toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

力をためて

2006-02-28 21:29:16 | 日常のあれこれ
春に向けて、力をためている木です。

もう2月が終わります。早いです。
日は長くなってきたものの、
今日の寒さはひとしおでした。

鳥取から帰り、その足で箱根に向かう主人に
羽田で車をわたし、仕事に行く。

羽田には、
修学旅行の学生服とセーラー服の一団、
お坊さんが、片手にスーツケース、
片手に携帯で話しているのも不思議な風景。

道を走っていると、
どうしても、須田さんの車の情報が気になります。
まだ、他の情報はないようです。今日も書いておきます。

車は水色の軽のバン、スバルのサンバー「習580、あ6039」


よろしく、クリック!
コメント (3)

人を探しています

2006-02-27 23:28:19 | 日常のあれこれ
市川に「りぶる」というライブハウスがあります。
良くご紹介しているさがさんも、そのお店によく出演なさっているのですが、
そのオーナーの須田さんが、行方不明になってしまっているとのことです。

以下さがさんの2/24の日記より。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
火曜(21日)に、船橋の自宅から病院に自分で運転して行くと言って出たまま、
消息不明になってしまっています。

私と加藤崇之は15日にりぶるで演奏したのですが、その時も、
須田さん、かなり体きつくて、座ったままだったの。
自分で運転なんて、ゼッタイ無理という状況でした。

お母様と電話で話しましたが、捜索願は勿論警察に出してあるそうなんです。そして、店~病院、の道順をルートを追って、ある人が探したりもしたらしいのですが、車も須田さんも見つかっていません。

とても心配です。
寒いし、病気だし…。

どなたか、何か情報お持ちの方は、ご一報下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記URLは、文書をPDFにしたものです。

http://www.imasy.or.jp/~mizutani/wanted.pdf

27日22時の情報(さがさんのmixi)として
「先ほど船橋警察署から連絡があり、
須田さんは家を出た日、荒川区に向かったということが分かりました。
車のナンバーが、道路に設置されている機械に認識されたそうです。
それからあとは、どこにも見当たらない、という事です。」

車で出掛けているということで、その車を探しだせればと、思います。

車は水色の軽のバン、スバルのサンバー「習580、あ6039」古い車だそうです。

どんな些細な情報でもいいので、なにかあれば、ご連絡ください。
また、千葉、荒川区近辺にお知り合いがある方、
車でよく走っている方、ご協力願えたらと思います。
コメント (2)

ほしぶどう

2006-02-26 23:57:10 | 山吹の里では
土曜日は、山吹の当番と、コーラス隊の練習だった。

最近、よく喫茶にみえるKさんと話をしていたら、
貴重な話が聞けた。

NHKの音楽プロデューサーとして、
戦中、戦後の音楽番組に携わった話。

番組で流す歌の歌詞を、
事前にGHQの検閲をうけるのだが、

(戦争に行った)お父さんの帰りをみんなで待っている
なんていう歌詞は、流してはいけないといわれたとか、

戦中は、男性が兵隊にとられ、
女性にプロデューサーの仕事がまわってきて
それ以来、彼女はずっとそういう仕事に携わることになったこと等々。

藤山一郎、ラジオ歌謡、海沼実、ディックミネ…
現場で音楽番組を作ったその経験が、
いきいきと語られる。

時間があったら、是非、その話をいっぱい聞きたいと思った。
貴重な音楽史になるかもしれない。

コーラス隊の練習を4時からやるけど、
一緒に歌いませんか?と誘ったら
4時55分のバスだから、それまでならと
参加してくれた。

本当は声楽をやりたかったというだけあって、
きれいな高音で、歌う時、指揮のような手のふりをしながら
とても、楽しそうに歌っていらした。

次回来るとき、その頃のNHKの歌の本をもってくるわねと
おっしゃって、ニコニコと帰っていかれた。
こちらまで、楽しくなった。

昨日歌った歌(3月3日のひなまつりに、歌う歌)
 三つの歌
 楽しいひなまつり
 花
 早春賦
 上を向いて歩こう


スキー回転も頑張ったね! クリック!

