Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レッドシンフォニー@広島文化学園HBGホール

2018-04-08 16:31:07 | オペラ


NHK広島放送局開局90年を記念したコンサート
「レッドシンフォニー~“赤”につながる音の旅~」
平清盛ゆかりの宮島から広島東洋カープまで、
広島を象徴する「赤」をキーワードに、
広島の歴史とともに寄り添ってきた音楽を紹介するコンサート。
その公開録音に行ってきました~😄⤴️⤴️

コンサートのことを教えてくれたSさん
7列目の司会者の目の前の席という良席を
並んで取ってくれたHくん
ありがとうございます😆💕✨

司会:戸田菜穂
指揮:下野竜也
管弦楽:広島交響楽団
合唱:NHK広島児童合唱団

テノール:錦織健
ソプラノ:森麻季
ヴァイオリン:正戸里佳
ピアノ:山田武彦
作曲家:吉松隆

そう❤️もちろんお目当ては麻季姫✨

この日も美しい歌声を披露してくださいました。

💎歌劇「ファウスト」から「宝石の歌」(グノー)
💎朧月夜~初恋~落葉松
💎赤とんぼ
大好きな初恋❤️
おっと👀落葉松ですよ😉🎵

こういう場でいつも思うのが
森麻季さんの真摯で優しいお人柄。
言葉にすると陳腐に聞こえますが
その人の悲しみ・つらさにそっと寄り添うような温かい心と
その悲しみをご自分のことのように受け止めて
一緒に苦しんでしまうような純粋さと
穏やかで可愛らしいお話し声から滲み出ていて
dolce-vitaは好きにならずにはいられないのです。

正戸里佳さんは普段は
1710年ジュゼッペ・グァルネリ(フィリウス・アンドレア)
ご使用されてそうですが
修復された被爆ヴァイオリンで
無伴奏のラルゴを演奏されました。
正戸さんの純粋なお人柄がわかるような
お話と演奏でした。
🎻無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番から「ラルゴ」(抜粋)バッハ
🎻鳥は静かに(吉松隆)

錦織健さんはムードメーカーで
明るい歌声と持ち前のサービス精神で
コンサートを盛り上げてくださいました🎵
オーソレミオの素晴らしい声量とパフォーマンス
ますますファンになりました~💮

この模様は下記の放送予定だそうです。
NHK総合/中国地方向け
平成30年4月30日(月) 午後3時5分~3時59分

コメント

音楽日和@上野学園ホール

2017-12-03 22:59:55 | オペラ
JAF会員のための音楽会『音楽日和』
@上野学園ホール

指揮:岩村力
ソプラノ:鈴木慶江
管弦楽:広島交響楽団

今年もzuccheroのご家族のJAF会員さまのご好意で
チケット取っていただきました😄
ありがとうございます❤



第1部
❄モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲

🌹J.シュトラウスⅡ:ワルツ「春の声」
鈴木慶江さん✴美しく華やかにご登場デス😍
歌声もゴージャスで素敵ですぅ✨
この「春の声」🌸
前日の隠れ家ARASHIで田中彩子さんが歌われて
ニノくんが
「正直私、この曲に歌詞があったことに驚いてます」
と言ってました(^w^)ププッ

🌹グノー:歌劇「ロミオとジュリエット」 より
“私は夢に生きたい”
はい、dolce-vitaのテーマ曲です🎶
(↑仕事中もよく鼻歌)
鈴木慶江さんの印象は
すごくキレのいい(?)コロラトゥーラ✴
大好きな曲にテンションあがります。

❄J.シュトラウスⅡ:アンネン・ポルカ

🌹J.シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」 より
“侯爵様、貴方というお方は”
この華奢な手が🎵この小さな足が🎵
と、観客を魅了されたところで
歌いながらステージを降りられ
観客の「侯爵さま」へのパフォーマンス。
歌だけでなく盛り上げ方も素敵ですぅ

🌹プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」 より
“誰も寝てはならぬ”
ソプラノさんによるNessun dorma
初めてかも~🎵
しかもdolce-vitaの大好きな参加型👀❗
コーラスの部分
Il nome suo nessun saprà...
E noi dovrem, ahimè, morir, morir!
↑ここを観客にラララで歌わせてくださり
「皆さまのオペラデビューですよ😄✨」
と盛り上げてくださいました⤴
…ということでzucchero&dolce-vita🐷🐷
華麗なるオペラデビュー✨✨です
そして美しく高らかに
Vincerò!と歌い上げる鈴木慶江さんは
まるで勝利を寿ぐトゥーランドット姫👸
いえ、プリンチペッサというより
レジーナの品格なのでございました👑⤴
カッコいい~😍💕

