールになっている事が多いです。

 

無調整豆乳と高野豆腐は、基本個数を決めて、使ったら買い足すようにしています。

 

糖質制限開始直後は、こんな感じで備蓄してましたが…

これだと、普段食べない食材も多いので、賞味期限が近づいてきたら一気に消費する必要に迫られます。

それよりも、普段の食材の中で、賞味期限の長いモノ、簡単に食べられるモノをピックアップして、基本個数を決めて、在庫を一定数で回転させる、という方法が、あまり負担にならない遣り方だと存じます。

 

なので、もうこういう事はいたしません(笑)

あれば食べるから←いくつになってもココロは子供

 

これはいくらあっても、好き放題に食べたりしません。

糸寒天。レトルト惣菜と合わせやすいですね。

ブログに登場する頻度で食べていると、1kg8千円程度で、4か月くらいで食べてます。

賞味期限は2年くらいあったと思う。

 

一番最初に備蓄に取り掛かる時は、まずは、手持ちの食品(普段の、ね)を全部並べてみる。

賞味期限をマジック等で大書きすると、取り組みやすいです。

 

どういう食品が好みなのか。

ついつい賞味期限を超えてしまう、あんまり食べないモノは何か。

自分の家に、どれくらいの食材が眠っている(或いは死んでいる…)のか。

 

そして、想定日数と、品目と、基本個数を決めたら、あとは「使ったら買い足す」をしばらく意識して続けると、そのうち意識しなくても在庫が回るようになります←なりませんかね

自分の場合は、災害想定というよりも、どっちかというとギックリ腰想定?罹ったことのないインフルエンザ想定?かな。

皆さんも生きた在庫とあられん事を!←いま、死蔵品の高野豆腐と共に生活ちう(笑)

 

(参考)

コチラのブログも大変参考になります。

災害時の糖質制限

コメント (3)

都民はケーキを、その他はカレーで

2017年09月06日 | 災害備蓄

どーも、プーカプカです。

 

業務用スーパーに寄ったら、こんなものが。

3つ入って270円の大特価でした。

グリコ カレー職人って、レトルトの中では糖質が凄く少ないのです。

それが備蓄用になってる!!

炭水化物(=ほぼ糖質と解釈)12.2gです。

これと、高野豆腐を日常的に使いまわしてストック多めに持っておけば、いざという時に、数日もちこたえられるかと。

 

しかし!!

都民の皆さん(及びハマの住人)につきましては、カレーなんぞに目をくれなくてよろしい。

 

地方民垂涎の、ぶどうの木から、糖質オフシリーズ第三弾(いつの間に!?)、しかも5種類ものケーキ類が発売になるそうですよ~

公式リリースが出ていないので、ニュースサイトをご覧ください。

 

今、販売されているのはコチラの公式ページですね。定番の白ららも糖質オフが出ています。

生菓子は都内と横浜でしか買えないようです。

 

運営会社のグレープストーンから出ている焼き菓子類は、栄養成分表示がちゃんとされているので、食べようと思えばチャレンジできるのが、本当にご誠実で、ご立派で、感謝申し上げたいところ。

商品に自信があるんだろうなぁ、と存じます。

ヨックモックなんかも、成分表示が徹底してるよね。

いつでも数値を開示できる、そんな誠実で立派で清廉な人間でありたい…けど、前回の血液検査から5か月目、まだまだ引っ張るプーカプカでした<さっさと行け

コメント (4)

災害備蓄の再考

2017年03月13日 | 災害備蓄

どーも。糖質制限3年目のプーカプカです。

 

煩悩の塊だった1~2年目を駆け抜け、今やすっかり枯れ木状態。

大規模災害に怯えてソイジョイとかアホほど買い溜めていたあの頃…

時節柄、ちょっと再考してみましたよ、災害備蓄食料について。

 

気が付いたんです、やっと。

日常的に消費している食糧を、少し在庫多めに持っていて、賞味期限内でクルクル廻していく事が、一番続くやり方だなぁ、と。

はよ気付けやって感じですが…

 

高野豆腐、最強だと存じます。日持ちするし、安いし。主食になります。便秘予防にもなります←災害時、これ大事

賞味期限が重ならないように、少しずつ買い足していきましょう。

インスタント味噌汁は、高野豆腐を入れるか、水で戻した高野豆腐に塗りつけて食べてもエェですよん。焼きおにぎり感覚?

