森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

さて クリハラリスである

2018年11月09日 | 講演会

先日ホルトホールで 「大分市の自然環境を考える」 という公開シンポジウムが開催された。

主催は森林総合研究所、土曜日の18時半開催という条件にもかかわらず 多くの参加者があり白熱した?議論が交わされた のである。

クリハラリスは お腹の色が栗色なので クリハラリスと名付けられた という。 もそっと考えてほしい名前じゃ。

で、特定外来で日本には意図的に持ち込まれた生き物なのです。

このころは 今考えるととんでもないことを 行政は平気でやってたのねえ。

で、同じようなことをした伊豆などほかの地域ではクリハラリスの被害が大変なことになっているので

今の内に(大分は今のところ高島にしか住んでいないから)やつけてしまおうと言う森林総合研究所からの提案です。

高島にはリスに齧られたあとが帯状についている樹木がたくさんある。 天然記念物のビロウも増えにくくなっている。

という話には 参加者から反論があり 絶滅状態になっている樹木は無いという意見や

卵をリスに食べられて鳥の成体数が減るという実験方法はおかしいとか まあ時間切れになるまでもめもめ

65年間島外にでないで生存してきたものを 人間の都合で殺してもよいのか とか 出たらおしまいですよ とか

私としましては 高島に行って 現状を 見たい 知りたい でっかいヒキガエルに会いたい であります。 それから考えよう。

今時期は海が荒れて島に渡るのがなかなか難しいそうです。春まで待とう。 植物のY先生が案内してくださるという約束も取り付けました。

 

コメント

九州環境市民フォーラムin大分

2017年11月26日 | 講演会
11月25日(土)26日(日)の二日間で開催された「九州環境市民フォーラムin大分」も無事に終了しました。
もう ホット一息というところです。

大分市アイネスで開催。 代表挨拶
会場には

もりりん! やら    もりりんリニューアルして ぴかぴかです。

メジロンも来てくれました。 メジロン妙に人なっこいのです。 手振ったり握手したり。無愛想(?)なモリリンとは違います。
実は モリリン まったく外が見えないので誰かが近くにいても分からないのです。 で、メジロンはハチマキの下から見えるのだ!ので愛嬌振りまいてくれました。

1日目は児童・学生さんたちの活動事例発表。 と おおいた美くし作戦 についての講演。

玖珠美山高等学校の生徒さん 「チーム野菜」の研究発表が素晴らしかったです。
で、私は 第1分科会担当です。

「草原の守り人の今と未来を考える」  大分県各地で「野焼き」をしている団体 それの関係者 国(環境省)・県・市町村 大学の先生 大学生
いろんな人が 今続けることが大変になっている 「野焼き」の継続について考えました。
ファシリテーターに長者原ビジターセンターのT氏。 今回もスバラシイ進行をしてくれました。
   T氏から 「毎年宿題を持ってくる」と言われてしまいました。 そういえば去年はNカレのコーディネーターお願いしたよなあ。
で、結果は

問題点が整理され その対応まで意見交換できました。 ネットワークづくりも行く方向が見えてきました。
 ま、問題は 大学生から SNSで動画配信しましょうと意見が出たけど 野焼きのおじさんたちは無反応てか 何のことやら という顔でした。
 ホームページやら ブログより フェイスブックの方がハードル低いので ここらからボチボチしてもらわんとなあ。

 実りの多い会議を持てて大変に満足でした。今後についてもどう動くかの話も進んでいます。楽しみじゃあ。 Tさん ありがとー
コメント

大分自然環境研究発表会6 ぎゅうぎゅう

2016年12月17日 | 講演会
今年で6回目となりました。 自然環境研究発表会。 私の師匠が主催なので 行かねばなりませぬ。
大分県の自然大好き人間が集まり 調べたことや研究発表をするので こんなおもしろいことはありません。

トップバッターは 細井氏の微小生物 この池にはものすごい数の微生物がおるそうです。
それらは オタマジャクシのおご馳走になるのです。 すかさず 両生類のH先生が どういうカエルがいるか質問。
 同感です。私もそれを聞きたかった。  生き物大好き人間は お気に入りに関してはシツコイのだよ。
毎年のお楽しみ キノコの会の発表  今年の珍菌は

カブラマツタケ  キノコの上に生えるキノコ キノコにカビが生えるのはよく見るのだけど  ずうずうしいキノコじゃ

熊本から来られた 森林総合研究所の安田氏 クリハラリスの調査発表です。

大分では 高島に閉じ込められているので 今のところ 放置です。

たで原では 九重ふるさと自然学校の朝倉氏が チョウについて


それから 大分にいつの間にかやってきた 魚 ギギについて

どうも アユの放流の時 琵琶湖産のアユについてきたらしいのです。
会場に実物をもってきてくれています。

真っ黒です。 旨いそうです。 

ひげがあって ナマズのようです。よく見るとカワイイ  かも~

 うわぁぁ くんな ぎゅうぎゅうだよ  

今回も大変勉強になりました。違う分野の人たちの情報交換があちこちであって これも楽しみの一つです。
  実行委員会の皆様大変でございました。 ありがとうございます。
コメント (2)