🎁プッチーニ:「ジャンニ・スキッキ」より
“わたしのお父さん”
アンコールはこの曲。
最初から最後まで歌もトークも素晴らしかったです👑

第2部
❄ビゼー:「カルメン」組曲 より  
第1幕への前奏曲、序奏、アラゴネーズ、
間奏曲、セギディーリャ、アルカラの竜騎兵、
ハバネラ、ジプシーの踊り
ガランチャのカルメンが観たくなる😜

❄リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲
今日のコンサートミストレスは蔵本さん❤
ソロも素敵ぃ⤴力強い演奏が魅力的です。

🎁レスピーギ:リュートのための
古風な舞曲とアリア第3組曲~第1楽章

🎁エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
音楽日和といえばこの曲😆❗

演奏は素晴らしかったし
何よりも楽しい楽しい演奏会でした~😄☀☀
コメント

大野和士のオペラレクチャーコンサート@エリザベト音楽大学セシリアホール

2017-08-08 00:35:00 | オペラ
大野和士のオペラレクチャーコンサート
@エリザベト音楽大学セシリアホール

ピアノ、お話:大野和士

大野和士マエストロのお話が前のめりで
内容も盛りだくさんで面白くて
dolce-vitaが毎回楽しみにしているイベントです🎵

そして実力派のオペラ歌手さんの演奏を
クローズアップされた部分を繰り返し
じっくり聴くことができるのも
魅力のひとつ😄☝

今回のテーマは
「オペラ、幸せの絶頂とカタストロフが隣合わさるる世界」
オペラの真骨頂とも言えるテーマですね😊



曲目
🌷プッチーニ:《蝶々夫人》より
「夕暮れは迫り」(愛の二重唱)
/蝶々さん、ピンカートン
「ある晴れた日に」
/蝶々さん
「友よ伝えて」(手紙の二重唱)
/蝶々さん、シャープレス
蝶々さん:砂川涼子
ピンカートン:西村悟
シャープレス:福嶋勲
まずはこのレクチャーコンサートのレギュラー、西村悟さん✴
蝶々さんをひたすらに口説くピンカートン。
エロい😳エロいですぅ💓
そして。
dolce-vitaの大好きな砂川涼子さん💕
銀座オペラ「カルメン」以来です。
あの華奢な小さなおからだの
どこからあの深い響きが生まれるのでしょう👀✨
「ある晴れた日に」…
泣きそうです💘

🌷ドニゼッティ:《ランメルモールのルチア》より
「裏切られた父の眠る墓で」(愛の二重唱)
/ルチア、エドガルド
「誰が私の怒りを収められよう」
/ルチア、アリーザ、エドガルド、アルトゥーロ、エンリーコ、ライモンド
「香炉はくゆり」(狂乱の場)
/ルチア、エンリーコ、ライモンド
ルチア:光岡暁恵
アリーザ:小泉詠子
エドガルド:西村悟
アルトゥーロ:馬場崇
エンリーコ:小林大祐
ライモンド:成田眞
また役者が揃ったカンジです。
六重唱はルチア&アリーザ、
エドガルド&アルトゥーロ、
エンリーコ&ライモンドと3つのパートで
分けて聴かせていただきました。
レクチャーコンサートだからこその
贅沢デス😝

ルチアの狂乱の場。
もともとが大好きな場面ですが。
マエストロの説明の都度、アリアは止められ
解説の後、また同じ部分からリスタート。
こんなにも丁寧に聴かせていただけるなんて
贅沢っっ👑👑
(しかも狂乱の場の途中でヴィオレッタ👀❗)
スゴいの一言です。
「超絶技巧」というものを肌で感じて
感動デシタ👀✨✨

