真夜中の血糖

己れを管理しきれない可愛げ詰まった日常
(只今コメント返信休止中)

久々、三食かな

2019年08月19日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、目玉焼きは生に見えて実はしっかり固まっているタイプじゃないとヤな、わがままプーカプカです。

 

極弱火のフライパンで10分も焼けば、こうなります。

焼き海苔と、塩コショウと、キャベツの組み合わせが、いまんとこマスト

 

 

さてさて、まずは注意喚起を。

先日のブログで、サイゼリヤのメニューが新しくなって、Lサイズのサラダを注文できるようになった、と書きましたが、コメント欄でご教示頂きました。

サイゼリヤのサラダ、ドレッシングかかって出てきます。

だから、注文時に、ノードレッシング、あるいはドレッシング別添えで。

ま、他に生ハムとか頼んでる場合は、ドレッシング不要かとは存じます。

あの店は、テーブルに塩&胡椒あったんだっけ?

 

 

こっちは、休日パパッとランチ。

以前ブログにも書いた、カルディのパスタソース。

糖質は2.4gしかありません。

むっちゃニンニク

味が濃いです。濃すぎます

なので、紀文糖質ゼロ麺の細麺に和えて、鮭110gと椎茸2枚とオクラ4本は味付けナシでアルミホイルに包んで加熱しただけのを、全部一緒に食べたら丁度くらいの味の濃さでした。

このしつこい濃さとニンニク加減は、茄子に合うと思われるので、次はチョット具材を変更します。

 

 

週末の夜釣り。

フライパンで茹でるだけ。充分味があるので、塩もなんにもしません。

翌日は、この茹で汁で、塩野菜鍋すると、もぉたまらん

コメント

こんな食事は平成で終わらせたい

2019年04月27日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、どうやら魚焼き器は洗わなくても良いらしいと知って、安堵するプーカプカです。

 (コメント欄でいろいろご教示ありがとうございます)

 

久々に、3食の写真が揃った日。

カレー(糖質11g)は電子レンジでチンした小松菜と、しめじでボリュームアップ。

おから蒸しパンをご飯の代わりに。

この蒸しパン、先日チャレンジして感銘をうけた、蒸し器(といってもフライパン)で蒸したもの。

在庫がダブついてきた、粗いおからパウダーで、味付けはせずに、大きな容器1つで作ってカットしたもの。

粗いパウダーを使うと、ふんわり感よりは、どっしり仕上がります。

これが…

カレーに合う

ちょっとビックリ。

これまでは、カレーに一番合うのは高野豆腐かな~と思っていましたが、重めの食感で仕上げたおからパンが、カレーライス感を醸しださせてくれまするー

 

そして、持ち帰った仕事を、ともかく連休前半で仕上げてしまおうと格闘…

悲惨な晩ごはん

冷奴、と呼んでもイイでしょうか<アカン

200g食べたので、糖質4.4g以下←食物繊維分が含まれている数字

ふりかけ↓

3つ使いました。旅行の友(一番好き)、鰹みりん焼、磯海苔で糖質2.3g以下←食物繊維分が含まれている数字

悲惨な晩ごはんの割には、糖質6.7g以下と推定される、また胃腸にも優しいアウト飯でした

コメント (1)

朝ごはん

2019年04月13日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

朝ごはーん

 

しじみ味噌汁、小松菜入り。糖質3gほど

ドイツのパン。糖質3g。

キャベツと焼き海苔と黒ごま。まー、これは糖質カウントしてません。

ぎっちぎちに考えるのは暮らし難さをもたらすもんで。

ドレッシングがわりの(!)サワラは、塩焼なので、糖質無しでエェかな。

ティラミス風は糖質不明ですが、ヨーグルトから水抜いて、体積半分になってるので、糖質2g程度で考えてます。インスタント珈琲とエリスリトールは無糖ということで。

合計8gの糖質と、カウントしなかった分とで、こんな感じが多いです。

コメント (1)

きのう、プカちゃんは夜なべをして

2019年03月10日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

夜なべをしました。

夜鍋じゃなくて…

 

