toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

思い出の写真

2019-06-30 21:38:56 | 舅の話
通夜・葬儀と親戚が集まるので、
最近の舅の写真と、昔の写真をいくつか拾い出し、
みなさんがご覧になれるようにしました。

これは次男が一緒に写っているもの。
彼は、これを取り出し、写真に納めて、自分のFBにアップしていたので
もう公開していいということだと思い、載せました。

次が、
舅(多分左端(4才))で、やはりその祖父と一緒に写っているもの。



一緒に写っているということで、やはり興味も意識も違うのでしょう。
新旧ならべてみると、時代の背景も違いますね。


人気ブログランキングへ
思い出の写真! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


コメント

アンサンブルコルディエのコンサート

2019-06-30 01:21:25 | 歌・コンサートなど

2019年6月28日 19時より
東京文化会館 小ホール


通夜、告別式を終えた次の日、納骨の打ち合わせに染井霊園に行き
会食する場所にもよって、予約を入れ、
家に帰って、また上野へ。

文化会館小ホールの入り口に、長谷部さんのご主人を見つけて
ご挨拶したら、「この度は大変でしたね。」

前日の告別式のあと、なんか疲れたので
気の休まる都立家政のコーヒー店に行き、

義父と毎日のように通ったお店の店長さんだったので
亡くなって、お葬式がすんだところと話したら、

なんと、以前のコーヒー店のオーナー(アムステルダムからミラノに旅行中)に
報せが行って、ミラノから長谷部さんに連絡が行ってと、

ミラノ経由で父の訃報がまわっていたとのこと。
今の世の中、ラインであっという間に情報がまわる。


この日は、文化会館小ホールの入り口に物々しいお巡りさんや
警備会社の人がいて、荷物検査もがっちりされた。

G20サミットの影響だとか。
お花やお菓子や、いっぱい持たされたご主人曰く

箱入りのお菓子は、全部の面を金属探知機でなでまわして、
時間がかかったそうな。


このところ、慌ただしい時間だったのが
静かな音楽を聴いて、いつになく心にしみた。
コンサートのプログラムを書いておく。


アンサンブルコルディエ 定期演奏会 vol.49
“室内楽の輝き”

Violin 野口千代光   長谷部雅子 (コンサートミストレス) 植村菜穂  飯島多恵
Viola 安藤裕子  阪本奈津子
Cello 羽川真介  羽川惠子
Contrabass  赤池光治 
Cembalo 大塚直哉(音楽監督)

J.S.バッハ: 組曲 イ短調(原曲:管弦楽組曲 第2番)
コラール「いと尊きイエスよ、我らはここに集まりて」BWV 731

A.コレルリ: 合奏協奏曲 変ロ長調 op.6-5

J.G.アルブレヒツベルガー: ディヴェルティメント へ長調
              〜ヴィオラ、チェロ、コントラバスのための〜
ヴィオラ 安藤裕子、チェロ 右川真介、コントラバス 赤池光治
   (この作曲家は、ベートーヴェンの先生だったそうな)
  

E. エルガー: 弦楽セレナーデ ホ短調 op.20

    休憩

A.ドヴォルジャーク: 夜想曲 ロ長調 op.40

J. S. バッハ: 組曲 イ短調(原曲:管弦楽組曲第2番)


そうそう、全員黒の衣装だったのだが
お一人、退場する時に靴の裏側が真っ赤で、
その色が一瞬目に入った。

インパクトのある赤で
コンサート後の食事の時、女性陣は皆それに気がついていて、
話題になった。

すごくおしゃれ、ということになった。


人気ブログランキングへ
アンサンブルコルディエのコンサート! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!




コメント

とうとう

2019-06-23 16:54:02 | 舅の話
一昨日の朝、次男の彼女の親との顔合わせを控え、
夫は床屋さんに、私は美容院に予約を入れた直後(11時ごろ)、
舅が入院していた病院からのすぐ来て下さいの電話。

とるものもとりあえず、駆け付けると
脳梗塞を起して、容体が急変した舅、

脳梗塞が呼吸を司る部位に発生したので、
とても深刻である旨告げられ、見守ることに。

病院について、子供二人と夫の弟に連絡を入れ
ほどなく集まった5人で見守る中、
四時ごろ、呼吸が停止した。

心臓が微動ながら動くのを、
波形が現れるモニターを見ながら、時が静かに流れる。

お医者様の、基本的に御強い方だったんですね、
もう少し静かに見守りましょう、の言葉に従っていると、
17時27分。波形が一直線になり、ご臨終ですとのことば。



本当に穏やかに104才と9か月と6日の生涯を終えました。

今まで、いくつかのエピソードをブログに記していたので
改めて読み返してみると、様々なことが思い出されます。

同居してから、約四半世紀、
過ごした時間は貴重だと思わせられました。
とりあえず、お知らせまで。


人気ブログランキングへ
とうとう! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

コメント (5)

転院終了

2019-06-04 21:28:03 | 舅の話
療養型の病院への転院、無事終了しました。
介護タクシーで、ほんの数分。

今度の病院は、ベテランの看護師さんたちがいらして、
とても感じが良かった。

夫は、前の病院の若い看護師さんたちが溌溂としていたと褒めていたけど、
私は、今度の看護師さんの落ち着いた、手慣れた応対が気にいりました。

どちらにしても、いいスタッフのみなさんに恵まれて、
今までになく、安心して過ごせそうです。

お医者様も、以前からの主治医で、お隣にお住まいで、
こちらの意図をくみとってくださっての治療方針を説明してくださったので。

今日一日は、様々な書類に書き込んだり、ハンコを押したり。

延命治療、献体、臓器提供等、舅とは話したことがなかったけど、

夫と、私の場合はこうしてとか、俺はこう思うと
将来も話あえて、有意義な日になりました。


人気ブログランキングへ
転院終了! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!



コメント