🌷レオンカヴァッロ:《道化師》より
「大空を晴れやかに」(鳥の歌)/ネッダ
「衣装をつけろ」/カニオ
「勇気を出せ!男といたな!」(第2幕フィナーレ)
/ネッダ、カニオ、ペッぺ、シルヴィオ、トニオ
ネッダ:砂川涼子
カニオ:村上敏明
ペッぺ:馬場崇
シルヴィオ:福嶋勲
トニオ:小林大祐
伸びやかなネッダの「鳥の歌」に
迫力の「衣装をつけろ」
可愛らしいコケットリーなネッダ❤
カニオ役の村上敏明さんは
砂川涼子さんのダンナさまなのですね。
「衣装をつけろ」がしばらく脳内BGMになりました。

時間にして2時間半?
とてもそうとは思えないくらい
中身の濃い、濃密なレクチャーコンサートでした。


コメント

音楽日和@広島文化学園HBGホール

2017-02-05 20:03:00 | オペラ
音楽日和
~JAF会員のための音楽会~
@広島文化学園HBGホール

指揮:円光寺雅彦
ソプラノ:森麻季
管弦楽:広島交響楽団

zuccheroにチケット手配してもらって
二人でいってきました~🎵🎵



第1部
🌹グノー:私は夢に生きたい
~歌劇「ロミオとジュリエット」
のっけから麻季姫ご登場😍✨✨
爽やかなブルーグリーンてゆうか浅葱色のドレスに
アッシュ系プラチナブロンドの
腰まで届くロングのウィッグ
麻季姫の美しさをさらに際立たせてお似合いですぅ❤❤❤
しかも大好きなジュリエットのワルツ🎵
(よく鼻歌で歌ってる自分への応援歌)
麻季姫のジュリエットは
ホントに純真でかわゆらしい💓

🎼グノー:トロイの娘たちの踊り
~バレエ組曲「ファウスト」
ヒロシさんがソロコンで歌われた
グノーのメフィストフェレス
そのバレエ音楽ですね。
弦楽とフルートで軽やかにはじまり
美しく盛り上がっていきます。
グノーのメロディはとても美しくて
踊りたくなっちゃいますね😄🎵

🌹プッチーニ:私のお父さん
~歌劇「ジャンニ・スキッキ」
麻季姫の Pieta, pieta!が可憐すぎて
Babboじゃないけど
もうなんでも許しちゃう気分のdolce-vita🐷
何度聴いても、何度でもまた聴きたい❗
と思っちゃいます😆

🎼マスカーニ:間奏曲
~歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
これを聴くと反射的に涙が出ちゃうズルい曲
広響の演奏がまた美しく
ヴァイオリンが切なく歌います。
ほぅ

🌹モーツァルト:踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ
いつもはCDで聴いているこの曲。
10年近く?聴いているというのに
実際に麻季姫のコンサートで聴くのは初めて。
迂闊にも初めて気づいたことに。
この曲💡長くて歌いっぱなしなんだ👀❗ってこと
(↑はぁ💢って言わないで💧)
だって他のアリアのアルバムだって
ずっと麻季姫の歌声が続くから気づかなかったのぉ

約15分間✨麻季姫の美しい声に包まれる。
第3楽章の「アレルヤ」
晴れやかに高らかに麻季姫が歌い上げる。
ここにきてのフルスロットル?
だけど透明感は変わることなく
凛とした天使の歌声✨✨
実際に会場で聴くことができて
とっても感動しました。
(この感動をこわさないよう
しばらくCDは聴きません)

あ、そうそう、
第1楽章の終わりのレチタティーヴォのところ
「フィガロの結婚」っぽくて好き🎵

第2部
円光寺さんと広響が紡ぎ出すスラブ音楽の世界

🎼リスト:ハンガリー狂詩曲第2番
クラシックファンには聞かせられない感想ですが。
これを聴くとどうしても「トムとジェリー」の
「ピアノコンサート」を思い出しちゃう。
燕尾服着たトムがコンサート会場で
ピアノ演奏するのがこのハンガリー狂詩曲。
ピアノの中で寝ていたジェリーとバトルしながら
エキサイティングな演奏をします😁
管弦楽版を聴くのはもしかして初めてなのかな?
やっぱりエキサイティングです。

🎼ブラームス:ハンガリー舞曲第5番・第6番
演奏に入る前に円光寺さんがおっしゃいました。
「この曲は指揮者の中でも解釈が二つに分かれます。
舞曲なのだから軽快に行こう🎵
ブラームスだから荘厳に行こう🎵
さてこれからの演奏はどちらでしょう」
…そういえば、どっちだったんだろσ(^_^;)?

