真夜中の血糖

どうやってケムニマコウか煩悩ちう。

記念日らしい

2023年01月15日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、数字と格闘するプーカプカです。

 

自分の分と高齢身内のと、確定申告はもうすぐ、還付請求は既に、バーサス税務署だぜぃ

書類作成の合間に、弁当で持っていく炊飯器チーズケーキを焼きながら、カタログめくったり、音楽聞いたり。

売上げ伝え聞くところによると30億円規模の、梅田の雄、あそこのカタログ。

今年は史上最強?351ページあります。

完全に、武器や

ここのチョコレートイベントは、従業員1店舗の感染者数が毎日20~30人だった時も敢行され、たしかに経済は守った。

 

ニュースによると、日本でのコロナ禍スタートは2020年1月15日だそう。

振り返ると2月の祝日にあった仕事のイベントと、慰労のホテルビュッフェは参加の判断も迷うことなく実施されたし、マスクを持ってくるの忘れた同僚のため、ドラッグストアに寄って、ちゃんと購入できた記憶がある。

後輩たちの結婚式は、2020年2月前半組は挙行、2月末~3月は迷ってやめた組もあり、毎年多い5月は完全に中止ばかり。

突然、世の中の空気が自粛に変わったのは3月中旬くらいかな?

 

楽天市場の購入記録を見ると、普段はストックすることのないマスクを、何を思ったのかコロナ禍突入直前の1月に300枚送料込み3千円で注文しており、翌週には、もう狂乱の価格で50枚入の箱が1万円とかになっていた。

そこからプカプカ手芸店が発動され、布マスクに不織布をセットする方式で1年以上頑張ったのかな。

しかし2020年9月には、甥姪のために、200枚で5千円のマスクを発注している

ドラッグストア店頭でも50枚入で2千円切っていたら、彼・彼女らの為に買い漁っていたなぁ。

 

ある日、政府の会議が「変異株が出てきたから、不織布にせーよー」言い出して、その頃には街でも(安くはないけど)マスクが買えるようになっていた。

がしかし、不織布を1日12時間くらい着用すると(値段を考えると、途中で新しいものに変える勇気はない)

お顔が荒れ荒れ~

酷い日だと16時間くらい着用するので、まぁ医療従事者の高性能マスクや全身防護服に比べると申し訳ない悩みだが、夏場は特に、もうどうしようもなく、そして2022年6月、マスクに大革命が起こって、プカの顔は救われることとなったのだ。

 

ちょっとずつ、コロナ禍を抜け出して何か動き出さなアカンけどお尻重いわ~って思っていたら

今聞いているCDですが…

ある日、仕事から帰宅してテレビを付けると、NHKの歌番組が映りました。

ロカビリー特集です!と司会者が高らかに言い、ロカビリーがナニかよく分からないけど、夏ごろに、エルヴィス・プレスリーの映画を見て衝撃を受けたので、あれってロカビリーだったっけ??と珍しく歌番組に見入ったところ、CDの女の子が歌い始めて、私を刺した←言い方

 

こんなことは、きのこホテルの東雲マリアンヌ以来である。

ググると、未だ21歳の大学生で、本業は演歌の人。

そのうち楽天セールでCD買わなきゃな~と思っていたのですが、正月明けに珍しく友人が頼みごとを連絡してきて、【彼女の身内と”プカと友人がそうだったような関係の”子】が、レコード大賞で最優秀新人賞を取ったので、応援してくれたら嬉しい、と。

 

ググったら、NHKで歌っていたアノ子であった。

 

そんなワケで、急いで(それでも楽天セールを待って)買った、くだんのアノ子のCDが届いて聴き始めた奇しくも本日1月15日、日本におけるコロナ禍3周年のこの日、なんだかとっても自分は何かが終わって何処かへ向かう気分になったのである。

また逢う日まで ←そう言いながら結局舞い戻る

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どんな一年に

2023年01月03日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、プーカプカです。

 

先のブログのとおり、元日から大掃除を始めまして(笑)

といっても、「掃除」と「ごみ捨て」は違うモノ、元日には「ごみ捨て」をいたしました。

というのも、気づいたら53歳になっていて(10年位、自分の年齢に気付かなかった)、洋服や持ち物など、実家の被災後は殆ど新調していない事を考えたら10年以上前のモノが多数。

 

ばばあの会取締役から、ひじ&ひざが完全に隠れない服や、40代前半までに買った品、全部アウトー云われまして…

コートとか、夏のぺらぺらワンピースとか、25年前のやん

厳重注意され去年半ばの時期に冬服は先行して捨てたところ、会社へ着ていける冬服が2セットしかない状態に。

その後、11月まで夏&秋服に上着を羽織っていたから、12月初旬の突然の寒波で、やっと冬服クライシスに気づいた。

あわてて楽天買い物セールなどで買い足したけど、本格的に断捨離していないところに到着して、1つしかない洋タンスはパンパン(≧▽≦)

