toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

沖縄の手踊り

2007-09-29 02:06:29 | 山吹の里では
先日の山吹のコンサートでは
沖縄の手踊りを教えてもらった。

8月はハワイアンの振り、
9月は沖縄の手踊りと、少しずつ教えてもらって
そういうことも楽しい。

エイサーかりゆし会のみなさん、
どの方もが、笑顔がよかった。
覚えに、当日の曲目を書いておく。

南嶽節
仲順流り
トウタンカーニー
安里屋ユンタ
肝がなさ節
しんかぬ達
海ヤカラー
カタミ節
唐船ドーイ





コメント (5)

芸術の秋3

2007-09-27 22:01:10 | 日常のあれこれ
今度は、レオさんの写真と絵でいきます。
って、勝手に使わせてもらってます。

美術館の月見。



美術館の逃避。



美術館の葡萄。
どれも大きいので、見応えありますね。


芸術の秋3! クリック!
コメント (4)

芸術の秋2

2007-09-27 12:13:29 | 日常のあれこれ
面白くて、また作っちゃいました。
モノクロになって、渋い男に見えるでしょ!

マイミクのひでのりさんです。
お芝居やってます。

風景もいいけど、やっぱり人の顔が
迫力ありますね。
このソフト。


芸術の秋2! クリック!
コメント (4)

芸術の秋

2007-09-26 21:40:58 | 日常のあれこれ
tamakitiさんのところで紹介していたサイト。

芸術の秋に相応しく、美術館仕立て。
です。

みなさんも、いかが?



以下たまさんのサイトから引用。
作り方

http://www.dumpr.net/museumr.php

①↑にアクセスし、参照をクリック、UPしたい写真をフォルダなどから選ぶ
②どのタイプで作成するか、サンプルの4パターンから選んで画面をクリック
③下の青い「continue」のボタンを押す
④画像が作成されるので、上にある「save」を押す
⑤画像を保存するか聞いてくるので、適当な名前を付けて保存、完成。


芸術の秋! クリック!

コメント (2)

あれは三年前♪

2007-09-26 20:58:33 | 日常のあれこれ
ではなく、三日前(笑)

夜11時15分頃に電話がかかってきた。
ダンナである。

そして、チビッコのタイヤがパンクしたと…
勤め先から、1キロもいかないところで、
パンクに気がついてかけてきた電話。

もうバスもないし、電車もないし…

ということは、暗に迎えに来いといっているんだ、
と理解して、迎えにいこうか?
きてくれる?

というわけで、深夜熊谷まで行く。
パンクの車は現地において、
ダンナを乗せて帰宅。

途中、ETCの入り方でもめる。

深夜、熊谷まで迎えに行く奥さんはそうはいないよ。

ETCのはいりかたなんて、小さいことで
文句言われたくないと、ちょっともめた。
相手は、黙っていた。


あれは三年前♪ いや、三日前! クリック!

写真は、昨日の山形の高速、
どこかの料金所にて
コメント

新庄まで

2007-09-25 23:41:15 | 日常のあれこれ
スキー部の先輩が亡くなり、お悔やみに
新庄まで出かけた。

新幹線で、片道約3時間半、
新庄駅をおりたら、名前を言えばタクシーに通じるって
本当? と思いながら。

稲穂が黄金色に実り、最上川が流れ、
久し振りの田園風景、
そして、お寺での葬儀。

外からの風が吹き抜けるなか、
Kさんの弔辞がとてもよく、
あとで、みなから、
これから弔辞はKさんに頼みたいなんて
言葉がでるほど。

「人生の最もつらい…」にはじまるモットーをおりこみ、
心にしみじみくる話だった。

住職の方の話も、故人を良くご存知で、
故人に教わったことなど披露してくれた。

式の進行も家族が交代でつとめ、
息子さんの喪主の話も故人の人柄が偲ばれる。
みなの気持ちがあたたかいお葬式だった。

久し振りに正座を長くしたので
足は痺れてしまったが。

東京のお葬式は、葬儀社がしきって、
たんたんと進められるが、それとは違って
手作りの気持ちのこもったものだった。

地域により、葬儀もかなり変わるのだろう。
大きな花輪が、いくつもならび、
最近、東京ではあまりお目にかからない風景。


東京からでかけた数名は、Kさんの車で米沢まで
送ってもらい、山形の秋の風景にひたった。

姉と同期のKiさん、
車中で、いろいろ話したが
家に帰ったら、妹さんから今度の同期会に出席する為
スウェーデンから帰国するとの手紙がきていた。
お兄さんと会っていたんだと、知らせておこう!

東京から全行程同行したHさん。
誘ってくれてありがたかったと、電話があった。
これで、気持ちもふっきれそうだと、いってくれた。


新庄まで! クリック!

