Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山岡コレクション+ひろしま美術館

2007-07-29 00:22:23 | 美術館
やっばー危うく見逃すトコだった。
「山岡コレクション+ひろしま美術館」

山岡コレクション?ナニ?的なカンジだったもんで全くノーマークだったよ。
だから新巻じゃけぶらーんを観て大慌て
高橋由一ぢゃないのぉ

ということで7月24日に行ってきました。

高橋由一から小磯良平まで。
日本近代洋画約100点。
山岡コレクションで、日本洋画史のその黎明期をカバーし。
ひろしま美術館所蔵品で華やかな時代を繋ぐといった感じでしょうか。

浅井忠、山本芳翠、黒田清輝、久米桂一郎。怱怱たる画家たちの作品がすらり。
こんな機会滅多にありません。
高橋由一の鮭図も、あの有名な「鮭」のもう少し食べちゃった感のあるヤツで。
板に描いてあるのは知識としては知ってたけど、実際に観てみると、板目の感じがなんともイイ感じを醸し出してて。わお。

後半からはひろしま美術館本領発揮。
どうしても常設のフランス近代絵画コレクションのイメージが強いけど。
なかなかどうして。日本洋画もこんなに秀作を隠し持っていたなんて。きゃー、惚れ直したわ

黒田清輝も梅原龍三郎も大好きだけど。
今回びっくりしたのは佐伯祐三
ひろしま美術館「ロカション・ド・ヴォワチュール」しか持ってないんだと思ってました。
しかーし
「風景」と「裸婦」。一枚のキャンバスに描かれた表と裏。
両面鑑賞できるように展示してあって。
作品の周りを落ち着きなく、くるっくるっ回りました。
佐伯祐三の人物画なんて観たの初めてかもっ。カンゲキですぅ
これが終わるとまたお蔵に入って、次いつ観れるかわかんないと思うとホントに立ち去り難かった。

とにかく。
見逃さなくてよかった~

充実の内容でした。
コメント

シャンデリア~~♪

2007-07-28 16:26:18 | おうちのこと
春にお友達から頂いたIKEAのシャンデリア
本日やっとこさベッドルームにお目見えキラン
白い籐の家具に囲まれ、生成りのフリフリベッドカバー。
お部屋の雰囲気にもぴったり
超ラブリーでいいカンジですぅ

ベッドに寝っ転がって更にCHECK!
きらりん、じゃらりん。
うふふ
早く夜にならないかしら

今夜は点灯式だぁ

コメント

モカハラー

2007-07-28 00:44:55 | おいしいもの
PE'ZのJAWがブログを始めました
リーダーのブログもオモシロくて大好きなんだけど、さすがJAWクスリと笑わせてくれます。
しかもジャパネット高田社長顔負けの奨め上手
珈琲通の彼イチ押し「モカハラー」つい買ってしまいました
JAWと同じくハンドドリップ派の私。
今週初めタリーズでダッチマンズブレンド200g挽いてもらったばっかなのに。つい。
そんな無茶して買った豆、「旨い!」と言いたいよね。
「ペーパーフィルター用で」と壽屋で告げたはず。
なのに開けてびっくり、何だか挽きが粗いのよ。
えーっと思いつつ淹れてみたけど。
テク不足、旨みも香りも引き出せず。
ざーっと落ちて終わったよ。
JAWの言う通り店飲みにしといた方がよかったかも。とほほ
気分直しにダッチマンズブレンド飲みました。これはテクいらず。旨い
明日朝、リベンジじゃー
コメント

滝いつ子 バレエの夕べ

2007-07-25 23:52:42 | バレエ
7月24日
滝いつ子バレエの夕べ行きました。

毎年知り合いの方のご好意で行かせて頂いてますが、今年も見応えありました。
ちっちゃな子供達の微笑ましいから本格的なものまで。
客演で6人の男性のダンサーの方がステージに立たれました。
その中に新国立劇場のソリスト山本隆之さんのお姿も
やはり華があってステキですぅ