え~だって全然傷んでいないのに、いつ捨てたらよいの~

 

しかしここは心を鬼にして、45歳までに買ったものは全て廃棄することにしたのが、元日の夕暮れでございました。

Tシャツやトレーナーだけは、高熱の時に1日3回くらい着替えられるよう、養生セットとして古いモノも残しましたが、かなり処分できました。

次の春(=自分にとっては夏服を着始める季節)までに、忘れずに夏物を買い足さないと

 

なんの話や。

そうそう、正月二日目は「事始め」ということで、今度こそ「掃除」に着手しまして、死にました…

掃除って、一年分を一度で済まそうとしてはいけませんね。

優雅に読書でも、と用意していた正月用の本を、1ページも開けず、三が日が終わろうとしています。

四十肩の半ばころに読んだ、リハビリテーション・シークレットが面白かったので、興味をひかれた本です、

こちらもジャンルとしてはリハビリですが、索引見てると、心理学!?

 

去年、ブログの更新頻度が落ちた理由が、2型糖尿病ブログ村のメンバーの新着記事タイトルを目にするのがツラい…

というのか、イヤな気持ちになるタイトルが続々と上がるので、これは

「自分の気持ちが落ちているから、見て嫌だと思うのか

はたまた、

「ブログ村自体がちょっと闘病ジャンルとは別のおかしな方向へ流れがいっているのか」

どっちか分からず…

 

まぁ、闘病といっても、自分に合った節制を続けるだけなので、ひとさまに振り回される必要は無いのですが…

煽情的な記事ばかりが上がっているのを見ると、それを毎日(本文は読まなくとも)目にするのは、にびいろの何かを飲み込めずに喉で弄んでいるような気分になってしまう。

それでブログ村への訪問頻度が減ると、をを自分も書かねば!というキッカケを逸してしまう、という

 

そんな、まだまだ精神的に弱い(?)自分には、先に読んだリハビリテーション・シークレットもそうだったけれど、豚足に憑依された腕の本も、心理学的に興味深い。

なにかしらの病気の周辺にいる人々に対して、コメディカルがどのようにアプローチをし、何を評価しているのか。

 

自分はブログ村の同病他者の記事をどのように受け取り、何を評価し(または動揺させられているのか)

自分で自分なりの節制を続けるだけでは、なぜ満足できないのか。

そんな模索の段階に入ったかな、というのが去年から今年といったところでしょうか。

 

おまけ。驚異的に糖質量が少ないのですが、まぢか!?

ビーナス ダイズ ライス(フジッコ)

パックごはんと、炊飯器で炊くタイプがあります。通販限定っぽいですね。パックごはんのほうは、糖質6.6gです。

盛田屋の大豆麺(豆腐の盛田屋)

豆腐の盛田屋って、化粧品やハンドクリームなどコスメジャンルで見かける会社ですが、豆腐屋さんだったのね<をい

日本そばのようにも見える、大豆麺は糖質量が2.4gです。

発売からまだ1か月なので、食レポが見つかりませんが、個人的には期待大です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大掃除(前半戦)終了

2023年01月01日 | 真夜中の血糖バナシ

ハイはーい正月撲滅委員会圧力婦人連盟推進強硬派プーカプカです

いやそもそも社員の一定数は年中無休で働いとる職場に居るんやからたとえ大晦日と三が日だけでもホボ出勤免除させて頂いてることが感謝というか有難いというかなのに毎年毎年なぜ年末から親戚に会いに来ないのだの年始はすぐに消えてしまうだのヲイコラ4日は朝5時から仕事なんだよボケーって

をほほほ。もうそんなコトは口では申しません。お年玉とお年賀だけ置いてさっさと自宅に戻ってまいりました。

 

ウチの大掃除は、そこからスタートです(爆)

いやぁホンマ、よその年中無休のご家庭とか、専業家事従事人が居ない家とか、ギリギリの気力体力で生活なんとか回してる人のところとか、マジで年末年始の「あるべきとされている過ごし方」過ごしちゃってはるんかしら!?

だから年末年始に家庭内殺人のニュースが<やめれ

 

とりあえず、掃除とか洗濯とかモノの入れ替えとか、ごみまとめるとかで元日が暮れていく~

最近ハマっている、豆乳スープ煮込みで胃を休める晩ごはんを食べたら、ドラマ相棒スペシャルを見ながら、今度は、洋服を今の半分に減らすための鬼断捨離に突入です。

白菜、しめじ、鶏ミンチだけのスープ。仕上げに豆乳をドボっと注いだら、洋風になります。

 

相棒スペシャルは21時からの放送で、オマケの過去番組まで終わるのが1時40分…

と鞄も半分に減らしたいけど、許された時間は四時間半、かなり厳しいです

番組始まるまでに、デザート食べながら、お風呂に入りながら、五十肩さん今夜も4時間以上は眠らせてね体操をしながら、計画を立ててチャッチャと進めねば、朝までコースになってしまうま

