福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

方位について

2014-06-21 | 法話
18,19と筆舌に尽くしがたい有難い体験をしてきました。この内容はいえませんがその折、その地方で枢要な山、寺社がすべて春分線、東西線等の上に一直線に並んでいることが地図上で判りました。  方位学では小川光三が発見した「太陽の道」が有名です。これは北緯34度32分の東西線上に、700キロにわたって神社や史跡が一直線に並んでいるというもので例えば「三輪山」、「長谷寺」「室生寺」「太郎生」「伊勢神宮の . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その51

2014-06-20 | 四国八十八所の霊験
33番境内の山本玄峰老師、鈴木宋忠老師の像 . . . 本文を読む
コメント

よみがえった命(川本達治、兵庫県)

2014-06-19 | 頂いた現実の霊験
私も今年は還暦を迎えましたがそんな私にとって忘れられない思い出がございます。それは私が36歳の暑い夏の日のことでした。ふとした不注意から私の作業着にかかったガソリンに火がついたのです。火は私の背丈より上に上がり私は火達磨になりました。私は特に下半身に大やけどを負ったのです。 友人により急いで病院に運ばれましたが私は体の3分の1以上火傷した場合は助からないことを知っていましたので自分は到底助からな . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その50

2014-06-19 | 四国八十八所の霊験
五台山から降りて下田川を渡り5キロ位いくと、目前に百㍍あまりの小高い山があります。ここが32番禅師峰寺で、寺伝によれば、聖武天皇の勅命を受けた行基菩薩が海上安全を祈願して堂宇を建立したのを起源とし、後にお大師様が八葉の蓮台に似ていることからここで虚空蔵求聞持法を修法、十一面観世音菩薩を刻んで本尊とし、現在の寺名「八葉山 求聞持院 禅師峰寺」を定めたといわれます。お大師様の作と伝えられる「船魂観音」 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その49

2014-06-18 | 四国八十八所の霊験
 30番から31番竹林寺までは7キロ弱です。30番からどんどん南下して高知市街地にはいります。竹林寺のある五台山への登り口はいつも迷います。逆打ちのときは特にわかりません。五台山の下の学校の周りを何度もまわったこともあります。 2回目の時です。細い登り道をやっと見つけて登ろうとすると近くの枇杷の木の何十匹もの蝉が驚いて飛び立ち一匹が眼鏡の中まではいりこみあばれます。びっくりしました。 あわてて蝉を . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その48

2014-06-17 | 四国八十八所の霊験
29番国分寺から約11km で30番善樂寺です。手ごろな距離ですがなぜか意外と疲れます。善樂寺への途中には「へんろ小屋第5号蒲原」と云うまだ新しい遍路小屋がありました。道路の拡張部分に作られていました。近所の会社が維持管理をしてくれているようでした。土地も地元の地主の好意で建てられているようでした。なかには記帳ノートがあり「一度死のうと思った人生。死ぬ気で回って見せる。足のいたみ何か逆に気持ち良く . . . 本文を読む
コメント

六月十七日は興教大師覚鑁上人のご生誕の日です

2014-06-17 | 法話
六月十七日は興教大師覚鑁上人のご生誕の日です . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その47

2014-06-16 | 四国八十八所の霊験
29番国分寺の苔庭 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2014-06-16 | 法話
「佛・法・僧」をたやすく謗っているがその人には必ず報いが来る、とはお大師様のお言葉です。 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その46

2014-06-15 | 四国八十八所の霊験
神峰から野市を経て大日寺までおよそ四十㌔あります。17年の遍路では神峰寺の麓で泊まった遍路宿の女将さんがあとから車でおいかけて来て途中の野市まで乗せてくれました。おかげで1日分助かりました。予約していた遍路宿を過ぎてしまったので断りの電話を入れました。歩き遍路なのにこういう時ほっとするのはどうも修行が足りません。 28番大日寺は小高い山の中腹にあります。17年には工事中であった本堂がその後新築さ . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その45

2014-06-14 | 四国八十八所の霊験
 「国家の品格」で数学者藤原正彦氏は宗教心の厚い、品格のある国が栄えると喝破しました。 ドラッカーは「経営者は、学習して身につけることはむつかしいがどうしても持っていなければならないものがある、それは品格である」といいました。「実業読本」で武藤三治は「品性・・・私は会社の従業員にはスマイル博士の「品性論」を与え、品性を磨くよう奨励している。品性は人生において最も大切なものであって,・・富の力よりも . . . 本文を読む
コメント

先日、清掃活動中の御婦人に話しかけました・・

2014-06-13 | 法話
先日国立駅に降り立ち帰宅する途中、駅前で黙々とゴミ拾いをしている婦人を見かけました。此の人は駅周辺をいつも掃除している人なので思い切って「ご苦労様です、いつもありがとうございます」と声をかけました。しかし何度声をかけても無視してゴミ拾いをしています。すぐ近くまでいって再度「ご苦労様です」と声を掛けました。するとその人は振り向いて、ゼスチャーで、耳が聞こえないという仕草をしました。ハッとしました。自 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その44

2014-06-13 | 四国八十八所の霊験
ここ神峯寺はいついっても有難い霊場です。二〇年のときは六時ころ遍路宿をでると満月の下、一面の水田の蛙がいっせいにケロケロと大合唱して不思議な気持ちになりました。 澄禅「四国遍路日記」には「神峯寺、本堂三間四面、本尊十一面観音なり。とう峯より下、二寺は麓にあり、無礼の僧なり。」とあります。江戸時代は神峯神社の本殿を観音寺といい、養心庵という寺も麓にあったと云いますからこれらを二寺と云ったと思われま . . . 本文を読む
コメント

阿闍世王授決經

2014-06-12 | 諸経
貧者の一灯の基になったお経です。貧母が乞食で得たお金で油を買い燈を燃やして仏を供養したところその燈か消えることなく輝き続けた。貧母は仏様から将来「須彌燈光如來」となると授記された・・というものです。 阿闍世王授決經 西晋沙門釋法炬譯 聞如是。一時佛羅閲祇國耆闍崛山中にあり。時に阿闍世王、佛を請う。飯食已に訖り祇洹に帰らんとす。王、祇婆と議して曰く。「今日佛を請す。佛、飯已に竟る。 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その43

2014-06-12 | 四国八十八所の霊験
27番神峰寺の霊験と成功者の信仰 26番から27番神峰寺は34kmあります。歩くと9時間はかかるといわれています。大体途中バスに乗ってします。麓の遍路宿に泊まり朝早く27番神峰寺にのぼります。朝はご住職みずから納経してくださると遍路宿でききましたがそのとおりで、朝早く行くとご住職がおられ、自ら納経していただきました。  ここは神功皇后が三韓征伐の戦勝を祈願して、天照大神を祀った社として創建され、 . . . 本文を読む
コメント