森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

田尻小学校のまわり

2019年06月22日 | 自然

田尻小学校の3年生と学校の側を流れている蕨川で観察会があるので下見です。

この季節といえば デンデンムシ はーちゃんの手の上で ツノも目玉も出しています。 居心地がいいのでしょう。 ウスカワマイマイさん

田んぼには アマガエルのオタマジャクシ 写真にきちんと写らなかったのですがこの田んぼには

緑の小さなミジンコがうじゃうじゃ泳いでいるのです。 なんか食べ放題 時間制限なし!です。

こちらは川にいたオタマジャクシ  多分カジカガエルだと思うけど 川にはツチガエルもいるし、、いまだに分からん

クワの実も熟れているけど ほんの少しだけ  3年生みんなの分は無いなあ と言いつつ少し味見

イヌビワの葉の上には イシガケチョウ 毎年この時期いるはずなんだけどなかなか見つけにくいのです。 オッティが見つけてくれました

こんなのもいたよ トゲヒゲトラカミキリ  多分ね カミキリムシも種類が多いのだ

さて この写真 畑にある 竹にしなうようにたくさんスズメがとまって まあやかましい

こんしらは 左にあるビワの木の実を食べては ここで一休み。 小腹がすいたらまたビワに行って食す

というのを じゅっつじゅっつ鳴きながらくりかえしているのです。 甘いもん嬉しいねえ  今日はスイーツ祭りだぜ

コメント

植物研で九重まで

2019年06月17日 | 自然

植物研究会で 九重まで

霧が出てたけど サクサク歩きます   リフト乗せてくれ~

お目当てのオオヤマレンゲ  まだ開いてなくて  角隠しみたいね

実は 本当の目的は この植物を探すことでした。ホソバツルツゲ 希少なのであるかどうか確認です。

地下足袋の素敵なNさんが見つけました。 で、絶滅してないことを確認。 なかなか見つからなかったのですが 岩場の回り 探すことしばし、、さすがであります。

それから 岸をうつして 湿原の方へ

タケカレハの幼虫がででんと  しょくぶつけんのヒトは目もくれないのよ こんなにきれいなのに

イブキトラノオ 可愛いね

イボタノキ 花が咲いてます

花の上に隠れるように なんかの幼虫  イボタノキだから イボタガとかゆうヒトがおりましたが もちろんジョーダンです 似ても似つかん

といっても この透け感のあるイモムシさんが 誰かは 分からなかった ミヤマセセリかなあ

湿原のじょうもんさん  トキソウ

え~らしい ヒメアギスミレ  スリムで背が高いのよ 

たくさんの花たちに会えてなんだかすごくうれしくて  長者原のソフトクリームを食べて帰りました。

コメント

木花咲や

2019年06月13日 | 自然

梅雨入りが遅いようで このすきに お出かけ

長者原です。 花の端境期かなと思ったけど なんの いつでも待ってくれている君がいる  なんちて

チゴユリが花盛りでした  小さい花なんですが 実は たくさん咲いているのに気が付きました

シオデも  やはりここは花の時期が遅いので 見逃した花に会いに行くのはいいかも

遊歩道に

結局名前がはっきりしなかった 花が 何種類か咲いてます  木花 このはな 咲くや でよいではないかと姫もゆうておる

水場では いろんな鳥たちがさえずって やかましくらい  まあ繁殖の時期ですから

ミヤマキリシマを遠目に見ての帰り道

満開のエゴノキが 道沿いに何本も  植えたのかなあ にしても今頃満開なのね

ホウノキも 崖の下に咲いていたので なんと 上から写真が撮れました  ほう~  と言ってね

終わりごろ お色直し  このドレスも素敵よね

テレテレ走っていると くじゅうの自然を守る会のAさんに会いました。ご挨拶して お気をつけてお帰り下さいと

交通事故に会わないように  起こさないように  この兎は交通事故かどうかは分かりませんが 気をつけましょうね

コメント

上野の森の調査

2019年06月11日 | 自然

生物談話会の皆さんとウ上野の森の調査。 「森」の調査なので 樹木調査 ではないのだ。

だから 全部の植物を(草とかさ)見ていいんだよ

上野の森といっても広ろうござんす 特徴のある場所を何カ所か 区切って調査 

鉄塔の側の 広葉樹の生えている場所を 20m×20mの四角で区切って 高木・亜高木・低木・草本と調べます

そんでも 途中で名前がよく分からない草に引っかかったりすると そこで止まって なかなか進まない

ヨモギに似て ヨモギのような匂いもするのだけど この葉の形では なんでしょう というのは置いといて

木を調べたら 草もリストアップします。 ササクサ 草くさ

モリチャバネゴキブリ立が 何ごとかと地面をはい回る。 黒くて小さい方が幼虫。 親子でお出かけ

キマワリも 見つけたYセンセが 雄と雌だとおっしゃる。 

よく区別がつきますねえといったら 番っていたのだそうで  いけずですわ

午後からは アラカシ林の暗い森を調査 地図上の場所 傾斜地であれば 角度 優占種 その割合

数字に置き換えて記入していきます。 こういう文字と数字を見ただけで分かるシトは 頭のなかに森の様子が浮かぶのだろうか

きちんと記録しても 時間や季節によって数字は変わるし なんか大変やなあと思いました。

キアシドクガもぐったり

帰り道でトキワシノブ(教えてもらった) 発見!

根っこは触ると固いのですが 毛のようなものに覆われて ヤギの足 似てない?

モフモフの根っこ(?) なんか癒されましたわ

コメント

陣屋の村 様子伺い

2019年05月22日 | 自然

雨がたくさん降って あの子たちはどうしているかしら と思うと気になってね

陣屋の村まで 様子伺い 実はウラシマソウにも会いたいなと思ってたけど 出遅れまして花は終わってまして

イガイガがポン  キツネノボタン おいしそ  食べてはいけませんが金平糖みたいよね

エゴの花も終わりかけ なんだけど 中でぐうぐうハナムグリ  寝てんだよねえ 動かないもん

コウゾの花が咲いてました。 寝起きですか? もじゃもじゃ

ウシハコベも 頭がもじゃもじゃ 雌しべが5本 ハコベは2本ぐらいだから 牛はもじゃ

ついでにこれも もじゃ

イノデのソーラスです。 ねえ ソーラスにも毛が生えてます。イノデすごい

大雨でどうなってるかと心配してたけど 保護池には少しだけど オタマジャクシとオオイタサンショウウオがおりました。

他の連中は 上陸したんだよね。流されてないよね。 池にはアカハライモリがやってきて準備中でした。

もう池は 夏に向かってるんだなあ (その前に梅雨があって 池やら積んだばかりの石垣やら壊れないといいんだけど)

夏に 向かってモリモリ大きくなるわさと フクラスズメ まだ色白なの こんくらいはえーらし

ジュウシチホシハナムグリがおりまして ここで初めて会いました 点々17もあるの?

も 帰ろかなと思って上を見ると

空には彩雲が出ていました。  みんな 見た?

 

コメント