真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール
(最新HbA1c5.8/2018.1)

一つの区切りとして

2016年12月31日 | 喧噪の外で

どーも。HbA1c13オーバーを叩きだしたH27年1月の健診から、ほぼ満2年を終えたプーカプカです。

 

この間の歩みは、まぁ呆れるほどに気ままに書き散らして参りましたけれども…

少し前のブログでもお知らせしていたように、生活の軸を、元に、いや元じゃアカンな。新しい方向に持って行く決意を固めました。

 

血糖値のコントロールという点では、環境の変化にも対応して継続していける自信がつきました。

これもコメント欄で褒めて伸ばして下さった、お見張り番始めとする、同病の方々、そのご家族、皆さんのゆるい愛を受けて少しずつ成長できたおかげだと、心からお礼を申し上げたいです。

 

一方で、ブログ後半期は、四十肩の苦しみを綴るばっかりで(汗)、生活との兼ね合いで逡巡する事も多く、はてさて、この先はどうやって人生の配分を決めていけば?と考えておりました。

整形外科では、最初から「肩は長いからね」と念を押されておりましたけれども、中高年といっても未だ四十代の自分は、リハビリを頑張れば早期全快も?という勝手な希望を抱いており、今月になってからの再びの増悪には、ちょっとヘコむ感じも。

 

そんな自分に、周囲は、巨人軍元監督の長嶋氏のリハビリ動画とか(ネットで見られるんですねぇ!)、なんとか前に進んでいける材料を持ってきてくれるのですが…

また、冒頭に書いたように、少し前のブログで恩師ともいえる方から、歩みを止めてはならない旨の励ましを受けとり、ともかく、治るのを待っていては駄目だ、痛かろうが何だろうが、前に進もうと決めました。

決めたはいいが、決めただけで、何とも進まない日々をうだうだしておりましたが…

 

最後に背中を押したのは、若干24歳の若手君が送ってくれたサイトの記事でした。

前田智徳(ウィキペディア)

前田智徳ロングインタビュー
「あなたがいたから、プロで24年やれました」
元広島スカウト宮川孝雄氏に捧ぐ

 

自分も、男になりに行きます←こういう表現するから、どこぞのまとめサイトに「中年男性のブログ」として紹介されるんやないか~

 

そゆわけで、食事写真公開を基本としたブログのスタイルで新年をスタートさせて参ります。

皆様にも新しい年が、なにかしらの一歩をうむ1年でありますよう、ネットの闇の中から祈っておりまする←こわすぎ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

余る。

2016年12月31日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。仕事を納めてきたプーカプカです。

といっても、職場全体では正月休み無し組も多数…

いちお、カタチだけの仕事納めにて。そんな中、今年になって子会社出向となった同僚が挨拶周りの途中で訪ねてきてくれて…

 

プーカプカの顔を見るなり開口一番、痩せたか?

 

えぇ~未だマイナス2.7kgですけど分かるのかー

いやさすがに毎日逢ってる人間には、分からないようです。

 

朝ごはん

鍋。高野豆腐2個と、ツバスの切り身。味付けは岩手の魚粉+醤油。

前夜の残りの豆乳プリン。卵3個バージョン糖質3.6g、熱量423kcalの半分強。

水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)

 

昼ごはん

高野豆腐の賞味期限が年内なので、消費祭りナウ~

フライパンで空焼きして、トースト代わりに。卵サラダを塗って食べました。

最初から挟んで持ってくと、高野豆腐が湿気るのと、食べる時にムニュってはみ出るから、塗って食べるのが正解。

キャベツをチンして、カレー粉と焼き海苔で揉んだもの。

クッキーとソイジョイの間みたいな食べ物も、ストックが最後になり、小さめの2個。休みの間に焼き貯めておきたいが…

 

無事に年内の仕事を終えまして。最後までドタバタでしたけど、役目を無事に果たせてホッとして休暇に入る事ができました。

えぇ、三が日は出勤しませんとも。

ボス、独りで頑張る

ま、あったかい正月らしいから←他人事 

 

晩ごはん

鴨鍋みたいですが…ふるさと納税のお礼品ハムセットにあった、焼き豚を熱湯で洗って味を薄めてから、鍋に載せました。

濃い味は苦手…来年のふるさと納税では気を付けよう。

焼き豚150gは260kcalくらいあるようなので、定期健康診断まで夕食350kcalを目指す自分としては、これにて打ち止め。むー。

いやさ、まだ少しは食べてエェで。ということで、朝と同じ、水抜きヨーグルトとコーヒーでまったり。

 