「真夏の夜の夢」もよかったけど、
私的にすごく感激したのが「ガーシュイン・モナムールより」
大寺資二さんももちろんよかったけど、先生!動きもキレイで柔らかくて。美しさに目を見張りました。
先生だから当たり前?!いえいえ、
お二人のガーシュイン、もう一度観たいです。

とにかく見所満載の3時間。
来年がまた楽しみです。


コメント (2)

ドン・キホーテ

2007-07-24 01:01:29 | バレエ
家に帰ってきてつけたらバレエ「ドン・キホーテ」演ってた。
ゴハン作ったり洗濯したりの
BGM的なカンジでつけてただけなんだけど。

ふと見ると1幕のクライマックス。まずキトリに目を奪われました。
あの脚の上がり方
なが~い手足に優美な動きでもスペインらしいキレもあって。
スゴイじゃないのぉ
なんと言ってもあの尋常ではない身体の柔らかさ。
ジャンプして前方に脚跳ね上げるのに(なんてゆうんだ?)なんで180°脚開いてんの?おかしくない
キトリってキュートでカワイイ町娘のイメージだったのに。
すっかりカルチャーショックです。

それからバジル。すらりと長身でなんて腰の位置が高いの
しかも脚の筋肉が過剰すぎず。なんてノーブルなバジル。

優美なキトリにノーブルなバジル。
とても旅館の娘と床屋の息子には見えない。

でもそこから3幕まで二人に釘付け。
パドゥドゥなんか溜息しか出なかったわ美しすぎるぅ

最後にキャスト確認。
ボリショイ劇場のスヴェトラーナ・ザハロワと、同じくボリショイ劇場のスター、アンドレイ・ウヴァーロフ

いつかお二人の舞台を実際に観たいものです。
コメント

7/17 お稽古 銀宝殊

2007-07-19 23:24:06 | 池坊
今週のchoiceはギボシ。

疲れた頭に優しい花材。
先人の技を踏襲して、敷かれたレールに乗っかって行けば辿り着く桃源郷
伝統文化のありがたさを感じます。
仕事のダメージでかすかすのスポンジのように疲れ切った頭。
インスピレーションを感じる力も創意工夫をする気力ももはや潰え…
そんなときの強い味方、伝花!

伝統文化がスゴイと思うのは、ひとつの作品が、そのヒトだけでなく、多くの先人達の積み上げてきた集大成でもあるってことかな。
ま、その集大成を体現するのが難しいんだけどね~
コメント

恋愛睡眠のすすめ

2007-07-17 03:19:25 | 映画
やっと「恋愛睡眠のすすめ」観ました。
広島には来ないのかと気を揉みました。

大好きな映画「エターナルサンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督の新作。
GW前から期待は
「エターナル・サンシャイン」は時系列トリックにすっかりやられて、最後更に号泣という結果になってしまいましたが。

「恋愛睡眠のすすめ」はまず最初は手作り感溢れる夢の映像とおばかなステファンの妄想を楽しんでました。
テイ・トウワのコメントに「エキセントリック・ソフトサイケ・ガーリー」とありましたが、おっしゃるとーり! さすがイイ感性してらっしゃる
ステファンの妄想に付き合ってるうちに、最後の方になると観てる方も今見てるのが現実なのか夢なのかがごっちゃになってきたりして(私だけぇ

ガエル・ガルシアくん。
「バベル」では本来のキレイさを封印して汚れまくってましたが。
今回はフェロモン封印。
役者だよね。自分の持ってるカードを自由自在にきってくんだもん。
でも「アモーレス・ペレス」に始まり、常軌を逸した行動に走りがちなキャラが多いのが気になります。常軌の逸し方がまた多岐に及んでるのがスゴイけど
それがカワイイと思わせてしまうのが、また彼の魅力だよね~

