toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

夜明けだ夜があけてゆく♪

2019-01-22 10:41:41 | 思い出の歌
週二回の勤務だが、一種の張りが生まれる。
おまけもある。

早番で、6時半には準備完了で仕事に入るため、
6時には家をでる。

この時期、家を出るときは空に星が二つくっきりと浮かんでいる。
移動の間に、徐々に周りが明るくなり、
茜色の空にそまっていく。

何故か、冒頭の歌が頭の中で流れ出す。


一番だけ覚えていたが、今回、作詞が石原慎太郎、作曲は山本直純と知った。
二番、三番の歌詞はちょっと違和感があるが、一番は好きだ。



一番得した気分になるのは、
月の入りが道の真正面に見えるとき。たまに見ることができる。

誰かに言いたい気分になるが、周りに人はほとんどいない。

早起きは三文の徳というが、
両手で抱えきれないほどに感じる満月の沈む姿を見られるだけで
その一日、幸せに過ごせる。



人気ブログランキングへ
夜明けだ夜があけてゆく♪! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!




コメント

「やさしいあなた」になってるかな

2018-03-31 15:08:55 | 思い出の歌
もう一か月以上前になりますが、
学校の同期生の「Merry Makers」の三人が
勤め先に演奏に来てくれました。

いつも、曲目をよく考えてくれていて、
どの歌も心にしみるのですが、

今回は「やさしいあなたのそばにいて」で始まる「おはなし」を
入れてくれていました。

この歌、昔はよく聞いていましたし、メロディも覚えていましたが
今聞くと、新しい意味が加わった気がします。

キャッスル・アンド・ゲイツが歌っていますが、
森山良子も歌っていますね。

当日歌ってくれた歌詞に、山と海が入っていて
その音源を探していたら、やっと、これが見つかりました。

作詞:遠藤侑宏 作曲:田村守

やさしいあなたの そばにいて一日中 おはなししたい
海の話や山の話を あなたは 聞いてくれるでしょう

やさしいあなたの そばにいて一日中 おはなししたい
友達のことや 二人のことを あなたは きいてくれるでしょう

やさしいあなたの そばにいて一日中 おはなししたい
きのうのことや あしたのことを あなたは きいてくれるでしょう

やさしいあなたの そばにいて一日中 おはなししたい
なんでもいいの あなたは聞いてくれるでしょう

あなたは きいてくれるでしょう



もちろんこれは、女性が男性に向かって言っている歌詞ですが、
お年寄りに向けての気持ちになると、

自分は「やさしいあなた」になっているだろうか?
こういうお話をする雰囲気になっているか?

時々自問するのもいいかなと、思って
この歌を選んでくれた、三人に感謝です。


人気ブログランキングへ
「やさしいあなた」になってるかな! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


コメント

頑張れ!強いぞ!僕らの仲間♪

2018-02-26 17:56:08 | 思い出の歌

このところ、ちょっとお休み状態でしたが
思い出しながら書きます。

23日
勤め先の歌集が、ボロボロになってしまったのをきっかけに
新しく作ってみた。

みんなが良く知っている歌を中心に、
いくつかの民謡も今回は入れた。

で、赤胴鈴之助の歌を突然思いついて入れた。

目次に1ページを使ったから39曲、
今回は写真やイラストも入れて完成。

で、勤務の日に早速みなさんに歌ってもらった。
39曲全部歌って。


その日は、近くの珈琲店で知り合ったヴァイオリンの長谷部さんが
コンサートミストレスでいらっしゃる

アンサンブル・コルディエのコンサートが文化会館の小ホールであったので
夕方から出かける。

今回は、夫は山に出かけていて
夫が誘った、大学勤務の時、
お世話になった若いお嬢さんと一緒。

終わって、近しい人で食事を一緒にするのが常なのだが、
ひとしきりコンサートの話で盛り上がったあと、
彼女のご主人に焦点があたった。

というのは、テレビ東京の番組で
「家、ついていっていいですか?」というのがあるそうで
そのついていった先にハニーメイツのメンバーがいたそうな。

ご主人、実は、ハニー・ナイツのメンバーで、
アニソンやCMソングを5000曲ぐらい歌ったという話。

赤胴鈴之助の歌もそうだということから、
じつは、今日、勤め先で歌ってきたと、申し上げて
赤胴鈴之助が同じ日に話題になるなんて、不思議な日だった。

家が近くなので、最後の最後までご一緒して、
ご本人はバイオリン、ご主人と私で衣装と花束をもち、
では、またねと、別れた。


人気ブログランキングへ
頑張れ!強いぞ!僕らの仲間♪! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


コメント

思い出の歌

2018-02-10 22:58:02 | 思い出の歌
思い出の歌というカテゴリーを作って、
歌について調べたこと、思っていること、
お年寄りと歌って感じたことなど書いていきたいと思います。

実は、フェイスブックで有坂さんという方が
この一年間、「我が懐かしき歌」シリーズとして、
190曲にわたる歌をとりあげていらっしゃいました。

そのほとんどに、ああ、よく歌ったとか、
こんな思い出があるとか、コメントを書き込んでいたら、
自分もやってみたくなったというのが、思いついたきっかけです。

有坂さんは、二日に一回のペースで書かれていらっしゃいましたが、
それはちょっと無理そうなので、不定期ですが
真似してみたくなりました。


お読みいただいて、その歌を歌った頃、
誰と歌ったかなど、思い出していただければ幸いです。

今日は、写真の、富士山。

ふじの山(富士山)
作詞 巌谷小波(いわや さざなみ)
作曲者不詳(文部省唱歌3年)

1. あたまを雲の 上に出し
  四方の山を 見おろして
かみなりさまを 下に聞く
富士は日本一の山

2. 青空高く そびえ立ち
からだに雪の 着物着て
霞のすそを 遠く曳く
富士は日本一の山

巌谷小波という文字は、歌詞と一緒に目にするのだが
いわやさざなみと読むことは、こうして調べて今回初めて知った。

彼は、一寸法師も作詞しており、日本の昔話を
集めて全集にした功績があるそうだ。(Wikipedia参照)


誰でも歌詞を見ないで歌える歌だが、
2番になるとちょっとあやしくなる。

勤め先では、この替え歌を作り、

あたまはいつも フル回転
四方にお散歩 バスハイク
歌やおしゃべりで にぎやかな
〇〇〇〇は 日本一の家

と、三番として歌っている。
グループホームでの活動が、表せるかなとみんなで作り上げた。

富士山は、静岡の人は静岡から見るのがいいといい、
山梨の人は、山梨から見るのがいいと、意見がわかれるようだ。

よく御殿場に行くので、私はこの静岡からの景色になじんでいる。
こういう山のそばで育って、毎日山をみていると
気持ちの大きな人物になるような気がする。


人気ブログランキングへ
思い出の歌! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


コメント