今年もよく働いた。

糖質制限と四十肩リハビリにもめげず、仕事のパフォーマンスは下げずに一年を乗り切る事ができ、むしろ体調は絶好調にて、若い頃のハラハラするような無茶苦茶な生活してた頃よりも、体はラクになりました(肩除く)。

あと、夕食をセーブし始めた+ふるさと納税のお礼品が届き始めた事で、家計が

月末で締めてるので、あと1日ありますが、未だ手元に8千円も残っている!<どんだけ喰っとったんや今まで

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まとめてみた

2016年12月30日 | ブログの説明

どーも。今、家計の年間決算書を作成していて、いい加減イヤになってきたので、ブログをまとめてみるプーカプカです。

毎年ね、B/SとP/L形式で年間をまとめてるんですが、勢いで年末に仕上げないと、翌年末でほったらかしになります…

 

さて、ブログはどうやってまとめれば、いろいろハッキリとクリアになるでしょうか。

気ままに書き散らしている当ブログも、記事数が増えてきて、もはや書いてる本人ですらナニ書いたか覚えていません(笑)

また、あまりにくだらない日常を綴っているので、読んでも意味のない記事がたくさん含まれております。

 

そこで、当ブログの歩き方。紹介順にご覧いただくと、無駄足にならないかと。

 

カテゴリー「そもそも」

最初にご覧いただければ。プーカプカが如何にアホな半生を送って来たのか、分かるようにしてあります。

これ読んで、バカさ加減に呆れた患者様は、回れ右で退出なさったほうが、疲れないと存じます。

 

カテゴリー「喧噪の外で」

当ブログの良心(笑)

言いたい事、感じた事、知らせたい事は全てここに。これ読んで、方針が合わないと感じた患者様は、回れ右で御帰りになったほうが、疲れないと存じます。

 

カテゴリー「数値」

これが肝心ですよねぇ。皆が興味あるところは、これに尽きると存じます…

結局、これだけ書き散らしておいて、おまえ数値はどうなんだ?という。

ここを隠さず書くことで、皆さまからのアドバイスを頂くことも出来て、やはり医療者からの助言と、同じ患者同士の助言って、ココロに響くモノが違うので、このカテゴリーだけは真面目に取り組むようにしております<そうだったの←今、自分でも気が付いた(笑)

ま、このカテゴリーは、方針が合わないと感じた患者様でも、しばしゆっくり楽しんでいかれるのでは…

 

カテゴリー「読んだ本とかサイトとか」

ま、勉強ですよ、一生。

自分のスタンスは「ホルモン系の代謝異常である糖尿病は、治るとかいう概念に納められない種類の病気である」と思ってますから、つまるところ、生きてる間はずっと、学び続けて、応用するしかないのであります。

そろそろこのブログにムカッ腹が立ってこられた患者様は、読まない方が賢明かと存じます。もっとイラっとすること間違いなしです

 

カテゴリー「糖質量コントロールの外食」

血糖値をコントロールしようだなんて!とココロが折れそうな方の、休憩所です

このカテゴリーをもっと記事数ふやせればよいのですが…

 

カテゴリー「作って食べよう」

当ブログで、唯一、皆さまのお役に立つことがあるとすれば、このカテゴリーです。

特に、残りの人生が未だ長く残されている若年性糖尿病の患者様には、自分で作る事が重要になってくるかと存じます。

ので、自分が持つもの凄い料理への情熱とスキルを封じ込めて、あえて、単身赴任中の中年おやじでも作れるレベルでもって、自分の食生活を試しております。<いい加減にしろ

 

その他のカテゴリーは、まぁ、書き散らしているだけです。余力があれば覗いてみて

自分の人生では未だ、死ななかった人を一人も存じ上げないので、いずれ絶対に必ず死にますから失敗したところでイイや、という思いで人生をやっとります。

だから参考にはならない記事も多いかと存じますが、暇つぶしにはなるかと。

 

最小限の労力で最高のパフォーマンスを披露し、偏見は経験には勝てないんだという事をお届けできれば、望外の幸せにございます。

以上、当ブログの歩き方でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外食の聖地、其の二

2016年12月30日 | 糖質量コントロールの外食

どーも。年明けに定期健康診断を控えて、食事内容を節制しているプーカプカです。

なんといっても、産業医が目にするその検査の結果こそが、自分が血糖値コントロールに邁進する唯一最大の目標でありますから、それさえ乗り切れば…外食しまくってやる<こら

 

