toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

甘いかな? 柿

2013-10-31 17:31:00 | 日常のあれこれ
しばらくご無沙汰していたS叔母から連絡があり、
柿の実がなったので、採りにきてということで、
お宅にお邪魔した。

高枝切りばさみで、段ボール箱二つ分ほどとって、
おしゃべりしながら、お茶をいただいていたら、

車を見かけたからと、S叔母の甥であるおやじさんが
入ってこられ、しばしおしゃべりをした。

九段坂の病院に入院、手術をするとのこと
整形に関しては、とてもいい病院で
専門の先生がいっぱいいらっしゃるとお聞きした。

そういえば、実家の父が胃潰瘍で入院したことがあったなと
そんな話もした。


柿の木は、二本。
まだまだ、限りなくたわわに実っていたので、
今回頂いた分がなくなったら、また来てねと言われたので
また、かきもぎをするのが、楽しみである。

最近、ご覧になりだした方に、柿の歌


甘いかな? 柿! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
コメント (2)

会、二つ

2013-10-27 01:31:13 | 日常のあれこれ
喫茶とライブの1年に一回の総会。
朝、会計報告の入力を終え、インクが無くなりそうなのを心配しながら印刷。

どうにか、最後まで印刷できて、大雨の中、出発。
こんな雨だったのに、出席予定の人、全員出席で34名。

今回のお弁当は、社会福祉法人「豊芯会」がやっているお弁当をとった。

Aさんは、社会福祉協議会の仕事も手伝っているので
補助金を受ける施設に行って、その補助金の使われている場所のことも
良く知っている。

ここは、とても清潔で、運営がうまくいっている印象を受けたとのこと。
同じお弁当なら、こういうところを知るきっかけにもなるからと、
今回利用することになった。

品数も多く、丁寧な作りのお弁当だった。

議事は順調に進み、日頃、当番制で顔を合わす機会のない方とも
一緒に過ごして、またこれからもがんばりましょうと、会を終えた。


その足で、横浜まで行き高校の同期会。
75名くらい集まったとのこと、こちらもこの雨にもめげず盛況。

ハレルヤ会のメンバーも多く、見知った顔もいれば
タミエはスウェーデンから、九州、北海道から、それぞれ
遠くから駆けつけてくれた仲間もあって、みんなの元気な顔にあえた。

最後に、要のピアノ、十三夫君の指揮で校歌。

多分、そこらじゅうの同期会で歌われる校歌だけど、
この二人をかかえる我々の校歌は、きっと一番だと司会のT君。
そういうだけあって、歌って満足。

その後、70階に場所を移して、横浜の景色を堪能。
帰途につく。

横浜への行き来が、副都心線が通じるようになって、便利になった。


会、二つ! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
コメント

はりねずみ姉さん

2013-10-24 22:55:47 | 日常のあれこれ
とてもユニークなお花のアレンジメントが好きで、
時々使わせてもらっているお花屋さんの紹介で、

はりねずみ姉さんの刺繍の展覧会に行ってきました。

今まで、お花屋さんの店頭にも何点か飾ってあるのを見ていたのですが
展覧会では遊び心満載の作品に、魅了されました。

たまたま、場所がNIKOさんの新居のそばだったので
昨日のコーラスのあと、彼女と一緒に行ったのです。

場所は表参道ヒルズの裏、

かくれんぼの森をはじめとした作品はどれもが素敵。

糸の種類、土台になる布の扱いなどが面白い、額にいれられた
それぞれの世界は、

作っている時のわくわく感が伝わってくる、
暖かい気持ちになれる作品群でした。

帰りに頂いたお礼状に、

眼と手と家族が許す限り、これからもニコニコしながら
刺し続けたいと思っています。

とあったのが、とても気に入りました。

会場にあったお花屋さんのアレンジメントも
展覧会を盛り上げていて、見るのが楽しい物でした。
リンク先のお花屋さんの写真を楽しんでくださいね。


はりねずみ姉さん! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!


