Sotto voce (^-^)

楽しみを待つ事は、それ自体が楽しみ。
そんなカンジの日々を綴ります♪
Non vedo l'ora!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボリショイ・バビロン

2015-11-21 09:37:00 | 映画


terraと「ボリショイ・バビロン」観に行きました。

「華麗なるバレエの舞台裏」というサブタイトルだったので
美しいバレエシーンが観れるかなと期待していたら。

冒頭のバヤデールの影のシーン
数あるバレエの演目の中でもdolce-vitaが
愛してやまない美しいコールド✨✨

あの息を飲むほど美しいシーンを
ありゃりゃ😵こんな編集にしちゃったの…?

この監督さんはもしかしてバレエに興味がないのかな?

イヤーな予感は最後まで覆されることなく。
白鳥もスパルタクスも、
ああん、そこじゃないっ😣そうじゃないっ😣
というもどかしさ💦

内容的には2年前の、芸術監督のセルゲイ・フィーリンが
顔に硫酸をかけられた事件がメインで。
社会派のドキュメンタリーというのかな?

ボリショイのスターだったはずのフィーリンに対して
この映画では同情的な描写がほとんどない。

事件後の公演でザハロワが舞台挨拶で
「この舞台をフィーリンに捧げます」と言うシーンがあったり。
ホールバーグがフィーリンと話しているシーンがあったり。
それくらい?

後半のマリーヤ・アラシュのインタビューで。
フィーリンが外部から多くのダンサーたちを連れてきて重用したこと。
「私たちより下手な人たちが優遇されるようになったのよ」と。

はっ😱

ボリショイこけら落としの「眠れる森の美女」
アラシュは美しいリラの精でした。
複雑な気持ちになっちゃった。


プリンシパルのマリーヤ・アレクサンドロワが
インタビューに応えてました。
フィーリンの事件とは別に
彼女自身もバヤデールの公演の舞台上で
ソロルとぶつかってアキレス腱を切るという
大怪我をしました。
長い怪我からの復帰に向けての
「白鳥の湖」のリハーサルでは教師にあっさりダメ出しされて。
プリンシパルのマーシャでさえも
「イチからやり直しだわ」
「一番怖いのは、踊れなくなること」
弱音を吐く様子も見せる。
「アパートメント」でようやく復帰を果たした時の
晴れやかなガッツポーズ✊😆
胸が熱くなりました。




映画の前にキャラントキャトルで
軽く晩ごはん。
お昼ごはんを食べ過ぎたdolce-vitaにつきあって
(つきあわされて?)
terraも軽くしかオーダーせず。









ボリショイ劇場「眠れる森の美女」 - Sotto voce (^-^)

コメント

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015-04-19 01:51:00 | 映画
「バードマン観た😄⁉」
会うなりヴァイオラが聞いた。
「観てない🙈」

ヴァイオラは当然❗dolce-vitaが観たと想っていたらしく
あれこれ語りたかったようだ。
ちょっとおかんむり🙎

「今度イミテーション・ゲーム観ようかと思って…」
(かぶせぎみに)
「だったらバードマンの方がいいよ❗
dolce-vitaは絶対好きだから観て✊」
…あくまでも語り合いたいらしい。

このやりとりが面白かったので
予定変更しました😜



スゴいね👀⚡
ヴァイオラ👋😆🎶✨
dolce-vitaもヴァイオラと話したいことがいっぱいあるよ😃

でも。
自分にがっかりしたこともいっぱい。

この曲マーラーのなんだっけ?
映画に引き込まれ過ぎてあまり思い出す努力もせず
途中からは映画音楽として聴いてた。
エンドロールで
“Ich bin der Welt abhanden gekommen”
の文字をみつけて👀⚡
こんなことにも気づけなかったなんて。
浅すぎる😣⤵⤵⤵