🎼ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第10番

🎼スメタナ:交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
最初の山奥の源流で一滴一滴しずくが落ちるキラキラした音✨
もうこれだけでテンションあがるのです⤴
ただ。
「わが祖国」という交響詩なのに
スメタナが愛した祖国のチェコ語ではなく
ドイツ語の「モルダウ」とよばれてしまうのが
聴きながら申し訳ない気持ちになってしまう。
でもスメタナの「モルダウ」を聴くだけで
チェコの美しさが見えるようです😄

🎁エルガー:威風堂々 
「音楽日和」定番のアンコール曲🎵
円光寺さんが観客の手拍子を
指揮してくださいます。

大好きなプログラム満載🎵
そして素晴らしい演奏にうっとりで
楽しい楽しいコンサート💮💮

音楽日和はしあわせ日和☀☀☀ですね




モーツァルトのモテットが収録されているアルバム
「ピエ・イエス~祈りを込めて」

その帯に麻季姫の言葉が書かれています。

「厳しく辛い状況にあって、
神様が見守っていてくれると思えること、
その神様を称え、祈りを捧げて歌うことが、
私の心の支えです。
天災や病気のように自分の力では
どうにもならない状態に置かれている方々へ、
そして今も戦争の止まない世界が平和と
命を大切にする世の中へと変わるように、
私にできる小さなお祈りとして、
このアルバムを歌いました。
 −2007年9月 森麻季」
この言葉に麻季姫の真心が込められている気がして
この帯を捨てることができません。
このCDを初めて聴いてからもう9年かぁ🌠
コンサートで麻季姫の歌を聴くたび
今も変わらず麻季姫の真摯な祈りが
聴こえるようです。
コメント

第九ひろしま2016@広島サンプラザホール

2016-12-23 06:55:00 | オペラ

「年末は第九へ。」
とゆうことで。
zuccheroと行って来ました🎵

会場に早めに着いて
今年は観客のリハに間に合いましたよん😄✌

そう、観客もちょびっとだけ
合唱に参加させてもらうので
立ったり座ったりと
Freude, schöner Götterfunken,
…とお歌の練習をちょっぴりさせてもらえます。
これで気分もグッと高まるの⤴⤴

zuccheroと二人で
「r」をことさらに巻いてみたり
語尾の「t」をことさらに強調してみたり
ドイツ語気分を出してみる。
(↑ふざけてるだけ?)



指揮:山下一史
管弦楽:広島交響楽団

🌟第1部
バンドネオン:小松亮太
・風の詩~THE世界遺産
・夢幻鉄道
・首の差で「ポル・ウナ・カベサ」(カルロス・ガルデル)
ヴァイオリンの佐久間聡一さんとの二重奏。
昔大好きな映画の中で、この曲で
アル・パチーノがタンゴを踊るシーンがあって
すっごく印象的でした。
佐久間さんのヴァイオリンも素敵です❤
・オブリビオン(アストル・ピアソラ)
・リベルタンゴ(アストル・ピアソラ)
バンドネオンを聴く機会はなかなかないけど
ホントかっこいいデス👋😆🎶✨
 
🌟第2部
 ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱」
ソプラノ:半田美和子
アルト:坂本朱
テノール:西村悟
バリトン:大西宇宙
もともとバリトンは堀内康雄さんでしたが
体調不良のため、大西宇宙さん。
ジュリアードの声楽オーディションの番組を
以前テレビで観たことがあって
そのときの最優秀賞が大西宇宙さんでした。
ハイバリトン寄りの方で
フレッシュな歌声もいいですね🎵

合唱は今年は1751人だそうです。
毎年どんどん増える👀❗
もう大迫力です⤴

これを聴くと2016年もいよいよフィナーレ
って気分になりますね😄

第九ひろしま✴
今年も素晴らしかったです😆🎶

コメント

Mi chiamo …

2016-10-10 23:17:00 | オペラ


kumikoさんからプレゼントいただきました🎁

大好きなヨナス・カウフマンの最新アルバム🆕

そのタイトルは…
✴Dolce Vita✴ですって⤴
きゃーん😍💕

しかも「イタリアの歌」🎵
大好きな曲がいっぱい~😄💮💮

素敵なプレゼント🎁💕
ありがとうございます😊🎶
コメント (2)

