森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

下判田 やっと産卵

2013年01月28日 | モニ1000
やっと やっと 下判田に ヤマアカガエルが産卵してくれました。
産卵してくれんと モニ1000の調査 継続届けをしたので
ちょっと困るのよね。  まあ去年が1月25日 今年は27日
ここではあまり遅れたと言うこともなく例年通りといったところです。

わたくしめが掘った 水溜りに産卵しています。年々埋まって浅くなる休耕田。
掘らなかった自然にある水溜りは浅くて産卵が まだありません。
もっとたくさん掘ったほうがいいのでしょうか? 悩みつつ 穴掘りですかねえ?

オオイタサンショウウオも私が掘ったところに産卵。 ま いいわよ。
B地点やC地点は産卵なし。
で、 てけてけ立小野川に戻ってきますと 今日もカワセミ君

この川沿いの道は狭いのですが結構な車の通りがあります。
で、ブンブン車が通っても なんてことありません。

ジャンプ!  見ているあいだに何度も川に潜ります。

魚 ゲット!  で、じっと見てたら 3回に1回ぐらいしか 捕まえきりません。
カワセミ君としては レベルは高いのか低いのか?
で、さらにじっと見てたら    暇です ハイ
くわえた魚をあっという間に飲み込んでしまうので、魚をバシバシ叩いて柔らかい
たたきにするところは見ることが出来ませんでした。

たたきにするところを見たかったのですが、残念。

畑でぼんやりしている(?)シロハラ君。 
歩きももったりしてるし、ヒヨドリよりちっとは大きいのに ケンカではかなわない
シロハラ君 ごそごそしてるとなんかほっこりします。
コメント

支援センター通信 2月号 4コママンガ

2013年01月24日 | 通信4コママンガ
印刷所が替わったので、通信の原稿の締切が早くなりました。もうそんなに早く
マンガ書ききらん。 でも仕事なので、、。
毎日 家に居るときは コタツ人生です。 妖怪こたつ被り

で、ネタもコタツです。

でも 時々テレビを見にいきます。ずるずる、、、(コタツの部屋にはTVがないので)
見るのは 寝る前に 2355を見ます。
アイドルの トビーが出てくれると うれしいです。

あとは ピタゴラスイッチが好きです。
ほかには殆ど見ないので TVもブラウン管です。壊れたら買い換えようと
思うのだけど 壊れないから。  
    密かに応援しています。ガンバレ ぶらうんかんた君!
コメント

焼き芋焼いて  新年会

2013年01月21日 | 自然観察会
下判田里山観察会の1月は 毎年 焼き芋焼いて新年会 です。

田んぼの上で 枯れ枝に火をつけて 後は火の番人に任せて自然観察会

でもねえ まだ産卵はありません。私の掘った穴の どこが気に入らないのっ キィーー
 ヒヨドリみたいに わめこうかしら。
 今年はヒヨドリさんが戻ってきて(?)あっちこっちで ヒィー 
 冬の風物詩でよいわあ。

調査地ではない山際の側溝には 7塊ほど オオイタサンショウウオの産卵がありました。

今年は雨が少ないので 側溝の水の深い所を選らんで産卵しているようです。
でこの卵は 石に産みつけてありました。周りに適当な枝が落ちてなかったためでしょう。にしても すごいね。 意志の力です。
まあ、雨の比較的多かった去年も 産卵は1月25日だったので、もう少し待つべし。

で、も あとは 焼き芋です。

安納芋 ぐー です。 甘いです。ホクホクしてないので喉に詰まりません。
毎年 これで死ぬ思いをしている私めとしましては 安納芋 えらいっ です。
コメント

雨降りはカエル日和

2013年01月15日 | カエル
雨です。やった。 カエル(ヤマアカガエル)が呼んでます。

まずは 県民の森の池。

オオイタサンショウウオが9腹産卵しています。この狭い池で、陣屋の村とそう変わらない産卵数。 これから どちらも産卵数が増えていくのだろうけど、最近成績の悪い陣屋の村、県民の森に負けてしまうかもしれません。
 もっと狭い場所での産卵は 上野の森というスーパー産卵場所があるのですが
 オオイタサンショウウオがたくさん住んでいて 小さな池しかなかったら
 そりゃあ ぎうぎうになるわな。やっぱ適度な広さの池があちこちに欲しいですねえ。

で、霊山へGO。この頃には雨も本降りになって、池についたらヤマアカガエルの
素敵なコーラスが聞こえてきます。

ここの池も 県民の森ぐらいであまり広い池ではありません。

も、たくさんのヤマアカガエルとうさんが鳴いてます。しかし、鳴いている時のヤマアカガエルは、ちょっとの物音にも敏感に反応して池に潜ります。
カメラのピントをあわせる チィーという音でも ドボンなの。 チッ、デジカメめ。
で、池の向こう側に皆さんそろってらっしゃるのは分かるのだけど、移動できないのです。じわあっと立って撮りました。

みんな います。

ここ、おかあさんの上におとうさんが乗ってます。 やったね。
あんまり長居して 大事な時間を邪魔したら悪いので 30分ぐらいで帰りました。

あ、オオイタサンショウウオ結構産卵してたのに数えるの忘れた。

てか 寒くてねえ 雨にも濡れて 少し風邪引きそうになったのですが、
蜂蜜入りのホット生姜ドリンク作って飲んだら なんてことなかったわ。 
             自信もって アホは風邪引かないのよ。
コメント

下判田の鳥どり 2

2013年01月14日 | 自然
地面を見つめてカエルがいなければ 空を見て鳥を眺めます。下判田の鳥どりパート2
なんちて たくさん鳥の写真が撮れたので。

まずは立小野川で向かえてくれたのは

セグロセキレイ 相変わらずしっぽを振って急がしそうでした。

おや カワセミくん。久しぶりです。 何かくわえてますね。 
あんまり魚っぽくないので、ただくわえてるだけかも?

ヤブに入ると アオジさんがいました。

メジロもスズメも 賑やかしく一緒におります。

隣の柿の木の枝には

コゲラさんが 枝をぐるぐる
田んぼのさきには

百舌こさん。
ジョウビタキやらツグミやらたくさんの種類の鳥に会えて ただ うれしい~です。

で、最後に

トビかなあ。飛ぶ時はピーヒョロいわずに さっととんでいたので違うような
でもやっぱ とんびかなあ。

N氏の話ではトビ以外のワシタカ類がいるそうなので、合える日を待ちましょう。
おまけにフクロウの鳴き声もしたので(昼間なのに)こんしにもやはり会わんとなあ。
コメント (2)