ヴァイオラと話すともっともっと取りこぼしが発覚しそう😅

「もう一度観ようかな😌」
ヴァイオラもそう言ってたけど
そだね、dolce-vitaは別の意味でもう一度観たいかな😜




さて。
仕事帰り、映画の時間まで1時間あったので
ポポットで晩ごはん🌃🍴🍷

お目当てはビールセット🍺
でもなぜかその日は夕ごはんセットだけしかなく
しょんぼりしながらカルビ中落ちをオーダー
「おかずだけでもできますよ」と言っていただき
おかず単品に。
しかし。
お目当てのものではなかったけど
カルビ中落ち☆美味しすぎぃ😍

おいしいものをいただき
るんるんで映画館へ向かったのだった🎵

コメント

アベンジャーズ

2013-11-10 03:32:00 | 映画
WOWOWで「アベンジャーズ」やってて
つい観てしまった
いやぁ、カッコいい

映画ばなれのすすむ昨今のdolce-vita
(いや、映画館がdolce-vitaから離れてく?)

映画館で観た数少ない映画のひとつ「アベンジャーズ」
(アホっぽいので大きな声では言えませんが)

道連れにして申し訳ないけど
一緒に観に行ったのはzucchero

こういうおばかなベクトルばかり
ぴったり合ってしまうのはなぜかしらf(^ー^;

dolce-vitaは
ガンダムを観てモビルスーツ萌えしたように
アイアンマンが大大好きなのだ
あの精密なメカの動きが超カッコいい
(あ、スタークも好き

…と言いつつ
「アベンジャーズ」観てるうちにすっかり弓矢萌え
映画を観終わって、開口一番
「カッコよかったね…ホークアイ
ハモってしまったzucchero&dolce-vitaコンビ

どこまでもおばかな足並み揃ってます

ラストシーン観てシャワルマ食べたくなったけど。
広島でシャワルマ食べられるお店が
そういえば、去年なくなり…
今、どこで食べれるんだろ( ̄▽ ̄;)

そうなると無性に食べたくなるのであった。
(あれっ最終的には食べ物の話になっちゃった
コメント (2)

小さな村の小さなダンサー

2011-11-24 03:21:11 | 映画
また観てしまった(*^o^*)

「小さな村の小さなダンサー Mao's Last Dancer」

大好きな映画です

実在のバレエダンサー、リー・ツンシンの自伝を映画化した作品。
バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパルツァオ・チーが
リー・ツンシンを演じます。

ストーリーは感動的だし。
dolce-vitaはこの映画3度めなのに
やっぱりジーンときちゃうし
最後ホント爽やかな気持ちになれる

でも。
なんと言ってもバレエシーン
ツァオ・チーが超かっこいいのぉ
(↑踊るトコ初めて観た
代役でドン・キホーテ踊るトコなんか
ストーリーの上でもドキドキするし
このシーンを観るだけでも
この映画を観る価値があると思えるくらい
素晴らしい

特に、どやと言わんばかりのカブリオール
きゃあぁ(≧∇≦)

白鳥の王子も踊るし
dolce-vitaにはよくわからないモダンの演目も
レッスンのときの動きもキレイ
ディスコシーンもキュートですo(^-^)o

見終わったあとはすっかりツァオ・チーファンになること請け合い(^w^)

あ、お宝映像、バリシニコフのドン・キホーテのマネージュも観ることができます


何度観てもいい映画

ホント大好きデス
コメント

少女たちの羅針盤

2011-04-29 10:11:50 | 映画
八丁座で何を観たかというと…

オーセンティックなミーハーのdolce-vitaは
「英国王のスピーチ」

と思いきや。


    

「少女たちの羅針盤」

dolce-vitaの出身地福山が舞台で
全編福山ロケ

ちょうど八丁座の内装を監修された部谷京子さんが
美術監督ということもあり
八丁座の作品としてはバッチリではないでしょうか。


      

コレが結構よかったの
郷土愛を抜きにしても!

