Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レジェンドコンサート@阿武町

2008-09-29 22:16:18 | LEGEND
行ってきました~
山口県は阿武町。
お隣の県とはいえ未踏の地、ちょっと心配でしたが、無事辿り着きましたv(^-^)v
(友達のおかげで)

今回は珍しくプログラム通りに歌ってくれました。
恋する兵士
乾杯の歌
女心の歌
闘牛士の歌
荒城の月
落葉松
日本に生まれてよかった
誰も寝てはならぬ

クラブレジェンドの一夜 part 1
ベサメムーチョbyウッチーさん
もしも金持ちなら(屋根裏のヴァイオリン弾き)byヒロシさん
SHADOW OF YOUR SMILE byりょうさん
SO MUCH IN LOVE byあきさん
…by柿さん
何度か聴いてるのに未だにわからないの(;_;)柿さんの楽曲が。
女・女・女のマーチ(メリー・ウィドウ)byレジェンド
乾杯の歌(こうもり)byレジェンド
なんだか振り付けもバージョンアップ?

アンコールは…
ネラ・ファンタジア
栄光の架け橋
シェリトリンド
オーソレミオ

大好きな曲がたっくさん聴けて超ハッピー(≧▽≦)

あきさんのトークも冴え渡り盛り上がりました!
なんといっても、オーソレミオで全員観客席に降りて歌ってる時、ヒロシさんが私に気付いてにっこり笑って握手してくれました~ヾ(≧∇≦*)ゝ
きゃ~かんげきぃ♪

そう、今回もまた大興奮なのでした。

コメント

ヨガ&ピラティス

2008-09-28 06:16:05 | life
ヨガ&ピラティスのクラスに通い始めて3年半。
月4回がこなせず、いつもチケットを余らせています。
しかーし!
今月は初の追加レッスン♪
水曜日のヨガ&ピラティス、金曜日のピラティスを組み合わせ、5回のレッスンをこなしました。エライv(^-^)v

元々カラダが固く、しかも腹筋背筋もできなかった私(^_^;)
最初の1年はいくらなんでもハズいカンジでしたが。
サボりながらも続けるって大事だね~
先週できなかったことが今週は少しずつできるようになる。からだってやれば柔らかくなるんだね~。(腹筋背筋は牛歩だけど)
他の人と比べちゃうとダメダメだけど、週1回コアマッスルを意識したりストレッチしたりするのって大事(*^o^*)
おかげですっかり肩こり知らずでーす。
腕をまっすぐ上げるのにこんなに背中の筋肉使うなんて知らなかったし(そこから?)
ポーズをとったり、一伸ばしする度、新しい発見があったりして超ハマってます。
早く水曜日にならないかしら(=^▽^=)
コメント

新国立劇場 歌劇「ドン・カルロ」

2008-09-24 07:39:59 | オペラ
新国立劇場 ヴェルディ歌劇「ドン・カルロ」イタリア語4幕版
指揮:ミゲル・ゴメス・マルティネス
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

フィリッポ二世:ヴィターリ・コワリョフ
ドン・カルロ:ミロスラフ・ドヴォルスキー
ロドリーゴ:マルティン・ガントナー
エリザベッタ:大村博美
エボリ公女:マルゴルツァータ・ヴァレヴスカ
宗教裁判長:妻屋秀和
修道士:長谷川顯
天の声:幸田浩子

「ドン・カルロ」は一度観たくて、この放送も1ヶ月前から非常に楽しみにしてました。
政治取引で相愛の婚約者が父王に嫁いでしまったドン・カルロの許されぬ恋を軸に、君臣の垣根を超えた友情、フランドル独立を巡る政治対立や王と教会の権力争いも絡む大河ドラマ。ロドリーゴ以外は実在の人物。義母と息子の悲恋ドラマは実際にはなかったらしいけど。
気づくのが遅くなったけど、フィリッポってスペイン語でフェリペ、フェリペ2世のことだったのね~。
フェルメールスタンプラリーの絡みでルーベンスやブリューゲル、フランドルの画家の絵に接する機会がある。
その時決まって登場するのがこのフェリペ2世。収集家でもあるけど、スペイン・ハプスブルク家、絶対主義の君主でしかも厳格なカトリック信者。ネーデルラントのプロテスタントを迫害して、その反乱を招いた。それが八十年戦争である。(栄光のオランダ・フランドル絵画展図録参照しました)
エリザベッタはフランス王女エリザベート。嫁いだときはまだ15才でした。(フェリペ2世は30代半ば?)