四十肩でハッチャケて、とうとう大人のバレエを習いに行ったと書きましたが…

つま先で立つのが「トウシューズ」

単に踊る時のは「バレエシューズ」

と呼ぶらしい。2千円ちょいでした。

なんでそんなに安いのかというと、恐ろしい事に、バレエシューズ(及びトウシューズ)は、洗う事ができない消耗品なんだって

ファブリーズとかも基本、ダメなのだと。

ひぃぃえぇぇぇー

 

100円ショップのフェイクレザー生地100円の3方を縫い縫いし、洗えないバレエシューズの靴裏面がくる方に、目印としてキッチンDIY用デコ盛りシールを、木工用ボンドで貼り付けてみた。

水色の生地を縫うのに、水色の糸が無かったので、黄色いの糸(笑)

見えてるところは、紐を通してギュッと寄せるので、絶望的な縫い目は目立ちません←だよね

 

でもちょっと、以前に作ったモモンガ袋に比べると、スカしてる。

世間を意識した結果、デコ盛りシールに落ち付いた<意外なところでヘタレ

 

そんな夜なべの晩ごはん

夜更けのイオン様で、手開きマイワシを半額ゲットしてきたヤツ。

小松菜と、友人自作の梅干しに漬かっていた紫蘇を巻き込んであります。

 

イオンへ寄った時に、「ハテ、何かイオンに来たいと思う用事が有ったハズ」と考えながら買い物してたんですが、何が買いたかったのか、全然思い出せず。

イワシの梅大根を作り始めてから解明しました。

 

醤油

 

しょうゆうこと

もう二週間以上、醤油が無い。

やむなく味付けは、昆布で大根煮る時にオイスターソースを小さじ1/3くらい入れて。

オイスターソースは甘味もあるので、みりんも不要です。

大根だけ10分ほど先に煮たてて、後からイワシの梅巻きを大根の上に並べて、フタして蒸す感じで。

なかなか美味しい。相伴者からもお褒め頂きました。

 

こっちは、ササーっと昼ごはん。

市販のキーマカレー(糖質12gちょいの製品を半分使用)と、野菜を水増し増しで煮込んだスープ。

鍋でほったらかして作れるので、時間が無い時によくやります。

あとは、冷凍庫にいつから入っていたのか思い出せない、おからパンの残りをチンして、もぐもぐしながら、ドタバターっと。

朝から出かけるつもりが、予定が狂って、予定にない自宅ご飯だったのでこんな感じにドタバターっと。

もうバレリーナなんだから、落ち着け←瀕死の白鳥

コメント

自分史上最高、朝ごはん

2019年03月09日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

朝ごはーん

 

昨夜おそくにイオン様で買った見切り品たち…

イワシですよ!

赤の他人様が、プカのために(ちゃうと思うけど)

イワシの手開き&骨抜きという、壮大な人類救済プロジェクトを敢行のうえ、6尾148円という信じがたい価格を提供だ

 

ホイルの上にイワシを置いて←油とか塗らなくても引っ付きませんでした

友人の自作梅干しで余ってきたシソをイワシに載せました。

スライスチーズとろけるタイプ1枚を千切って、3尾の上に散らし、コショウをガリっとひと回し。

粗めのおからパウダーをパン粉代わりにスプーンでパラパラっと3回しくらい。

200度のグリルで13分焼きました。

梅酢に浸かっていたシソって、焼くと綺麗なピンクになるのな!知らんかった

 

紀文の糖質ゼロ麺の細麺タイプ。

今まで丸麺タイプを愛用してましたが、細麺のほうが、より一層、麺です!←日本語おかしい(笑)

エェわぁ、こりゃ使えるわ

 

梅干しの梅酢も余ってきたので、先日カブの一種を漬けこみましたが(といっても、ジップロックに放り込んだだけ)

なんか…とっても…しどけなく色っぽい(笑)

モチロン、間違いないお味で、お茶請けにもよろしおす。

これね。エンピツくらいのサイズです。普通の店では見かけた事無い。

大阪駅の裏側(いまや、表側というべきか)にある、産直農産物の店に置いてました。

菊芋とかケールとか、おもしろい野菜が常に店頭を賑やかせております。

大阪土産にどうぞ!?

コメント

ご馳走、のつもり

2019年03月04日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、ひな祭り商戦のターゲットに想定される、プーカプカです。

 

まー、通常40代女性であれば、子供とか、高齢の親の愉しみの為に、ひな祭りメニューを考えるのでしょうが…

どうしようかなぁ~と、朝ごはんモグモグ。

水菜、こんにゃくサラダ、若布、目玉焼き、レモン胡椒。

タラと小松菜、エノキ、くず野菜の、サイリウムおから餅使った雑煮。

水抜きヨーグルトのインスタント珈琲がけ。

 

平成3年3月3日(大安吉日の日曜日)、結婚式を挙げた従姉をよそに、引越しを敢行した自分…

その時、先輩が阪神百貨店で買ってきてくれた、箱雛。

もう28年も前の事になるのか。自分の中では昨日のような←厚かましい

 

ひな祭りの伝統的な食材(はまぐり、れんこん、菱餅など)は、おせち料理と同じように、長かった非科学的な医療・文明の時代を、健康長寿を祈っての物だから、エェとは思います。

が、いつのまに「ひなケーキ」とか、「ひなケンタッキー」とか、そういえばチラシ寿司も割と無理矢理な感じがします。

なんでもアリやね!

だったらテキトーに←結局、ソコ

 

イカ大根(+キクイモ)と

 

偽おいなりさん

 

食べるのは一瞬ですが、手間がかかる非常に面倒くさいメニューだという事が、料理される方には分かって頂けると存じます。

こんな面倒な料理あるか?

イカ大根(+キクイモ)

・大根は面取りして、下茹でしておく

・イカは、おいなりさんで使うエビと共に、熱湯でさっと茹でておく(茹で汁は後で使用)

・キクイモは皮を向いて、水にさらしておく

大根の面取り、死ぬほどめんどうくせー

 

・イカ&エビの茹で汁に、下茹でしておいた大根と、水を切ったキクイモを入れて、昆布も入れて、気長に炊く

ハイ、ここで醤油が無いことに気が付きました

・仕方なく、オイスターソースを小さじ1/4ほど、入れてみる

 

・30分ほど炊いたら、下茹でしておいたイカを載せて、火を止める。フタしたまま「冷めて行く時に味が浸みる」事を期待する。

・食べる直前に、小鍋に、煮汁をお玉1杯弱ほど移し、温める。

・サイリウムを慎重に加えて、トロミをつける

・大根、キクイモが崩れないように慎重に取り出して皿に盛り、トロミをつけた煮汁をかける

面倒くせー

 

菊芋は、料理によっては皮を剥かずに使っても違和感無さそうですが、煮物はどうだろ…

今回買ったモノは「土つき」と袋に書いてあって、ピーラーでごく薄く皮を剥きましたが、食べた時に表皮の存在を感じる程度には硬質感がありました。

皮をむかないとしたら、販売方法(土つき)から考えて、食材専用タワシで薄皮ゴシゴシ洗うかと思うのですが、そうするとタワシを買ってその保管をしないといけない等、ハードルが1つ上がるので→ナンデヤ

やっぱり自分はピーラーで皮を剥く派に落ち着きそうです。

 

こっちもちゃんと、期待通り、かなり面倒くさい。

・長方形の薄揚げ(今回は糖質殆ど無いタイプ)は、半分に切って、袋になるよう口を開ける。圧着して開かない時は、お揚げさんの上を菜箸転がすと、なぜか開くようになる

・熱湯で、油抜きして、冷まして、水分を絞る。好みで味付け(醤油とエリスリトールとか?)どーぞ

・サイリウムおから餅を作る。

おから餅、今回はケールを使ってみたかったので、苦いマズイ色々と前評判の高いケールの為に、市販の青菜炒め用粉末調味料を入れてみた。

ニンニクの風味もあるパンチの効いた味付けなので、お揚げさんは味付けなしで使用してます。

 

・サイリウムおから餅が冷めたら、箸で小さく分割し、お揚げさんに詰める。先にお揚げさんの縁を内側に織り込んでおくと綺麗

今回は、イカ大根のダシ用に海老を茹でたので、おいなりさんの上に載せました。

 

イカとエビでダシを取った煮物ですから、美味しくて当たり前で、おいなりさんも、S&Bの調味料ですから間違いがあるハズもなく。

右端のヤツね。1/2袋で、おいなりさん8個分ができました。どんだけー

こういう便利グッズを取り入れたとしても、料理って…愛情が無ければとてもとてもヤル気になれないレベルの手間ひまが

 

●おまけ●

日曜恒例の、翌週の為のベイク。電子レンジでも「ベイク」と呼ぶのか(笑)

黒ごまと、煮小豆(甘くないタイプ)の、おから蒸しパンです。

最近、ホエイ(水抜きヨーグルトを作る時に出る水分=乳清)を使って作るのにハマってます。膨らみが全然ちがう。

今回は、粗めのおからパウダーで作ったので、いつもより嵩がありますが、それにしても膨らんだ。

これの炭酸水を、ホエイ150gに変更してます。

10カップで作ったので1個当たり糖質1.54g、熱量44kcalってとこかな。

オオバコ(サイリウム)が入るのと入らないのとで、喉越しが全然違います

コメント (2)

朝ごはんラブ

2019年02月24日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

朝ごはーん

ほうれん草と焼海苔の味噌汁(糖質3g)

小松菜とエリンギを、前日の残りキーマカレー(糖質4g)で和えたもの

ホエイ(ヨーグルトから出た水分)で焼いた、パンケーキ(ホエイを除いて糖質2gちょい)と、その水分抜ききったヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)

全部で糖質12gはいったかな?

自分としては、ややオーバーですが、「たまのご褒美」「チートデイ」的な、朝食になりました。

すっごいビビリなご褒美糖質量(笑)

 

昨日も同じパンケーキを焼いたけど、昨日は微粉おからパウダー(150メッシュ位)で、今朝は「粗めのおからパウダー」を使いました。

100円ショップとか、スーパー店頭で買える乾燥おからは、だいたい、この粗めパウダーになります。

パンケーキは、粗めパウダーのほうが、パンケーキらしくなります。

厚みは、ホエイによる膨らみもありますが、粗いおからだからこその?

 

普通にホットケーキや

コメント

作って食べて生きる

2018年12月02日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

期間限定、超減量チャレンジ中ですが…

どうも週末に体重が増えてしまうようです←今頃やっと

 

平日だと、朝食6時前、昼食12~14時の間頃、夕食19~21時の間頃の他は、今は焼き海苔とお茶くらいしか食べてないので、食間が空くのがよいのかな?

あと、夜に用意した「翌日の朝食と弁当」以外、追加して食べる余地が無いので、もくろみ通りに1日1,300kcal以下というのが達成できているのだろう。

(注)基礎代謝1,100kcalしかないと理研で計測された人間ゆえの目標値です

 

休日は、朝も昼も余計な1品が加わりがちです。

それで夕食にシワヨセがくる~

開発中の大根餅。試作品なのでお見苦しい画像ですが…

 

大根餅って、日本ではあまり馴染みが無いですが、広東(香港)料理ではポピュラーですね。

自分が最初に知ったのは、シンガポールの動物園で、ササっとランチを済ませようと、屋台料理みたいな一皿を食べた時かな。

シンガポールでは、キャロットケーキと呼ばれています。広東料理のソレとはちょっと違う。遠い親戚みたいな料理です。

今回、家でチャレンジしてみたのは、情報サイトで見た「もちもちハッシュド大根」に刺激されて。

 

ビニール袋に、大根の千切りを放り込み(減量不要の場合は、ピザ用チーズとか足すといいかも)

粉末のだしの素とか、コショウとか振り入れ

おからパウダーを大さじ2くらいと、サイリウム4gほどもブッ込んで

ビニール袋に空気が入った状態で口を捻じって、しゃかしゃか振ります。

四十肩だとつらいかもですが

 

簡単に、まんべんなく粉類が大根に絡みます。この時点ではパッサパサです。

フライパンに油を敷いて、熱します。弱火でね。

もう一枚のビニール袋を出してきて、片手を突っ込んで手袋代わりに。

具材の入ったビニール袋から、手袋した手で一握りの大根を掴み、フライパンに置いて、押し付けます。

 

大根から水分出てきたら、くっつく仕組みなので、フライパンは弱火で、フタをして蒸し焼きにしたほうが良さそう。

サイリウムのお蔭で、ちゃんとくっつきました。

干し海老とか、チリメンジャコを入れたら美味しそうです。

朝昼でカロリーオーバーな日は、当面、これで調整していきます…

 

こっちは、水抜きヨーグルト入れて作るおから蒸しパンブームから、ちょっとヒネった品。

2倍量で、シリコンの21cmケーキ型に入れて、10分ほど電子レンジでチン。

加熱が一気に入らないので、重々しい生地になるのを期待して、大きな型を使いましした。

その後、トースターで10分焼きました。

すると、ちょーちょームッチリ重厚なチーズケーキみたいになりました。

成分はコレ↓と全く同じなのに。

普通にレンジだけで、加熱が入りやすい容器・サイズだと、フワフワです↓

不思議だなー

 

と、このよーに、1,300kcalチャレンジのおかげで、次々と苦肉の策の新しいレシピが生まれております。

楽観は意志、悲観は気分、と論じた哲学者がおりましたが…

何を、どのように、生きていかなアカンくなっても、テキトーに笑い飛ばしながら四十肩の痛みだって意識を宇宙に離脱させて、アレやコレやを右に左にプーカプカ、死ぬまで生きていくさ

コメント

サバが獲れたゾ

2018年12月01日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

たいしてやることもなくなってきたので、有り余る有給休暇を使ってサボってやろうと、いう心づもりで出勤し、

勤務調整という名目で昼から仕事を休みにして、帰って来てから急いで作ったランチ。

サンマの三枚おろしを64円でゲットしてきたので、豪勢に焼きました。

 

ビニール袋に切り身を入れて、

塩、こしょう、カレー粉とかガラムマサラとかお好きな調味料(臭み消しです)

粗めのおからパウダーも大さじ1/2位。

ビニール袋が多少膨らんだ状態で口をねじって、袋を振り回すと、魚全体に綺麗に粉が付着します。

 

それをフライパンで焼いたら、焼きフライっぽくなりました

サイリウムおから餅の上に、ど~ん

気分はカツ丼

見た目よくしようと、マヨネーズをチラっとかけましたが、魚の下味がしっかりしているので不要でした。

 

サンマは中サイズの、廃棄部分を除いた熱量が214kcalもあるので、この皿だけでも428kcal+焼いた時の油。

あとはおからと、野菜と、味噌汁だけですが、1日の設定熱量1,300kcalに挑戦中の自分には、多すぎですね

 

今回はサンマでしたが、一番好きなのはサバです。

あ、ちゃうか。

最も好きなのはタチウオで、次がハゲ?マルハゲ?正式名なんてゆーのかな。←カワハギが正式名らしい

そしてオコゼ。

普段買う魚の中ではLoveサバ

 

そんなサバの需要が、健康ブームを背景に高まっており、サバ缶が手に入らない~という悲鳴も聞こえてきますが…

年間水揚げ量の1割に相当するサバが、一気に獲れたって

安定供給されるといいですね。

コメント (1)

旅の朝めし

2018年11月24日 | 1日三食写真シリーズ

どーも、プーカプカです。

 

毎年恒例の、年賀状作成行脚@身内高齢者宅

二軒廻って、4家族分ほど作ります。なので、始発電車で一軒目宅へ出発。

 

持参する朝食の弁当を前夜に用意しました。

海老おから餅です。

これ↓をどっさりイン

 

あとは、紀文の低糖質おでんを、プラスチック容器に詰め替えただけ。

おから餅は、時間が経っても固くならないので、前夜に用意してもOK

見た感じも、一般人の不審を招かない?普通の内容、量に見えますが、両方合わせて糖質3g、熱量200kcalあるかどーか程度。

2軒目の身内宅では、鍋ランチの予定なので、ミッションクリアだぜ←何の闘い

コメント