森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

観察会 田尻小学校で 毒見

2019年06月12日 | 自然観察会

久しぶりで 小学校の観察会の依頼が来ましたので 下見です。

田尻小学校の友だちの木  プラタナスは元気です。 木漏れ日がステキ

池には オオカナダモが花盛り  この池 近々水抜いてお掃除するそうです

ま、オオカナダモは 外来種なので 仕方ないかなとも思うのだけど ツチガエルがいるので 心配です。

こどもがおてこんだので 回りに網を張られたのですが 網があると 池の水面が遠くなって 面白くない

こどもっちゃ おてこむもんじゃ

池の側のセキショウの陰から イオウハシリグモもそうじゃ そうじゃ

小さな手紙が 子どもたちを待ってます   なんちて 見つかって開けられたら オトシブミ 大迷惑

プールの側の タイサンボクも いい匂いです

その隣に ビワの木がありまして 食べごろに熟れてます。プールの授業があってる側で こっそり味見  うめぇ~

子どもたちに食べさせる前に 大丈夫かどうか毒見だそうです。  Wさんがね そう言うのよ。

クスノキには クスサン もりもり葉っぱを食べてます。 どこにいるか分かる?

木の下に おてたヤツがおりました。 幼虫っちゃ おてるもんよ。 木ゆすったりしてませんよ。

コメント

下判田里山観察会 のんびり散歩

2019年05月12日 | 自然観察会

暑かったね~ 下判田でクサイチゴの実を食べながら のんびり観察会

とはいえ 植物に詳しいOさんが来てくれたので 花が咲いているものだけリストアップしたら50種あった。

やっぱ里山はいいねえ

アザミの花がたくさん咲いて 蜂さんは花粉まみれで お仕事中  アザミって花粉がつぎつぎに出てくるから 大変だわ

マルバウツギも花盛り 小さな虫たちが集まってます

背中にコマユバチから卵を産み付けられて じっとしているアオムシ 蜂ってすごいな

ミヤマチャバネセセリだと思うのだけど ちょっとよれよれ 年越し組かな

アズチグモがツマグロヨコバイを捕まえてお食事中 あったかくなって 新芽が出てそれを食べる虫が出てきて

虫を食べる生き物も出てきて 生き生きして楽しい

これは 我が家の庭にいた アケビコノハ

あちこちで アマガエルの声がします。田んぼが起こされてないよゲッ 水が張られてないよゲッ ゲッ

下判田は耕作をやめた田んぼが増えてきて カエルといっしょに どうしてくれるんだいと わめきたい

コメント

春のうららの 大分川

2019年04月05日 | 自然観察会

春休み 観察会の下見 大分川 明磧橋(あけがらばし)ネイティブしか読めない  界隈

お約束の春の土手  ツバメは飛び回り  バンやらオオバンが くえぇ~

向かいは サクラのピンクでおしゃれした 霊山ではありませんか。  笑ってる?

こんなピンクの濃い オドリコソウ

観察会当日は 子どもたちに大人気  お土産に持って帰る子続出

いやあてれるなあ~って もてたのは甘い蜜のおかげですよ。   花笠なのかなあ 踊り子って

何だか分からない草 勝手に外来植物に違いないとか思ったけど なんだろ

小さいけど 可愛い花なんです。

そして 河岸といえば クルミの木

花咲いてます。 雄花ばっかりで 赤い雌花が見当たりませんでした。 今年は実がなるのでしょうか。心配です。(食料問題ですから)

でも 羊の顔は健在 たくさん顔がありますよ。  みんなで春を待っていたのか

伸びてきました。 お目覚めで 寝ぐせがぐしゃぐしゃ  オニグルミの木の周りには小さな木が

何本も芽吹いています。 春だね~ 起きなくっちゃ


コメント (2)

雨でも観察会 下判田

2019年03月10日 | 自然観察会

今日は一日雨。よく降ったねえ。

雨ン中でも傘さして おいさんたち観察会。 実は判田校区育成クラブの観察会の下見も兼ねているので、真面目に観察会。

雨だとキノコは元気。 きれいだ。無駄に美しいなんてことはないか。

シキミの花も満開

スズシロソウも咲いてます。 この花は下判田の春の指標だと私は勝手に決めてます。今時期ちゃんと咲くのです。

いいなあ、春も本格的じゃ。

ヤマアカガエルの卵はすべてオタマジャクシになっています。オオイタサンショウウオの卵塊は少し増えています。

そろそろ下判田のモニ1000調査もおしまいかな。  4月になれば 久住高原での植生調査に移ります。

コマツナギも春の花。   なんせ一年中咲いてるような花が大分は多いのよ。

コメント

陣屋の村での観察会

2019年03月09日 | 自然観察会

すっかり春の陣屋の村での自然観察会 

まずは サツマイナモリがお出迎え このあとイノシシのうり坊を2頭発見! ととっと逃げてった。

ここでも匂いまする ヒサカキの花 これは雌花のほうです。 でも匂いは一緒や

昨日の観察会では 2年生の男の子が 「この匂い癖になる」と言って花を見るたび匂いを嗅いで気に入った様子でした。

臭いと言われることが多いヒサカキの花ですが 昨日はきっとうれしかったでしょう。

で、保護池に行く途中の例の轍では

オオイタサンショウウオの卵塊を10対確保 レスキュー隊 池まで運びました。 ヤマアカのオタマは置き去りです。もう しゃあない

保護池ではオタマジャクシに交じってオオイタサンショウウオの幼生もはじけておりました。

おっきいのも 小さいのも。 おっきいのサンショウウオにバランサーがついてるのが わかるかな~~

外さいの少し上に 細い糸のようなもの

川のほうには お父さんも来ていて 明日の雨に備えてやる気マンマン?

川の中の卵塊は 孵化すると どんどん流されて ハエの餌になってしまうので 保護池に移しました。

でも 後続部隊は たいてい先発隊の おご馳走になってしまうので、、 少しは生き残るかな

今日の参加者は7人でそのうち4人が佐藤さんというのはさておき 鳥の人が多くてたくさん鳥を教えてもらいました。

今回も ミソサザイという小さな鳥 陣屋では初めて というのに会いました。  

味噌みたいな羽色 濃い茶色なので 八丁味噌とかゆうたら にらまれてしまった。

ウラギンシジミ(雌)やテングチョウも出てきました。春ですね~

陣屋の村の名物(勝手に命名) 夫婦桜(ヤマザクラ)の花が 咲いていました。五輪以上咲いているので 開花宣言。 うれし

コメント