写真は、ヒガンバナ。
夕暮れにとったので、色が少しかすれているかな?
コメント

沖縄エイサー

2007-09-24 18:24:24 | 山吹の里では
昨日の山吹のライブは、
沖縄えいさー、かりゆし会のみなさん。

舞台に暖かみがあふれ、
笑顔がとても素敵な方たちでした。

また、詳しく書きたいと思いますが、
今日は、まず、写真。
いつものとおり、みねこぺんさん撮影です。

今回は、600枚近くの写真があります!
動きがダイナミックで、
途中、振りも教えてくださったり、
写真を見ながら、いろいろ思い出しています。

この場面は、一番最後に、
「花」をかりゆし会の皆さんと一緒に歌った時のようす。
会場が1つになった時でした。


沖縄エイサー! クリック!
コメント (2)

今までで一番上出来!

2007-09-22 21:01:04 | 山吹の里では
今日は、喫茶の当番。
1時すぎだったか、白髪の女性が
看板を見たのでと、入ってこられた。

いろいろ話すうち、やることがない、つまらないと
おっしゃる。

よかったら、また喫茶にいらしてください。
コンサートもありますよ、コーラスもやってるんですよ、
等と話していたら、コーラスに興味をもってくださったか、
そのまま、4時までいらして、コーラスに参加してくださった。

だから、今日は、Aさん、k-takさん、Kさんに、今日見えたIさんが
助っ人として参加してくださった。

花(花は花として…)
里の秋
三つの歌

の三曲を歌ったが、三つの歌のあとで
ラジオの三つの歌方式で、

三つ、歌を歌ってみましょうと、
メロディーだけで、さまざまな歌を歌いだすと
みな、そらで歌いだす。

りんごの歌 みかんの花咲く丘、鞠と殿様
さて、共通点は何でしょう?で、丸いもの。

じゃ、おとぎ話シリーズ、で
金太郎、桃太郎、一寸法師、大黒様

こういう持っていきかたも、楽しい。

今まででは一番、皆が楽しそうに参加してくれた。
「花」も、とても上出来!
明日は、コーラス隊で、みんな張り切って歌ってくれそう!

歌って、いつもは話すことも無いひとが
歌いだすと言う不思議な力を持っている。

そういえば、metalくん、明日のコンサートの担当になったそうな。
どうぞよろしく。とろみの粉を忘れないでね。

終わった後、テンプラーズの練習に加わり
明日は、上を向いて歩こう、涙くんさよなら、花
の三曲をうたうので、その練習をした。

あすは、沖縄エイサーが、メイン。
どうなるか、それも楽しみ。

お暇なかたは、是非いらしてみてください。
会費300円、ドリンク付き、
今月が誕生月なかたには、マスコットのプレゼントあり!
2時からです。


今までで一番上出来! クリック!

写真は、チョッとピンぼけながら
好きな花、ガンピ(フシグロセンノウ)
コメント (2)

アロハ~とlove

2007-09-22 00:32:31 | 日常のあれこれ
先日来、同期会の幹事の話を書いている。

今、出欠のハガキが、届いている所で、
その添え書きを読むのが楽しい。

今日は、もう40年ハワイに住んでいますと、
最後にアロハと書かれたTさん、

やはり最後にlove○○と名前が書かれた
ニューハンプシャー在住Hさん。
日本に住んだ年月と、外国で住んだ年月が同じになりましたと
書かれていた。

それぞれ、その地に根をおろして住んでいるんだな、
最後のひとことが、もう現地の人になってるんだなと、感じた。
それぞれに、それぞれのドラマがあるんだな。


アロハ~とlove! クリック!

コメント (1)

見分けがつかない

2007-09-20 21:39:17 | 日常のあれこれ
住んでいる杉並区は、いろいろな面で
特徴ある施策が多い。

ゴミの分別も、かなり細かく
プラスチックと、燃えないゴミとを
区別して、プラスチックは資源ごみとして出す。

その時、見分けにくいものが最近は多い。
表面がアルミコーティングしてあると、

金属扱いなのか、
プラスチックなのか、
時には紙と表示されていたりする。

ピーナッツバターの入れ物の、中ブタシールは
かなり、アルミっぽい。
爪ではじくと、コンコンと音がするのに
紙である。

レトルト食品の容器は、表面にアルミ蒸着されていて、
見た目、アルミなのに、プラスチック。

お菓子が包まれている紙も、表面つるつるで
ビニルっぽくて、
紙なのか、プラスチックなのか、わかりにくい。

今日は、輪ゴムを前にはたと考える。
これ、本当にゴムなのか?
プラスチックなのか?

境がハッキリしないものが多くなっている。

紙はびりびりと破ける。
透明、つるつるしているものは、プラスチック。

なんて思っていると、
印刷されている材質の表示は、違っていたりする。

テレビで、セロファンは、パルプから作る繊維製品、
紙といっていた。
いよいよわからない。


見分けがつかない! クリック!

写真は、御殿場で。
コメント (4)

誘われて

2007-09-19 21:20:02 | 歌・コンサートなど
さがさんのお弟子さんのわらさんに誘われて、
ライブに出かけました。

metalくんも、わらさんに就職祝いで
ワインおごるよといわれて、やってきました。
ついでに、私までご馳走になってしまいました。
有難うございました。

同じ時間に、さがさんのライブもあり、
帰りに寄れるかな? なんて思いながら
でも、結局行かれず残念。

きっしいさんもいらしていて、
わらさん、二回目のライブということでしたが、
楽しそうでした。

最後、マックザナイフ、
指を鳴らしたくなりました。

休憩には、10月17日の仮装大会には
何を着て行こうかと、そんな話になりました。

仮装も、だんだん過激になりつつあって、
中野ブロードウェーに、そういうものを売っているお店がある、
なんて情報も仕入れました。


誘われて! クリック!

