森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

陣屋の村 報告

2015年01月31日 | 自然
雪が降りそうかも  でも陣屋の村でみんなが待っているので お出かけ
ここ数年 オオイタサンショウウオの川への産卵はめっきり減っています。
上流の方に産卵がいくつかある程度です。 下流は魚に食べられているのかもしれません。
保護池には 11対 これも去年より少なめ 
で、保護池の土手にあろうことか
   (この写真 なんだかぐろいばっかりだねえ。見る人(?)がみたら「ややっ大変」となるはずなんですが)

オオイタサンショウウオの卵が打ち上げられています。 こんなことをするのは誰だ?
たぶん人ではないでしょう。 人でなし となると 鳥か猪か、、
卵の横に白い水の後 鳥の糞のようです。 となると あのアホサギ アオサギですかねえ。
池の側にいるのを見たことがあります。 
食べずに 陸にあげているだけというのが 気になります。 遊びでやったのか 食べようと思ってやめたのか、、。
とりあえず 池に戻して、、、。

ヤマアカガエルの産卵はあまり増えていませんでした。
下判田里山観察会では 猪の掘った水たまりには 蛙の産卵はないので イノシシの臭いがイヤなのかと
思っていたのですが

ここでは ぜ~んぜん 気にしないようです。

ギンリョウソウモドキの花のあと。 もう待って待って 待ちくたびれましたわ

よくいらっしゃいましたと おいで おいでの

マメヅタさん にこにこと近づくと胞子をべっちゃっと 付けられる かも

 そろそろ雪が落ちてきそうなので帰ります。 明日は下判田でカエルさんに会おう
コメント

支援センター通信 2月号4コママンガ

2015年01月26日 | 通信4コママンガ
もう 1ヶ月がたってしまった。 年の初めにたてた 一年の計は どこへやら、、

ドングリ君 2月号  寒い時期は温泉ですね。 でものぼせないように ね。


 あ~~ 温泉行きたいなあ
コメント

ただいま産卵中 陣屋の村

2015年01月25日 | 自然
今がピークなのか どこ行っても(カエルとオオイタサンショウウオのいるような水辺にしか行かない)
オオイタサンショウウオは 大忙しのようです。
ここ陣屋の村でも 産卵中です。

産卵された卵の周りに オオイタサンショウウオが集まっています。
オスは あごの下 えらが張っていてごっつい感じです。

その中の1匹が 枝にしがみついて 産卵を始めました。 あなたはおかーさんだったのね。メスはなんとなく優しい感じです。

お腹の下あたりから 生まれたての卵袋が2本出ています。 がんばっているのだ。

で、これに精子をかけなくては おとーさんになれないってんで 周りでうろうろ

たまたまをふくらませて 待っております。  矢印→の先を見て下さい。
で、

で周りで おとーさん予備軍のオス達が ぐるぐるして 産卵は終わりました。

 見てる方も 力んでしまったわ。

クサギの冬芽がふぁいと お疲れ様って 手を挙げていました。
コメント

下判田里山 モニ1000の調査

2015年01月24日 | モニ1000
土曜日だけど 早起きして 下判田にモニ1000調査に行きました。 寒い

霜から水蒸気がでている ブルブル これがほんとの 霜判田 とは一人ごちて

産卵池に行くA-1地点 前回 3個だったところに 5個の卵塊  なので +2個と記録
新しく産まれた数だけをカウント  でも卵塊が増えてくるとだんだん分からなくなってくる で前回取った写真とにらめっこ
にしても 今回 オオイタサンショウウオの産卵がありません。 いつもならもうあってもよいころ。
B地点は産卵無し。 寒いし氷張ってるし、、その溝の中に

おとーさん 一人で 待ってます。 なんか指先が凍えているようで たいへんやなあ
その横には

タヌキの足跡 こりゃ図鑑のようにきれいにつけてます。
帰り道 梅の枝に

モズ子さん メスのモズは優しい感じで 好きです。 オスってねえうるさいし、、。
向かいの木にも誰か

こっちを向いてくれたら チョウゲンボウでした。
前回の下判田里山観察会にも 顔を見せてくれた。
もそっと近くで見ようとしたら

飛んでいってしまいました。  フクロウのなかまはふわっと飛ぶんですねえ。
コメント

サイエンス・カフェ 8 石の話

2015年01月22日 | 講演会
今年度最後のサイエンス・カフェは 石の話。 生物談話会の柳本センセにお願いしました。
会場の支援センターに前日から持ち込まれた 石 鉱石 化石!

中央のテーブルにも いろんな石が用意され 講座が始まります。

うんと 難しい話もありましたが  (ここはさらっと流す)


なんていうか 皆の目は 石に釘付け

この美しい花のような 石灰の結晶 砂漠のバラ

あれこれ熱心に説明してくださいます。 ほんと石が好きなんだなあ と。
センセにかかると 動かぬ石も おしゃべりで 時間を一気に超えて 現れるかのようです。


 私は ただただ ほおぅ~~  はあぁ~~ と聞いているばかりです。
で、 アンモナイト

わあ いいなあ

ササイシ
 この美しいササイシは 七瀬川でとれたもの

 アンモナイトの化石は 霊山やら豊後大野でも見つかるとの話。

 で、化石拾いツアーを組んで みなで化石を見つけに行こうと言う話が持ち上がりました。
 (ほとんど小学生の発想)よし みんなで 化石ほりに行こうぜい!

カフェが終わってからも あちこちで 参加者に捕まって なかなか帰る用意のできなかった柳本先生でした。

  ありがとうございました。
コメント