森麻季 愛と平和への祈りの歌

2016-09-26 22:55:00 | オペラ
少し前のNHKクラシック音楽館で。
「森麻季 愛と平和への祈りの歌」

もちろん見逃しません😉✌

👑あなたがそばにいてくだされば
“Bist du bei mir”
シュテルツェル/バッハ
麻季姫の定番✌
このタイトルのアルバムもリリースされてます。
最初、バッハの曲だと思ってたの🐷
だってBWVついてるし…💧
美しさに変わりはないのだけと…ね😜

👑「ジュリオ・チェーザレ」より
「つらい運命に涙は流れ」
ヘンデル
大好きな定番曲❤❤

👑 「 悲しみの聖母」から
第11曲“おお乙女よ”
第12曲“この体が死を迎える時”
ペルゴレージ
メゾソプラノ:林美智子
スターバト・マーテルですね。
初めて聴く麻季姫version
美しい…😍美しすぎるっ😆💕
うっとりしてたらzuccheroからLINEが。
感激するツボがぴったり一緒でした😜
あ、ヴァイオリン、長原幸太さんでしたね。

👑赤とんぼ
山田耕筰

👑Stand Alone
久石譲

👑歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より「夕べの祈り」
メゾソプラノ:林美智子
ヘンゼルとグレーテルが森をさまよい
夜、眠りの精に出会って、
眠りにつくまえに歌う美しい二重唱。
こんな素敵な名前だったのですね。
曲の美しさもさることながら、歌の内容も素敵なの😊
私が眠るとき14人の天使さまがそばに立つ🎵
この曲を思うと安心して眠れる気がする。
(↑いつもすぐ寝るけど😜)
お二人の二重唱は本当にうっとりです👀✨

👑「レクイエム」より「ピエ・イエス」
フォーレ

👑「アヴェ・マリア」マスカーニ
先日ヒロシさんのTwitterで
「泣ける曲は?」というお題で
dolce-vitaが選んだ1曲👑
dolce-vitaは泣くのが好きじゃないので
自分の中の悲しい気持ちを想起させる曲は
正直、苦手🌀(できれば避けたい)
ただ、美しさのあまり
思わず知らず涙する曲というのがありまして
そういう曲が大好き🍀😌🍀
この曲はまさにそういった美しさの真骨頂です。

「思い出に残るステージは」の質問に、
東日本大震災のあとの
コンサートのお話をされてました。

初めて森麻季さんがお話しされる姿を見たのは
やはりNHKの「トップランナー」という番組でした。
ちょうど10年前です。
そのとき「思い出に残るステージは」の質問に
9.11テロのときのワシントンでの舞台、
お客さんと励まし合った思い出を語られました。
思わず涙で声をつまらせながらも
それでも真摯にお話しされるお姿に
すっかり胸を打たれたワケです。

「愛と平和への祈り」
そのピュアな気持ちで歌に祈りを込められる森麻季さん✴
あらためて、大好きです😊❤
コメント

野薔薇座オペラ公演「わたしの貴婦人」@JMSアステールプラザ

2016-07-21 02:20:00 | オペラ
野薔薇座オペラ公演 「わたしの貴婦人」
@JMSアステールプラザ 大ホール

原作/マイ・フェア・レディ
フレデリック・ロウ作曲
紙谷加寿子訳詞・台本監修

イライザ・ドゥリトル:紙谷加寿子
ヒギンズ教授:小栗純一
ピカリング大佐:藤本裕保
アルフレッド・ドゥリトル:吉田敦
フレディ・アインスフォード:藤田卓也



「マイ・フェア・レディ」
実は映画も舞台も観たことなくて初めてデス👀✨

フレディがオペラ歌手という設定以外は
たぶんそのまま(なんだと思う)

最初のシーンでコヴェントガーデンの
オペラハウスから登場したフレディが
華やかにNessun Dormaを熱唱🎶

そう、藤田卓也さん❤
久々の美声に早速うっとりです😍
(もちろん、そのあとの「君の住む街角」も満喫😆⤴)

歌もさることながら相変わらず
女性に対する演技が色っぽい藤田さん。
ピアス夫人とのやりとりでも
ストーリーとは関係なく
dolce-vitaは心のなかで💓きゃあきゃあ💓叫ぶ
(花ドンした?今の花ドン?きゃあ😍⤴)

