Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Heute ist …

2010-11-30 23:55:53 | life
zum Geburtstag viel Glueck
zum Geburtstag viel Glueck
zum Geburtstag alles Gute
zum Geburtstag viel Glueck


zur Feier meines Geburtstags
コメント (2)

柚子とカブと私

2010-11-30 01:49:15 | おうちごはん
「おうちでたくさん穫れたから
お友達にいただきました~

今日は、久しぶりにピラティスやって
マシントレーニングやって
ヨガやって。
すっかり遅くなったので
カンタンメニューで

    

搾った柚子と
エキストラバージンオイルに
カブを軽く漬け込みました。
カブの柚子マリネサラダ

新鮮ですっごくおいし~

つい全部飲み干しちゃいましたよ〓

穫れたてって贅沢ですね
コメント

数学でわかる100のこと

2010-11-29 06:53:37 | LEGEND
本〓って自分の読みたいモノばかり読んでると
ほんっとに偏ってくる

ということで
レジェンドたけちゃんオススメの1冊を
読んでみる。

ジョン・D・バロウ
「数学でわかる100のこと」

たけちゃん曰わく

バロウさんは物理学の教授でサイエンスノンフィクションの名手でもあります。
彼の著作は全て読みましたが今回の本はとても分かりやすくて頭も使わないので気軽に読めます。

…って
たけちゃん…〓

頭使わなくていいって…
めちゃめちゃ使うんですけどーっ

しかし、確かに面白い説満載

この本でわかる1つのこと

たけちゃんって頭よすぎ~
コメント

一週間♪

2010-11-28 21:26:23 | おうちごはん
♪日曜日は市場へ出かけ
野菜をたくさん買ってきた~

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ


♪月曜日は小カブのスープ


♪火曜日はかぼちゃのスープ

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ


♪水曜日はさつまいもスープ


♪木曜日はほうれん草ポタージュ

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ


♪金曜日はただのポタージュ
♪土曜日はずるしてサボタージュ

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ

♪友達よ、これが私の一週間の朝スープ

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ♪


ということで朝トーストする間に
毎日手抜きで作る朝の野菜と豆乳のスープ。

意外とおいし~

DULTONのブレンダー大活躍
もう10年選手です。

dolce-vita、
家電は機能性よりレトロなビジュアル重視なのだ

明日はまた小カブのスープ。
これだけは前の日に準備が必要。
小カブを昆布だしで柔らかくなるまで煮る。
朝は豆乳を入れて温めるだけ。
不思議とコクがあって甘いの
もちろん葉っぱも茎も全部使います。

ジャガイモで作るポタージュスープは
アスパラガスだったりブロッコリーだったり
ほうれん草だったり何でもあり。
もちろん皮は剥きません。

ホールフードだもんね~
コメント

冬支度

2010-11-28 14:31:40 | おうちのこと
はい、やっと出しました
DeLonghiのオイルヒーター

レトロなカンジが超お気に入り

ソファの横で
ぽかぽかじんわりあったかです
コメント

スタバ☆カード

2010-11-27 16:03:43 | life
クリスマスversionのスタバ☆カード
いただきました~

きゃわい~
コメント

華麗なるメトロポリタンオペラ「ホフマン物語」

2010-11-26 03:57:16 | オペラ
華麗なるメトロポリタンオペラ
歌劇「ホフマン物語」
オッフェンバック作曲

指揮:ジェームズ・レヴァイン
演出:バートレット・シェア

ホフマン:ジョセフ・カレーヤ
リンドルフ/コペリウス/ミラクル/ダッペルトゥッド:アラン・ヘルド
ミューズ/ニクラウス:ケイト・リンゼー
ステルラ/アントニア:アンナ・ネトレプコ
オランピア:キャスリーン・キム
ジュリエッタ:エカテリーナ・グバノワ
アンドレ/コシュニーユ/フランツ/ピティキナッチョ:アラン・オーク
ヘルマン/シュレミル:マイケル・トッド・シンプソン
スパランザーニ:マーク・ショワルター
アントニアの母:ウェンディ・ホワイト
ルーテル:ディーン・ピーターソン
ナタナエル:ロデル・ロゼル


今回のメトロポリタンオペラで一番楽しみにしていたのは
この「ホフマン物語」かもしれません

理由はカンタン
その1.「ホフマン物語」を観たことがない。
その2.ケイト・リンゼーが出演。
美人メゾの誉れ高いけどdolce-vitaは
まだ観て聴いたことがないのだ〓
その3.「オランピアの歌」が大好き

ということで、さすがに連日睡魔との闘いでお疲れ気味だけど
最後の力を振り絞るのだっ
(↑おーい、明日も仕事だよ~)


話としてはちょっと不思議。
詩人のホフマンは酒場で
過去の三人の女性との恋を回想する。
自動人形オランピア、病気のアントニア、悪魔に魅入られたジュリエッタ。
幻想的な3つの失恋の物語。


プロローグ
「クラインザックの歌」
ジョセフ・カレーヤ

(ご本人が何かのインタビューで名前の発音は「カレーヤ」と仰ってたので)
てゆうかなんてキレイな声なのっ
ネモリーノ歌って下さいなってカンジでしょうか。

ケイト・リンゼー、落ち着いた音色でいいカンジですぅ
ほっそりしてズボン役似合いますっ
きゃわい~


第1幕「オランピア」
なんと言ってもキャスリーン・キムのオランピアの歌「森の小鳥はあこがれを歌う」
キャスリーン・キムったら全く技巧を感じさせず
軽々と歌いきっちゃいましたよ(◎o◎)
超可愛らしい声で。
音もピッチもほぼ外してないんじゃないかしら。
聴いててノー・ストレスでした
しかもすっごくキレイな声
オランピア、壊れないでーっ(≧ヘ≦)
動きも表情もお人形のようにキュートで
ホントに魅力的なオランピアで大満足なのでした
…でも。
どうしても「千秋」って思っちゃった(*^_^*)