災害時は味覚も異常ですから、そんなもんでもエェんです。

あと、ビタミンとか微量栄養素の為にも焼き海苔。旨味もあるし、じわーっと癒されます。<無理です

 

実はプーカプカ、ツナ缶が得意ではありません…が、糖質量と値段と賞味期限を考えると、ツナ缶最強でした。

スープタイプのツナ缶を備蓄してて、ふと、カロリー全然足りへんやんかー、と気付いて、オイル漬けも買い足しております。

高野豆腐でサンドして食べるか、海苔で巻くか…

 

だしの素的な商品も1箱あると、随分心の余裕が違うと思います。

水で溶いて飲むだけで、じわーっと元気が出そう。

写真のかつおだしは頂き物ですが、プーカプカのお薦めは(関西人なもんで)値段的にもヒガシマルうどんスープの素がイチオシです。

 

今回の写真の量で3日分くらいでしょうか。

自宅と職場に配備しております。

あとは水やね。普段は水道水なので←衝撃の告白!?

ペットボトルの水を、賞味期限切らさずに上手に回転させていくのが最大の難所です

 

あとは、ソイジョイを7~8本前後、自宅と職場に…

賞味期限が迫ってきたら、残業する若者に差し入れたりしてます。自分では、もうそんなに食べなくなったなぁ。

糖質制限初期の頃の、備蓄ぶりから考えると、ほんと、簡素になって参りました。

以上、参考になりましたら幸いでございます。

コメント

喰ってまうで

2016年11月16日 | 災害備蓄

どーも。激しく防災訓練してきたプーカプカです。

本気でやりますからね、うちの社は。

なにしろ、東日本大震災以降の政府の方針で、近隣避難住民の皆様を収容し、一定期間は保護しないといけませんから、昔と違って、その訓練も重要なのです。

 

で、初めて「一般市民の分も含めた備蓄食料を、配布する訓練兼ねた、試食の為の配給訓練が行われました。

いずれも糖質量80~84g程度。

 

肉じゃが(糖質22.1g)、さば味噌煮(糖質9.9g)、筑前煮(糖質17.9g)

 

おやつ?の、かんぱん(糖質88.5g)

以上に、水3リットルが加わって、1日分のスタッフ食糧となります。

 

配給食糧では、完全に血糖値がアウトの自分であります。

だから職場に自分用の備蓄食料を置いているんですが、チェックしたら全然足りなかった。

ソイジョイは倍に増やさないとアカン。

高野豆腐もあと2箱増やして、インスタント味噌汁5~6食分も。そこにぶち込んで食べる。

マヨネーズ1本、置いとこうかな。非常時はそんなに空腹感ナイとはいえ、一般市民のお世話などで最低でも三日間は社屋を離れられないと思うので、エネルギーになる物が必要。

ナッツ類と高カカオのチョコもあるといいかも。←備蓄、できずに喰ってまいそう

上手に回していく工夫をしたいと思います。

コメント (2)

彼のテンションはカレーが上げている

2016年07月02日 | 災害備蓄

どーも。朝から激安スーパーに参戦してきたプーカプカです。

 

しおサバ 1パック150円
椎茸 1パック98円
高野豆腐 8個入158円

高野豆腐は、今年になってハッキリと値上がりが実感できた食品です。

糖質制限を始めたころは10個入168円とかで買えたのに、今では同じ商品が238円、特売でも8個入り158円が底値です。

 

炭酸水 これはいつでも64円
無調整豆乳 1リットル138円

豆乳138円は、多分底値中の底値←なんやソノ表現は

普通の甘くした豆乳や、ココア味なども同じ値段で並びますが、無調整豆乳から売れていくので、朝からはせ参じた次第。

四十肩なので、スーツケースで行きました(笑)

 

食品の殆どは買ってきたら消費期限を書き殴るようにしてます

これで備蓄食料の在庫も一段落といった感じになりました。

 