コメント

10月の山吹のコンサート

2013-10-23 07:40:40 | 山吹の里では
20日(日)、毎月一回、第三日曜日、恒例の山吹の里のライブコンサートは、
バイオリンの演奏と、女性コーラスのご出演でした。

今回で156回目ですが、
バイオリンの方は、先生とその生徒さんたち。

といっても、生徒さんは先生のお子さんが二人、ともう一人。
小学1年生が二人と、三年生が一人。

三歳からバイオリンを始めたとのことで、
小さいバイオリンながら、しっかり音が出ていて、
沢山の曲も暗譜していて、見事。

何より、すっくと立ったその姿に、お年寄りたちからは
「かわいいね~!」


女性コーラスの、コール・マグノリアさんたちは
数回目の出演の常連さんでもあるのだが、

いらっしゃるたびに、上達がめざましく、
今回は、最後に申し上げたのだが

メンバーの誰もが、このコーラスをしょって立つのは自分だ!というような
自信にあふれた笑顔。

声もよく響き渡り、
途中、童謡のメドレーでは客席にまんべんなく入り込み、
笑顔と共に、お年寄りのそばで歌ってくださって、

それはそれはいい雰囲気。

ピアノのズッチャ、ズッチャ、ズッチャ♪と調子のいい音にのり
進むも退くも、あっという間。

では、終わりに私も皆さんをお送りしますと、
ピアノでズッチャ、ズッチャ、ズッチャ♪と弾いて、

みなさん笑顔で退場。
とても楽しい時間となりました。



このコンサート、
10時ごろから、ボランティアの方々が舞台の設営、椅子並べ、
マイクやスピーカーの設置等、準備をして下さる。

12時には、12~3人のボランティアが揃って、施設の方も交え、
昼食をとりながら
その日の段取り等打ち合わせる。

司会はAさん
プログラムの印刷は私
受け付けはYさん+一人
喫茶は、Kさん中心
休憩時のドリンクの準備はKiさん
お誕生者へのマスコット制作はKさん。

これらが、いつものことなので何の打ち合わせもなしに
それぞれで行われる。

1時20分ごろからは、
2・3階の特養の方たちを、エレベーターを使って1階に誘導する。

1階には受付があって、お名前をお聞きし、出席をチェック。
このお名前をお聞きすることも、あえて丁寧にする。

自分の名前を名乗るということ、普段は必要ないこともして頂く。

その日のプログラムと、
折り紙作品(ボランティアの方が毎回作ってくださる)を渡す。

そして、いつもはデイケアとして使っている1階の
コンサート会場に、お一人ずつ案内する。

山吹コーラス隊の方には、前に並んでいただく。

所在ないことがないように、k-takさんがピアノを奏でて
みなさんが歌詞を見ないでも歌えるような歌をずっと歌ってもらう。

プログラムとしては、

山吹コーラス隊の歌、3曲、
前半に一つの演目。

その月のお誕生者紹介とマスコットの進呈、
一般参加者、ボランティア、出演者も含めてその月の誕生者を歌で祝う。

その時の出演者が(今回で言えばバイオリン)の演奏を伴奏に
ハッピィバースデーを歌う。

休憩中は、ドリンク(いつもカルピスの期間限定版、いちごだったり、マスカットだったり)を
配り、回収する。
嚥下に問題が有る人は、とろみをつけたものを職員が飲ませてくれる。

後半も一つの演目。

終わって、身体をほぐすこともあり
お一人お一人退場されるときは、時間がかかるので

またまたピアノを弾き続けて、
童謡やよく知られている歌を沢山沢山歌う。

その間、手の空いている者は、歌いながら舞台を片付け始める。

70人位のお年寄りが、2・3階のお部屋に戻られると
(2台のエレベーターがフル稼働)

舞台の撤収、スピーカーや機材を4階の所定の場所に戻し、
ポスターや、看板も取り込み、
ボランティア全員でお茶を飲みながら、反省会。

みんな、よくやってくれるなと、改めて感謝。


10月の山吹のコンサート! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
コメント

歌の引き出し、歌謡曲

2013-10-20 01:46:39 | 歌・コンサートなど
前回は、讃美歌の歌を知っていてよかったという話を書いたが、
もう一人、最近入っていらした方は、歌謡曲が大好き。