第2幕「アントニア」
アンナ・ネトレプコの「逃げて行ってしまった山鳩は」で始まる。
ネトレプコの声は好きか嫌いかでいうと
あんまり好きじゃないdolce-vita
だけど、アントニアを歌うネトレプコの歌声は
美しく響いて
ヴィオレッタ、スザンナ、ミミと比べて一番好きでした。
ネトレプコにしては抑えた演技なのがさらによかったのかも。

第1幕とうって変わって第2幕は美しいアンサンブルが続く。
ホフマンとアントニア。
カレーヤとネトレプコの声が美しく重なります。
ちょっとうっとり~
男声のアンサンブルもキレイ~
第2幕の音楽は本当に美しいです。


第3幕「ジュリエッタ」
これまた耳慣れた「ホフマンの舟歌」で幕開け。
ジュリエッタとニクラウスの二重唱。
ジュリエッタ、メゾなのね。
てゆうかグバノワ、スカラ座「アイーダ」でアムネリス役でした。
確かに高音のキレイなメゾですが
なんか耳慣れないカンジ〓
(↑今「耳慣れた」って言ったばっかだけど(^_^;))


エピローグ
もう一度「クラインザックの歌」が流れ
ホフマンが酔いつぶれる…。


ストーリー的にはファンタジック過ぎて
よくわからなかったけど
歌唱的には大興奮

キャスリーン・キムなんかいっぺんにファンになっちゃったし
カレーヤやリンゼーも好きですぅ

いやぁ、テンションあがりましたね~
コメント

読響シンフォニックライブ「魔笛」第1幕

2010-11-24 03:23:44 | オペラ
モーツァルト「魔笛」
読響シンフォニックライブ

指揮:テオドール・グシュルバウアー
演出:実相寺昭雄
管弦楽:読売日本交響楽団


夜の女王:安井陽子
ザラストロ:小鉄和広
タミーノ:小貫岩夫
パミーナ:増田のり子
パパゲーノ:友清崇
パパゲーナ:鈴木江美
モノスタトス:羽山晃生


演出は、ウルトラマンの監督実相寺昭雄です。
前に映像で観たことあるのは
METのジュリー・テイモア演出の英語版と
ザルツブルク音楽祭のディアナ・ダムラウが夜の女王だったプロダクション。
いずれも激しくPOPな舞台でした(^_^;)

今回もご多分に漏れず、
てゆうかもはやアニメのキャラクターのようです。


あ~、タミーノが桃太郎みたい
日本一って幟持たせたら完成よ
しかし「なんという美しい絵姿」で気を取り直す。
dolce-vitaのタミーノのイメージにぴったり
凛々しい歌声だったから。
桃太郎に見えるのも
頼もしい若武者ぶりだからだよね。
(↑王子さまと書いてから直した(^_^;))

夜の女王のアリア「わが運命は苦しみに満ち」
第2幕の「復讐の心は地獄のように」と違ってなかなか聴く機会がないけど
こちらも大好きです

はい、dolce-vitaの大好きなパパゲーノ
「オレは鳥刺し」
いいカンジです。


出演者はみなさん芸達者な方ばかりで
観客(&視聴者)を楽しませてくれます♪

セリフの部分が日本語だったり
放送自体が抜粋だったり
気がそがれることも多かったけど
1ヶ月後に放送される第2幕も楽しみです


    

「魔笛」で常々しっくりこないコトがありまして。

パミーナはなんで「タミーナ」じゃないんだろ〓

二重唱もパパゲーノとの二重唱が印象的で
パミーナとパパゲーノの心が通い合ってるカンジがよくわかる。
(タミーノとの二重唱はあるんだっけ?)
そう、パミーナとパパゲーノ。
だけどパミーナはタミーノに出会った途端
タミーノを運命の人と確信する。
うーん、なんだろ(?_?)?
じゃ、なんでパミーナとパパゲーノの関係性を
クローズアップしたんだろ?
映画だったら、やっぱり運命の人はパパゲーノってなるトコよ。
「幸せのポートレート」とか「あなたが寝てるまに」(←たまたま今放送中だった)みたく。

なぜかどうでもいいことが気になるdolce-vita

また今度第2幕を観ながら
考えてみよっと〓
コメント (3)

ブルゴーニュ好き

2010-11-23 16:14:23 | おいしいもの
ワイン大好きですが
とりわけブルゴーニュ好き

それを覚えてくださっていた方が
お誕生日プレゼントにと送ってくださいました~

本社のエラい部長さんだったのですが
退職された今もこうして祝ってくださるなんて感激です
ありがとうございますっ

ああ、あと1週間でお誕生日なんだな~
コメント

小春日和

2010-11-23 14:20:38 | life
家の前の街路樹が燃えるように色づいて
青空に映えてホントにきれい。

    

木洩れ日が落ち葉の絨毯を
気持ちよさそうに照らします。

穏やかで満ち足りたカンジ。

11月生まれだから?
dolce-vitaはこの季節がいちばん好きです。
コメント