森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

タデ原湿原

2016年07月31日 | 自然
あんまり暑いと 涼しい山に行かなくては ということで タデ原湿原までお出かけ

この時期は次から次に 花たちが咲いて 毎週でも会いに行きたいものです。

タデ原といえば この方
ようよう色づき始めて お盆を待ってます。 盆花って言われている ヒゴタイ

リョウブの花が真っ盛りでした。素敵なので アップです。

雄しべの色が変わるんですかねえ。

チダケサシもあちこちに咲いてます。

可愛いので アップ 

お忙し中の二人 これは名前がわからなかった ご存知の方 教えてください。

サワギキョウも 見ごろ 面白い形なので アップ

マルハナバチさんが もぐりこんで 蜜を吸ってます。  このハチさんは 到底無理やろと思うような小さな花にも もぐりこみますねえ。
そのかいあってか 足にもしっかり 戦利品をつけてます。 
 名残の ヒメユリ ノハナショウブ オカトラノオ  今が真っ盛りの シモツケソウ クサレダマ キスゲ ハンカイソウ
 これから ヒゴタイ などなど ハチやチョウたちは大忙しですねえ。
コメント (2)

どんぐり君 No,119

2016年07月26日 | 通信4コママンガ
暑い日が続きますが お元気ですか?
涼しい室内でごろごろ なんて うらやましい ではなくて
外に行きましょう。 ○モン GO の人とぶつかっても! 

世間的には

 川の日(7月7日) 海の日(7月第3月曜日) 山の日(8月11日)とあって

 じつは 温泉の日もあるのです。 9月9日 九重の人が決めたらしい。 九重九湯 とかで
で、今大分県が実施している スタンプラリーに参加すると (2カ所以上)
トートバッグが もらえるのです。 で、それにタオルや着替えを入れて温泉に行きましょう。

なんて CMですが 私どもの下判田里山観察会も ラリー参加の新しい方が見えて 嬉しい日々なのだ。

  熱中症に気をつけて お出かけください。
コメント

湯布院の森

2016年07月23日 | 自然
湯布院の九州林産の森で観察会をするので 下見です。 観察会専用の遊歩道があるのです。
遊歩道には 木材のチップが敷き詰めて有りとても歩きやすくなってます。

森の中は涼しくて いい気持。

トチバニンジンの実が花火のように開いてついています。線香花火を思い出しますねえ。  今年まだ花火してないぞ。
でっ この方

前回 ミズタマソウと書いていましたが 間違いです。 「タニタデ」です。 ごめんなさい。 ほんとにもう、、。
林をぬけると フジバカマの花がたくさん咲いていて 何頭もアサギマダラが来ていました。

木道の上では ノコギリカミキリ(?)が 忙しい最中でした。邪魔してごめんね。

川沿いには

キツネノカミソリ です。猪ノ瀬戸のオオキツネノカミソリと比べると こっちのほうが 可憐かな。
湯布院の森は静かで涼しくて 一日中浸っていたい所でした。
コメント

くえんひらやま 登山

2016年07月20日 | 自然
日曜日は植物研究会の定例観察会で くえんひらやまに登りました。

このような字を書きます。 崩える は くずれる と読んで くえる は方言だと思っていたがそうでもないらしい。
で、雨の中を歩きます。

ヤマジオウの小さな可愛い花。

こちらは バライチゴの花。 バライチゴはとても美味しいのだそうです。食べてみたいねえ。

ミズタマソウ 小さくて撮るのが大変。 でも えーらし

マユタテアカネも のぞきにきます。
ここらへんから いろんなモンが登場して

ヒキガエルさんとか

タゴガエルさん まあ あい変わらずぽっちゃりねえ。   あんたに言われたくないわっ

タマゴタケは 見つかったらスープにされてしまうと思ったかして 大急ぎで傘を開いたようです。 今度は食べてやるぞ。
やっとこ 頂上に着きました。

各種 TVや電波の塔が立っています。 雨もやんで きれいな青空。
電波塔の回りはフェンスで囲ってあって その奥に

クサレダマの花が咲いていました。 フェンスは2重になっていてさすがのわたくしも乗り越えられなかったのだよ。(てか 乗り越えたらいかんです)
で。フェンス越しの花。
頂上は草原で アソノコギリソウやイヨフウロも咲いて気持ちのいい所でした。
長靴で登ったので さすがに疲れまして 下山して駐車場の横のお店でソフトクリームを食べて帰りました。  毎日休みでお山に行けたらいいのになあ。
コメント

海辺で遊ぶ

2016年07月19日 | 自然
海辺の花しらべといいつつ 出てくる「動くもん」には 目が離せません。

最初にでてきたのはアカテガニ。 そろそろ大潮 産卵の時期ですねえ。 捕まえられて暴れています。
葦原には

何だか 砂を盛り上げて 火の見櫓?

穴という穴には カニがのぞいています。

アシハラガニ ですよ。
アシに登ったまま 降りれなくなったのかな いろいろいて 区別の分からん ヘナタリさんたち

ぴょんと飛んで

トビハゼ  とびーです。

砂の上も水の上も ぴょいん ぴょいん
もうここで一日が過ぎてしまいそうな 楽しいところです。

海は ずうっと向こうまで 引いて 

何やら楽しそうな 親子ずれ  海はいいね
コメント