かなりの高齢であるが、身体に音楽があふれている感じで、
常に身体が揺れている。リズム感がいいのである。

食事をするのが早い方なので、
食べ終わると、もう歌が口にでてきて、
時に、お行儀にうるさい人に怒られたりしている。

昭和の歌謡というDVDをつけると、
ほぼ全部の歌を指さしながら歌い続ける。

歌詞に、「あなた」とか「私」が入ると、
指で相手を指したり、自分を指したり、ジェスチャー入りで
終わると、ニコニコと笑って、満足そうだ。

お得意の曲は、東京行進曲で、昔恋しい銀座の柳♪とはじまると
最後の「涙雨」のところで、目の淵を指でトントンと押さえ、
涙を表したりする。

皆で歌える状態だと、東京行進曲の大合唱になる。

朗らかで、明るくて、
こういう一人を楽しむことの出来る人は幸せだなと思いながら、
将来の自分はこうなっているかも、なんて想像することもある。

所在が無いという風の人もつられて、歌いだすという、
なんとも楽しい人。かわいい人でもある。


歌の引き出し、歌謡曲! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
コメント

歌の引き出し

2013-10-18 18:09:02 | 歌・コンサートなど
勤め先に、新しい入居者がいらした。

お部屋にキリスト像の絵がかけられ、クリスチャンとのこと。
教会の聖歌隊にも入っていらして、
若いころは、音楽学校に入りたかったとのこと。

先日、讃美歌を持っていって、お好きな歌をお聞きした。
次の日、目印の紙が幾つかはさまれた讃美歌を返して下さって
これらの歌が、好きなんですと教えてくれた。

その中には知らない歌もあったが、
数曲を一緒にうたうことができた。

声もきれいな声だったので、
ソプラノですか? アルトですか?と尋ねると
どちらでも、とおっしゃる。おお!


以前いらしていたデイケアでは、
ピアノ伴奏をなさっていたとお聞きしていたので
ここでも、どうぞ弾いてくださいねとお願いしたところ

しばらく弾いていなかったし、指が動かなくなって
思うように弾けないとおっしゃる。

ここのピアノは、私が弾く以外、ほとんど使われてないので
どうぞ、遊ぶつもりで、練習してください、電子ピアノなので、
音量も調節できるから、

そうしたら、ピアノも喜ぶと思いますと、申し上げておいた。


午前中は、低血圧のせいか、余り活動なさる気にならないようだが
昼食のあとになると、ピアノの前にすわって、
備えてある歌集をはじから、練習なさりだした。

ピアノがなると、近くの人が口ずさんで、歌を歌いだす。
いい雰囲気が醸し出されてきた。

お好きな「うるわしの白百合」も弾いてくださり、
指が思うように動かないから、

全部の音を弾けないけど、いくつか音を減らせば弾けそうなの。
どの音を抜いたら、おかしくないか、考えながら練習しますね、とおっしゃって、
時間があると、練習なさるようになった。

夕方、仕事を終えて、玄関から外に出て歩き出したら
「うるわしの白百合」が、オルガンの音色で聞こえてきて、
なんか、とても嬉しくなった。

歌の引き出しがいくつかあると、
世の中、楽しくなる。

写真は、勤め先の近くにあった時計草。


歌の引き出し! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!
コメント

八ヶ岳合宿、白駒の池

2013-10-11 17:13:36 | ハレルヤ会
八ヶ岳合宿の二日目は、霧雨交じりの中、
白駒の池に出かけました。


話は昔に遡るのですが、
結婚が急に決まって、バタバタとすごし、

新婚旅行も行くには行ったものの、いきあたりばったりで、
唯一覚えているのは、

其の頃出来たばかりの道の路肩に車を止めようとしたら、
まだ路肩が柔らかく、

車がめり込んでしまって、自力で出ることが出来なくて、
通りかかった車にケーブルでひっぱってもらって、やっと脱出したこと位。


合宿の前日、NHKで白駒の池の紅葉がよいと放送していたので
それを見て、出かけてきた人も多く、期待も高かったのですが、

我が家では、「テレビでやっているよ、ほら、新婚旅行でいったとこ」と
夫がいうのに、私は行った場所(白駒の池)を忘れていて、
車が動かなくなって、殆ど車の通らない道で1時間近く待ったあげく
やっと、助けてもらった記憶が蘇りました。

