バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

ponanza 102番勝負 第55局 一手損角換わり

2011-07-27 17:12:12 | 将棋

ponanzaの55戦目は、一手損角換わりとの対戦となりました。前半線で、一手損角換わりに早繰り銀で対抗してまともに継歩攻めをくったのが2局ありました。

その後 早繰り銀を使わなかったponanza、今回はどんな対策を見せてくれるのでしょうか?

先手▲ponanza 後手△oさん(レーティング 2925)です。

(A) ponanza先生 棒銀ですね。それも自玉もそこそこに速攻ですね。

(B) この形だと いずれ△7五歩からの反撃も覚悟しなければなりませんねえ

 

以下△5二金▲2四歩△同歩▲3四歩△同銀▲2五歩(次図)

 

(A) 結構 変わった攻め筋ですね。

(B) そうですね、ほんわりとしていますね。後手は、△7五歩からやってくるでしょうね。

 

以下△7五歩▲同歩△7六歩▲同銀△5五角(次図)

 

(A) ひとめ痛いような気が

(B) そうなんですよひと目 ▲3八飛△9九角成▲3四飛△3三香▲2四飛△2三歩で先手の飛車が死んでしまうのでどうするのかと思ってしまいますね。

本譜は、▲3八飛△9九角成▲2四歩△3三歩▲7七桂△6三銀▲2八飛△7二飛▲3五歩△4五銀▲3七銀△2二香▲4六歩△5四銀引▲5六角(次図)

 

(A) うわ たくさん手数進めますね。頭の中がごちゃごちゃしてきます。

(B) ここまで進んでみると香車を損しても先手の駒が威張ってきていますね。

 

以下△4五歩▲8三角成△8八馬▲4五歩△9七馬▲7八金(次図)

 

(A) いつの間にかすっかり先手陣がしっかりしていますね。

(B) 後手は、馬がうまく活用できないとこのあともたいへんですね。

 

以下△7四歩▲7二馬△同銀▲7四歩△6五歩▲7一飛△6一角▲7三歩成△同桂▲7四歩△6四馬▲7三歩成△同馬▲4四桂(次図)

 

(A) 後手は、香得だったのに今では、損得なしになっていますね。

(B) 指し当たって▲4四桂 きついですね。

以下 △4二金右▲6五桂△8二馬▲6一飛成△同王▲3二桂成△5二金(次図)

 

(A) いつのまにか先手が手厚くなっている。

(B) そこがponanza先生の強いところ。

以下 ▲2二桂成△7五歩▲7三歩(次図)まで先手勝ち

 

(A) 投了図で△6三銀なら?

(B) 普通に▲7五銀△6五銀▲6四香ぐらいで、先手勝勢と思います。

   △5五角の両取り食ったとき どうするんだろうと思ってましたが、さすがに手順は、用意していましたね。

強いponanza先生 これで53勝2敗です。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ponanza 102番勝負 第54局 ... | トップ | 地デジチューナー不足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事