第1幕のドン・カルロとロドリーゴの厚い友情の二重唱。カッコイイじゃないの(=^▽^=)
始まって早々にロドリーゴはヒロシさんに演じてほしい役柄第1位にランキングされる。
この二重唱、五重唱にアレンジしてレジェンド歌ってくれないかしら(*^_^*)

私の好きなエボリ公女の「ヴェールの歌」
メゾソプラノの超技巧の難曲。
だけど「ドン・カルロ」の中で唯一楽しげで和む曲です。

第3幕、フェリペ2世「妃はわしを愛していない」
権勢を誇る人物が「王冠が人の心を読む力を与えてくれたなら」と自分の無力を嘆く。
他にも聴き応えのある曲目白押しです。

出演陣の中で光っていたのは大村博美さん。一番王侯貴族らしい気品に溢れて美しかったし、苦悩する演技もよかった。
大村博美さんNHKのニューイヤーオペラでお見かけしますが(あれ?今年は出てましたっけ?)
美声の持ち主だという印象しかなかったけど、演技で更に輝くタイプなのね。
後、天の声の幸田浩子さん。赤ちゃん抱いているのは聖母の姿を象っているのかしら?
人気のある人だけあってやっぱり素敵な歌声♪


登場人物それぞれが苦悩を抱える。
ロドリーゴは本当に高潔な人物で政治的な信念も行動力もある。なのに何故かダメ男のドン・カルロに友情を感じ、いろいろ腐心する。そして最後フランドルの未来を寄りによってドン・カルロに託し自分が身代わりになって死を選ぶ。人を見る目だけが絶望的にないのである。

フェリペ2世も、第2幕までは絶対的な権力に世界中が跪いているかに見えたのに、第3幕の冒頭からいきなり弱い心を吐露する。
そして宗教裁判長の前に膝を屈する。
本当に力を持っているのはこの老人なんだな。
深い、深いわ。

最後ドン・カルロが先帝の霊に連れ去られて幕、ということだが、実に唐突だった。しかも私には駄々っ子が修道士に連れて行かれたようにしか見えず(^_^;)

この演目他にも観てみたいものである。
コメント

世界遺産観光♪

2008-09-22 02:27:40 | おでかけ
昨日、三重県より知人が遊びに来たので、宮島と平和公園、ご案内しました。

 

まずは宮島。
ひとしきり大鳥居や厳島神社を堪能した後、ロープウェーで弥山へ。
世界遺産の原生林を眼下に見下ろしながら優雅に山頂へ、と思いきや!
最後1キロは徒歩なのね(-o-;)
しかも、もうお彼岸だというのに、積乱雲もくもくの晴天。汗ばむ陽気。
「観光ではなかったかしら?」
噴き出す珠の汗と同じくらい疑念も噴出。ハンケチで押さえても抑えても止まりませぬ。
登頂成功して山頂で購入して飲むやたら高い水の美味しいこと(*^o^*)

 

景色もやけに美しい。ヤッホー
何?この達成感(^o^;)
爽やかだぜ、オイラ。



厳島神社と大願寺にてご朱印を頂き、宮島の美しい夕日にも祝福され、次は平和公園。




既に暗くなっていたので躊躇したけど、知人に是非にと所望されたので、嬉々としてご案内。
丹下健三賛歌のようなマニアックガイドにも、熱心に耳を傾け写真を撮る素直な優等生観光客の彼。戦争寄りのお話が一切出来なくてごめんなさい。

取り敢えず、2つの世界遺産と1つの重要文化財、ご紹介した1日でした。
満足して貰えたのかな。
今回は、残念ながら平和公園と宮島を結ぶ船には乗れなかったけど、何かの機会に是非体験したいものです。
コメント

KKP#6 TRIUMPH@広島

2008-09-21 16:47:45 | ラーメンズ
去年に引き続き、今年も来てくれました!
賢太郎さま、ありがとう(^O^)/
勿論行きましたとも2days♪



今回は初のファンタジーということで。
今までのKKPや本公演を見た後のような「うぉ~小林賢太郎恐るべし!」という衝撃はなかったものの。
随所に賢太郎さまらしい表現てんこ盛りで、うきゃ~(≧▽≦)たまりません。
サブタイトルに“CONTILLUSION”という言葉が使われてて、まさにコントとイリュージョンが渾然一体。
難しそうな組み合わせなのに、さすが賢太郎さま♪
なんだかゆる~いカンジで楽しめました(=^▽^=)

カフカ:小林賢太郎
ウィザード・トライアンフ:YUSHI
魔法使いの遣い:犬飼若博/森谷ふみ
魔法使い役のYUSHIさん、ポツネンなんかで監修されてるプロのマジシャンですが、初めて見ました。カッコイイ(*^_^*)
勿論ビジュアルも身のこなしもスマートでステキですぅ

犬飼さん、久々登場。正直驚きました。ペーパーランナーでジンジンに「ウィーンガシャ、ウィーンガシャ」と言われていた頃とは別人のよう。でも人間味溢れるカンジでよかったですぅ。
ナレーション、最初誰かしら?と思ったら犬飼さんでした。こんなイイ声だったんですね。今まで気づきませんでした。

どのKKPか忘れたけど「私困ったら踊るわよ」と言ってた森谷ふみさん。今回はカッコよく踊ってました。
いつも可愛いけど、おかっぱとメイド服、似合っててスゴく可愛かったですぅ

カフカは今までにないメルヘンチックなキャラ。
その反動か無性に「ホコサキさん」が見たくなりました。


来年も広島に来てくれるかしら
出来れば本公演、お待ちしてますo(^-^)o
人間というものはどんどん欲深くなっていくものなのね(*^_^*)
コメント

ひろしま満点ママフェスタ(ケーキ編)

