Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

KKP#5 TAKEOFF~ライト三兄弟~

2006-06-05 02:42:42 | ラーメンズ
5月27日福岡行ってきました。2ヶ月ぶりの福岡、2ヶ月ぶりの賢太郎。
西鉄ホールから「演出の関係上お客様の席がなくなります」って電話あったときにはどーゆーこと?!ってなったけど、何の事はない、よいお席に振替してもらいました。払い戻しが出たからということで3列目!!Thank you,God!払い戻しの人もありがとう!
ということで3列目しかも賢太郎さんサイドの垂涎のお席にて観覧致しました。
おれんぢさん短い期間だったのに、そんなこと感じさせないくらいストーリーに馴染んでて間も自然でびっくりでした。
流石に久ヶ沢さんとは息もピッタリでお互いのアドリブに笑いも押さえられないみたいな観客以上にもしかしたら舞台上も楽しんでる的な盛り上がり。賢太郎さんの不意を衝かれた風な素の笑い。大好きです。楽しいです。
演出もよかった。今回は音楽の使い方が絶妙で、そうきたかっていう意表衝かれた的な裏切り感がよかった。
テーマ曲である、ロザリオスの「HAE」という楽曲。全篇に流れててなかなか素敵なのだけど、カーテンコールで立ち上がってみんなでリズムに合わせて手拍子するくだり。参加型嗜好の私としては、わあーっと盛り上がっているところに持ってきて、更にアドレナリンが全開、キャストとともにしめた感があり大満足でした。
面白かったし笑えたしちょぴり感動したりして。賢太郎さんもカッコよかった。三兄弟にまたすぐにでも会いたい。ああ、広島になぜ来ない。とても寂しいし残念です。早くDVDでないかなぁ。
おまけで「ヤン・シュヴァンクマイエル展」も覗きました。あんなにがっつりヤンおじさん体験したのは初めてでやっぱりカルチャーショックでした。セットで堪能できてよかった。
大満足のKKPでした。これからまだ観れる人が羨ましいです。
さすが賢太郎さん。ありがとう、行ってよかったです。
コメント