なんだ、そこへいくのか!
行ったはずなのですが、すっかり忘れていて、
改めて、その景色を堪能しました。

ちょうど、紅葉もはじまったところで、
黄色、紅色、緑から赤に変わるところの色等
雨に濡れて、その風情も素晴らしく、
みなで、歓声をあげながら、歩きました。

昔はたぶん、何の観光的な施設はなかったのでしょうが
駐車場にのぼりがはためき

「苔の森」のキャッチフレーズが読み取れました。

まさしく、もののけ姫の世界。






道は木道のように、よく整備されていて、
でも、雨で滑りやすいので、皆細心の注意を払って歩きます。

















苔も様々な種類があって、面白い。
これは接写なので一見、森のように見える、
でも、これで2センチ四方のもの。



黄色い木々のところや



イチヤクソウの枯れた花、でも葉っぱはまだまだ緑。










その後、現地解散で、我々はK君に教わったレストラン、れ ぽむにより、

http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=J0062190

やしがみねスキー場により、車山経由で帰ったのでした。


何処で撮ったか、定かでないのですが花々も。





マツヨイグサ



シロツメクサ




ウド







アザミ



ヤマハハコ





八ヶ岳合宿、白駒の池! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!

コメント (2)

八ヶ岳合宿

2013-10-09 22:52:01 | ハレルヤ会
先週の金曜、土曜とハレルヤ会の合宿に行ってきました。

台風の影響で、雨が心配されましたが、どうにか大降りにならず、
紅葉の八ヶ岳山麓を堪能してきました。

車5台に分乗。
それぞれに東京を出発して、我々は長坂インターでおりて、
むっちゃん情報で美味しいと聞いた、翁というお蕎麦屋さんに。

開店11時なのに、その15分前に着いてしまったが、
緑の中の気持ちいい空気を吸いながら、
歌ったり、指揮したり(がらちゃんは指揮者になるのが夢なんだそうな)。

こしのある御蕎麦をいただいてから、吐竜の滝へ。

ここで、皆が集合となり、この橋を渡って、



滝のある場所まで。



北杜市(ほくとし)って、
2004年 - 北巨摩郡須玉町・長坂町・白州町・高根町・大泉村・武川村・明野村が合併して発足。
2006年 - 北巨摩郡小淵沢町を編入。
だそうです。最近の市の名前って、昔の地名と関係ないものがつけられてしまって
どこだか、全然想像がつかない。(余談だけど)



がらちゃんが、この木ゆらゆらすると、揺らしているところ。


この木を根元の方から見ると、不思議な形。



それからは、車を連ねて清泉寮のファームへ。
シューアイスを食べて、しばしのんびり。




宿は、2年前にも使った藤沢市の野外学習施設。
食堂やお風呂は本館に、そして寝るのは一棟貸切になったこの小屋。

おいしい食事が二食ついて、3100円!
カットンが住民なので、皆で利用することができたのでした。




荷物を置いて、周りを散策。
熊笹の中に白樺がすっくとたつ、すがすがしい景色。

ためさんの説明で、
「ミヤコザサ または チクマザサ どちらかだとおもう。
平均気温と平均湿度の関係で葉の縁が白くなるがその状態をクマザサ(隈取りがある笹)という。
熊笹ではない。大学一年の時の生物の先生が、笹の大家で、そう教わった」に
みんなは、へえ~~! 彼は何でも知っていて、説明してくれる。



