森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

賀来飛霞 展

2016年10月26日 | 展覧会
今年は大分県の賢人 賀来飛霞さんの
生誕200年記念とかで 今宇佐の大分県歴史博物館で展覧会をやってます。

そりゃあ 行かんと ということで宇佐までお出かけ。
彼が描いた 虫類や鳥類の絵がおめあてだったのですが 展示作品のほとんどが植物でした。
まあ、本草学者なので 仕方ないかとも思うけど わたしはアカガエルの絵が見たかった!!
で、本草学者って 今回初めてお勉強。 江戸時代の医療は 薬草による治療がほとんど。
で、薬草が分かる人が 本草学者でもあり お医者様でもあるのです。 植物学者と思っていたら違ったのね。
往診に行っていたときのカバンとか 薬草採取用の籠とか 展示してありました。

熱心な学芸員さんが いろいろ説明してくださった。 たくさんの植物画  すべて実物大に描いてあります。
その緻密なこと ボタニカルアートですわっ  めちゃ細い筆で下書きも無しで なんでこんなに描けるんやっ。  12歳からの作品もあってすごいです。
シーボルトさんも彼の標本や図版を国に送ってもらったそうです。お礼の手紙があって それには「カワネズミ」の標本も送ってくれと
書いてあるそうで ズーズーしいやっちゃ。  焼酎(ホルマリンの代わり)に漬けて送ったようです。

晩年は東京の小石川植物園で植物の図鑑を作ったそうです。でね、植物画 花だけでなく根っこも書いてあるし、花を分解した絵も描き加えてあるのです。
誰か思い出しませんか?  そうです、牧野富太郎センセ 牧野センセもこんな風に描かれますよね。
牧野富太郎は 賀来飛霞と交流があったそうです。年齢的に言えば 師事していたのでしょう。 やっぱり というか すごいなあ 日本の植物学の流れが見えてきます。

展覧会場でクイズがあって 全問正解だと 飛霞の絵の付いた缶バッチがもらえます。 もちろんもらってきましたよ。コノハズクの絵がついてるのを。
コメント

イングリッシュ・ガーデン (キュー王立植物園所蔵)

2015年02月17日 | 展覧会
ボタニカルアートの本物を見たくて 下関美術館まで出かけました。 仕事は休みね。

写真がまだ無かった頃は とにかく描かないと図版ができない。 てんでその技術たるや すごいもんです。
眼鏡はずして 絵のそばで じと~~っと見てきました。比較的お客さんが少ないので できました。
展覧会 終わりがけの日曜日なんぞに慌てていくと 人が多くてゆっくり見られません。  
植物絵から発展していった ウイリアム・モリスの作品や  ダーウィンの書簡  植物園の映像
ウエッジウッドの食器 まあ もりだくさん

キュー王立植物園に買い上げられた 小林路子さんのキノコの絵も里帰りして 展示されていました。
 もうすごいステキ 日本で展覧会ないかなあ

 花が好きで絵を描く母と叔母に絵はがきを買いました。


美術館は 下関駅からバスで海沿いの道を20分ほど。 いいところです。
美術館の 庭からの眺め

さすが 下関です。 鯨が丘に 上がっております。
コメント

図鑑のいきものいっぱい!  松原巌樹 生物細密画の世界 展

2012年08月09日 | 展覧会
生物画の展覧会が 大分市の高崎山おさる館3Fで開催されてます。
松原巌樹さんという 図鑑に生物画を描かれている方の作品展です。

これは パンフレットの表紙です。作品はここに載せるわけには行かないので
みんな 見にいってね。

 花も虫も鳥も  それから風景の中の生き物達の絵も どれも素敵です。

 植物画は ボタニカルアートといいますし
 昆虫やなんかは 細密画 

 で、自然のままの様子を描いたのを ネイチャーアートとか言うそうです。

 会場に 松原さんが絵の指導をしているDVDがあって 見せてもらいました。

バラの描き方です。ご本人が書かれて いろんなテクを紹介。

なるほど~~と感心することがいっぱい。 絵画教室に行った気分です。メモも取ってきました。

入場は無料です。8月19日まで開催。いきもの好きは必見ですよ。

 最近のハンディタイプの図鑑は たいてい写真が載っていて、絵の図鑑はあまりありません。
 写真はねえ 足先のツメの様子とか 花をばらした時のおしべやめしべのつき方なぞは
 分かりませんものねえ。光の加減で色もぜんぜん違うし、、。

 あらためて 絵の持つ力を実感しました。
コメント