森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

キノコの観察会 その2

2015年06月30日 | 自然観察会
キノコの観察会報告 遊んでばかりでは なくて やはりきちんとしなくては
     ・・・キノコの会の方に申し訳ないので
 んで ちゃんとした 報告であります。

センターの周りに沢山生えている ニオイワチチタケ  この臭いわ カレーの臭い

いっぱい生えているので カレーの臭いがはんぱないです。  加齢臭ではない。

テングタケ も 生えてるよ。 毒です。

こんなに生えてます。 毒々しい? あんまり毒性は強くないそうです。

二つに割ってみました。ニセショウロではなくて ツチグリの仲間だそうです。
 ショウロは名前の通り(松露)松林にしかでませんので レアなのです。
 でもみんなが大好き「松露まんじゅう」の話で盛り上がってしまいました。
 このつちぐりの切り口 皮が薄くて こしあんたっぷりの 松露まんじゅうにそっくりなんですから。


これは ノボリリュウタケ  名前カッコイイです。

こちらは クロアシボソノボリリュウタケ  名前の通りです。 足細くていいねえ。


採集したキノコは みなで調べます。

これは チチタケ  赤いのに? 傷をつけると乳のような白い汁が出ます。

なかなか 名前が決まらなくて 難航したキノコ。 ヘビキノコモドキと書かれています。
 図鑑の写真はこのキノコと似てなくて  よく分かるなあと感心しました。  

 キノコの会のかたは皆熱心で遠くからおいでになる方もいらして 少し反省しています。 真面目に勉強しよう、、、。
 高尾山には タマゴタケも生えるそうです。勉強して 見つけようではないのっ
コメント

お昼

2015年06月29日 | 自然
梅雨は少し休みで 昨日今日といい天気です。 お昼を食べたら昼休みの散歩
高尾山では まだ昼ご飯の最中でした。

ヤマガラさん なんかいい物くわえてますね。 2羽で騒いでたので もしかしたらこれはおかあさんにもらった昼ご飯かもしれません。

おっきいので 足で押さえてもぐもぐ  望遠レンズなしで撮れました。

こちらはシモツケソウでお食事中の ベニシジミさん。雨が降ると食事に行けないので今のうちですね。
明日は天気予報では雨のようです。

しっかりお食事中なので カメラをうーんと近づけても 無視してお食事。 アップで撮れたよ。

お食事中の写真は失礼かもしれないけど 実は大好きです。 一所懸命食べてる姿って いいですよねえ。
生きてるって感じがいっぱい。  まあ自分が食べることが大好きだから と言ってそれまでなんだけど。


合歓の木の上の空  青 
コメント

キノコの観察会

2015年06月28日 | 自然観察会
今日は「大分きのこ会」の観察会が高尾山でありました。 んでセンターも使うので のぞき見して参りました。
なんてったって キノコの同定は難しい。 付いて歩くだけであります。
のっけからこのデカイの  キヌガサタケの仲間ということは分かるけど 初めて見たよ

アカダマキヌガサタケ というそうです。 採ってすぐは おしりは赤くなくて だんだん赤くなるそうです。

まずは支援センター横の芝生

毎年このシロソウメンタケがはえます。 同じ場所に

赤いのもはえます。(名前不明) 紅白でめでたいことです。

このように 仲の良いカップルも  って違う種類のキノコです。 ミックス生まれるかな。
降り続いた雨のおかげで 高尾山は あちこちに沢山キノコが生えてます。
んでも キノコの会の人たちは どこにでもあるキノコや どうも名前の分からないキノコには 目もくれません。
  どうしたって名前のない(?)分からない キノコは  「見なかったことにする」のだそうです。

 キノコの種類と 図鑑に掲載されている種類の数の違いは 掲載されて無い種類がむちゃくちゃ多いので
 私のようなモンには とーてい どーていできません。 
 でもキノコの会の皆さんは いろんな特徴から推測を熱心に話合われています。

んで そうゆう話の分からんやつは

おっ イグチに キセルガイがきてる とか
こういうことばかりです。

検討会に置かれたキノコになんか来よん  見てるとゆっくりだけど きっと注意を払いながら全速力なのでしょう

着いたぞ!  うまうま 


   
コメント

雨の湯布院

2015年06月27日 | 自然観察会
今日は降らないかと思ってたら(天気予報は曇りだったので) なんのなんの かなりの雨降り
でも もう観察会 行ったもんが勝ち  で湯布院のお山に行きました。

この時期といえば オカトラノオ しっぽの先 ピンとしてます  ここがポイント 大事なの  

それからウツボグサ  ここのはすごく色が深みがあってきれいです。 どこちゃいわんけど 藤色のよりいいなあと思います。

雨降りなので動くモンが少ないです。 カエルもおらん。

ヤブキリのガキ 幼体に会えました。 めん玉くるっとして 愛嬌あります。

それから初めての

フナバラソウ  シックですねえ。


イチヤクソウも 雨ン中 けなげに咲いていました。

お昼になったので解散となりましたが、しっかりお弁当は閉店したレストランのテーブルを借りて食べてきました。
ちゃんと人がいたので、貸してもらうことができたのですが、なんでいたのか 不思議です。湯布院の今日の謎だ。
コメント

でんでん ムシ

2015年06月26日 | 自然
雨降ると あんまり外にいかなくて つまらんなあと思うのですが
降っても 照っても 行けばいいじゃん  そのうち止むよ  (byかっぱ)
 てわけでもないのですが 雨降りにあそんでくれるシ    
       シとは大分弁で人のこと  用例 あんしもこんしも友だちじゃ→あの人もこの人も友だちです

友だちはこうやって見つける

食べられた痕 と ○○チ

ほらね 近くにいたよ  ちょっとお 私の子どもになに乗ってるんよお・・・いやたんなる通りすがりです

コベソマイマイかなあ 沢山います

でんで~ん 

むしむし かたつむりぃ


フンッ

あっ 無視された
コメント