シャルロット・ゲンズブール。
声可愛かった。
「なまいきシャルロット」のイメージと随分変わりました。(いつの話
彼女の場合、ダンナさんまでもが業界の人で、子役時代から現在に至るまで、彼女の名前を冠した冠映画のイメージが強くて、逆に観ることがないかも。
折りしも友人からエルメスのソルドのお誘いがありましたが、例えばバーキンなどとても検討する余地もなく。そんなことに思いを馳せるにつけても、つくづくすごい家系です。
でもハリウッド女優と違って、フランスの女優さんは年の取り方が自然だよね。いいカンジでした

夢と現実の交錯にも翻弄されましたが。
言語がごちゃ混ぜなのも混乱の素聞いてて微妙に疲れた。
映画始まった時にはスペイン語だったと思ったのに気づいたら英語、現実世界ではいきなりフランス語と変わって(パリが舞台だから当たり前だけど)。
最初にステファンTVで夢の作り方、材料紹介してたのも何か言葉遊び的なものがあったはずなのに。最後のPASTでPASTA入れた時点で気づいたもんだから、ほとんど聞き逃した。
がっかりだよ

私的には見終わった後今ひとつスッキリ出来ませんでした。
「エターナル・サンシャイン」また観たくなりました。

コメント   トラックバック (2)

金聖響&森麻季 コラボ!?

2007-07-13 01:07:24 | オペラ
金聖響のブログをチェックしたら「森麻季さんと録音」ってセンテンスがっ
大好きな二人のコラボに、ついはしゃいでCD並べて写真撮っちゃいました

森麻季はここ最近の私の天使
美しい歌声と輝く笑顔。そして雑誌やテレビでお話されている時に滲み出る清らかで真摯な人柄。何もかも憧れちゃいます。
このアリアのCD聴いてるだけで心が洗われる。

金聖響は先月服部有吉とのコラボ「ラプソディ・イン・ブルー」が終わったばかり。
日本国内の才能との競演に精力的ですね~
日本の文化を担うトップの若い才能の牽引力として頼もしい限りです。スバラシイ

音楽的に正統派なイメージのおふたり。(ド素人のイメージですが)
力強い金聖響の指揮と天使のような森麻季のやさしいソプラノ。
どんなカタチになるのか今からワクワクですぅ

コメント

山おんな壁おんな

2007-07-06 00:32:29 | ミッチー
今日から「山おんな壁おんな」始まりました~

最近の露出の中では一番ミッチーらしいのではないでしょうか。
てゆうか多分私の好きなエロおもしろい感じフルスロットルだからか?
哲学語る姿とのギャップが大好きですうふふ

最近の私はとにかく詰めが甘い。
今日からフジでドラマとなれば、めざましテレビ出るに決まってるのに
ばかばかばかっ
会社に行ってから「ミッチー様出てたね」キィー
所長にまで言われたときには、自分の迂闊さにギリギリしたよ。

アホは暢気に録画してた「プリズンブレイク2」見てた。
あーっ。そんなのいつでもいいじゃん。
確かにマイケルのことも心配だったけども。何も今朝じゃなくても。

手落ちはあったけれども
とりあえず、しばらくはミッチーに元気もらえそうです

コメント

お稽古 7/3

2007-07-05 00:53:26 | 池坊
今回のお稽古は、久々の生花新風体。

 主:ウイキョウ
 用:クルクマジンジャー
 あしらい:オクラレルカ

クルクマジンジャー大好きです

でも今回はウイキョウのカクカクした動きに心惹かれたので。
ウイキョウを主にしてカックンカックン飛ばしてみました。

クルクマジンジャーの葉っぱはちぎって唯一の面として使用。

最初一番手前にウイキョウを低く入れてましたが、先生の手直しが入り、高めにクルクマジンジャーにかかる感じに。
同じく手直しの入ったオクラレルカとあいまって、のびやかな感じに生まれ変わりました。

色味も可愛いらしいし好きな取り合わせです




コメント (1)