2008-09-18 03:23:07 | おいしいもの
しつこいですが、やたら通いました。
んで、ケーキ編。

牛田本町のラ ネージュ
会社のおやつにシフォンケーキ♪
人気No.1プレーンとNo.2ピスタチオ購入。プレーンはトッピング桃と無花果2パターンあって悩ましかったわ~
会社の子がピスタチオ、私がプレーンを頂きました。
その名の通り、雪のような口溶け(*^_^*)
生クリームがホントほわっと。
スポンジはしっとり系なのにふんわりしてておいしすぎぃ(≧▽≦)
会社の子もお気に召したらしく、どこだかに持って行く段取りをしてました。
なんと今年の4月にオープンしたばかりのお店!
ベジタリアン鶏の卵に国産小麦粉。材料にもこだわりが。
もう一度食べたかった(→o←)ゞ

段原のAKIRI
以前シュークリーム頂いたことありました。
「まっチョコホワイト」手ぶらじゃなんなんで的な手土産に使いました。
抹茶とホワイトチョコの出会いが絶妙な新しい食感のケーキ♪抹茶の味わいが濃厚で…おいしぃ(=^▽^=)
なかなか好評でした。
他の定番ケーキも是非食べてみなくてはo(^-^)o

呉のさくら亭
今回は行けず仕舞い(-.-;)
次回チャンスを待つ!

こうして思い出すだけでも、ラ ネージュのシフォンケーキが無性に食べたい~(*^ー^)ノ
コメント

お稽古 9/16 新風体立花

2008-09-17 01:21:13 | 池坊
久しぶりに新風体立花です!



花材:ヒモゲイトウ
   アケボノソウ
   クロトン(ピンク)
   オクラレルカ
   クルクマジンジャー(葉)
   ケイトウ
   ドラセナ(ピンク)
   ナス(黒)
   ユーカリの実
   アンスリューム(葉)

   
コメント

mugi mugiのパン

2008-09-15 11:01:12 | おいしいもの
ひろしま満点ママフェスタ。
ついつい通ってしまいます。



今日の朝食は、三良坂パン工房麦麦のハード食パン(ハーブ入)&くるみパン♪
麦麦は無添加・無農薬が売りなのだけど、何よりもオイシイ(^-^)
ハード食パンは、外はパリッと、中はもっちもち。ハーブもたっぷり入ってて、大満足なのでした。
弾みがついてもう1枚焼いちゃった~(*^_^*)
わたしの定番くるみパン。これはまあ普通かな。というより、食パンがやっぱおいしすぎぃ(*^-^)b
ダイエッターにも関わらずオリーブオイルも激しく消費したのであった。
コメント

映画版「SATC」

2008-09-15 09:26:14 | 映画
映画版「SATC」
やっと見に行きました。
WOWOWで放送始まった当初から1話も逃さず見てきたけど、ついに完結してしまった(;_;)
映画が始まってお馴染みのテーマ曲が流れてきた時、もうこれでホントに最終回だと思うと、早くもじっわ~
あーっ。そしてついに終わってしまいました。
(*´Д`)=з

思えばSATCには色々影響を受けました。
キャリーのネームペンダント見て、それはハズいからイニシャルペンダント愛用したし。
ペンダントの重ねづけみて早速やってみたり。
マノロやジミー・チュウにハマったり(ウソウソ(*^_^*)、見栄を張っちゃいかん)
カジュアルや部屋着はよく真似した。どうしよ、ミッキーマウスのTシャツ(^_^;)
帽子も無駄に買っちゃったり。
今続けてるヨガも、もともとシャーロットがやってたの見て、カッコイイっ思ったんだし。
それとコスモポリタン。未だにオーダーしてる。
…キリがないな。

ビバヒル、フレンズ、SATC。
何かとドラマに影響されがちな私。
これからは何にインスパイアされるのかしら。
コメント (2)

レオンカヴァレッロ歌劇「道化師」

2008-09-14 00:53:38 | オペラ
指揮・監督:ヘルベルト・フォン・カラヤン
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団

ネッダ:ライナ・カバイヴァンスカ
カニオ:ジョン・ヴィッカーズ
トニオ:ピーター・グロッソップ
ペッペ:セルジョ・ロレンツィ
シルヴィオ:ロランド・パネライ

「カヴァレリア・ルスティカーナ」に続いて放送。
同じく映像作品。

始まる前からヴェリズモには既に辟易(*_*)
演目は変わっても相変わらず人間模様はドロドロ。
しかし音楽は美しい。
ネッダがせ○しのトニオをバカにしながらもそのメロディーは美しい。
そのトニオが安っぽいイアーゴのように暗躍する。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」程、破綻はヒドくないかも。みんながみんなやなヤツではないらしい。
「衣装をつけろ」
友達が好きだと言ってました。
美しくも悲しいアリア。
カニオ~
第2幕。カニオ一座の道化芝居。よりによって現実をなぞるような演目。
案の定、気持ちが抑えきれなくなったカニオ暴走。
ネッダも安い。
カニオ~

ヴェリズモは音楽だけ楽しんだ方がよさそうだ(^o^;)
コメント