森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

「子育て支援」と「森の先生」コラボ 始まる!

2013年06月12日 | 子育て
子どもたちには 小さいころから 自然に親しんで欲しいっ!です。
「森の先生」は主に小学生が対象です。去年は高校にも出かけました。

でも もっと 小さい人たち そうです。幼稚園や保育園の子どもたちです。

今年度から始まった 大分県の「こども子育て支援課」と「農林水産部」の「森との共生推進室」の森の先生派遣が コラボしました。
名づけて 「大分県子育て自然体験促進事業」  お役所は名前が固いし、なげえなぁ

で、第1回目は 中津の子育て支援センターなずな で6月5日に開催。

まずは 子育てアドバイザーの安藤先生のお話から
 子どもが育つには 何故 自然体験が大切で必要なのか のお話を聞いて

外で体験活動。大分県シェアリングネイチャー協会代表 葛西さんがレクチャーします。

お母さん達は ネイチャーゲーム の「フィールドビンゴ」のカードをもらって自然探し

お母さん達 一生懸命 保育園の園庭を探しています。 全部見つけるわっ!

アッシも 捕まりそうになったぜぃ とブンブン虫 

最後にヤシャブシの木の下でまとめをしました。
              ヤシャブシの木があるなんてステキです。

  ウメエダシャクも何事かと覗いていました。
  ふふふ、おかあさんたち こんなにしっかりお庭の中を観察したのは初めてなのでは
  ないでしょうか。
  次回は子ども達と一緒に観察します。負けてはおれんのです。
コメント (2)