もちろん他のキャストの方々も素晴らしく
とても楽しい時間でした🎵

コメント

第九ひろしま2015@広島サンプラザホール

2015-12-24 23:25:00 | オペラ
年末といえば…第九でしょ😄☝

ということでterraと第九ひろしま行ってきました~😊🎶

第九ひろしま2015
@広島サンプラザホール

第一部
ゲスト:夏川りみ
🎄童神~ヤマトグチ~
🎄さとうきび畑
🎄涙そうそう
🎄Amazing Grace

第二部
交響曲第9番 ニ短調 Op.125「合唱」
(ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン)
指揮:山下一史
管弦楽:広島交響楽団
ソプラノ:小林沙羅
アルト:坂本朱
テノール:水口聡
バリトン:折河宏治



開演ギリギリに飛び込むdolce-vita💨
なので開演前の練習ができなかった💧
ひさしぶりのドイツ語で
果たして舌がまわるのでしょうか💦
1部と2部の間の休憩でひとりブツブツとコソ練するのであった。

いつの間にか合唱団の人数が1700人に
増えてます👀❗
松井市長もいらっしゃってるのかしら😉?



お目当ては、大好きな小林沙羅さん❤
てゆうかソリストは、みなさん定番の素晴らしい方々デス
4年前に来たときも坂本さんと水口さんでしたね~
折河さんのバリトンソロも2度めです。

第4楽章でまず声をあげるのはバリトンソロ
雄々しくてカッコいい😍
(ああ、そしてどうしてもヒロシさんの歌声が過るぅ)

dolce-vitaの八百万的解釈では…
バリトンは運命てゆうかそういうもの
テノールはそれを導く神々しい存在で
アルトは聖母みたいな温かいもの
ソプラノは天使のきらきら✨担当。
沙羅さんマジきらきら✨😍

合唱もグイグイ(バリトン)、おーっ(テノール)、
ほっこり(アルト)、きらきら(ソプラノ)
(↑イメージ)
dolce-vitaなりの第九の世界に浸る。

最後はみんなで「蛍の光」を歌った。
(ああ、沙羅さん❤美しい😍)

一年の締め括り…🔔

でもterraが冷静に言った。
「まだ会社行くんだよね」
そう、12月20日
まだ1週間以上、仕事に行くのであった😅



コメント

ひろしまオペラルネッサンス「フィガロの結婚」@JMSアステールプラザ

2015-10-25 01:51:00 | オペラ
ひろしまオペラルネッサンス
「フィガロの結婚」
@JMSアステールプラザ

指揮:川瀬賢太郎
演出:岩田達宗
管弦楽:広島交響楽団
チェンバロ:越前皓也

伯爵:折河宏治
伯爵夫人:柴山愛
スザンナ:小林良子
フィガロ:山本忠寿
ケルビーノ:荒巻幸絵
マルチェッリーナ:佐々木有紀
バルトロ:安東省二
バジーリオ:枝川一也
ドン・クルツィオ:菅康裕
バルバリーナ:平福知夏
アントーニオ:楠木稔



まずは「序曲」🎵
弾むような川瀬賢太郎さんの指揮で
小気味よく高らかに始まります。
弾むような、てゆうか実際に弾んじゃってます🎶
オケピから時折カッコいい指揮姿がピョコピョコ現れ
さながらシンクロナイズドスイミングのよう(^w^)
(これも終始楽しい観劇のポイントとなりました😜)

さてこの「フィガロの結婚」
すっごく完成度の高い喜劇に仕上がってます🎵
「フィガロの結婚」は何度も観てるのに
このプロダクションでは
思いっきり声をたてて笑ってしまいました(^w^)

主に笑いをとったのは
マルチェッリーナ、バルトロ&バジーリオのトリオの他に
伯爵とケルビーノ☀
スザンナはとにかく可愛らしい😍
もちろん歌も聴かせます💮
伯爵役の折河さん、
こんなに芸達者な方だなんて存じ上げませんでした👀❗
何一つ思惑通りにいかない伯爵
上品にデフォルメされた所作や表情、マイムのひとつひとつも笑いを誘います😄
ケルビーノさんもコミカルな動きで会場を沸かせます。
てゆうか、登場人物のみなさんが何かされるたび
何かしら笑いのツボにはまってしまいます(^w^)
おかげで3時間半の長丁場、
大概どこかで集中力が途切れたり眠くなったりするのだけど
(ヤバいのは暗くなる夜の庭園)
終始前のめりで楽しむことができました😜✌
それってスゴいですよね⤴⤴
Bravi👏

