Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンチェスターシティのW杯

2014-06-30 01:22:00 | サッカー
はい、dolce-vitaサッカーばかり観ています

ワールドカップもグループリーグがすべて終了して
ベスト16が出揃いました。

マンチェスターシティの選手も
みんな頑張ってます

今シーズンのプレミアリーグでの活躍が認められ
デミチェリスがアルゼンチン代表に復活
喜ばしいことです

でもプレミアリーグであんなに頑張って活躍して
チームも優勝したのに
代表に召集されなかった選手も。

まずそれで問題を起こしたのが
フランスのナスリ。
いえ、問題を起こしたのはガールフレンドなんだけど。

スペインのネグレドとヘスス・ナバスも30人の代表候補には入っていたのに
最終登録メンバーの23人からは落選。
ヘスス・ナバスは残念なことに怪我の回復が微妙に間に合わなかった。
今シーズン、フェルナンド・トーレスよりプレミアで実績を残し
W杯予選でも9番として活躍したネグレドが
何故に落選
(↑スペイン代表への批判ではなく身内のグチです)
これにより、前線を左・シルバ、右・ヘスス・ナバス、ワントップ・ネグレドの
マンチェスターシティ・トリオで大暴れするというdolce-vitaの野望も
実現することなく破れるのであった


さてグループリーグでは。

ボスニアヘルツェゴビナのジェコ
政治的にも問題を抱えながら同じユニフォームで勝利を目指す選手たち。
dolce-vitaが観たのは、vsナイジェリア。
ジェコがゴールネットを揺らすもオフサイドの判定。
こういう飛び出しはジェコの得意技。
オフサイドじゃねーし
(実際VTRで確認してオフサイドじゃなかった、なのにノーゴール
試合は0-1
ジェコの幻の得点があれば、勝ち点1だったし
それ以前に、試合の流れが間違いなく違ってた。
最終戦のvsイランでは勝利し、初出場初勝利をあげたけど
グループリーグ敗退。
決勝トーナメントで戦える内容だったのに
とっても残念
ちなみに楽しみにしていたvsアルゼンチン
アルゼンチンはシティのアグエロとサバレタがスタメン
ジェコとサバレタのマッチアップ?
ミドコロいっぱいのはずが
…ほぼ寝てた
とっても残念つか自分にがっかり


コートジボワールのヤヤ・トゥーレ
日本と対戦することから急に注目されたコートジボワールとヤヤ・トゥーレ。
守備もすれば決定力もあり、まさに八面六臂の大活躍
今シーズンプレミア得点ランキングでは
リヴァプールの2トップに次いで第3位
シティの頼れるアニキです
なんとっdolce-vita、日本vsコートジボワールは
お花の巡回講座と時間が重なり、ちらっとも観れず
そのあともこのグループは当然日本代表の応援を最優先したため
コートジボワールの試合は全然観れなかった。
第2戦vsコロンビアのあとトゥーレ兄弟は弟さんの悲報を受けた。
でも第3戦vsギリシャではグループリーグ突破がかかっていたので
そのままチームに帯同。
悲しみの中頑張ったヤヤ・トゥーレをdolce-vitaは応援できなかった。
(日本vsコロンビアに全力だった)
そしてヤヤ・トゥーレもブラジルの地を去った。


イングランド代表はジョー・ハート、ミルナーの二人だけ。
(プレミアリーグのチームなのに)
vsイタリア、vsウルグアイの2試合観ましたが
ジョー・ハート、ごめんっイタリア応援しちゃった
ミルナーがvsコスタリカしか出場せず
この2試合ともフィールドプレイヤーにシティの選手がいなかったのよ
しかも最近のアッズーリ、ファンなの
ついでに告白するとvsウルグアイでは
リヴァプールの2トップ
今シーズンプレミア得点ランキング1位2位
(ウルグアイ悪童スアレスとイングランド若手ストゥーリッジ)
のシュートの打ち合いに注目しちゃった
ジョー・ハート、マジごめん