糖質摂取量のコントロールでいえば、外食の聖地・其の一は、大阪ビジネスパークですが、今回は其の二として、大阪梅田にある堂島地下街周辺をご紹介。

 

パキスタンレストラン ムガル

堂島地下街の端っこにあります(中之島寄り)

日本にあるインド料理店の多くは、実はパキスタンのシェフがやっているんだとか。店名にインドと掲げる方が、客の入りが良いので、そういう形態になるらしい。

単品メニューが豊富で、全メニューお持ち帰り可能になっているので、糖質量のコントロールが可能。

テイクアウト注文カウンターが、弁当屋のようにパカっと大きく取られているので、頼みやすいです。

梅田周辺のホテルに滞在する時など、便利かと。

 

ダル食堂

堂島地下街で、サラリーマンで賑わう肉系飲み屋さん。

手頃な値段で牛豚鶏羊のステーキとか、アヒージョも種類多く、ご飯食べなくてもお腹いっぱいになれそうです。

お酒が欲しい向きにも、ハイボールだけでも竹鶴ハイボールとか、ミントハイボール、レモンハイボールなんかあって、愉しそうです。

 

しゃぶしゃぶnewKOBE

堂島地下街で、独りメシのしやすさBEST3に入る店構え。

この店、自分が社会人デビューした時には既にあったような…もう25年以上前ですね。

1人用のしゃぶしゃぶが、カウンターにズラッと設置してあって、ランチの時間帯でもサッと食べられます。

値段的にも、普通のごはんの設定なので、日常使いできます。(ランチ千円前後、ディナー1~2千円)

 

勝牛

公式サイトがちょっと内容分かりにくいので食べログこちら

堂島地下街の比較的新しいテナントとして登場した、京都の牛カツ専門店です。

系列他店ではいつも大行列だそうですが、堂島地下街ならスグに入店できます。

ま、糖質量をコントロールしようと思えば、セットのご飯はキャンセルする必要がありますが…カツの店頭サンプル見る限りでは、ご飯は要らんやろ~っていうボリュームです。

 

クックデリ御膳

以前ブログにも書いた堂島地下街にあるお弁当屋さん。

ご飯の部分がブロッコリーになった弁当とかがあります。

おかずの単品買いも出来て、惣菜のパックすべてに栄養成分表示があるので、糖質量も把握できて便利。

また、毎夜19時15分からは店頭商品全品半額になるので、サラリーマンの大行列になっています。

 

ザ・エイジングハウス1795

堂島地下街から地上に上がって、中之島方面へ。橋の手前にあります。

形態としてはアメリカン・パブを前面に出してきてますけど、カフェっぽくもあり、肉系の店です。

ランチで糖質量コントロールし易そう。千円台で肉系パワーランチ。サラダが食べ放題です。

また、お誕生日ケーキの代わりに、お誕生日ミート(!!)にろうそく立ててお祝いできます

 

 

毎朝、ガバっと起きた瞬間に、「定期健康診断まで(=外食解禁デーまで)、あと●日だ!」とカウントダウンしております

皆様にも気合の入る朝が訪れますように…たとえばこんなの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お独り様の特権

2016年12月30日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。悲惨な中高年まっしぐら、プーカプカです。

四十肩の両肩同時発症も、そう遠くない将来に…な気配

 

朝ごはん

サイリウムおから餅

の上に、鍋。

ふるさと納税のお礼品で貰ったボローニャソーセージと、白菜、小松菜、椎茸。

味付けは岩手の魚粉、醤油。

ゆで卵とモヤシのナムル(塩、ごま油、焼き海苔)

 

昼ごはん

火・水と全く同じ…あら、月も同じだったかしらん?

焼きおからパンを解凍せずに、そのまま。自然解凍で充分美味しいです。

(糖質1.9g、カロリー106kcal)

クッキーとソイジョイの間みたいな食べ物を1/10個。これも冷凍のまま持って行きました。

(糖質0.65g、カロリー48kcal)

モヤシのナムルと、カレー粉和え(キャベツ、エリンギ、ボローニャソーセージ)

ブラックコーヒーで。

 

晩ごはん

ヤル気なーし←いつもだ

激安スーパーのレジ前で98円の叩き売り中。

まぁ、いいか~って感じですね。

糸寒天、小松菜、椎茸に、かけてみました。胡椒があればもっと良かったな。

胡椒が切れて早二か月(笑)

クリームチーズソース以外のカロリーが無いので、豆乳プリン

卵3個バージョン糖質3.6g、熱量423kcalの半分弱を食べました。

 

