バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

ponanza 102番勝負 第54局 ゴキゲン中飛車▲5八金右超急戦 

2011-07-26 21:12:41 | 将棋

ponanzaの54戦目は、前局 大熱戦を演じたkさんとの連戦になりました。

戦形は、アマチュアには、参考になるゴキゲン中飛車 ▲5八金右超急戦になりました。

先手▲ponanza 後手△kさん(レーティング 2989)です。

(A) おっ ホットな戦いじゃないですか。確かまだ結論はでていないはず

(B) そう ここから最近は▲3三角が多いがponanza先生は、どう指すのか興味あるところです。

以下▲1一竜△9九馬▲6六香△5四銀▲2二歩△5三香▲3六角(次図)

 

(A) これは、以前流行した変化ですね。

(B) 最新定跡では、▲3三角のほうがいいと見て、先手が手をかえたのだから この急定跡の変化は、後手がよくなるのが理屈やけど 実際は、難しいね。

以下△7二銀▲2一歩成△5五銀▲同歩△同香▲3一と△5八香成▲同金△5七歩(次図)

 

(A) 定跡どおりじゃないですか?

(B) おっ詳しいね。この局面で、▲5四香とうつか▲5四歩と打つかですよ。

(A) 所司さんの定跡道場では、▲5四香は、△5八歩成▲同王△5四香▲同角△5三香で先手不利となっている。 そして▲5四歩は、△5八歩成▲同王△7四桂で後手がいいと記載している。

(B) ということは、ponanza先生 どうするんだろうか見てみたいですね。

以下 ▲5四香△5八歩成▲同王△5四香▲同角△5三香▲5五歩△5四香▲同歩△5七歩(次図)

 

(A) ponanza先生 所司さんの定跡で、不利というのを知ってか知らずか突き進んでいます。

(B) 実は、ponanzaがこの変化をとったのでこの変化は、本当に不利かどうかヤフー知恵袋に投稿してみたが、http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1062281595

明快な回答はありませんでした。

最終手の△5七歩の是非は、難しいところで逃がす反面 攻防に△3五角を利かせるし微妙です。

以下▲5七同王△8九馬▲2二竜△5二金打▲8二銀△3五角▲4八王△6七馬(次図)

 

(A) ▲8二銀と打たれていっぺんに狭くなりましたね。

(B) そうですね、△8九馬では、実戦的に△5二金左と逃げてみたい気もします。この辺は、本当に難しい終盤戦です。

(A) △6七馬となって先手行くしかありませんが大丈夫なの?

(B) ここからがponanza先生のすごいところで、ぴったり攻めきりました。

以下▲5三銀△同角▲同歩成△同王▲5四歩△同王▲5五歩△4五王▲4六飛△5五王▲5二竜(次図) まで先手勝ち

(A) すごい! ぴったりですね。

(B) そうなんです。▲5三銀からぴったり即詰めなんですね。こんなにぴったり負かされたらいやになりますね。

(A) どこが敗因なんでしょうね?

(B) それが難しくてはっきりわかりませんが、△8九馬と桂馬を取った手でなにかなかったかですね。

(A) 所司さんの定跡で不利って書いてありましたがやってみると実際はたいへんなんですね。

(B) 所司さんの定跡本は、広範囲に渡って記載されていて重宝ですが、100%鵜呑みにすると痛い目にあいます。自分の検討を加えておかなければなりません。

でも所司さんの功績は大きいですね。定跡のたたき台を作ってくれるのですからこういう人は、本当に貢献しています。

 

前局に続いて大熱戦を制したponanza先生 これで52勝2敗です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ponanza 102番勝負 第53局 ... | トップ | ponanza 102番勝負 第55局 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事