Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

わたし、定時で帰ります。 第6話  *感想*

2019-05-22 | 春ドラマ(2019)感想

種田、、キターーーー!

あんな直接的に三角関係を見せられるとは思ってなかったもんだから、
種田(向井理)の告白にえっらい高まってもうたわ。

 


愁(桜田通)とぶつかり、
来栖(泉澤祐希)とこじれ、
愁からも来栖からも、辛いことを言われる種田。

愁にも来栖にも焦点を当てつつ、
種田もしっかりと描いていく、、
というストーリーがいいよね。

デキる男ならではの、
なかば周囲の人間のやっかみとも思えるトラブルを興味深く視聴したよ。


有能で、バイタリティーのある種田に引け目を感じ、自信を喪失してしまう、
愁や来栖の心情も分かりやすかったし、

結衣(吉高由里子)が種田の欠点を指摘する様子も、
痛いトコロを突的確に突いてくる感じや、
二人の関係性が感じられて面白かったわ。

そんなこんなで、
種田を見守るように観ていた最後にアレ、、なんだもの、、
種田、キターーーー!となってしまうワケよ。



♪チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

わたし、定時で帰ります。 第1話  *感想*
わたし、定時で帰ります。 第2話  *感想*
わたし、定時で帰ります。 第3話  *感想*
わたし、定時で帰ります。 第4話  *感想*
わたし、定時で帰ります。 第5話  *感想*


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ラジエーションハウス ー ... | トップ | 向かいのバズる家族 第7話... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何故、もう一度 (パインル)
2019-05-23 06:51:24
来栖メインで来るかなぁと最初は不思議に思えたのですが、種田と愁の関係を明かした(これにはビックリ)あたりから来栖と愁をシンクロさせていく展開だと気づいて、よく練られているなぁと製作者側の意図にしばし拍手。

ただ―
僕は管理人さんが「トレース」で言われた新木さんの恋心についての感想同様、種田と結衣の元サヤへのプロセスに興味を惹かれないので、ラストは種田と来栖の“和解”で終えてほしかったというのが正直なところです。
(でも種田が弟思いというのは殊更意外ですが、彼の素晴らしい一面を見せてくれて、これまた天晴でした。)

それにしてもSuperflyの主題歌が抜群に作風に合っていてドラマを盛り立ててくれますよね。
今年一番好きな楽曲です♪
パインル さま (Lee)
2019-05-23 08:06:35
コメントありがとうございます♪

私も種田と愁の関係には驚きました。
種田が弟というワードを出したトコロでやっと気づくことができました。


実は、私は、しばらくの間、結衣と巧のパートを邪魔くさく感じていたので、
パインルさんの気持ちも分かります。
回を重ねていくうちに気にならなくなってきたんですけどね。

今回の件も、種田が好きでなかったら、余計なものに感じていたかもしれません(笑)。

コメントを投稿

春ドラマ(2019)感想」カテゴリの最新記事