Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

ドラマ 「下町ロケット」  第10話(最終回)   *感想*

2015-12-21 | 秋ドラマ(2015)感想
前半は面白く感じられたよ。
そんなに好きなドラマじゃないんだけどさ、、
それでも、前半部分は楽しくって、ワクワクさせてもらったよ。

佃(阿部寛)と椎名(小泉孝太郎)が対峙するシーンまでは、、ね。
テンポの良さを感じる展開に、徐々に高まりつつあった私の気持ちは、
このシーンのせいで一気に萎んでしまったよ。
萎んだ気持ちのまま、二度と高まることなく終わってしまったよ。
ああ、、前半の気持ちの高まりのままラストまで観たかった。
前半のテンポの良さを最後まで見せてもらいたかった。
そんなモヤモヤっとしたもんが残ってしまった最終回だったよ。

それにしても、あの二人だけのシーン、、、長かったなぁ。
佃の語り、、、辟易するほど長かったなぁ。
しかもさ、、やっと終わると思わせておいて、、
ああ、、やっと、やっと、佃が帰っていくぞと思わせておいて、、
夢はあるか?とかなんとか、、また延々と続くからね、あのシーン。

何なんだろうだろうねぇ、、あの長さ。
何なんだろうか、、あの冗長さ、、あの押しつけがましさ、、あの暑苦しさ。
イイコト言ってるのは分かるのよ、、
このシーンを見せ場にしたいコトも分かるのよ、、
だけどさ、、あんなにクソ長いと、、観ているこちらの集中力が続かんわ~っっ。
延々と続く佃の演説に睡魔が襲ってきちゃったもん。
あまりにも長すぎて、制作陣が伝えたいコトがサッパリ耳に入ってこないもん。
心に全く響いてこないんだもん。

佃に魅力を感じている視聴者は、このシーンを楽しめるのかもしれないわねぇ。
ほら、私、佃に魅力感じてないからさ、、
余計にこのシーンが苦痛に感じちゃうんだろうね。
最終回の感想に、こんなに文句をダラダラ書くのもどうかと思うんだけどさ、、
前半部分を楽しんでいたからさ、、
こりゃあ、面白い最終回になりそうだという期待が膨らんでいただけにさ、、
あのシーンへの不満がデカかったんだよなぁ。
でも、まあ、こうやってダラダラと毒を吐くことで、不満が解消された気はするよ。
最初から最後まで、独特の個性を貫いたドラマではあったわね。
この感じが好きな人には楽しめるドラマなのだろうね。


 最後まで読んでいただけて嬉しいです  
チラリと共感していただけましたなら、ポチリっ。お願いします♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

ドラマ 「下町ロケット」  第1話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第2話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第3話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第4話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第5話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第6話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第7話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第8話   *感想*
ドラマ 「下町ロケット」  第9話   *感想*
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ドラマ 「コウノドリ」  ... | トップ | わたしをみつけて  第4話... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です。 (パインル)
2017-07-18 19:30:37
 この文章での「前半」というのは、あくまでも最終回の中のそれなのでしょうか?
 それとも、吉川・杉が貫録の演技を見せていた物語5話まででしょうか?それだと僕も同感なのです。今田と世良さんが前半のキャスティングに比べるとどうしても弱く見えたんですよねぇ。
 真野≒「今を時めく」山崎育三郎のキャラも強烈でしたねぇ。彼は今週からの金曜ナイトドラマで今や主役ですよ!
 2年間って早いもんですね...w。
 ともあれ、「ダークスーツ」と並んで、僕がドラママニアになったきっかけの作品には間違いないです。
バインル さま (Lee)
2017-07-18 20:38:37
コメントありがとうございます。

この「前半」は最終回のストーリーの前半という意味です。

このドラマ、
バインルさんがドラマ好きになるキッカケとなったドラマのひとつでしたか。

山崎育三郎さんは、このドラマで顔と名前が知れ渡りましたよねぇ。

金曜ナイトドラマ、、
実は私、期待を持てないでいるのです、、、汗。
どんな感じなんでしょうかねぇ。

コメントを投稿

秋ドラマ(2015)感想」カテゴリの最新記事