スペインのダビド・シルバ
初戦のvsオランダ
前半。
シルバはいつも通り、守備も丁寧にプレスをかけ
素早いパスを回し、
…どころか、自分自身も細かくポジションを変え
虎視眈々とゴールを狙い、ゴールに迫る
dolce-vitaの好きなシルバの本領発揮
前半終了近く。
シルバらしいキーパーの頭上をふわりと越える(はずの)小憎いループシュートがっっ
シレッセンがギリギリ重心を残してて
「ふわり」に手が届いてしまった
普通だったら「惜しいっ」で済むはずのシーン
運悪く、その直後…
ブリントからの美しく弧を描くアーリークロスに
ファン・ペルシーがこれまた美しいダイビングヘッドを決めた
そして、スペイン悪夢のW杯に
vsチリ
シルバ、スタメンから外されるかも
dolce-vitaの心配は杞憂に終わり(ほっ(^.^))
シルバはスタメンで登場し、攻撃の起点となって頑張るけど
得点に至らないっ〓
ああ、なんか悪いときの日本代表みたい。
モタモタしてるうちにハードワークのチリにゴールを決められ。
前回王者のスペインは2試合めで
グループリーグ敗退が決まった。
vsオーストラリアは、観始めたものの、シルバはスタメンから外れ
同時刻キックオフのオランダvsチリが気になり
ついそちらを真剣に観てしまった
(↑面白いサッカーになびく)
ダビド・シルバ、28才。
一番活躍できるはずのW杯がたった2試合で終わってしまった。
次のユーロ2016では30才。
今度こそがんばれシルバ


決勝トーナメントに勝ち残ったシティたち。
ベルギーのコンパニ。
アルゼンチンのアグエロ、サバレタ、デミチェリス。
ブラジルのフェルナンジーニョ…
あれっ?これだけなの?
応援しなくちゃね~


来シーズンのシティ
今、dolce-vitaがすごく欲しい選手は
オランダ代表、アヤックスの左サイドバックのブリント
ブリントからの鋭く精度の高い縦パスにジェコが合わせる
画が浮かぶようです
ま、たぶんファン・ハール監督がユナイテッドに連れていくっていう方が
可能性は高そう(^-^;
あ、サウサンプトン
吉田麻也使わないんだったらシティにください
(dolce-vita的には、日本選手がいるとNHKが放送してくれるので嬉しいし
吉田麻也、可能性感じました

決勝トーナメントも応援しなくちゃ
コメント

ルピナスの花

2014-06-29 16:11:03 | LEGEND


なぜか。

お花の雑誌に取り上げられていました。

もうすぐ…ですね
コメント (8)

お稽古 6/24

2014-06-26 00:45:22 | 池坊
ストレチア一種生
コメント (2)

ポポットで晩ごはん

2014-06-22 21:36:52 | おいしいもの
火曜日。
お花のお稽古がお休みだったので。

terraと晩ごはん

…つか、あれ?(^-^;
日曜日の時点では、
お稽古休みだからカラオケ行こう
って言ってたんですけどぉ

terraも喋りたいことがいろいろあったんだね、
火曜日には、カラオケの「カ」の字もなく
晩ごはん
ま、どっちでもいいけどね~

とゆうことで。
terraご推薦の八丁堀のポポットへ。

ひとまず、ビールセット1080円。
ビールと料理3品


鱧とアスパラの天ぷら
梅塩&抹茶塩


このお豆腐の甘辛がたまりません
しかも、このお皿
金継ぎちっくでカワイイ
これですっかり上機嫌のdolce-vita
(ここでやっとカラオケのことを忘れる


このポテサラは枝豆も一緒にマッシュされてて変わりダネです

ここまでが、セットのお料理
ビールもついて1080円はスゴいっ

ただ。
terra&dolce-vita
これだけで終われるはずもなく。


十四代があったので、すかさずオーダー
くぅ~なのでした。
しかも器がとっても素敵


厚切りベーコン


せせり炒め


エビのオムレツ


オムレツならワイン飲まなくっちゃo(^o^)oですよね

どのお料理もちょっと気が利いてて
とってもおいし~

…いつものことですが(^-^;
火曜日に食べ過ぎて。
水曜日のバレエクラスでいつも以上に
腹筋にグッと力を込めるのであった…
コメント (2)

メトロポリタン・オペラ ベルリオーズ《トロイアの人々》

2014-06-22 15:56:38 | オペラ
メトロポリタン・オペラ
ベルリオーズ《トロイアの人々》

指揮:ファビオ・ルイージ
演出:フランチェスカ・ザンベッロ

カサンドラ:デボラ・ヴォイト
ディドー:スーザン・グラハム
アエネアス:ブライアン・イーメル
コロエブス:ドゥウェイン・クロフト
アスカニウス:ジュリー・ブーリアンヌ
パントゥス:リチャード・バーンスティーン
アンナ:カレン・カーギル
ナルバル:クワンチュル・ユン
イオパス:エリック・カトラー