Nカレ in大分

2016年11月24日 | 講演会
日本自然保護協会と大分県自然観察連絡協議会で共催の Nカレ(NACS-J市民カレッジ) 開催しました。
テーマは 改めて考えよう「生物多様性の守り方 伝え方」

日本自然保護協会の道家哲平さんが講演します。
今回参加したのは ほとんどが日本自然保護協会の会員・自然観察指導員です。 でみなそこそこ生物多様性については周知のこと。
でも 具体的に どう行動をおこして生物多様性を守り 回りの人に伝えてその人にも行動を起こしてもらうのか ここはなかなかできなかったこと。
具体的な例を出して 話が進みます。 心理学の手法を使い 相手の関心のある所からはじめ 相手にメリットがあると動いてくれる。
それから 自然保護を進める人の話。 日本は1万人に1.8人が自然保護協会の会員。 ヨーロッパやアメリカと比較すると桁違いに少ないのです。
これはちょっと大変かも。
で、どーしょーかねー というところで ワークショップ。

タデ原のビジターセンターにお勤めの 種村英一さんにバトンタッチ

最初のお約束  4~5人ずつのグループに分かれたら お約束を守って グループごとの話し合い。 
 トークボールを持って居る人が話をできます。終わったら次の人にボールを渡します。 今回ボールは松ぼっくりでした。 松ぼっくりコロコロ

次から次に テーマが出て 4分以内に 8つの方法を書かなくてはいけません。 もう頭がヒートアップ  考えが出てこない。 
皆さん 真剣に頭を抱えています。   私も3年分くらいまとめて頭を使ったよ。 後の3年は考えなしの日々だわ。きっと。

種村さんが まとめのワーク。
生物多様性を 家庭で 地域で 企業に 教育の場で 自然観察会で どう伝えていくのか 皆さん答えは出たのでしょうか
実はこれは 宿題なのです。 自分が言ったこと・書いたこと これを実際にやるのが宿題です。宿題はこれからしなくてはいけないのです。

 で、3月の大分県自然観察連絡協議会の総会で 宿題の進捗状況を発表してもらいます。 いきなりむちゃぶりをするから 総会は覚悟しててね。

会場に展示されたパネルやグッズです。  地産の伝統野菜や オルタートレードのコーヒーもあります。
 参加者は 50名を超えました。とても楽しかったという感想が多かったので Nカレは 大成功 でしょう。 みんなで宿題しようね! 
コメント

シンポジウム 上野の森を考える

2016年09月11日 | 講演会
9月10日、一年がかりで準備したシンポジウム「上野の森を考える」無事終了しました。 
当日は午前中はオプショナルツアー。 上野の森の中を参加者と歩きました。

参加者には意外なことにご近所の方も多く参加されて 上野の森の新しい魅力を発見されたようです。

池の前での参加者の皆さん。 森の中は木が大きくなって 暗くなっていることも体験してもらいました。

常緑樹が茂り、また枯れて倒れかかっている木もあります。
午後からはシンポジウム。会場には上野の森の様子のパネルも展示。

森にいる生き物 動物 植物 キノコ それから昔の写真や航空写真も。

第1部 基調講演は 明治大学の 倉本 宣先生。 東京の都市公園での 行政と市民による管理・保全の事例から 上野の森では
どのようなやり方で 進めるのかの提案がありました。
なんせ 大分では 行政と市民が 公園の維持管理について共同でしているという事例がありません。

講演が終わって 第2部は行政(大分市公園緑地課)の担当の方、長年上野の森で自然観察会を実施してきた日本自然保護協会の足立さん
市民の立場で森の手入れをしてきた おおいた上野の森の会事務局の池松さんの3人の パネルディスカッション

三者三様の発表で 上野の森が見えてきたでしょうか
これから 共同で進めていかねば シンポジウムを開いた意味がないというもの。
一緒にやっていけるのか どうやったらほんとにやれるのか?  しつこいなあ もう ワタシの中で半信半疑なのだよ。

 でも やりますわよ。


たくさんの皆様、参加をありがとうございます。
今後も参加したい方にはアンケートに名前を書いてくださいとお願いしたのですが、多くの方が名前を書いてくださいました。
これから 具体的に始まるのだなあ。   よろしく!
  
コメント