デザートに味つけ玉子。

ゆで卵も満足にできなかったこの自分が、コメント欄での助言を得ながら、ここまで腕を上げた

きっと、やればできる子、相棒を見ながら服の山のなかで寝たりしない、しない

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わーい

2022年12月24日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、これが本当の「ヨレボロ」かレベルのよれぼろプーカプカです。

 

いや、まいったね

自炊だ、手作りだ!と息巻いておったけど、さすがに途中で無理になって、冷凍庫の炊飯器チーズケーキの在庫が尽きちゃってからは、セブンイレブンのたんぱく質が摂れるシリーズに助けてもらいました。

このパンは、だいたいセブンの店舗どこでも置いてくれているし、腹持ちよくて、1個で足りた。

ま、お値段も400円オーバーゆえ、1個で済ませる設定の商品でせうか。

糖質は8.4gです。カップスープなど合わせ易い数字ですね。

 

仕事がねー

透明の鼻血と目血!?耳血??なんなら臍血まで噴出してるんちゃうかー

お世話する高齢身内が小康状態、つかの間の平和なのがありがたい。

本日は、一気にランチのストックを作り貯めて冷凍いたします。

以前は炊飯器で炊いていたけど、オーブンで30分ほどしっかりめに焼いた方が、自然解凍して食べる時の水分の抜けが良くて=ふんわり感アップ

8カットにして、1食2切れ持っていきます。

12営業日分。ま、合間にセブンでお世話になるとして(ローソンの低糖質パンでも良いのですが、具が無いパンだと腹持ちが悪い&2袋必要&糖質増える)

次の3連休までは作らなくて済むかな。

 

軽めの生地に仕上がるので、積み重ねたらホールケーキにもできそうです。

このほか、スープの具材になる材料を、鍋に放り込むだけで済むよう、こま切れにして袋に入れて冷凍作業…

オーブンとか、ガスレンジとか、限られた調理器具の段取りを考えて進めないと、途中で作業がストップしてしまうので、鼻血とか目血!?耳血??なんかを忘れて無心になるには良い時間です。

 

昨日から大阪も雪が降ったり、凄い風が吹いたりしてますが、ドタバタと作業してると、ノー暖房でも全然平気

床にべっちょり座り込んでぢっとしてたりすると、冷えるのかもしれませんが、起きてる間は戦争~みたいな今月は、ここまで全くのノー暖房で来てしまいました。

同じ大阪でも、戸建ての寒さは、こんな呑気なこと言ってられないですが

いま、晩餐用の鶏白菜を煮込みながら、年内最後の楽天セールで会社に履いて行く(もしくわ机に飾る)靴をポチっとするかお悩み中。

わたしにはこの靴が要るねん!レベルでやばい歳末です

皆様には穏やかで平和なホリディがハッピーなワンダフルでありますように

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

毒を持ってしまった

2022年12月17日 | 真夜中の血糖バナシ

まぁ、まぁまぁなムダなブログなので、無駄な記事を←言い方

 

大阪は基本、暖かいので、ましてやマンション暮らし。

ウチの場合は上下左右が他の部屋に囲まれていて、開口部のベランダ側は真南ということもあって、ノー暖房でも早朝室内12~3度あります。

それで、真剣に温まることは考えていない暮らしですが、電気を利用せずに暖かく過ごせるグッズがあれば、検討する程度です。

 

先週、新聞記事5段つかった、まぁまぁな大きさの記事に、布や敷物のインテリア用品で冷え対策、というのが紹介されていました。

まずは一番大きな写真…ブランケット79,200円。

続いて、そのお手入れ用品でブラシ9,680円とコーム3,740円。これでブランケットも長持ち

そして足元に円形ラグはどうでしょう、と、163,944円。

最後に99,000円のブランケットと、35,200円のクッションのコーディネートで明るい気分(クッションは2つ使います)。

 

…この記事、生活面で、節約メニューとか、節電の工夫とか、掲載しているようなページです

 

美しいことだけを見聞きして、清らかな心だけを保持して、徳の溢るる言葉だけを口にしたいと、日々精進して生きているというのに(嘘)

社会が私に毒を持たせる。

私はちーーーっとも悪くない。

なのに、こんな言われよう(暖かく工夫して暮らすには16万円のラグが必要です)

私を悪魔に造成させるのは、社会だ!!

 

 

ハイ、反省<遅い

 

今週も、たくさんの毒を丸呑みさせられ、そして自分の凄いところは←自分で云う

全く消化せずに、そのまんま、毒をお尻から出しちゃう、ポイっ

代わりに、2フロア下の部署の課長が「もいっかい、あいつがソレ云うたら、オレがバカたれって面罵してやる!」と毒を消化してました。

カラダに悪いと存じます。

ちなみにそのバカタレは、私の上司です

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする