Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日のカクテル

2008-07-31 23:39:12 | おいしいもの
フローズンマンゴーダイキリ
生マンゴーたっぷり(^O^)



お店が暗いので外で撮影してみました(b^-゜)
最近のお気に入りで~す
コメント

下駄新調しちゃいました♪

2008-07-30 07:45:41 | life
うふふ~(#^-^#)
下駄買っちゃいました~



足の裏博士(?)がデザインしたというスグレモノ
その名もピドヒール!
左(支持足)と右(運動足)で爪先の高さを変えてあったり。
台が足の裏の形に合わせて削ってあったり。
鼻緒が真ん中じゃなかったり。
その他スタシオロジー(身体静止学)理論に基づいた工夫が満載(らしい)
履いた瞬間これに決めましたv(^-^)v
浴衣にピッタリのオシャレなタイプも、足にピッタリのSサイズもサヨナラ。
今年の夏はこれで流血知らずだo(^▽^)o
コメント

バレエ三昧?

2008-07-26 13:57:32 | バレエ
今週は1日おきに2つのバレエ教室の発表会見に行きました。

まず火曜日。
アステールプラザで藤堂眞子バレエアカデミー。
今回初めて見に行きました。
演目は「コッペリア」
実は「コッペリア」は、ガラコンサートでしか見たことなかったので、楽しみにしてました。

こういう発表会で、もうひとつの楽しみはゲストダンサー
今回は青木崇さん。
彼が踊り始めてびっくり\(゜□゜)/
なにっあの跳躍力!
全盛期の熊哲もかくや。
空中でピタッと止まるカンジ(@_@)
しかも空中姿勢(なんてゆうのかしら?)の美しいこと。
息をのみました。
しかも丁寧に踊っている様子に好感が持てます。
この人はもっともっと有名になっていいんじゃないんでしょうか。
もう一度あのジャンプを見た~い(^O^)




木曜日、滝いつ子バレエの夕べ@ALSOKホール
こちらは友人のご好意で毎年見せて頂いてます。

今年はオペラとのコラボ流行りなのかしら。
カタリーニのアリア「遠くに行かないで」で踊ってました。ステキ。

プロになられた生徒さんも参加され、見応えのある舞台でした。

演目は「くるみ割り人形」
クララ役の先生、大好きです。
去年ガーシュインを踊られた時も釘付けでした。
表現力スゴいんでしょうね。ガーシュインの時はコケティッシュだったし、今回はもうクララにしか見えな~い。超カワイイ(≧▽≦)

こちらはゲストダンサー4名。
出ました♪新国立劇場の王子さま、山本隆之さん(=^▽^=)
昨年度芸術選奨文部科学大臣新人賞ということで(後付けの知識ですが)ますますご活躍のご様子。
もう少し踊って見せて欲しかった(-з-)

こういった方々が本気で踊っているところを是非見たいものです。

いつもご招待いただいてありがとうございます。
来年も楽しみです。o(^-^)o
コメント (5)

芸術都市パリの100年展

2008-07-21 13:07:38 | 美術館
ひろしま美術館開館30周年記念「芸術都市パリ100年展」行きました。



ルノアール、セザンヌ、ユトリロの生きた街 1830年-1930年。

美術館は入り口前からパリ気分を演出。木々にはトリコロールのおリボン。ショップにはエッフェル塔が乱立。ドアにもエッフェル塔のモチーフが。
あらあら、安い演出だこと。(`∀´)
思いとは裏腹に、前世パリジェンヌの私は、気がつけば展示室に入る前からすっかりテンション上がってる(*^o^*)

ユトリロ「コタン小路」このユトリロ好きだわ(=^▽^=)
逼迫した狭い小路でしかも手前の壁面に押し返されそうになるのだけど。
奥に向かってまっすぐ伸びる更に狭い石段を登った先には緑の木々があり、しかも果実だか花だかをつけていて、目線はそのまま空に抜けていく。
ユトリロらしいけど、抜け感があって救いがある。結構気に入ってぺったり張り付く(*^_^*)
その隣に「ベルリオーズ夫妻の家」
メフィストフェレスのセレナーデのワンフレーズが頭に浮かぶ。おまけにそこしか思い出せないものだから、そのフレーズが頭の中でしつこく繰り返される。
中途半端なBGM(^-^;)

ラウル・デュフィ「家と庭」
緑に囲まれた白と青の家。真ん中に赤いバラ。好きです。

ギュスターブ・モローの幻想的な絵も数点並ぶ。

あらっあれはアングルかしら?
近づいてよくみると全くの別人の作品で(名前忘れた)。
説明を読むと若い頃アングルの弟子で、師の影響から脱するために云々と記されていた。
ごめんなさいo(_ _*)o
悪気があった訳じゃないのよ。女性の顔立ちだか色の質感だか何かが、遠目で見たときアングルを彷彿させたのよ。
あーっ、これもファーストの劫罰が続いているからよぉ、メフィストフェレスの悪戯なのよ(→o←)ゞ
まだBGMでぐるぐる回っているベルリオーズのせいにして、そそくさとその場を立ち去る。

気を取り直して。
ロダンのバルザック像。デフォルメされてユーモラスな感じがつい笑いを誘う。
おっと、シュザンヌ・ヴァラドン(≧▽≦)
ついギャロップになる。
結構たくさん作品あるじゃん♪満足気に作品に見入る。
その中に1枚ユトリロを描いたデッサンが。
うなだれるユトリロ。
母を求めてやまない息子。そして苦悩する息子を何かの静物のごとくデッサンする母。
この時ユトリロがどんな気持ちでデッサンされていたのか。こっちまで超ブルー入る(-_-#)
ユトリロを産んだ頃のヴァラドンの自画像。
唇を固くた引き結びやや顎を上げキリリとした表情が美しい。美し過ぎる!
「エリック・サティの肖像」
えっこの2人って付き合ってたのね(+_+)
ヴァイオリンとハープの七夕コンサートで聴いたばかりの「ジュ・トゥ・ヴー」が高らかに流れる。
メフィストフェレスの呪縛からやっと解き放たれ、「あなたがほしい」というはしゃいだ愛の讃歌を奏でる。
うーん、パリっぽい(^-^)
サティの肖像画を眺めながら先日のヴァイオリニストの方のお話を思い出す。変人ネタを面白おかしく話して下さったけど。そうですか、あなたでしたか。ペコリ。軽くご挨拶する。
ヴァラドン以外に特に浮いた噂もなかったらしいし、この曲はヴァラドンと恋に落ちて浮かれて作曲した作品なのかしら。
うふふ(*^o^*)
的外れかもしれないことに思いを巡らせ下世話に微笑む。

ここからはサティをBGMに。
軽やかに鑑賞。

写真もいろいろあったけど「エッフェル塔の落雷」衝撃的でかっこよかった。

常設展も勿論外せません。

しかし。
この流れで佐伯祐三のロカション・ド・ヴォワチュールがないなんて寂しいじゃないの。
ヴラマンク見ながら恨みがましく思う。
くーぅ、私が学芸員だったら無理矢理どこかに押し込むのにぃ(→o←)ゞ

最後に音声ガイド。BGMはサティとの記述がっ。
なにーっ( ̄□ ̄;)!!
音声ガイド携えてもう一周しようかと鼻息を荒くしたが。
思い留まる( ̄ー ̄)
それはまた次の機会に。

I'll be back !!
(b^-゜)
コメント

ミニブタのモモちゃん

2008-07-10 12:35:36 | life
ミニブタのモモちゃんが公園に置き去りにされた。

朝ワイドショーで言ってた。

あまりの食欲旺盛さに飼い主が飼う自信をなくしたのだという。

ペットショップで売れ残ってプライスレスになったモモちゃん。
たまたま店員さんと知り合いだった男がモモちゃんの可愛らしさに絆されて連れて帰ることにする。
家まで6キロの道のりを、モモちゃんを台車に乗っけて歩く。

男は途中疲れて通りかかった公園で休憩することにした。
モモちゃんも公園で羽目を外す。
公園の草を貪り食うモモちゃん。
可愛らしさについ連れて帰った男も一心不乱に食べまくるモモちゃんにドンびき。
あまりの食欲に怯み、飼っていく自信を喪失して、モモちゃんをそのままその公園に置き去りに。

ひっどーい(→o←)ゞ

リポーターはさらに補足する。

ブタの食事の量は本来ならお茶碗2杯程度で事足りるらしい。
しかーし!
ヤツらは目の前にあるものはいくらでも食べてしまう…

もっモモちゃ~ん
(→o←)ゞ
モモちゃんを他人とは思えず、慟哭する私。

何も置き去りにしなくてもいいぢゃないのぉ(〒O〒)
ちょっと食べ過ぎたくらいで~
目の前にあったらたべるわよっ
何がいけないのっ
ぶひっ(-"-;)

最早誰に対して何の言い訳をしているのかわからない。

モモちゃんは自分が置き去りにされようとしているその刹那も、一心に草をはんでいたに違いない。

がんばれ、モモちゃん(;_;)
コメント

七夕コンサート

2008-07-09 07:36:58 | 舞台・ライブ
お友達の会社でヴァイオリンとハープのサロンコンサートがあるということで行ってきました。



もちろん写真はハープ。
コンサート終了後撮らせてもらいました。
優美な楽器だと思ってましたが、そのフォルムが美しいだけでなく、細かい装飾も気が利いていて、私は特にこの絵柄がお気に入り(*^o^*)

演奏もうっとりの優雅さ。
ヴァイオリンとハープのハーモニーが非常に美しかった。
タイスの瞑想曲やアメージンググレース(アイルランド民謡だったのね、知らなかった)などお馴染みの楽曲だけでなく。
ハープのソロもあり、ハープの優雅な音色を存分に堪能しました。

七夕の夜にぴったりの素敵なコンサートでした。
コメント

お稽古 7/8

2008-07-08 21:03:58 | 池坊
ヒメツツジが涼しげで可愛らしかったので、シンプルに三種生にしました。



花材:ヒメツツジ
   ガマ
   ケイトウ
コメント

サイ・イエングアン

2008-07-07 07:41:49 | オペラ
たまたまテレビつけたらサイ・イエングアンさんのコンサートやってました。
どんだけテレビっ子なのっ(*^_^*)私ったら

折しも森麻季さんのCD聴いてたところ。
コロラトゥーラ好きと言いつつサイ・イエングアンさん名前しか知りませんでした。

さすが同じコロラトゥーラ。
ラ・トラヴィアータのヴィオレッタのアリア「花から花へ」
ジャンニ・スキッキのラウレッタのアリア「私のお父さん」
さっきまで聴いてたアリアが続きます。
あ~もっと早くから、最初から見たかった(-з-)
他はどんな選曲だったのかしら
軽く舌打ちしたくなる。
シャモニーのリンダとかルチアの狂乱とかコロラトゥーラならではのアリア聴きたかったな

と思いきや。
トゥーランドット。
タイトルロールの「この宮殿では」歌い上げちゃった(^o^;)
これドラマティコの曲だよね~。少なくともコロラトゥーラの領域じゃないよぉ。
姫の後は女王♪
大好きな夜の女王のアリア「復讐の心は地獄のように」
歌えるはずないのに、つい一緒に口遊んでみる。
この夜の女王のアリアは、落ちてる時も元気な時も、自らを鼓舞する応援歌ですな。

結局コロラトゥーラならではの曲は、夜の女王しか聴けなかったけど。
凄いんだな。サイ・イエングアンさん。
ちょっとカルチャーショックでした。
コメント

ユーロ2008 総集編

2008-07-06 04:16:48 | サッカー
嗚呼、終わってしまった(→o←)ゞ
ということで。

全試合を通してというよりは、自分が見た試合の中で。

私のベストゴール。
準々決勝ロシアvsオランダ
延長後半、左サイドからアルシャフィンがシュート気味に放ったクロスを右のポストの際でトルビンスキーが左足のアウトで軽くタッチしてきれいに決めたゴール!
あれはさすがのファンデルサールもお手上げです。
オランダを沈めた一撃だというのに魅入られてしまいました。

私のベストセーブ。
今回もビッグセーブ目白押しでしたね~。
そんな中、ダーリン☆ファンデルサールも聖イケルも抑えて。
ブッフォン。
予選の誰のシュートか忘れたけど。
左に跳んで逆をつかれ、残った右足でボールを止めて右手でパンチング、そして倒れこむ。
あれは奇跡的です。カッコよかった!

ベストフォーメーション。
シャビ、イニエスタ、セスク、シルバ。
スペインのクワトロ・フゴーネス。「4人の創造者」という意味らしい。
ビジャ、フェルナンド・トーレスの2トップも勢いがあって頼もしいけれど、4-1-4-1のポゼッション・サッカーが私は好みです。
次は誰が何を繰り出すのか見ててワクワクしました。
特にシルバ。ドリブルで駆け上がっていく姿が印象的。テンション上がります!
あ~でもセスクも巧かったよね~。

全体的に若い選手がサプライズだったかな。
フェルナンド・トーレスやセルヒオ・ラモス、クリスチアーノ・ロナウドのように若くしてお馴染みの選手だけでなく。
一番驚異的だったのは、やっぱりアルシャフィンかな。
ボール持って前に向いた時のあの勢いはスゴい!
同じくロシアのパブリチェンコ。
なんだかいつも絶妙な位置取り。しかも超カワイイ。KAT-TUNの田口くんに似てない?私的にテンション上がりました。
クロアチアのモドリッチ。
正確なだけじゃなく、司令塔として老獪ともいえるクレバーなプレイの数々。今になって聞けばなんと22才らしいじゃないですか。脱帽です。
ドイツのラーム。
ディフェンダなのに攻守にフル稼働!

ベテラン勢も光ってました。
ダーリン☆ファンデルサール。
代表引退なんてもったいない!ビッグセーブ連発で本当にシビレました。
ジオことファンブロンクホルスト。
年を重ねてなおあの運動量。つい引き込まれてしまいます。
バラックもいつの間にかすっかりキャプテンらしくなって。

チームでいうとスペインは言わずもがな。
オランイェのフットボールは綺麗で大好きです。予選全勝した時には今回はいけると思ったのに。本当に残念。
意外とツボにはまったのがロシア。
ユーロ出場を決める予選でイングランドを下し、オランイェの夢を打ち砕いた宿敵ながら。
カウンターからのサイドアタックと津波のように何枚でも寄せてくる攻撃陣。勢いがあって怖かったね~。
さすがヒディング監督の作ったチーム。ああいうフットボール好きです。

ベスト・ゲームは。
ファイナルのドイツvsスペインははずせないし。
オランダvsロシア
オランダvsイタリア
ポルトガルvsドイツ
決められません(-з-)

人間ドラマ的にはセルヒオ・ラモスが男を上げたね。こんなこと言うのも申し訳ないくらい、セルヒオの純粋な誠意と友情の篤さに感動しました。

活躍したはずなのに何故か私のアンテナにかからなかった選手多数。マジメに見てたはずなのにあなた達の素晴らしさに気付けなくてごめんなさい。m(u_u)m

私の大会MVPは。
シルバ(=^▽^=)かな。
まだ22才。バレンシアの試合もチェックしなくちゃねo(^-^)o

今回のユーロもツライ早起きも苦にならないくらい見応えありました。
次こそは、めざせ!全試合制覇( ̄^ ̄)
コメント

お稽古 7/1

2008-07-01 19:54:29 | 池坊
銀宝殊一種生



花が低すぎました~(*^_^*)
コメント