森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

殉職

2012年10月31日 | 自然
ある朝 亡くなっていた。 
新聞受けに その姿

ヤモリさんです。 新聞を守って 殉職なのか?
守らんでも良かったのよ。 命のほうが 大事。って こんなところで果てなくても。

ぺっしゃんこで 干からびていました。  サルスベリの根元に埋葬。成仏しろよ。

世の中 危険がいっぱい。明日はどうなることやら。

雨の日見つけた 小さな アカハライモリさん。 まだお腹が赤くなってません。
  こんなところで 人間に捕まるとはっ いやーーん、放してっ

カワイイので もう1枚。 手ぬくいよっ、迷惑じゃ。 
    大きくなるとあんまし可愛くないけど、、。毒もあるしね。


ノギクの上には カニグモの仲間。ワカバグモかな。
    キミ足 きれいだねえ。  おれ、オスなんですけど。
 
 小さくてもいのちきはみな一緒。
 
コメント

支援センター通信 11月号 4コママンガ

2012年10月30日 | 通信4コママンガ
すっかり秋で ほら 旅に出たいとか思いませんか?


ドングリくん 旅支度です。

 じつわ 私メも旅支度の途中 これにカメラやら資料やら お菓子やら 
 車内で読む本やら  どんぐりくんとあんまり変わりません。

「生き物は コンビニは無いし、財布ももたんで いのちきしとる」 
   これは K御大のお言葉 そうなんだよなあ。

  そうだと思いつつ 何も変わらない自分が 悲しいです。
コメント

雨でも やるのだ

2012年10月29日 | 猪の瀬戸湿原保存の会
日曜は猪の瀬戸で輪地焼き最後の日 となっていたのですが、前日から雨。
もう絶対 焼けんわな と思うでしょ。でも代表から中止のメールが来ない。

んで、もってとにかく行ってみようと集まったのが 14名。皆さんすきねえ。
湿った草をひっくり返して干したり、遊歩道用の丸太を運んだり
仕事は現地にはいくらでもあるので 困りませんが。
で、午後からは少し乾いたので 火を付けてみたのです。

やっぱ 燃えませんわ。 代表 じっと火を見る の 図

丸太の遊歩道も丸太を固定してないので 皆 横を歩きます。
これ全て 人力です。 すごいよなあ。 って怠けモンは何をしていたかというと

この可愛いヤマラッキョの

根を掘って 食べたり (ラッキョウの味がしました)

へんな顔のテントウムシを カメムシだろうとか言ったり
本当はカメノコテントウ  ほらなんかカメってついてるし。

リンゴドクガとシャクトリムシを戦わせてみたり  ろくなことしないで遊んでました。

輪地焼きできなかったところは 次回となりました。 
次回は 行いをよくして 雨が降らないように できる のかっ?
コメント

みのりフェスタ

2012年10月23日 | 日記
みのりフェスタ って どこのお祭りかとか思うでしょ。
大分県の農林業祭なんです。で、主催は大分県なので、農業や林業についての展示がたくさんあります。
もちろん特産品の即売やら ダンスコンテストのお楽しみがメインのようですが。

いろいろ面白いモンも展示されているのです。

今回のヒットは 鹿ワナのジオラマ よう作ったなあ。感心してしまいました。

親子の木工教室は数箇所あったんですが、大人気です。椅子や本棚、踏み台、サイコロ作りとかみんな楽しそうです。手許に 子も親もいない私は参加できんかった。くそっ

われらが「もりりん」はちょこっと顔をみせ、でも人気ですよ。

鳥獣駆除のブース 今年のイノシシ

 リアルですねえ。剥製です。

ワナの外には うりぼうの剥製。

 「ははうえ~~~」

 「早く 逃げるのですよ。厨子王丸。」

と言ったかどうかしらんけど 両方捕まって剥製にされてしまいましたとさ。
コメント

川辺にあきかぜ

2012年10月20日 | 自然
川に遊びに行きました。 ちょっと足をのばして 筑後平野の方まで。
川辺にショウブなぞ生えていまして、なかなかのもんです。

ホシアサガオ サツマイモの花に似ていますが あれよりずっと小さいです。
アメリカ産の帰化植物だそうです。 大分では見たことないです。

これは ヤナギタデ。葉っぱがぴりりと辛くておいしいのです。 刺身のツマにも使われているそうです。
で、蓼喰う虫も好き好きの タデとはこれのことだそうです。
好きな人はあとをひく味かも。
んで、ヤナギタデをもしもしゃしながら 川に入ると

じわっと アメリカザリガニが隠れています。
そんなん このマジックハンドで

どや。  
でこんしは同行のAさんが孫の土産に持ち帰りました。大分の水になじんでな。

ピンクのかあいい ミゾソバが咲いてます。 ミゾソバの色の付き方はそれぞれに
違っていて、かわいいなあと思うと何枚も写真を撮ってしまいます。 

ふたたび 川の中 大きい貝やら小さいカワニナ たくさんいると嬉しくなります。

タニシさんもたくさん歩いています。

ではでは みなさん また お会いしましょうね。 ヒメタニシでした!
コメント