「晩ご飯はパスタとプリン」とか書いてしまえば、なんやエライ、女子しとるなぁ。<実態とエライこと掛け離れ

軽い夕食いうのんに、だんだんと慣れてきた。

消化にチカラを持ってかれないって事なのか、日中のコンディションが底上げされた感じ。

しかしなんやわ。

家族と一緒に生活してるヒトには厳しい方法やろなぁ、とは思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボスが見た雪

2016年12月29日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。支離滅裂のカラダの持ち主、プーカプカです。

 

四十肩がね。

ガッツリ、自主リハビリのストレッチを1日15回やってんですが。

そのストレッチは良い方向に進んでいるのに、日常動作の困難というか、痛さは逆戻りしてます。

なんでやねーん

 

もうこれ以上、自主練できまへん…

全ては職場の大掃除後の筋肉痛から悪化しよったで。

だ・か・ら

 

ウチの大掃除はやりません<それが言いたかったのか

 

朝ごはん食べてから7時に出勤した自分は、雪は見ておりません。

朝ごはん抜きで6時から仕事していたボスは、雪を見たと云っております…

そんな初雪の日の朝ごはん

鍋。魚の切り身(ツバス)とゆで卵をのっけました。

モヤシのナムル(塩、ごま油、焼き海苔)

水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)をのっけたココア増強した焼きおからパン。パンの糖質1.27g、熱量62.14kcalです。

 

昼ごはん

焼きおからパンを解凍せずに、そのまま。自然解凍で充分美味しいです。

(糖質1.9g、カロリー106kcal)

クッキーとソイジョイの間みたいな食べ物を1/10個。これも冷凍のまま持って行きました。

(糖質0.65g、カロリー48kcal)

おかずはモヤシのナムル(塩、ゴマ油、焼き海苔)と、カレー粉和え(キャベツ、エリンギ、ソーセージ65g)

ブラックコーヒーで。

と、この文章も写真も、前日のランチと全く同じです(笑)

 

晩ごはん

白菜と小松菜と椎茸に、岩手物産館で買った魚粉をふりかけて、激安スーパーのおでんを載せて、土鍋で5分。

ビックリするくらい、野菜に熱が入ってクタ~ってなります。土鍋、すげー

 

クリニックでの年内リハビリはこの夜で最後。

ということは、ローソンで買い物できるのも最後かも、と色々買い込んで来ました。(生活圏内にローソンが無い~)

どんだけ好きやねん、たまごサラダ。あくまでもローソンのが好きなのです。他のはアカンかった。

パリパリごまわかめは、糖質3.8g、熱量70kcalです。

食事って、食べ終えた直後が一番、「もっと食べたい」と思うので(勢いがついてるから?)、ちょっと少なかった時など、コレをつまみながら炭酸水で晩酌気分に。

というわけで、この夜もパリパリごまわかめ1袋食べました。

 

次のリハビリは一週間後まで無いので、その間も1日15回の自主練を、なんとか減らさずに頑張りたい…

無理やろな←やる前から

やって行かへんかったら、筋肉の状態で分かるらしーです。

来年こそは、完治して、新しい事に挑戦したいのですが、既に反対側の肩に四十肩症状が忍び寄る今日この頃。加齢とはこの事なりにけり

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

まさか、の。

2016年12月28日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも…

まだまだ仕事(と云うか、年中無休のお商売)のプーカプカです。

 

それでも大晦日と正月三が日は出勤しないチームなんですが。

まさか、の。

 

ボースーっ

 

ボス、三が日にご出勤決定

 

 

え゛っ

部下は!?

 

プーカプカは!?!?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほほぅ、痩せとる

2016年12月28日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。年中無休のプーカプカです。

 

そういうお商売なので、入職当時から盆や正月に未練はございませんが…未だ27日だというのに電車がガラガラでぴっくりぽん

こんなに早かったっけ?仕事納めって。

 

朝ごはん

鍋。上に乗っているのはツバスの切り身です。

前夜に食べなかった豆乳プリンに、水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)をのっけて。

ココア増強した焼きおからパンを1/4カット。糖質2.54g、熱量124.28kcalです…と食べる気マンマンでしたが、やっぱり量が多かった(笑)

半分でやめておきました。

冷蔵庫、スカスカだなヲイ

 

昼ごはん

焼きおからパンを解凍せずに、そのまま持って行く実験。結果は大成功。自然解凍で充分美味しかった。

(糖質1.9g、カロリー106kcal)

クッキーとソイジョイの間みたいな食べ物を1/10個。これも冷凍のまま持って行きました。

(糖質0.65g、カロリー48kcal)

