森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

素敵な 観察路

2013年10月25日 | 自然
日田で観察会を行うので 下見に行きました。日田には いろんなところに素敵なお山があります。ドキドキ

ちょっと道を外れると こんな案内が立っています。これはもう行かなくては。
中は鬱蒼として 手入れがされていません。 近頃は使われてないのでしょう。
近所の小学校が 廃校になったからでしょうか? 子供たちをつれてくるのに いいところです。

キノコもどっちゃり はえとるし。 フクロツチガキ きれいな色してすましてます。

(ヤマナメクジにとっては)うまそうなキノコ。これ食べにきたんやろ。 ・・・無言

森の中には いろんな木が生えていて それに樹木札がついてます。 あの市販のお高いやつではなくて オリジナル

なんてったって 説明の文章がいいのです。そして日田ではというと ああそうなんだって 納得しますよね。

これいいでしょ。私も昔は子どもだったので 大好きです。

んで、楽しんで帰ったかと思えば しっかりイケナイコトもしてきました。
なんというか イジメですな。

このかわゆい クロメンガタスズメのチビちゃんを あたりまわして

  いやーん やめてよ
あー もう おしっこチビってます。

 いやあ、おしっこかなんかわからないけど どんどん出してくるのでびっくりしました。
 凄いストレスだったんでしょうね。 ごめんなさいです。  たまたまイモムシマニアが2人もいたのが運が悪かった。
 あとで ちゃんともといた キリの木に返しましたが かなり動きませんでした。  顔がゾウアザラシとか言ってごめんね。

んで、 最後にこの看板を見て

マムシの顔は怖いけど 体の模様の絵が間違っていると 悪態をついて帰りました。
              えらい 迷惑な話や
コメント

ひめしまぁ~の七不思議

2013年10月24日 | 自然
姫島報告 その2 であります。 姫島には ちゃんとした七不思議が あるのですが  んなもんはパンフレットを見ればよろしい。

で、てけてけ七不思議
一つ目


唐草模様の入った地層です。 上下の層から地震などで押さえつけられると 中の柔らかい地層にこんな模様ができるそうです。
面白いですねえ。

次 二つ目

アケボノゾウの足跡の化石  だそうで ホントかなあ 不思議だ

3っつ目

ヤマナメクジが 足跡化石の近所に  いかんでしょう  ここは海岸なのです。
満ちてくれば 塩水をかぶります。 なんでこんなところに?

さあ ここから 怪しくなるぞ

灯台の周りは きちんと手入れされた松が植わっています。 その松の あちこちに ぶらーん ブラーンと
てるてる坊主が、、。 布で出来ているので 雨ぐらいでは落ちません。  なんじゃろか
 実はこれの中には マツにくる虫よけの薬が入っているそうで 触ってはイケマセンなのだ。 持ち帰ってもイケマセン。

ナメクジとくれば でんでん虫

ここのは 線が2本なので なんだろか。  名前がわからないので 載せてみた。

さて これはなんだ

裏側


みんなで なんだろうかと話しましたが わかりませんでした。 何かの生き物のエラの部分ではないか ということで
生ぐさいので そのまま海岸においてきました。  分かる人 教えてね。

ということで ありゃ 6つしかない。まあ 7つめは 雨が降らなかったことかな。天気予報は絶望的だったのに。
楽しい姫島研修でありました。 浜でひろったニナも宿でゆがいてもらって食べてきました。 よかった良かったです。
コメント (2)

支援センター通信 11月号 4コママンガ

2013年10月23日 | 通信4コママンガ
今年は台風が 大盤振る舞いでやってきます。それも連れ立ったりして  もうー です。
今日予定していた 高校の自然観察会も順延です。
で、机にへばりついてお仕事です。  


台風で あちこち崩れて おっきな木も根こそぎひっくり返ったりしています。
昔は 炊きもんぐらいには使えたのに 今では ゴミです。そしてゴミの片付けということになります。
昨日まで 立っていた木が 次の日からゴミだなんて つらいね。

今週の土日に 別府公園で 大分県農林業祭があります。
もりりんも来るから みんなも来てね。
コメント

大分県自然観察連絡協議会 研修 in 姫島

2013年10月22日 | 自然観察会
今回10月19日~20日に 大分県自然観察連絡協議会で 姫島研修を行いました。 
1日目はジオパーク研修、これはとても勉強になり、案内してくださった姫島役場のNさんのお話は興味深いものでした。

が とりあえず姫島の10月といえば アサギマダラでしょう。 で2日めはアサギマダラです。朝降っていた雨も現地に着くと止み、
飛び交っています。 やたっ

飛び回っているところを撮りたいのですが いかんせんピントが合わない。
で、フジバカマの花にとまって蜜を吸い出すと 羽を閉じてしまうのです。
でも何頭も飛んでいると それだけで嬉しくなります。

みんな 写真撮りに夢中です。

真剣な Sさん。いいの撮れたかな。
で、この花畑を管理してくださっている会の方もいらして いろいろ教えて頂きました。

こちらが メスです。

こちらが オス。 黄色い矢印の所が黒くなっています。 ここに自分の匂いをつけて メスを呼ぶそうです。
ここのアサギマダラはなぜか オスの方が断然多いのだそうです。(他の場所では5:5)

遠くから来たのでしょうか。羽がボロボロになっているのもいます。

マーキングされたチョウも何頭か飛んでいました。
裏側に書くので こうして見ると鏡文字になっていますが、カタカナのヒメが 姫島のことです。
ここから沖縄まで飛んでいくのでしょう。すごいねえ。
遠くは 北海道から沖縄まで渡りのルートがあります。
このルート上であれば フジバカマやヒヨドリバナなどアサギマダラの好きな花をそこそこ植えていれば
寄ってくれる可能性があります。
 今回研修に参加したメンバーの何人かが 何かを決意した顔で帰ったのは云うまでもありません。
コメント (2)

そ、それも食べる?

2013年10月16日 | 日記
送れれてきた冊子を ぼんやり見てたら ジビエ特集とか、、。

フムフム 鹿とか猪とか オサレなレストランで なにやら 高そうな料理が、、

ん、ツキノワグマ? ほうほう 次をめくると

アライグマですよっ!  食べるのか? えっと特定外来だよねコレ どうしたらレストランまでいくのだろう?

まあ いいけど、、  いいのか?

それよりこれは面白かったです。

最近の細菌の話。

 自然界にないもの(農薬とか)をたべるヤツとか
 ピロリ菌は(人間に)悪いことばかりしてるわけではないとか

 そして イヌイットの発酵料理 キビヤック
 アマツバメをアザラシのおなかに入れて 土の中に埋めて重しをして数ヶ月 取り出してたべるというもの

 ところ変われば いろんな食べ物があるもんですねえ。

ところで細菌にはメモリーカードのように記憶メディアとして使う方法も開発されているとか。
食べられるばかりではないってことでしょうか。

 もうこうなったら 今夜の晩ご飯は 納豆食うぞ。
コメント