ミステリーとしても面白かったし
映画としてもよくできてるわ~
(↑なんで上から(^_^;)?)
すっごく楽しみました

しかしやっぱり地元の風景にテンションあがりっぱなし

いきなり新幹線のホームから福山城が見えるシーンで
dolce-vitaの心も一気に福山に帰ります。

あ、この道はもしかして八幡宮の前の道?
…あ、八幡宮映った

あ、この高校は
あ、このレストランは
あ、この商店街は

福山城公園、市神辺文化会館、松永湾貯木場、芦田川公園…
あと、dolce-vitaにはどこかよくわからなかった場所たち…
すべてがきらきらして見えて
福山ってステキな街だなって改めて思った。

dolce-vitaのおうちは福山といってもその中でもさらに片田舎で
映画の風景は日常的な空間ではなかったけど。
ちょうど高校生までを過ごした街。
あの風景のどこかから高校生のdolce-vitaが
元気に飛び出してきそうでした。

見終わって現実の広島の街に降り立ったときには
自分でも意外なことに
ちょっとホームシックで涙がこぼれそうだった。

でもdolce-vitaが帰りたかったのは
現実のふるさと福山ではなく
いまはもうない高校生の頃の風景だったのかもしれません…
コメント

八丁座に行きました

2011-04-27 00:41:34 | 映画
八丁座

オープンから5ヶ月も経過しちゃいました。
会社から一番近い映画館だというのに(^_^;)

↑ところでふすま絵違くね?
東映京都撮影所から譲り受けた「松の廊下」は(?_?)
と思いきや
松の廊下の裏側versionだそうです。
初めてみた
なんか得した気分です。


    

上映時間まで余裕があったので
館内に併設されているカフェ「茶論 記憶」へ
可愛らしい空間で
椅子もゆったり大きくて好き

    

会社帰りで腹ぺこだったけど
軽いモノでガマンガマン
(結局あとで普通に晩ごはん食べたけど(*^_^*))

玄米パンのサンドイッチ
しょうがほうじ茶

おいし~(≧∇≦)
優しいお味デス


腹ごしらえしたトコロで八丁座です。

今回は白いふわふわソファ席チョイス
5ヶ月たった今も木の香りに包まれて
癒やされるぅ

行ったヒトの満足度がめちゃめちゃ高いのも納得

ふわふわソファの座り心地も満点で
映画を観た2時間
全くストレスフリーでした。

次は「ブラック・スワン」観に行かなくっちゃo(^-^)o
コメント

わたしを離さないで

2011-04-05 21:32:51 | 映画
悲しいって知ってたはずなのに…

なんで観てしまったのだろう


原作はカズオ・イシグロ。
ミーハーなdolce-vitaは
英米でベストセラーになったということで
日本語翻訳本が発行されてすぐに読んだ。

本当に衝撃的で…。

とてもすぐには読み返せそうになかったけど
何年か経ったらまた読もうと思って
捨てずに置いてました。
(↑すぐ捨てちゃうdolce-vitaにしてはVIP待遇

    


映画です。

原作の世界観そのままに
不自然でない程度に映像向きに作ってありました。

サイエンスフィクションなんだけど
ノスタルジックな美しい映像です。
主人公たちが育った寄宿学校ヘールシャムも
卒業して共同生活を送った農場のコテージも
dolce-vitaの中ではどこか荒涼としたイメージで
そう、嵐が丘みたいに荒れ果てていると思ってた。
あまりにも衝撃的な内容にささくれだったdolce-vitaの気持ちが
そんな風景を作り上げたのかも。
映画の中のヘールシャムは緑が瑞々しくて
主人公たちが育ったのがこんな美しい景色でよかったって
少しほっとした

音楽も美しかった。
全編チェロの音色に包まれて
悲しいけど穏やか。
非情な運命を粛々と生きる主人公たちの気持ちにシンクロする。
穏やか。だけど悲しすぎる。
校歌の使い方もずるい
あれは観客の涙を最後まで絞ろうというあざとい目論見を感じる。
(ええ、思うツボでしたよ〓)
そしてジャズのナンバー「Never Let Me Go」
原作とは若干扱いが異なるけど
(Where is "Norfolk",Where is "lost-corner"
…切ない

興行収入を見込んだ作品とは思えないのに
キャストが超豪華
キャリー・マリガン
アンドリュー・ガーフィールド
キーナ・ナイトレイ
このキャスティングこそが奇跡かも
シャーロット・ランプリングも存在感たっぷり。


