森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

雨があがれば 竹田まで

2018年09月14日 | 自然

雨が上がって そうりゃってんで 竹田まで 

ダイサギソウを見に行きました。 そろそろ終わりかけかな 

ダイサギソウは地域の人に守られて 毎年ここに咲いてます。

どこにでも咲いている ツユクサ あんまりきれいなので 葉っぱを裏返したら 次に咲く予定の蕾が二つ

左のは 花が終わった後。 いろいろめくってみたら 蕾は2~3個ついていて ツユクサって 同じところに次から次に咲くのだなあと 感心しました。

めくった後はちゃんと元通りにしましたよ。

アンニュイな ツチイナゴ  どこがって 前足の組み方が、、 そう見えない?

このナガコガネグモは 見てたらあっという間に 獲物を糸で(いっぺんに何本も出せるのね)くるんでしまいました。 すげ早業 後でゆっくり食べるのか?

アゲハさんの 足のそろえ方がきれいなので 思わず撮りました。 お育ちがよろしいのね。

綺麗なツルボには

キタテハさん。 この花の蜜は(なめたことないけど)すっごいさわやかな甘さではないかと、、。

ふと上を見上げると 電線に何羽もツバメさんがそろっています。 田んぼが黄色になると そろそろですねえ。

羽の手入れは 怠りなく

帰りにちょいと 七つ森古墳によって見たら

ヒガンバナが 満開でした。

お彼岸前に こげ~いっぱい赤いもん見たら 夜夢に出てくるやもしれん。

コメント

猪ノ瀬戸湿原 秋景色

2018年09月10日 | 猪の瀬戸湿原保存の会

雨も止んで 今日は猪瀬戸湿原の植生調査の日です。 はじめにO先生から 今日の目標として

見つけてほしい 確認してほしい植物名のお達しがあるのですが まあそれはそれとして(一応ちゃんとやっとる)が

ここは来るたびいろんなものに会えるので 楽しくてしょうがないです。

林の中には トゲグモさん 糸を張ってお仕事中 邪魔してごめんね  白と黒のコントラストがステキです

なんと バアソブさんに会えました。じいちゃんより小さめで 可愛い。何より毛が生えてます。

そろそろ咲き始めた オタカラコウの葉の上には ミドリヒョウモン

アザミの茎には スゲドクガ もそもそ動いています

コフウロの花 ゲンノショウコの白花ではありません。 ちゃんと葉っぱの写真も撮りました。

林の中には 青いキノコ  なんじゃろうかねえ 毎年ここには青いキノコがはえるのです

昼の3時を過ぎると おまたせ~ って ミズオトギリソウの花が咲きました  調査もそろそろ終わりです

ステキな アケボノソウの花に

たくさん アリンコが蜜を吸いに来ています。 3時だ おやつだ 甘いもん大すき であります。

私も帰って おやつにしよう

 

コメント

下判田も雨だった

2018年09月09日 | 自然観察会

昨日に引き続き 今日も雨。 ではありますが 下判田里山観察会  雨天上等!

てなわけで 3人で観察会開始

立小野川の橋の欄干で スズメさんたちも雨宿り  時折雨がひどくなるのでねえ、やってらんないわ

この雨で 地区の草刈りが延期になって 土手のワレモコウが 無事残っています。 いいこともありますね。

サイヨウシャジンも終わりかけ 里山とは言え 結構 山の花も咲いているのです。 昔は里でも咲いてたけど山に行かないと見られなくなった花って多いですよね。

とはいえ 耕作されなくなった田んぼが今年は特に目立ちます。休耕田が市街化調整区域になって

住宅地になったしまったらもうここは里山では無くなってしまうでしょう。 なんとか田んぼ続けてくれないもんでしょうか。

休耕田の脇でセンニンソウは花盛り  田んぼの持ち主は高齢化し 農作機械が壊れたらそれを機会に耕作をやめてしまったそうです。

農道の真ん中を歩いていた コベソマイマイ 雨の日のお約束。  もう耕運機も通らんと 安心してるのか、、、?

 

 

コメント

また ザリガニ である

2018年09月06日 | 自然

西日本でザリガニといえば アメリカザリガニのことであります。

で、まあ今年度2回目の 捕獲作業

前日沈めた アナゴ籠  どうもこういう名前らしい。 前回沈めてぜんぜん捕まらなかった四角い籠は カニ籠と言うらしい。

しっかり入っております。 6つ籠を仕掛けて 100匹  が池をみるとまだまだあちこちに赤い奴らが潜んでいるのが見える

エイヤッと 網を池の中に突っ込んでみると  籠の網に引っかからなかった小さいザリガニが

どんどん取れまして  10分ぐらいで 33匹  今回 トータル133匹捕獲となりました。

バケツにいっぱいじゃ  見てると大きいのが上にせりだしている  こんまいのは下で潰れているのかも

どうよ イセエビに似ておるであろう  食べたい人はおらんかね~  原産地南アメリカあたりでは 郷土料理でおなじみらしいぞ

身分が 要注意外来から 緊急対策外来種という名前に代わりました  だからどうなのよ

上野の森の池のアメリカザリガニ 昨年1000匹以上捕獲したのにいっこうに減った気配がありません。

ザリガニは1匹のメスが一度に数百個の卵を産むそうです。 これって適宜に間引きしてるので よりよく育っているってこと、、ないよね。 あなおそろし

コメント

久住高原 秋のモニ1000

2018年09月02日 | モニ1000

昨日とうって変わって 今日は秋晴れ 久住高原 沢水でのモニ1000調査です。

もう 秋が始まっています

ハガクネツリフネやら

マツムシソウ ワレモコウ ススキ ヤマハギ  秋の花で彩られています

キンミズヒキも咲いてました これは種です。ひっつき虫なので アップ かぎ針がついてますなあ

おいしそうな ツノハシバミ 次回は味見ができそうです

シラネセンキュウをせっせと 食べているのは キアゲハくん たくさん食べてむっちむっち

トビナナフシさんは 食後の運動?前足を伸ばして 落っこちてしまう

アカスジキンカメムシのおチビさん(幼体) ピッカピカだぜ

いつもより 時間がかかって 最後の草原の調査は お昼にかかってしまいました

が 草原があまりにも 刈りこまれて 植物調査ができません。(蕾か花か種がついてないとだめなのよ)

本来なら ススキやハギの草原になるのになあ

阿蘇のお山を眺めながら てげてげ歩いて帰りました。

コメント