森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

学習展示館が大変っ!

2017年10月26日 | 自然
県民の森 森林学習展示館の付近が大変なことになっていた。
霊山寺からの道 もしやと思っていたら やっぱりぃ

いけんごとなっていた。 あともう少しで県民の森というところで崖崩れ。しかたないので 引き返し、ぐるっと回って 管理事務所の道から行きました。
おしどり渓谷のキャンプ場跡地に行くと

こんもり 土山。 川が土砂で埋まってしまったので 掘り上げたようですが 以前として水は溢れ

広場を横切って川まで流れています。 広場が水浸しで 川の浅瀬のようです。
川にかかっていた橋も

流木がこんなに。 ここにいたサワガニやカジカガエルは 無事でしょうか。
そしてなにより 展示館の前の池にかかっていた 吊り橋が

壊れてしまったのです。 どんなにひどい台風だったのでしょう。
ここで昼寝をしていた アオダイショウは 無事に逃げたでしょうか。 きっと大丈夫だと思うけど これからどこでお昼寝したらいいの。
あっちこっち壊れて大変な県民の森です。
どうなるんかなあ。来年の夏休みまでに元のようになるかしら。

カマキリさんも三つの単眼をぐりぐりっとしてくれました。 「わからんことを聞くな」
コメント

晴れたぞ! 観察会の下見だ

2017年10月25日 | 自然観察会
やっと雨も上がりまして 晴れての下見。田尻小学校3年生と学校付近の山道を歩きます。
ので 下見に行きました。 久しぶりに復活した人もおりまして嬉しい限りです。

この お豆の付いている葉っぱ。初お目見えです。ミソナオシというそうです。  いや前からここに生えていたのでしょうが。
調べると 白い花が咲くヌスビトハギの仲間。ど~りで 豆がぺタペタあちこちに引っ付きます。

いつものエビズル。今年もたくさんついてます。子供たちと食べようね。

カラムシを食べつくしそうな フクラスズメ 触ると威嚇します。  これはわいがたべるんや!もんくあるならおてんとさまにゆうてこい! と言ったか
可愛いシオガマギクや

秋の定番 ヤクシソウ

イナゴもおるよ

ツチイナゴ

バッタとの違いは イナゴにはのどぼとけがあるのだと教えてもらいました。 嫌がるイナゴをおさえこみ、あった!  ごめんね
雨が上がったので林床にはもちろんキノコ

チビホコリタケ あけるとパンみたいだよ マシュマロが落ちてる

たぶん ベニチャワンタケモドキ  秋だから
スッポンタケも 名前のわからんのも たくさんありました。
烏の弁当 って カラスウリの赤い実のことだそうです。 なるほど。去年の観察会では カラスウリの取り合いで落涙騒ぎとなりました。
さて 今年はどんな観察会ができるかな。   下見で予定していたことがそのままできるという事は まずありませんがね。
コメント

どんぐり君 No.134

2017年10月23日 | 通信4コママンガ
もうすぐ11月ですよ。の次は師走で 正月だ。えらいことである。
ま、11月の4コマ

もう運動会シーズンは 終わったけど 終わったところから伝説は生まれるのさ。

近頃 パン食い競争のパンは ビニールに入れたままつるしてあって 落としても大丈夫 になっている。
これは 間違いである。なぜなら正当なパン食い競争でないからである。
まっとうなパン食い競争は一番にパンにありついた人は 2番手がくるまで ほかのパンをどんどん食べてもよいという 裏の掟があるのだ。
そのため ビニールに入っていると パンをその場で食べられないので レースに支障をきたすのである。

 なんて ただの伝説ですよ。 
コメント

サピエンス全史 上・下 ユヴァル・ノア・ハラリ著

2017年10月22日 | 書籍紹介
H氏宅にあったのだが 今読んでる途中とかで貸してもらえなくて 購入したのだ。ここでこっそり持って帰ると あとあと何と言われるか、、。

ジァレド・ダイアモンド氏の「銃・病原菌・鉄」がハードなら これはソフト
「帝国・貨幣・宗教」なんちて 読んでいたのだが 下巻にになると 頭が痛くなった。
上巻では 狩猟採集民と農耕民の考え方の違い こういう分け方はすっきりしてるよね。 
ネアンデルタール人とクロマニョン人  縄文人と弥生人より ずっといい。
でもここまで農耕民族をぼろくそに言わなくても ねえ。
私的には 妊娠・授乳中は女性は2割増しで食生活が保証されないと 健全な育児ができないというし、飛躍的に人口が増えたので
お母さんたちはあんまりひもじい思いをしなくてもよかったのでは、とは思いましたよ。

下巻では 宗教論。 資本主義も 自然保護活動も宗教でくくられる。 たしかに面白い考え方です。
でも ノーベル平和賞に原子爆弾の発明者を という話は 私には趣旨は分かっていても カチンときた。日本人だから。
大航海時代にそれをしなかった国(スキルはあるのに)なぜか というところも も少し突っ込んで欲しかった。

最後は幸福論。 その後に 現在のテクノロジーの話。読んでいると人間ってなんでもできるようになったのかい? て気になってくる。
確かに 行く先も決めずに宇宙船地球号を発射してしまったようです。
で、頭が痛くなったのよ。 書いてあることは本当のことだし この本は SF本ではないのだし。 「都市と都市」なんてやだよ。
コメント

サイエンス・カフェ 豊後大野市ジオパーク

2017年10月21日 | 自然
雨ですねえ。ほんと雨ばっかり。台風も来る。 なんとかしてくれい。
で、雨にもめげず サイエンス・カフェ

豊後大野市ジオパークについて 担当の豊田さんに来ていただきました。
で、まずは ジオパークについて  それからユネスコパークの話も。

日本にこんなにあります。 大分には姫島と豊後大野市
なんでまた 豊後大野市がジオパークに手を染めたかというと、、、 というところから話は始まります。
大分の皆さんなら覚えてらっしゃると思いますが 犬飼とか三重とか緒方とか5町2村が合併するとき もめにもめたこと
でも ごーいんに合併して 「豊後大野市」というようわからん名前になった。
で、なんとか 市一丸となって取り組もうというのが ジオパーク認定。

こんなふうに ジオ(地形・地質)から眺めると 町や村の境とかないよね

で 各地独自のものもあるし  という事で 「温泉はないけど ジオパークがある」

という事で ジオパークを郷土の誇りとして 売り出そう という事らしいのですが なかなかに道は険しいそうです。
講師の豊田さんは 胃の調子が悪くて 講演の前にバリウム検査だったそうです。 まさかこのせい?

でも 見学できる面白い場所が 20か所以上もあり 1日では回り切れないそうです。
断層 好きには たまらん!写真であります。  
化石のでる場所もあり〼    以前サイエンス・カフェで化石掘りに行ってみなコーフンした場所です。
ガイドさんもいます。お願いできます。

でも あたしはこのガイドさんたちの話を聞きたいなあ。

観光ガイドから 自然保護・保全へとシフト できるか? 
まだまだ課題がたくさんあるそうですが 雨が上がって秋晴れになったら 豊後大野市ジオパーク見学に行きませんか?

コメント