そういえば、職場の防災担当官が、新しい備蓄食料の大試食会を繰り広げていたのですが、水だけで戻せるピラフとか、缶入りパンとか、かなり美味しくなってるようです。

そんな中で、防災担当、大きな声で云ってました。

「カレーはテンション上がりますからね。是非、来年度からメニューに入れていきたいですね」

 

そうなの!?カレーはテンション上がるんかぃ

そういうわけで、弊社に避難されていらっしゃる市民の皆様には(避難指定ビルに認定されているので…)、レベルの高い白ご飯とカレーセットが供されますよ。乞うご期待<ちゃうやろ

え゛っ、糖尿人はって?

そらぁ、自分で備蓄するしかナイやろと、思います。

そういうわけで、職場にも高野豆腐の箱(笑)

カレーは有り難く頂いて、高野豆腐を浸けて食べようと思います。あとはソイジョイ20本を常備してるので、3~4日間は社内にとどまって指揮とれると存じます。

あ、でも四十肩やった

コメント

災害の備え、再考

2016年04月16日 | 災害備蓄

どーも。地震の報道にクギ付けのプーカプカです。

 

しかしアレですね。

被災地は殆どが停電中ですから、報道番組は、被災地への語りかけよりも、視聴者への諸注意事項を流したほうがいいと思います。

 ●被災者を助けたいという気持ちは、全て現金で!
 ●被災地に物資を送る行為よりも、全て現金で!
 ●被災地で活動したいと思ったら、遠隔地の自治体に設けられる災害救助対策チームへ連絡!

こういう事を、アナウンスして欲しいなぁ。

 

自分は阪神大震災の時に、被災地の真っただ中で生活をし、仕事をし、当時の人間関係の7割位がそこに集中していました。

あの時は、都市型大規模災害の先例が無くて、自衛隊の救助ですら「知事がその要を判断して、国に要請を出してから初めて自衛隊の出動が可能となる」状況だったんです。

あれから長い年月で、哀しくも経験を積んだ日本社会は、例えば最初の地震発生の14日夜は、2時間後には、災害協定を結んでいる大阪市の警官隊120名規模が、熊本へ向けて出発しています。

また、被災地の外側で行政機能等をバックアップする必要性を強く認識した先の大震災により、九州と提携している広域連合(関西では担当県:兵庫)が、先方の広域連合事務局:大分県へ、知事クラスへの御用聞き3名を、これまた地震当夜には派遣しています。

今回、なかなか感心した大阪府の発表

 

どの方のお住まいの自治体でも、同じような組織体制を敷いていると思われますので、その遠隔地に置かれている災害対策チームを通して、お金と、労力提供の意思を伝えるのが、最も被災地の為になると思います。

スーパーの経営者とかでもない限り、個人ができる援助は、お金なんですよ!!(労力だって、お金に支えられて成り立ちますし)

今の段階では、個人の援助はお金に集中して、距離をもって見守った方が良いと思います。

 

一方、血糖値ハイホーな自分の防災体制を考えてみますと、災害から十日間程度は、自己責任で血糖値をコントロールしないとアカンやろなぁ、と思っています。

特に自分は、大規模災害になれば、自宅も実家も放棄して、職場に缶詰になる事が予想されるので(国の非常事態には民間企業ながら召集される法律になってます)、職場にも自分用の備えをしなければ。

 

高野豆腐と、ソース系レトルト食品と、ソイジョイを3本柱に、もう一度、賞味期限など加味しながら、どうすれば災害時に自分が最大限活動できるか、そのために何を備えておけば良いのか、ヒステリックにならずに考えて整備したいと思います。

あまり突然に消費行動に走ってしまうと、被災地へいきわたらない食品なども出てきてしまうでしょうから、買い溜めは控えつつ…

本日の戦利品は通常食品にて。

コロッケは買ってませんよ(笑)

ルマンドは、職場の差し入れです。

この古式ゆかしい菓子が、最近の若者にも人気だとは、意外でしたけれども、武骨な男子どもが、ルマンドを壊さないように一生懸命そ~っと袋を開けて食べてるのを眺めるのは、46歳のオバハンには眼福←セクハラか

コメント (4)