真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール
(最新HbA1c5.8/2018.1)

買い出しと、宣伝

2018年10月22日 | こんなの食べてる

どーも、スーパーで、焼いてあるサンマは早々に売り切れてしまうから、買い物するのが仕事帰りの自分は、焼きさんま様に出会えなかったのか!と、会社を早退した日に知ったプーカプカです。

 

待ちに待った土曜日。

焼いてある魚争奪戦に参加してきました←闘っているのは一人だけです

をを、神々しいぞ。

サバ100円、アジ150円(でかいので2食分)、サンマ150円(2食分)

これで来週末まで、弁当用の肉以外は買わなくてもエェな

 

しかし昼食はチカラ尽きて、激安スーパーの惣菜、豚野菜炒め128円。

キクラゲがゴロゴロ入っているので、なんとなく良さそう

大根サラダの上に、ミニ冷奴のせてます。最近この組み合わせがお気に入り。

椀物は、スーパーの野菜炒めと種類が被らない小松菜とキノコ類を、ハサミでちょっきんして熱湯注いだだけ。

醤油数滴とコショウが効いてます。

サイリウムおから餅をご飯代わりに。

ウェイパーの味しかしない野菜炒めでした(笑)

 

と、ここまでが土曜の話しで、日曜は菊花賞も終わる頃に帰ってきたので、もう焼き魚は残っていないだろう、とスーパーへ寄ると(無調整豆乳1リットルが148円だったのです!)

なんか、デジャブ(笑)

前日に倍の値段で買ったことへの感情は、この際封印して(無駄に血糖値上がるからね)

ありがたく、冷凍庫へ納める事といたします。

 

(ここから、何のこっちゃの宣伝です)

バーフバリ 伝説誕生 完全版 の全国上映が始まります。←ホンマ、なんのこっちゃ

 

伝説誕生(あらすじ

 と 

王の凱旋(もはやあらすじでは無い) 

で、前後編の映画ですが、今回リバイバル全国上映が始まる、前編の「伝説誕生」だけでも、顎が外れっ放しの信じられない映画として、まっとうな思考が全て吹っ飛ぶ阿鼻叫喚の159分となっております。

3時間近い上映になりますので、四十肩のかたは、腕保護クッションをお忘れなく!←ここに約1名

 

あ、こっちも宣伝 

コメント (1)

新商品と、欠品予想食品

2018年10月21日 | 食べ物

どーも、台風でタイヘンな事になったバルコニー(約8平方メートル)の掃除を、業者に丸投げして、貴重な残業代でお支払したプーカプカです。

 

しかし、また、次の台風のたまごが、南太平洋で暴れているらしーです。

生きてる間に、あと何回、バルコニーを掃除せなアカンねん

 

さて、最近は主食になる食べ物の発売が続いております。

既に紹介したコチラとか↓

公式サイト

ちょっとまとまりがないので、ニュースサイトが読みやすいです

 

オイシックスの販売ラインに登場した、こんなのとか↓

公式リリースから

この商品は、元々はベジライスという会社のですね。関東のコンビニで試験販売された事もありますが、その後の展開がなかなか広まらず、心配しておりました。

 

そして、今度の主食代わり新商品は、ど~んと数種類登場です!

すべて公式サイトから (画像は全て同じリンク先に飛びます)

なんだ~こりゃ~

ちょっと走り過ぎてくるっと一回転した感のある←意味不明

プレスリリースがまとまっていて分かりやすいです。

どうでしょうか。アリでしょうか、ナシでしょうか…

 

さて、ウチの賢いテレビは、毎週、登録しておいたキーワード(糖質など)の番組予告をしてくれます。

以前は、どんな情報を放映するのだろう?という興味で観ていましたが、最近はもっぱら次にスーパーから消える商品はナニ?という視点で、番組で推す食材のチェックに使っています。

