アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・鉄道を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

聖地に感じた大宮駅の印象

2018-03-29 20:00:00 | 国鉄時代(カラー)

大宮駅下り8番線9番線ホーム。

現在はどう変わっているのかわかっていないが、当時の大宮駅のこのホームは、次々と列車が往来し時間の経過を忘れてしまいそうになるくらい、目が離せず、そして楽しい場所だった。当然新幹線は影も形もなく、東北特急と上信越特急が引切り無しにやってくる。

また、以前にもここで書いていると思うが、このホームの構内放送が独特な語り口調であり、とにかく当時の若いアントンKは聞き入ってしまい、しまいにはテレコで録音して楽しんでいたのだ。列車の入線とともに、絶妙なタイミングで放送が入り、そしてまた発車を促す。そのやり取りを見て聞いているだけで満足していた。誠にお恥ずかしい話だ・・しかし、現在の抑揚のない機械じかけの放送は、何とかならないものだろうか。イントネーションや発音は現代風?昭和ど真ん中のアントンKには聞きにくい。ベルの代わりの電子音も、時にイライラしてくるのは自分だけか。

掲載写真は、その8番線と9番線ホームから撮影した、高崎線の普通列車2322レ。ホームを後にしたまだ真新しい183系1000番台の「とき」が写っている。ゴハチは、高崎第二機関区所属のEF5886。スノープロウ、ヒサシの付いた寒冷地仕様の形態。当時からこのスタイルのゴハチは好きだった。

1976-03-01   2322ㇾ  EF5886   大宮駅にて

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 房総特急全盛時代の錦糸町にて | トップ | EF58 急行「八甲田」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大宮駅 (埼玉人)
2018-04-18 14:40:24
現在(2018年)でも大宮駅8、9番線は同じです。

8番線が上野方面からの高崎線列車
9番線が同じく上野方面からの東北本線(宇都宮線)列車です。

貨物線(湘南新宿ライン)の下り列車は高崎、宇都宮線兼用の12番線(昔の川越線ホーム、今の川越線は地下ホーム)です。

上り列車は3、4、6、7と昔と同じです。

しかし昔の画像懐かしいです。

コメントを投稿

国鉄時代(カラー)」カテゴリの最新記事