画像は、山吹の玄関そばにあった、干し葡萄?
コメント (5)

猫のたまきちさん、ご紹介

2006-02-24 23:50:30 | 日常のあれこれ
私のmixiで、自己紹介の写真に使わせてもらっている
だびちゃんの作者、猫のたまきちさんが
mixiに入られました。

時々、gifアニメをお借りしています。
先日来の、高速回転だびちゃんや、
今日の、イナバウアーも、猫のたまきちさん作です。
(リンクのだびだびだびちゃん参照)

mixiで、見かけたら是非、ご覧くださいませ。


tamakiti作、かめやまくんのイナバウアー! クリック!

今日の日記は、ひとふん(人の褌で相撲をとる)ですな。
いや、たまふんか?

画像はあじさいの新旧交代。
コメント (4)

一番を目指す人

2006-02-24 21:14:10 | 日常のあれこれ
フィギュアの荒川選手が、金メダルを取りましたね。
日本中が、ほっとして、喜んで、
久しぶりの、いいニュースです。

彼女は、びっくりしていました。
金メダルを余り意識していなかったようです。

自分は自分の道を行く、
の人のようです。


以前、高校のときの
インターハイのスキー予選で、1位から5位まで独占、
ただし出場者5名という話を書きました。

その時の5名のうち一人は、
スキーのデモンストレーター、日本一になり、
三年間その座を守りました。

もう一人は、水泳のシンクロチームで、
いつも、日本の1位、2位を競っていました。

一人は、エレクトーンのコンクールでいいところに入りました。

なんか、その時の仲間って、凄かったなと、
時々思うのです。
確かにガッツあったな。

私はとても、そんなに頑張らず、まずまずのところで
留まってしまいます。

一番を目指す人って、確かにいるんですね。
負けず嫌いとも、ちょっと違うんですね。
倒れるまで、やっちゃう人なんですね。


みんなで言い合う、よかったね! クリック!

クリスマスローズがやっと咲きました。
もう、とっくにクリスマスは終わってますが、
この柔らかな白が、好きです。
コメント (4)

安来節

2006-02-23 21:27:52 | 山吹の里では
山吹のライブで、
安来節を踊ってくださった。熱演だった。
(ギフアニメ5枚です、最後まで見てね!)

実は、預かっていたテープの調子が悪く、
急遽、演目が変わった。

踊りの方は、あわてて、衣装を着替えている。
つぎは、安来節と、司会のAさんがご紹介しても、
まだ、準備ができていない。

そこで、Aさん、
じゃ、「どじょうがでてきてこんにちは」を歌いましょう!
と、どんぐりころころを、みんなで歌う。

そういうときの頭の回転は、Aさんの独壇場。
歌い終わって、安来節にスムーズに入れた。

ところで、先日来、「やすきぶし」と入力しても
漢字に変換されない。
どうしてかなと、検索したら、
「やすぎぶし」が本当なのだそうだ。

だから、一文字一文字打つしかなかったのか!
小さな発見!


いよいよ今晩、エキサイティング! クリック!
コメント (3)

コーラスで

2006-02-22 19:17:46 | 歌・コンサートなど
細々と続いているコーラスで、
どうやったら、いい響きになるか、
先生がおっしゃる、たとえ話や、注意点。

カラスが鳴くように
サイレンが鳴るように

臍下丹田、そこが肝心
横隔膜を横にひろげるように
おなかを中から、矢印でおしだすように

口をあけすぎない
のどは、だらだらでいい
肩に力を入れない、

頭上に音を出す
お腹を1つの筒にする
うがいの時のように、のどの力を抜く

ほっとしないで、最後まで
音を遠くに飛ばす

ハッピィサプライズの顔
エッ?と驚いた時の、顔のように

口の中に口内炎ができて、
そこにさわらないようにする時みたいに、空間を作って

なかなか伝わらないことを、
先生も苦労して伝えようとなさっている。

言葉で伝えるって、難しい。
不出来な生徒を持たれて、大変な先生。


最後まで頑張れ! クリック!

画像は通りかかった家の夏みかん。
コメント (4)

できるできないと、言ってられないのだ

2006-02-21 21:13:10 | 歌・コンサートなど
おとといのコンサートで、
桜川梅壽壽さん(左)のだしものの中に、
獅子舞があった。

お電話でプログラム内容を伺っていたら
最後にお獅子がくわえて
巻物が開くと、メッセージが出てくるのをやるという。

お正月には、「あけましておめでとうございます」を使うが
もう、お正月でもないので、
「いつまでもお元気で」と書いたものを用意して欲しいと言われた。

はい、と答えて、
ま、当日どうにかなるだろうと、たかをくくっていた。

当日、巻物といっても、適当なのがないので
キッチンペーパーの芯を取り出し、山吹へでかける。

適当な大きさに切った習字用の紙を張り合わせ、
墨汁と筆を用意して、

さて、誰か書いてと頼んでも、
みな、尻込み、逃げ回る。

しょうがない。
画像のものができあがった。
こういうとき、たしなみのある人は、
手をださないのだろうが、恥をしのんで、書いてしまった。

お習字の先生をしていた姑には、
話せないことだ。

画像は、昨日と同じ、みねこぺんさんのもの。


いよいよ今日の深夜! クリック!
コメント (4)

回してください!