名医のTHE太鼓判 TBS系列 全国放送だと10/22月 19時~

血糖値関連で取り上げる食材は、高野豆腐です。

林修の今でしょ!講座 テレビ朝日系列 全国放送だと10/23火 19時~ 

血糖値関連で取り上げる食材は、どのお茶がいいか~という緩い特集ですが、3時間スペシャルの中で、サバ缶・イワシ缶をクローズアップする予定です。

 

よって、高野豆腐のストックは月曜夕方までに

サバ缶・イワシ缶は火曜夕方までに←すでに散々テレビでやって、品薄ですよね

 

メディアに神食材が登場するたび、買いに走る人間の心理を、自分は小馬鹿にする気にはなれません。

たとえそのせいで主食代わりのおからが手に入らない状態だとしても…

「神食材」という発想がそのものが、人間の愛おしい行動の一つだと存じます。

でも自衛は別のハナシやから、高野豆腐は買っておきませう。

コメント (1)

新聞記事から、其の2

2018年10月20日 | 新聞記事から

どーも、モノ考えるプーカプカです。

 

んとね。

サウジアラビアの記者が、同国の在トルコ大使館の中で、生きたまま解体殺害されたってCNNはそればっかり放映してんのね。

で、今、トルコの政治ドラマとか連続異常殺人犯対FBIのドラマを観ている自分としては、「ふんっ、そんなの超かるいぜ」と思ったりしてしまうのは、どうなんだとか考えております。

もうちょっと、蝶よ花よなドラマ観るべき?

中高年の秋深し、日常は、腸よ鼻よ満載で生きておりますが

 

さて。ヤング殿方が四十肩のプーカプカに変わって高額清掃猛進中

いま、最後のバルコニー清掃に凄い機械を持ち込んでガーガーやってくれてます。

暇つぶしブログ記事もこれで最後かな?

 

疫学的と、力学的、について最近よく考えます。

10月に入ってすぐの日経新聞で、8段組の、特集としてはかなり大き目な「糖質制限の罠、脂肪過多に注意」という記事が出ました。

 

最近の報道の傾向として、

「糖質制限には一定の効果が有る事は分かったけど、自由奔放でノーチェックな糖質制限は、かえって危険」

という論調が、急に跋扈し始めた感がありますね。

 

これらは疫学的な記事だと理解して読むと、危惧されている事も腑に落ちます。

国民みんなから拠出負担してもらって、医療費を支えている、日本という素晴らしい国では、疫学的な観点が、基本医療となっております。<あ、ちゃうの?

投下資本(国民の皆様の血税)に見合う、分母集団に対する最低支出の医療とは何か、です。

 

この平均的な分母大集団に対して、バランス食とか、運動とかを推奨すること自体は、医療費拠出も生じない、コストの大変よろしい取り組み目標として、世界共通の策だと存じます。

この分母から外れる、いわゆる「自分は当てはまらなかった」人は、残念ながら、相応のコスト負担と、自分のアタマで考える事が必要となってきます。

 

我々糖尿病患者のように、取り組みの結果を短期・長期に血液データで検証し、それを受けて食事や行動を修正していく、といった手法は、安全性を高めますし、それで薬剤投与が減るのであれば、疫学的に叶った治療法の一つになり得るでしょう。

しかしそうでない場合。

何ら血液検査等を受ける機会の無い、健康体だと考えられているヒトが、糖質制限、しかも実験的な内容の肉主義、卵主義、オイル主義に長期間取り組んだとしたら。

 

それは疫学的にみて、長期的に損失が大きいという医療判断がされても、現在の医療費負担構造で賄われているシステムの中では、仕方ない事と存じます。

体重の増減だけを指標とした場合などは、体内で起こった変化は把握できませんし、後にもっと医療費が必要となる重篤な病気の種を蒔いているやも、と医療人が心配するのは、ごくまっとうな意見だと存じます。

(まっとうだからといって、正しいとは限りませんが、1億人の医療を限られた原資で賄うのであれば、普通にそう思うところだと存じます。)

 

しかし力学的に書かれた情報については、国民の声が事態を動かす事も充分可能です。

国民ったって、有象無象の集団ではなくて、糖尿病患者だけで政党組んだならば、巨大組織ですよ(笑)