トリカブトの花もそこここにあり、これはその後の実がなったところのようだ。
トリカブトの花は、ピンボケで、ここに掲載はできなかった。



おとぎ話に出てきそうな、きのこや、



あまりかわいくないキノコ。



ちょっとかわいいキノコ。



花は目立たないのに、やたらと目立つマムシ草の赤い実。
ためさんの説明では、ウラシマソウが正式名。






誰かがみつけてくれた、ホタルブクロ。


檀の実。これも小さいが愛嬌がある。



野外学習施設だけあって、木の説明も多い。これはヤエガワカエデ。
勝手に、皮が八重になってて、ごつごつしているからかな~なんていってみる。



散策の途中で、誰がみつけたのか、もぐら。
誰でもが好きとは限らないので、見たい方は、ここをクリック。

以前にもブログに写真を載せたことがあったなと
探してみたら、ここにあった。
自分のブログを検索できるのも、便利なこと。

この階段をおりていくと、キャンプ場。



途中には、鹿!(ただし、ベニヤ板!)
でも、本当に鹿はいっぱいいて、木の皮を食べてしまったり
貴重な植物も食べられたりで、大変らしい。





この実はとても色がきれいで撮ったのだが、何の実かな?



こうやって、のんびりすごして、
夜は、夜で歌って、歌って!
楽しい一夜を過ごしたのでした。

(続く)


八ヶ岳合宿! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!

コメント

遠距離通勤

2013-10-02 18:49:15 | 日常のあれこれ
この夏、余りの暑さに
舅が家にこもりがちになってしまうのと

8月から、外装工事で家がシートで覆われて、
窓があけられない状況になってしまったのとで
基本的に御殿場で過ごすことにした。

夫は基本、用はないので舅と夫が御殿場に、
そして、私はグループホームに行くために
遠距離通勤を週に2~3回することになった。

いつもは車で動いていたが、今回はバスを使って通勤。

お盆ですごい渋滞があるときも、始発や最終バスを使うと
新宿まで約1時間半。あと家まで30分くらいなので、
どうにか、時間のやりくりをした。

さすが、夏ばっぱより年上なので(!!)、
仕事の次の日は、大したことができない。

でも、朝晩の気温がさがってくれるので、
寝るときはぐっすり眠れたので、体力は維持できた。

考えてみれば、夫は今まで同じような長距離通勤をしてきたわけで
ご苦労様だったなと、思ったことだった。

9月に入ってからは、他の用もあるので余り御殿場に行ってないが
バスの回数券がまだあるので、長距離通勤、まだやるかもしれない。
コメント

あまちゃん終わって、考えた

2013-10-01 01:29:31 | 日常のあれこれ
ブームになって、あのテーマ曲がそこここで聞かれて、

朝ドラはいつも時計代わりについているのだが、
今回のシリーズについて、考えてみた。

1.そうか、なつばっぱは、私より年下なんだ!
  大きな孫がいてもおかしくないんだ!
  そのわりに、私はいたわられてないぞ!

2.潮騒のメモリーの歌詞に、「17歳は…」という言葉が出てくるので
  そうだ、ドンピシャに、「17歳」の歌を考えようかな。

  幾つ思いつくか、つらつらと考えてみる。
  ヒント、サウンド・オブ・ミュージック、南沙織…、まだまだあるよ。

  ところで、サウンド・オブ・ミュージックの中に出てくる17歳の歌詞を
  このところ口ずさんでいたのだが、歌詞の意味を考えれば考えるほど
  一歳違いで、何が大人だ。「ケッ!」と思う。後は略。

3.気に入ったフレーズ「一般男性、ルパン三世」
  これは早速、ドンピシャに使わせてもらった!

  水口さん、面白かった。

4.大切な深い場面に流れていた「星めぐりの歌」
  これも、私の中でヘビーローテーションになった。

あまちゃんロスまではならないけど、面白かった。
凡子さんの逐一の感想も、盛り上げてくれた!


あまちゃん終わって、考えた! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります!

  
コメント (2)