悲しい。
けど悲しいだけじゃない。
ひさびさ好きな映画でした。

でもしばらく"complete"という言葉は聞きたくないかな。


原作ももう一度読み直そうっと
コメント

「クヒオ大佐」

2011-01-16 12:26:44 | 映画
最近ツボった映画「クヒオ大佐」

実在の結婚詐欺師のお話です。

公開当時ポスターを二度見してしまったほど
つけっ鼻の堺雅人がdolce-vita好みであった〓
しかも会社のこけしちゃんは堺雅人ファンで
このとき舞台挨拶のため東京日帰りした実績あり。
(↑そう彼女もおばかチーム)

そんなコトも忘れ去っていた先週
WOWOWの番組の予告を見ていて
またもや二度見
よほどタイプなのでしょうか、「クヒオ大佐」〓
せっかくなので観ました。


抱腹絶倒…ではないけれど
じわじわ後ひく笑い。
クヒオ大佐のダメっぷりがたまりません(^w^)
おもしろすぎます。
堺雅人のラブシーンのダメさもなかなかのモノで
久しぶりにキアヌ・リーブスに思いを馳せました。

観た翌日はこらえきれず
小間切れに思い出すたびこけしちゃんに語って
むりやり笑いにつきあわせる迷惑な同僚

見ようによっては
ちょっと悲しかったり切なかったりもするんだけど
敢えて無視〓
おもしろ映画として堪能しました

「2012」や「アバター」みたいな大作は
見終わって激怒することも多いので
ひさびさヒット作でした

ダメだ、月曜日まだ笑いがこみ上げて
こけしちゃんに迷惑かけそう。
かなりヤバいです
コメント

ブーリン家の姉妹

2010-03-28 05:57:46 | 映画
「ブーリン家の姉妹」を観ていて、
本編とは関係ないトコロでオドロキが(◎o◎)

ナタリー・ポートマン演じるアン・ブーリン。
その胸のペンダント!
あれは「アグリー・ベティ」のベティがいつもつけてるペンダントと同じっ!?

パールのネックレスに
ペンダントヘッドは
イニシャル「B」の文字からバロック真珠3つ。

ベティ・オリジナルかと思いきや
こっちがオリジナルだったのね(^O^)

アン・ブーリンの肖像画にもこのペンダントがきっちり描かれてました。

ベティ…深いぜ( ̄∀ ̄)

映画自体も史実がもとになってるので面白かった。

妹のメアリー・ブーリンのことはこの映画で初めて知りました。
先にメアリーの方がヘンリー8世の愛人だったのね。


続けて「エリザベス」観たくなっちゃったよ(≧ヘ≦)

ドニゼッティの「アンナ・ボレーナ」も未見なので
ますます気になります。
どこかで放送してくれないかしら。
コメント

海を飛ぶ夢

2009-11-14 16:15:31 | 映画
いつものように、テレビ消す前に
未練がましく、一通りチャンネルを替えていたら。

トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」が(◎o◎)

映画「海を飛ぶ夢」
事故で四肢麻痺になった主人公が、社会に尊厳死を求めて訴えるというスペイン映画です。

あ、Nessun dorma !だと思って、観ると
穏やかな眺めの部屋で
ハビエル・バルデスがベッドから起きあがり
助走をつけて窓の外へ。
精神が飛翔したってコト?

テノールの、カラフにしては少し細めで高めの声。
リリコ・レッジェーロくらい?
誰の歌声なんだろ(?_?)
聴き惚れつつ。

映像がまた美しいの(*^o^*)

ちょうど自分が飛翔してるような目線の映像で。
レースのカーテンがそよぐ窓を飛び出し
高度を下げながら野原を飛び
鳥のように森を超えて
向こうに見える海の方へ。
そして浜辺を散歩する愛する人のもとへ
All'alba Vincero!
Vincero! Vincero!

何、この清々しい「やったよ!」感と
なんだか切ないカンジ
このシーンしか観てないくせに
胸が熱くなる単細胞のdolce-vita


続きは観なかったのだけど、
この美しくも切ないこのシーンだけでも
きっと素晴らしい映画に違いないと思えました。

時間があるときに
ぜひ観なくては(o^∀^o)

んで、誰の歌声だったのかしらん(?_?)
コメント (2)