森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

森にかよう道  内山節著

2015年10月30日 | 書籍紹介
森にかよう道

自分の仕事や(森林づくりボランティア支援センター運営) やっていること(日本自然保護協会 大分県自然観察連絡協議会 事務局)を通して
森と自分の関係をいつも考えていた。  しかし いかんせん脳みそが足らんで 考えは行きつ戻りつ
で、そんな私にとって パチンと電気がともった様でした。
私は30歳過ぎるまで 森や自然とはかけ離れた場所にいて かけ離れた仕事をしていた。
大分に来てから ぐぐっと森に近づいた。 でも森に住んでいるわけでもないし 森にはかよう のだ。

内山氏の書かれている 「木の文化」と「森の文化」の違い
今になってボロクソに言われ出した 大造林計画 は何故なされたのか 批判する人は多いけど根本に触れる本は少ない
森と人との生活の関係が どうあるといいのか  自然保護をどうするのかにもつながります。
私には 明快に電気が灯ったように書かれている様な気がしました。

森との距離が遠い人は よく分からないので  好き勝手言うし
一番近くにいる人たちは 前ほど沢山いなくなってしまった。そして言わない。 
林業という仕事ができると、林業で食えなくなってくることも起こる。そして 林業をやる人がいなくなる。
森で生活をするのと 林業で食っていくのは違うといことが分かった。
その上で 森 とはなんだろう。

遠くからかよう あしげくかよう でも森の中で生きている訳ではない(ほとんどがこういう人達だと思う)が
森について考える 絶好の本だと思う。

余談
内山氏は「NPO法人森づくりフォーラム」の代表でもあります。
先日アンケートがここから来ました。さっそく返答しましたら翌日回答感謝のメールが来ました。
すごっ いろいろアンケート書いたけどこんなに早く来たの初めてです。(来ないところもある)

 で、まあ森を見てこよう。 赤谷に行って来ます。
コメント

通信4コママンガ どんぐり君 110 

2015年10月23日 | 通信4コママンガ
10月が終わりつつあります。流星群も見ないまま、、。  我が家の周りは明るすぎるのよね~ 山まで行かんと。
で、どんぐり君です。


今度の土・日曜日に別府で 農林業祭があります。 で森との共生推進室のブースで 森林ボランティアの紹介などもします。
もりりんの塗り絵もします。 もりりんは今ミラノにいっているので 今回はいません。
で、その時に塗り絵をしてくれた子ども達にどんぐりコマ進呈予定です。

が今年の高尾山自然公園は どんぐりがほとんど落ちてません。 イノシシがせっせと食べています。
幼稚園の遠足で ため息が聞こえます。 保育士さんたちはほとんど怒

で、どんぐりコマ用のどんぐりがなくて困っていたのですが、、 ある有力なコネから大量に入手。
あるところには あるモンですねえ。 どこからかは内緒です。
コメント

秋の山歩き

2015年10月18日 | 自然
山に行きました。 もちろん低い山。登山ではありませぬ。 でれでれ歩くの好き。

そろそろ色づき始めた草紅葉  ヤナギタデの葉っぱを少しかじりながらぼちぼち歩きます。  辛~~

かわいいアケボノソウ こんにちは。 

あ、まだ開いていないのね。 

いやいや 一度開いたのを また閉じたのでしょう。  雄しべはみ出してるよっ! いいのか? はみ出し野郎だね。

この美しい真っ白の衣装のサラシナショウマ

でも 舞台が終わると あ~しんど 脱いじゃえ

てな感じ?  

こちらの可憐なかたは

ジンジソウ

お顔に真っ赤なほっぺがついてて 愛嬌のある顔ですね。

こちらの楚々とした方は レイジンソウ  トリカブトの仲間ですので 毒をお持ちです。

 秋が深まる前の 涼やかな時期。 いいですね。ゆっくり秋は深まってくれるといいのに。
コメント

サイエンス・カフェ 大分の昆虫

2015年10月17日 | サイエンス・カフェ
10月のサイエンス・カフェは 大分昆虫同好会の三宅武先生をお迎えしました。

先生からは事前にパワポの資料を頂いているので 上映しながらのお話です。

日本には 30目 3万種も 種類がいるとか。 おーいですねえ。 大分県にいるカエルは 9種類ですわっ
で、大分県の昆虫史から始まって 地域別の昆虫たちの紹介
三宅先生は自らを「虫屋」と言われる。 虫屋のなかでも分かれていて チョウ屋 カメムシ屋 トンボ屋 それがさらに細かく、、、。 

地形やその場所にある動植物や 水や 人の生活によって 住む昆虫たちが違います。
 塩田にいるものも。

 空間と時間 気象条件 さまざまな要素で虫たちは変化します。
 大分にしかいない昆虫を見つけた話  何十年ぶりかで再確認された虫 
・・・・ここら辺の話からだんだんノってきて・・・ センセ 時間オーバー でも面白くて楽しくて引き込まれる話です。

  ついには 宇宙の話 四次元の話  哲学のようなお話 まで 広がってきました。


お茶を頂きながら 次々に 質問にお答えしてくださいます。

 チョウは1頭 2頭 と数えるけど 他の昆虫も皆 こう数えるそうです。 知らんかった。

 物によって数え方が違うのは日本ぐらいなので 外国ではみな 同じ数え方だそうです。
 え~ 人も? 一人でなくて 1頭?  馬みたい  1匹? ブタじゃねえ

 1mmにも満たない小さな虫から 宇宙がみえる 生き物の始まりがわかる  

 サイエンス・カフェ堪能しました。   三宅先生ありがとうございます。
コメント

雑草が面白い ーその名前の覚え方ー 盛口 満著

2015年10月15日 | 書籍紹介
ゲッチョ先生の最新本。 雑草って聞くと 雑草って名前の草はありませんよ って少しムッとする方もいらっしゃるようで

でもこの本を読んだら ふふふと思うかも。

なにをもって雑草と呼ぶのかは人それぞれ でもヒトのちかくに生えて あまり役に立たなくて 田んぼなどに生えると邪魔なもの、、?
で、イネ科とかキク科が多いのよねえ

 そうです 悪い子はいねがぁ~ の「いねか」ですよ。
イネ科といえば ヒエとかアワ これはイネが大陸から渡ってくる前は 主食として食べられていた。 でもお米来たら こっちの方が
だんぜん美味しいので 食べなくなって  田んぼにこそっと生えると この雑草がっ って抜かれて ひどくない?

イネ科はほんとに分かりづらくて モニ1000の植生調査で 見なかったことにしたのがいくつかあるのだ。 ごめんなさい。
で、この本を読んで 雑草のイネ科の植物の名前が ガンガン覚えられたか というとソウでもなくて、、。

 イネ科も毛嫌いせずに しっかり見ようと思いました。 本の中に掲載されている ゲッチョ先生のイラストもきれいで楽しめます。
ところで下判田里山観察会 私も分かるイネ科

エノコログサです。観察会で結んで ウサギさんを作ると子ども達は喜んでくれます。

こちらはキンエノコロ   すごい種が熟しているでしょ  一つ皮をむいて食べてみました。 小さいけど穀物の味がしました。
ゲッチョ先生の著作に「ネコジャラシのポップコーン」というのがありまして エノコログサの実を炒って食べるくだりがありました。
で、食べて見ようと思ったのです。 なかなかいけるけど 何せ小さい。お茶碗一杯集めると思うと気が遠くなる。

 すずめ あんたが食べなさいよ といっても スズメもお米の味をしめて お米をせっせと食べてます。 私より先に新米たべてからにっ
コメント