モーツァルトといえばチェンバロ🎵
フォルテピアノが使われる場合もあるけど
dolce-vitaはチェンバロ大好き😆💕
あの世界観にはチェンバロの響きが欠かせません❗
しかもチェロは広響主席チェロのマーティンさん
レチタティーヴォでどきどき伴奏に聴きいったりして😜

ロジーナのアリアで始まる第2幕。
これが「セビリアの理髪師」で
可愛くて機転が利いて魅力一杯だったあのロジーナと
同一人物なのがにわかには信じられない陰鬱なアリア。
しかしロジーナに注目して観ると
自ずとボーマルシェのフィガロ3部作に思いを馳せる。
傍目にもわかるほどロジーナに憧れてどぎまぎしているケルビーノ。
ロジーナはそれをさらりとかわしながら。
少年の初恋の一途な熱量にちょっと心動かされるオトナのロジーナ。
しかもケルビーノは美少年✨
dolce-vitaは気づいてしまったΣ(゜Д゜)
このプロダクションのロジーナは会話を交わしてない場面でも
ケルビーノを超❗見てるの👀❗
どっきーん💓
伯爵の愛を取り戻したいと歌いながら
恋するオトメのようにその視線はケルビーノを捕らえる。
イヤでも「罪ある母」のあらすじが頭を過る。
(↑あらすじしか知らんし)
もうここから始まっているのねっ(;゜∇゜)
この演出には超どきどき💓でした。

dolce-vitaはフィガロのこと好きだな~❤と思う大好きな場面がありまして。
第4幕、夜の庭園の場面。
暗闇の中で、伯爵夫人を演じて、フィガロを懲らしめようとするスザンナ。
でもフィガロはその声ですぐにスザンナとわかって
騙されたふりして逆にからかう。
フィガロの不実に怒って平手打ちするスザンナなのだけど
フィガロはその平手打ちの痛みを嬉しいと歌う。
平手打ちの痛みはすなわちスザンナの愛情の深さの証。
だから痛ければ痛いほど嬉しい、みたいな。
スザンナのことホントに大好きで
愛されるよろこびを素直に感じて。
しかもオトナの余裕を感じます。
そして仲直りしようと優しく種明かし❤
Pace,pace,mio dolce tesoro !
モーツァルトの音楽も幸せに満ちてます☀
フィガロぉ😍💕
オペラの登場人物で恋人にしたいランキング堂々のNo.1👑
(dolce-vita的には「友人フリッツ」のフリッツと激しく拮抗😝)
つか、基本的にはオペラの登場人物を恋人に選んではイケナイ🆖

第1幕、第2幕で、影の主役とも言える「肘掛け椅子」
なかなかの存在感でした😊

衣装も、えっ👀❗と思うくらい豪華✴
鬘に至るまで高級感がある。
今回は衣装の満足感、高かったですね~☆


あ、それから。
急に行けなくなったkumikoさんの代わりに
最前列の席で見せていただきました。
(もともとdolce-vitaのお席ははるか後方だった)
お隣はもちろん❗素敵なブラボーマンさん✨
幕間の休憩では赤ワインをごちそうになったり
素敵な会話でエスコートしてくださって
2倍楽しめました😆💕
ありがとうございます😊

最高のラ・フォル・ジュネでした😆⤴⤴⤴



一見難しそうに見えるこの本📘
面白すぎて一気呵成に一晩で読みました。
(↑おかげで寝不足😪)

「フィガロの結婚」の初演は1786年。
フランス革命の3年前👀❗
それを考えれば、
本来、身分社会の枠組の中で主役であるはずの伯爵ではなく
下層の身分のフィガロやスザンナが
いきいきと活躍して
逆に伯爵や伯爵夫人の窮地をも打破していくというこの物語が
これからの民衆のパワーを内包しているようで
なにか時代の蠢きまで感じてしまいます。
今までそんな目線で観たことなかったので
ちょっと新しい発見😊🎵



コメント (2)