森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

鹿と日本人  田中淳夫 著

2019年04月30日 | 書籍紹介

森林ジャーナリストの田中氏のシカの本

奈良 春日大社の回りにいるシカの話から始まる 田中氏が奈良に住んでいるから身近な動物として

奈良に行くと 人懐っこいというか ズーズーしいというか 高崎山のおサルのようにシカがいる

歴史や もちろんブラックな話も 人と鹿のせめぎあい 相手が角のある生き物なので人を傷つけたりもする

そのときの責任はどこにあるのか 誰が責任をとるのか そういうことが起きないようにとの対策

奈良の鹿(ナラシカ)の話のようで 日本人が野生動物とどう付き合ってきたのか 考え方や思いや

生活の中で どう折り合いをつけてきたのか  もうずっと昔から鹿による害はあったのよ あたりまえだけど

本を読んでいると 腑に落ちることが多い。 立場上いろいろ鹿の本は読んだのよ。でもどれもツッコミたくなる本が多かった。 

 林業関係や自然保護の立場とはまた違う それこそ 「日本人と鹿」の様子が見えてくる。

どうすればシカ害を防げるか というようなことは書いてないけれど 

オオカミや猟師の数とは関係ないところで鹿の頭数の増減があったというのは 面白かった。

やっぱ ひとりひとりが野生動物とどう付き合っていくのかを考えんとなー と思った。

鹿の森林・農業・希少野生植物に対する被害は尋常ではないです。 自然や生態系にも影響が出てきています。

でもそれを言ったら 一番自然や生態系を攪乱、破壊したのはあんた達 ヒトでしょとか言われそうじゃ

 

コメント

猪ノ瀬戸湿原のシカ

2019年04月28日 | 自然

猪ノ瀬戸湿原保全の会の作業日  今日もサクラソウのロープ張り

今回は 北湿地と呼んでいる場所  猪瀬戸では今のところ ここのサクラソウがシカの食害にあっている

ここは自然観察路ではないため あまり見学の人が来ない。 じゃあシカ除けの ロープ? こげなんシカはなんともねえで とか言いながらロープ張り

一カ所 花が食べられてない場所がありました

そこには シカの骨が転がっていて やっぱねえ 仲間が死んでる場所ではお食事したくないみたい

ついつい これ拾って 由布岳登山口に持っていくかと思ってしまった。 

エビネも食べられています。 エビネは葉っぱのみ。花は食べないようです。、、?

ナツグミの花  いい匂い

アケビの花もたくさん咲いて これは大変に楽しみであります。 シカ届かない高さだしねっ

午後からは 観察路の名札立てをしました。観察路にはたくさんの花が咲いて

ツクバネソウやら

ツルカノコソウ クモ付き ワカバグモかな

トンボも出てきて 今日はちょっとさみいなあ~ と申しておりました。

コメント

奄美大島 てけてけ3

2019年04月27日 | 自然

奄美大島のことこれでお終いにします。たった2日間だったけど とてもいい所だった。

あちこちに 野草のようにテッポウユリが咲いていました。 大分では タカサゴユリが咲いてるように。

ゲットウの花も

カクチョウランも  これとても大きい花です。

写真を撮ってるみんなです。 ね、大きいでしょ。

オオシマケマイマイ 毛が生えているカタツムリ

ベッコウマイマイだと思う。 カラフルなカタツムリ

と奄美大島の固有種にもたくさん会えて 

とはいえ とうとうカエルには会えなかった。 やっぱ夜ですよねえ。夜出歩かねば 会えないのね。

標本のオットンガエルです。 このほか 標本のアマミノクロウサギ 標本のケナガネズミに 奄美野生生物保護センターで

会ってきましたわっ  カエルに会いたければ このセンターが主催する ナイトツアーにどうぞと言われました。 リベンジできるかなあ。

でっかいシダが くりくり

沖縄にも 奄美大島にも 大分にも 本州にもいる ツマグロヒョウモン  なんか得意げな顔してる

そだね 希少種探しばかりの旅ではなかったはずですよね。 大分でもまた会おうね。

 

コメント

奄美大島 てけてけ2 海だ

2019年04月26日 | 自然

海岸のマングローブ林へ

海だ 海だ

たこウィンナーのオヒルギの花

開く前  どっちも下から見ると シュールだわ

クワズイモの花は サトイモの花に似てますねえ   なんで食べれんのよ

足元には カニがささっと オキナワハクセンシオマネキのメスじゃろうか   雄はたくさんいて ハサミを振り回しておりました

そこにささっと ミナミコメツキガニ  ささっと捕まえたのだが 手の中がくすぐったいので落としたら

あっという間に砂にもぐってしまった。 これだとクモのようだわねえ  ま遠い親戚だから

ミナミトビハゼ君も ピンピンはねてます   どこぞのトビーみたいに御託を並べんのよ

とまあ 植物観察を離れて 遊んでおりますと

何やら ぷかぷか  これは?!

タツノオトシゴ拾いました  もちろん生きてます。 みんなが写真を撮りに寄ってきたので手の上でのたくりまわっています。

海の中で見たのも 触ったのも初めて。こんな浅瀬にいるとは思いもしませんでした。 昔は地引網をすると網の中にいっぱい引っかかって 外して捨てるのが大変だったそうです。

辰年の人が 喜んでおりました。  ふふふ 実は私も辰年です。

コメント

奄美大島 てけてけ1

2019年04月26日 | 自然

奄美大島に行ってまいりました! 鹿児島新港を夜にたち 朝の5時に着きました。 小笠原よりずっと近いぞ

海沿いの道をバスは走ります  水平線にうっすらと見える三角のとがった島は トカラ列島でござい

専門のガイドさんがいらっしゃるので バスは途中で停車  崖に赤いスカートがたくさん開いてます

コモウセンゴケ 小ぶりで赤くて可愛いね

でも 食虫植物でありますから 葉っぱのさきにはアリンコがからめとられて お食事中

まずは マテリアの滝に案内してもらいました。バスを降りると なんと!

この看板  ええもう 胸は高鳴り 期待で 倒れそう

が けろとも気配がない 夜行性だしねえ 朝だしねえ~

アカボシタツナミソウ 奄美大島とか南の島の固有種  大分のより波が優しい感じ

奄美大島だから リュウキュウヒメジャノメ ですよね

カエルが おらん  

ナメクジがいた ヤマナメクジの仲間かデカい  んん うんこしてる最中  もう〇ソッ ですわ

コメント