 

消費行動の力学に屈して?食品業界は、さっさと膝を屈して低糖質へシフトしているのは、もの凄い分かりやすい構造だと存じます。

そういう観点から見れば、冒頭の日経記事タイトル「糖質制限の罠、脂肪過多に注意」というのは…

以前は疫学的一辺倒だった報道分野が、力学的に屈し始めた落としどころのギリギリのタイトル付けであり、ちゃんと医師の監修を受けながら行う糖質制限には、一定評価が認めざるを得ない感というのを、そこはちょこっと厚労省寄りに傾けて書いた、ややこしい、上げてるのか下げてるのか不明な記事でした。

ま、血糖値だけに、上げ下げ不明ってか

 

というような事を、業者の掃除が昼までかかって、お昼ご飯が間に合わなーい!と慌ててスーパーへ走って、綺麗になったバルコニーを眺めながらうっとり小躍りしている間に、考えるの忘れてボーっと生きてたら、ブログ完成が夜になってしまいました。

今夜はバルコニーで寝たいくらい、綺麗です

いや、ガス台枕にしてもいいくらい、綺麗です

なんだったら、便器抱えて寝てもいいよ←長い事、してない

嗚呼、どうせまた、掃除が必要になるというのに、なぜイチイチ綺麗にしたがるのだろうか。

こうやって無意味なことの繰り返しが、人生なのですよ<こら

コメント

新聞記事から、其の1

2018年10月20日 | 新聞記事から

どーも、追い詰められていくサラリーマンの悲哀をしょって、先入観で新聞を読むプーカプカです。

 

いやー

政府(=厚労省=健康保険組合=雇っている会社)はですね。

ともかくも、傘下の健康保険組合員に対して、健康診断の中央値を求めるワケです。

そこから著しくハミ出ると、産業医によるギュウギュウ圧迫指導鞭撻が待ち構え、上司に通達され、出勤停止権を行使されかねない。

 

そうやって始まったこのブログですが←そうなの

この流れは、閣議決定された日本再興戦略で結論付けられている事なので、もうストップすることはありません。

加速ついてます。

 

日経新聞を開くと、社員の健康=経営費用の削減=政府の意向とも合致、の流れで様々なニュースが。

日立システムズは「音声こころ分析サービス」を販売しており、導入企業の社員は、1日1回アプリで定型文を読み上げ、声の周波数からストレス度合を計測されます。

1人当たり月300円のサービスです。

 

人材サービスのネオキャリアが販売しておりますのは、アプリで出勤時刻を打刻するサービスにくっつけた笑顔判定システム。

勤務時間の管理と共に、笑顔の点数で、疲れていそうな社員を見つけて、上司に対策を求める通知が行くそうです。こちらも1人当たり月300円のサービス。

 

SOMPOホールディングスと東芝は共同で、将来の疾病予測を自動予測するAIを開発。

日本生命保険や第一生命保険も医療データを活用した疾病予測をIT企業と連携。

いずれも社員の健康診断結果を活用する、新たな事業創出として期待されているそうです。

SOMPOのほうは500の健康保険組合、100万人、8年分を分析している。

日生のほうは野村総研やリクルートと組んで健康支援サービスに参入したので、サラリーマンの立場や心理的な方面からの介入を結果に繋げるの得意そうじゃん

 

厚労省が今月から始めた医療費負担見直しの議論によれば、高齢者に現役世代と同じ3割負担を求め、財政健全化につなげたい方向。

ただし、そうなると、高齢者の医療費を拠出割当されている健康保険組合は、負担が500億円増加する試算となり、それは現在、現役世代が肩代わりする仕組みしか無いので、働く世代の健康保険料が上がるんですね。

そういう状況を睨んで、外資系の生命保険会社は、高齢者専門チームを設立したり、健康増進型(数値が良いと保険料が下がる)商品の大規模投下を視野に動いてはります。

 

関東・東海地方の12企業のサラリーマン10万人が参加したJ-ECO研究では、糖尿病歴がない30~59歳の男女5万3千人超を追跡した結果、30歳時点で健康な会社員が、65歳時点で2型糖尿病と診断される累積罹患率を計算したところ、