写真は、夏前のものですが、蒲の穂?
コメント

雲が早い

2007-09-17 22:13:44 | 日常のあれこれ
9月も半ばを過ぎたというのに
いつまでも暑い。そして風が強い。

空を見上げると、青空に白い雲が
すごい勢いで流れていく。

新宿西口の高層ビル街で
背の高いビルに幅を狭められた空だと
あっという間に、雲が現れては、消えていく。

車が赤信号で止まったとき、
見入ってしまって、
後ろの車にクラクションを鳴らされた。

夕方は、三日月が出ていた。
風に吹かれて空がすんでいるのか、
とてもくっきり見えた。


雲が早い! クリック!
コメント (3)

おじさん率たかし

2007-09-16 22:01:55 | おおはる話(母のこと)
先日、告別式に行った時におおはるさんと話したこと。

その朝は、横須賀線が遅れるほどの大雨だったが
そんな中でも、朝の散歩には出かけたらしい。

ホームの朝食は、以前から断ってあって、
約2時間の散歩の最後に、
駅前の喫茶店によって、「モーニング」を頼む。

最近、その際に駅前のスーパーによって
いろいろ買物をするらしい。

そのスーパー、最近、24時間営業になったのだそうで、
「で、朝の店員さんって、どんな人がやってるかわかる?」
「え? どうなのかな、おばさん?」
「ほとんど、おじさんなの。
まだ慣れてなくてね、やっと最近なれてきたようだよ。」

「へぇ~、スーパーの深夜から朝にかけてはおじさん率が高いのか!」

おおはるさん、いろんなところに目がいっている。


今日は、山吹の里では敬老祝賀会があった。
いつもは2、3階で働いている職員も
利用者さんを1階に誘導して降りてくる。

metalくんを見かけた。
どうにかやっているようで、親ばかながら、安心した。
仕事を終えたガムさんとも、チョッと話せた。

昨日、北軽の牧野さんからとうもろこしが届く。
住所が、「北軽井沢 牧野○」とあった。
番号はいらないらしい!


おじさん率たかし! クリック!
コメント (3)

教会の葬儀

2007-09-14 18:37:00 | 日常のあれこれ
先日のいとこの告別式で。

いとこは病床洗礼を受け、
キリスト教での弔いだった。
家族の意向があったのだろう。

私も、学校で毎週礼拝があったし
祖母が熱心なクリスチャンだったので
心情的にはキリスト教を理解しているつもりだが

今まで行った教会で
話が心にす~っと入ってくることは、めったにない。

教会臭というのだろうか、色というのだろうか
信徒に対してしか通じないことばがあったり、
身内と、そうでない者の扱いが違う。

誤解を生じるかもしれないが
その狭い世界に生きているような気がしてならない。

と、いとこの弔いなのか、
教会の仲間内の会なのか
考えさせられた。

そうでないところもあるのだろうが、
どうも少ない気がする。


教会の葬儀 クリック!
コメント (6)

もっと話したかった

2007-09-13 21:04:55 | 日常のあれこれ
いとこの通夜、葬儀に出かけた。

父方のいとこ、姉とほぼ同年齢で、
膵臓がんだった。
大学に通う為我が家で一緒に暮らしたS子ちゃんのお姉さん。

今回、初めてその経歴を知った。
卒業して、小学校に3年勤め、
その後、図書館司書として、30年間勤め上げた。

告別式で、図書館時代の後輩がその思い出を語ってくれたが
「うちの子、いいでしょ!」と、
後輩をかわいがり、時に厳しく、
新しいことにチャレンジし、
皆が慕っていた様子が伝わってきた。

教会の礼拝堂の入り口には4枚の
大きく引き伸ばされた笑顔の写真が
飾られていたが、

その中のひとつ、マチュピチュを背景に写っている写真は、
本当に楽しそうに写っていた。

昨年の暮れ、S子ちゃんと一緒に第九の合唱に参加し、
叔母に聴いてもらえたのが
親孝行になったと、他のいとこに話していたという。

定年後、これからやりたかったことを、
思いっきり楽しみたいだろうに、
世の中の平均年齢からすると、早すぎた。

S子ちゃんと、おば様に聞いたが
小学校の教員免状をとるため
玉川のスクーリングに通う時
経堂にお世話になったというのだが
おおはるさんも、私も余り覚えていない。

ゆっくり、もっと話したかった。

おおはるさんも、おばさまも88歳。
子供に先立たれるのは、さびしいという気持ちが
おおはるさんを大宮まで向かわせた。
おばちゃま、心細いでしょうね。

ふたりで、なにやらしきりと話していた。
ふたりとも、しっかりしているが、
共通する思いがあるのだろうと、そばで見ていた。


もっと話したかった クリック!
コメント