おかずはモヤシのナムル(塩、ゴマ油、焼き海苔)と、カレー粉和え(キャベツ、エリンギ、ソーセージ65g)

ブラックコーヒーで。

 

晩ごはん

19時頃の夕食、ということで、久々にガッツリ。寝るまでに5時間近くあると、だいぶ消化がラクですね。

鶏の竜田揚げ138円分…カロリー不明(笑)

カイワレ1パックは、前日の激安スーパー1円商品。

朝に残した焼きおからパンのココア増強版。

 

先週から、焼き肉とか派手にやらかしてましたけど、「夕食で200kcal位減らしてみるかチャレンジ」22日目、マイナス2.5kgと順調な減量成果を上げております。

やってみるもんやなー

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お金、かぁ

2016年12月27日 | お金のハナシ

どーも。正月明けにいきなり職場の定期検診を控えるプーカプカです。

 

前回、主治医のクリニックでHbA1cを計測してから、次の職場の定期検診まで、一か月位しか空いてないので、数値の性格から考えて(1~2か月間の血糖値の平均評価)、悪くなっていても6.3位までだと思います。(前回は6.0)

が。

悪くなっていたら、別の病気の心配をせなアカン!というくらい、血糖値に関しては清く正しく美しく、生活しております。

 

まず、付き合いの宴席に出ない。

プライベートでは、最低限の身内か、身内といって云いレベルの友人達と、家計の範囲内で鍋か焼き肉。

予算は正月であろうが関係なく、大借金が終わるまでは、1か月4万円で食費+雑費+遊興費を賄う。←50になろうかというサラリーマン的人間がありえへん予算

四十肩のせいもあって、休日も普段どおり朝5時台には起きて、夜は日付変わる前に寝ている。

 

以上!

なんという寂しい人生

生きてる楽しみはあるのか。

 

あるある。

 

決められたお金とか、糖質量とか、リハビリ回数とか、枠があると生きるのラクチンです。

そしてその範囲の中で、いかに楽しく、ズルして(笑)ラクにやり過ごすか、ゲームみたいです。

どうせ余生ですから。

イヤな事は右から左へ。

小さく半径100メートルで生きていても、かつて10,000kmの生き方してた時と、高揚感はさほど変わりません。これは経験してみて分かった事。

 

おカネかぁ…と、最初の頃は思ったような気がしますが、無きゃ無いで、慣れるもんです。

食事内容も、やってみれば糖質摂取量の上限(1食当たり20g)に慣れました。

惰性に流されやすいタイプ(笑)

冷静に考えると、悲惨な余生かもしれませんが、本人はいたって呑気に無事之名馬~とか云って暮らしております。

 

それでも同じような生き方は、ヒト様にはお薦めできかねますが

血糖値コントロールの為に、期間を区切って、なんちゃってド貧乏とか、なんちゃって島流しを体験してみるのもよろしいんじゃないかしらん。

安心・安全な?年末年始を過ごせます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

我慢できずに

2016年12月27日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。四十肩いてーよ、プーカプカです

上肢の筋肉痛をかばってリハビリしているからか、内臓が謎の筋肉痛(笑)

ま、一番酷い時は、肩甲骨を動かすだけで尻が筋肉痛になったからな

 

朝ごはん

鍋。見えてませんが、底に魚の切り身が沈んでおります。

ココア増強した焼きおからパンを1/8カット。糖質1.27g、熱量62.14kcalです。

水抜きヨーグルト(=ほぼクリームチーズ)をつけて。

 

昼ごはん

キャベツをチンして、カレー粉で和えてます。

焼きおからパンを解凍して、ふるさと納税でもらったボローニャソーセージ80gを挟んでます。

ご覧のとおり、ふわふわ。

挟み過ぎ(笑)

 

晩ごはん、の前に…

昨日のブログのとおり、なんか食べないと、夕食つくるどころではなく、荷物を置くやいなや我慢できずに冷凍庫からクッキーとソイジョイの間みたいな食べ物を出してきて…

右上のチョコチップスナックパンは、激安スーパーの1円商品でした。

同僚のお子さんが冬休みで家に居るので、差し入れにします。

 

白菜とえのき。岩手物産館で買った、魚のだし粉末と、醤油だけで土鍋グツグツしたら、白菜がサイコーに美味い。

厚揚げ2個が、意外にお腹を膨らませたので、密かに?作った豆乳プリンは眺めただけで満足した。

うっかり全部、食べてしまうトコだった。

「あったら食べる」習性は、そんなに簡単には抜けきらないのである

コメント
この記事をはてなブックマークに追加