殿方 34.7%

ご婦人 18.6%

もの人が、65歳までに2型糖尿病を発症する可能性があると分かったんだって。

これには予備軍とか、糖尿病「型」とかいうのは入ってません

きっちり、糖尿病というゾーンに至る割合が、30歳殿方の3人に1人と予見さるる、という事態です。

 

糖尿病が「生活習慣病」と云われることが大変に気に喰わない、という層もネットで見かけますが…

発症が生活習慣ではなく、「病態コントロールが生活習慣で可能」だという、他の多くの病とは違ってありがたい状態を指す、ポジティブな形容詞であるところのキーワードだと思えば、イライラで血糖値が無駄に上がるような自律神経の乱れも減るのではないでしょーか。

ともかく、サラリーマンは特に、自分とは関係のない政治権力陰謀の世界の中で、いかに自律神経を守って、被雇用人型血糖値謎変動を抑え込むか。

ちんたらり~ん、と生きるスキルを磨きませう<をい

 

掃除が終わらないので、まだまだ続きます。

コメント (1)

開幕の辞

2018年10月20日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、身の置き所が無いプーカプカです。

 

いやぁぁぁぁ。

小市民です。

朝イチでお掃除業者に入ってもらう為に、朝5時から、家の掃除をしましたよ(爆)

ほんま、小市民

 

四十肩、三年目?

台風も襲来し…

バルコニーが大変な状態になっていますが、その掃除と、チカラを入れて磨けないガス台&換気扇とか、トイレ&その換気扇とか。

諦めて業者に頼むことにしました。

 

風呂は去年、ガッツリ掃除してもらったので、日常のメンテナンスだけで何とかなってますが。

予算の関係で、バルコニーに面したガラス&網戸は、来年に廻します…

ガラスが大きすぎて、数も多すぎて、掃除できません

 

四十肩の多くは、窓ふきのような動作が苦手だと思います。

泡を吹き付けるだけっていう商品もありますが、まずはバルコニーを掃除してもらわないと、台風で飛来した葉っぱとか山盛りになってるので、排水が詰まる恐れあり~

大阪市内は、各地の公園なんかも酷い状態のとこが残ってます。台風21号の時に、風速47メートルだったので、色んなところの木々がメチャクチャです。

 

さすがにトイレの写真は載せられないので、トイレの棚と床のクロスを替えて貰ったときに選んだ、お気に入りのクッション材を。

しかしコレは失敗だった。

パステルカラーなので(床一面、これが敷いてあります)、汚れは目立つわ、髪の毛1本でも目に入るわ。

ところで我が家のトイレは、殿方はもれなくインド式で、着座を条件として敷居をまたいで頂きます

 

業者が作業を終えるまでに、やれそうな事を考えてみましたが…

1.録画がたまっているトルコ宮廷ドロドロ権力闘争ドラマを2倍速で流し観る

2.  〃  中国宮廷ドロドロ権力闘争ドラマ  〃

ちなみに1は、ある程度史実に基づいて、2.は架空の政権です。

3.連続異常殺人犯 vs 連邦捜査官(FBI)もしくは科学捜査半(CSI)の死体ゴロゴロドラマを 〃

4.ホワイトハウスがテロで大変な事になる映画コレクションから、久々に1つ観る

1~4、どれをとっても、業者に「掃除をお金出して頼んでおいて、ロクでもないドラマ観ていやがる」印象が付与されかねないので…

実はもっとロクでもない作業をしていながらソレナリに見えるであろう、パソコンに向かってぺちぺち何か作業する(=ブログを書く)という事に専心しております。

 

本当は、リハビリヨガのストレッチがしたいんですが、はからずもヤング殿方が作業にいらっしゃって、とてもそれはちょっと

ヤング殿方作業員が、無くしたと思っていたスプーンを、ガス台の下から救出してくれましたナウ。

頑張れ、ヤング君!←おまえこそ頑張れや

コメント