メトロポリタン歌劇場
2013年1月5日

日本では舞台未上演
作曲家自身も未見の空前絶後の大作
スタッフ・キャスト総勢約1000人規模の豪華な舞台

WOWOWのそんな予告で期待も


ウェルギリウスの叙事詩「アエネーアス」をもとに
ベルリオーズ自身が脚本を書いているらしい。

ああ、読んでてよかった「アエネーアス」
ヴェヌスと、その女神が一目惚れしたアンキセウスとの息子アエネアス。
(↑美しいに決まってる
ギリシャ軍に破れたトロイアの人々をローマに導いて建国した英雄です

ウェルギリウスの「アエネーアス」は英雄の冒険譚みたいなカンジですが
ベルリオーズの「トロイアの人々」は
トロイアの王女カサンドラとカルタゴの女王ディドー
二人の女性の物語っぽい。

ストーリーは1部と2部に分かれ、
第1部はそのトロイア戦争でトロイアが滅びるまでが描かれます。
第2部はカルタゴが舞台。
カルタゴに漂着したアエネアスが武力で女王ディドーを守り
二人は恋に落ちるわけですが。
最後は、(美しくまとめるとしたら)
アエネアスは建国の志のため運命に導かれ、カルタゴを去る…。

英雄アエネアス役は、
当初予定のマルチェロ ・ジョルダーノの代役で
ブライアン・イーメルという33歳の若いテノールさん。
dolce-vita的には、ほっ(^.^)
フランスオペラってことでジョルダーノなんだろうけど。
「トロイアの人々」は観たことないけど
dolce-vitaお気に入りの「英雄」アエネアス
ジョルダーノでは、決してないのぉ

ブライアン・イーメルスゴかったです
ぱっかーんとした気持ちいい高音
ヒロイックで超☆カッコいい
アリアのたび会場からの拍手もスゴかったです。

ディドーのスーザン・グラハム。
登場したときは穏やかな女王。
そして恋するオトメ、それからアエネアスの裏切りを嘆くオンナ。
いろんな表情を見事に歌ってくれました。

アンナのカレン・カーギルが
深みのある美しいメゾさんですごく好きでした。

この姉妹の二重唱の美しさはため息モノ
これは偶然なのか二重唱が美しすぎたのか。
窓全開で観てたのですが
雨宿りの小鳥たちが急に我が家のベランダに集まり
これまた美しいさえずりを聴かせてくれました。
なんかびっくりデス

全幕を通しての合唱の迫力、スゴかった。

第2部の音楽がまた美しく。
ディドーとアンナの二重唱。
ディドーとアエネアスの二重唱。
四重唱、六重唱、聴きドコロいっぱい

テノール陣のアリア。
アエネアスはもちろん、カルタゴの吟遊詩人イオパス、トロイアの水兵。
どれも難アリアっぽいのに、素晴らしくて超☆カッコよかった。

5時間もの長丁場にもかかわらず。
音楽も壮大で美しく、しかもさすがグランド・オペラ☆
バレエシーンもふんだんにあり
飽きることは全然なく。
あっという間の5時間でした。

ただ…。
5時間という時の流れにより…。
終わったときには、dolce-vitaは最初のトロイアことは忘れかけてました

うーん、ハンニバルが…
ディドーのアエネアスへの復讐かぁ(^-^;
コメント

キラキラなおみやげ

2014-06-21 15:13:05 | おいしいもの
いただいた瞬間…

きゃあぁ≧▽≦
きゃわい~

って、なったよん

こけしちゃんの「ちょっと山口に行ってきた」おみやげ

最近全然ブログにはUPしてないけど
こけしちゃんからは毎回おいしいだけじゃなく
きらきら感あふれるおみやげをいただきますが
このビジュアルのキュートさには
またまた射たれました〓



