森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

森林ボランティア活動  大野川樹林帯整備

2017年02月26日 | 森林ボランティア
大分市を流れる大野川。 10年ほど前に河川保護のため植樹をしました。 で大きく育ちまして

昨年の5月はこんな様子。 で整備をすることになりました。

あらかじめ 除伐をしたことと 冬で落葉していることで ずいぶん感じが違います。
下枝を払って 散歩もできるような場所にします。
参加者は16名。なんとその中には 10年前に植樹に参加した方も来てくださいました。
どこら辺で どの木を植えたかもう全然覚えてないそうです。 当時小学生だったそうです。でも植えた木を手入れできて楽しそうでしたよ。

枝打ちは冬に限ります。 葉っぱないし 蚊や蜂こないし。

天気は上々 風もなくて とても気持ちのいい日です。 土手に座って一休みしながら 林を見ているところです。
少ない人数ですが結構進んできれいになって 仕掛け人の大分市さんも ニコニコでした。
コメント

カエルな日々 その2 ヤマアカガエル

2017年02月25日 | カエル
しつこく カエル ヤマアカさんです。 ちょっと曇って雨でも降りそうな天気はカエル日和
霊山の池では

あっちでも

こっちでも ラブラブだよ
新しい卵塊もあって 産卵の3回目の山のようです。 霊山のヤマアカガエルの産卵数は毎年数え切れないのです。

どこにも アブレモンはおりまして

ねっ オレどうよ いけてる? 相手カエルのもいいと思うよ。  さかんにアピールはしてはおるんですが

下判田もモニ1000調査でいきまする。  今日はA・B・C地点 新しい産卵はありませんでした。 産卵なくても、調査です。
で、トボトボ帰っていると 立小野川にドザエモン。

なんでまた 川に、、  まあ 生きていりゃ 一回はこんなこともあるよね。
コメント

カエルな日々  ヒキガエル

2017年02月24日 | カエル
自然観察指導員のオッティから 西寒田神社の上の池にヒキガエルの産卵ありとの情報
ではでは 行ってみた

この おどろおどろしい紐状のものが卵です。

ところてん 卵入り風
アカガエルと同じ時期に産卵があるのだけど これは何匹が産んだか数えられないなあ
帰り道藤棚の枝に

ヌマガエルのはやにえ   モズか誰か知らんけど 責任もって食べなさいよっ  ヌマさん浮かばれんわっ

で県民の森のTさんからも ヒキガエルの卵情報

この安友庭園の池  アオサギが鯉を狙うので テグスが張ってあります。  アオサギには、なんてことないらしいけど。

で、投げ込まれたスギの枝に 産卵
本当は この池のコイに食べられないように スギの枝を投げ込んだそうですが その上にもまた産卵したらしいです。

池のなかには 2~3匹 成体がおるではないか  泳ぎ回るコイに混ざって 動いたりしている。
おまけに このヒキガエル 背中線があるではないかっ

とにかく この卵がオタマジャクシにかえったら つぎつぎにコイに食べられてしまいます。
さっそく 日野センセに電話で相談。 卵は近くにあるもう一つの池に移動しようということになりました。えらいこっちゃ
コメント

どんぐり君 No,126

2017年02月23日 | 通信4コママンガ
2月ももう終わり。なかなか暖かくなりませんねえ。 ツクシ摘みに行きたいわん。

さて 先月 乾燥でひびの入ったどんぐり君 部長の機転のおかげで 穴あきで済みました。

で、どうも調子がいいのです。 
でも周りには よろしくなくて 穴は埋められるでしょう。

ところで 砥の粉とか 最近は使わないのかな?
私の子供のころは 大工さんが仕上げに粘土みたいなもの(砥の粉)をなすりつけて ふき取る ということを
していました。 今はニスとかワックスとか 塗って終わりなのかなあ。

コメント

森林ボランティア活動  湯ノ見岳愛育会

2017年02月22日 | 森林ボランティア
日曜日は 日田の「湯ノ見岳愛育会」の森林ボランティア活動に参加しました。
福岡在住の上野さんが主催のこの会は 日田 天ヶ瀬周辺に3ヶ所のフィールドがあります。
今日は 湯ノ見岳です。

雪はないので安心して 登っていたら 山道の崖がしゃらしゃら
これ 霜柱です。 パラパラ山道に落ちてきています。 ついでに石も落ちてきて

みなで どかして道路を確保。
山頂は 長年手入れをしてきたのできれいな広場です。(夏になると草が茂ってすごいそうですが)

今日はとてもいい天気で 阿蘇のお山も見えます。

で、草刈り開始。

もうあまり草もないのですが 懇切丁寧が湯ノ見岳愛育会の モットーです。
山頂の枯れた松を片づける 上野さん。

この付近のマツは日当たりがいいのに枯れているのが多いのです。  東側斜面のマツは元気です。 なぜだろう。
そしてここも

シカによる食害が 発生しています。足元もシカの糞だらけです。
皮剥ぎやツノ砥ぎによって枯れたとみられる木も結構あり 今後はシカ対策も必要になるでしょう。

この後 温泉に入って汗を流し、上野さんの別宅でおご馳走をよばれて帰りました。みなさま 湯ノ見岳愛育会の活動は温泉付きですよ。
毎月第3日曜日です。 ぜひ おいでませ。
コメント