ロールケーキのお店マルグリットの
焼き菓子の詰め合わせ

これとは別に会社で3時のおやつに
ロールケーキをいただきました

おいちぃヾ(@⌒ ⌒@)ノ

もうひとつはまた別のところのお菓子の詰め合わせらしい。

でも一遍に食べてはいけません

次回のお楽しみ
コメント

お稽古 6/20

2014-06-20 21:29:57 | 池坊
かきつばた

今年初のかきつばたデス

よか~ぁ
コメント

巡回講座うちあげ

2014-06-20 21:05:21 | おいしいもの
15時に巡回講座が終わって
お花のお友だち5人で
花展会場にひとつお邪魔してから…

うちあげ

うちあげって…
dolce-vita、何も働いてないのでは?
というご意見は受け付けておりません

まだ時刻は16時
ということで。
炭焼きワイン酒場Sante
(土日は14時からやってます

テラス席ではないけど
フルオープンになったテーブル席
梅雨の晴れ間、とっても気持ちいいお席です

ワインは併設のワインショップで選びますo(^o^)o

5人が自分の食べたいものを思い思いにオーダー


つきだしはビシソワーズ


ポテサラ


自家製オイルサーディンのサラダ


サバの燻製


カルパッチョ


串焼き盛り合わせ


ミミガーのサラダ


生ハムコロッケ


タコのマリネ


野菜スティック


チーズ盛り合わせ


バーニャカウダ
(なんか変わりダネ~


あれ?これなんだっけ?(^-^;


ナッツ


泡を満喫したあと、落ち着いてワイン

5人で…
食べ過ぎ?…かな

いつもこのメンバーではコースをオーダーするので気がつかなかったけど
みんな野菜頼みすぎじゃね?
「サラダ」って3回も書いたよ(^-^;

巡回講座の話に盛り上がり。
観に行った花展の話に盛り上がり。
お花バナシをアツく語り合う5人

楽しく充実したうちあげデシタ

あ~お腹いっぱい
コメント

広島アステールプラザで…

2014-06-19 03:17:49 | LEGEND
LEGENDのコンサート
3日後の巡回講座

会場は同じ広島アステールプラザ 大ホール

コンサートの興奮さめやらぬ…
といった風情なので
アステールプラザの大ホールに足を踏み入れた途端
あの素晴らしいコンサートと
ヒロシさんの笑顔がまざまざと蘇り
心のなかで
きゃあぁ≧▽≦きゃあぁ≧▽≦
なるのであった

ちなみに…
ヒロシさんのブログ「ホール入り!」→

今年はお休みしましたが
裏方のお手伝いをさせていただくときは
この一番広い楽屋でお弁当をいただきます。
そう、鏡に向かって
これが結構な衝撃体験

去年はちょうど、あきさんのお隣の席あたりだったかな
うふっ(^.^)


舞台に向かう廊下


舞台袖直前の鏡

この鏡にヒロシさんはお姿を映されるのかしら
↑と、はしゃいで撮った写メ
(残っててよかった)

あ、お手伝いもちゃんとしましたよ、ちゃんと

去年はこんなカンジ→

コメント (2)

巡回講座2014@広島アステールプラザ

2014-06-19 02:36:04 | 池坊
日曜日
まさに日本vsコートジボワール戦キックオフという時刻に
毎年恒例の巡回講座始まりました。
(↑ちょっと恨みがましい(^-^;)

dolce-vita、今年は裏方のお手伝いもなく
完全にオーディエンスです

今年のテーマは「品格」
ちょっと衝撃を受けたのは
お家元の説示の中のお言葉。
「品格というものは、品格を理解しない人には見えてこない」
ひゃあぁ
ホントにその通りですよね
少しでも見えるように頑張らなくては( ̄^ ̄)

さて、本編。
講師の先生が楽しく講義をしながら
次々に作品を仕上げていかれます。
ホント超人的














最初に見たビデオの秋元康さんの「初めてのいけばな体験」
「流行ではない、いけばなの普遍的な魅力」
クリエーターらしい興味深いお話。

2013年度の巡回講座では茂木健一郎さんが
「いけばなは決断の連続。」っておっしゃってました。
普段意識しないけどホントにその通りかも。

だからこそかもしれませんが。
dolce-vitaがまたひとつ感銘を受けたこと。

九州ご出身のその先生は
花材の可愛らしさに「よか~ぁ
作品の表情のよさに「よか~ぁ
心から楽しそうに作品に向き合ってらっしゃいました。

これだわ

お花の技術なんて一朝一夕にどうにかなるものではないけど
花材をみつめて美しさに感動したり
自分の作品を前向きに誉めてあげることはできるはずo(^o^)o

dolce-vitaはお教室でちっちゃい声でぶつぶつと「よか~ぁ」を
連発したいと思います


フィナーレのオーディエンス参加型パフォーマンス
盛り上がりました~




舞台裏のお手伝いをさせていただくのも
面白くて勉強になりますが
こうして、じっくり講座を受けることができるのは
とてもぜいたくな時間だと改めて思いました。

先生方、ありがとうございました。

…いけばなも楽しいですよ
コメント