2006-02-20 18:09:57 | 日常のあれこれ
画像は、昨日の山吹の里のコンサートでの
きっしぃさん。昨日の日記を合わせてお読みください。

素敵な歌でした。曲目は
1、ピアノソロ
2、AS TIME GOES BY
3、THE DAYS OF WINE AND ROSES
4、ずいずいずっころばし
5、浜辺の歌
6、椰子の実
7、MOON RIVER
8、MY FAVORITE THINGS
9、早春賦
みねこぺんさんがとってくださった画像をお借りしています。


話は飛びますが、
オリンピックのカーリングが面白い。
試合が何回もあって、だんだん作戦なども読めてきた。

1投の出来不出来で、前回トップのチームも
負けてしまうこともある。
ビリヤードのようなところもある。

そして、いよいよ、女子フィギュアも近づいた。
tamakitiさんのだびちゃん作品をお借りし、
4回転ジャンプに挑む、日本選手を応援しよう!
マウスを、だびちゃんにのせると!


回れ回れ! クリック!
コメント (5)

山吹の里のコンサート

2006-02-19 21:29:12 | 山吹の里では
今日は、桜川梅壽壽さんと門下生で
かっぽれや、南京玉すだれ、安芸節など、

きっしぃさんの歌と坂本さんのピアノでジャズ。

こういう取り合わせは、
山吹の里でしか実現しない、すごい取り合わせだけど、
どちらも、好評でした。

笑顔がいい、
きっちり決まってる、
何よりも、利用者さんたちが喜んでくれた。

さがさんの歌を知っている人が数名いるのだが、
きっしぃさん、さがさんと似て、深い歌が歌えるねと
言っていた。
日本の歌も、よかったし、ジャズもとってもよかった。
有難うございました。

中には、ご家族が、
私の方が楽しみにしてきてるんですよとおっしゃってくれたり、

利用者さんがプログラムをさし、
これ、今までの全部とってあるんですよ。
見て、思い出して、楽しむんですよと言ってもらえた。

昨夜、主人がこの日記を見たらしく、
椿のつぼみを、
「あれは、山茶花じゃないぞ、
寒椿だと書いてもらってるのに」と言っていた。

椿と寒椿って、どこがどう違うの?
と、まだ、納得していない私。
椿と寒椿、山茶花の違いを、どこかで調べてみよう。


話題が飛び飛び? クリック!

画像は、白梅。
風はまだ冷たいけれど、春ですね。
コメント (4)

穴あき

2006-02-18 23:20:10 | 日常のあれこれ
先日のお墓参りの折、
何気なくとった写真。

何の実かもわからないのだが、
右上に穴のあいたのがある。

こうやって、パソコンで見て初めて、
あ、穴あきだ! と気付く。

どうってことないけど、なんで穴あき?


虫のいたずら? クリック!
コメント (4)

ほっと、一安心

2006-02-17 20:57:11 | 山吹の里では
2月の山吹の里のコンサート、

今回、以前からお約束していたハモニカのグループから
キャンセルのお知らせをいただき、
急遽、代わりに出演してくださる方を探した。

いつも甘えてしまうのだが、
さがさんにどなたかご紹介いただけないかとお願いしたら、
きっしぃさんが、来てくださることになった。

以前、さがさんと、林正樹さんにご出演いただいたとき、
一緒にきてくださって、様子をご存知なので、
こちらも、安心。

これで、ほっとした。
この寒い時期、風邪やインフルエンザで
体調を崩す人が多いので、皆様もご用心ください。

そうそう、山吹コーラス隊は、
1.三つの歌
2.鞠と殿様
3.喜びも悲しみも幾年月

を、歌います。明日は、喫茶の当番と、
コーラス隊の練習です。


ほっと、一安心! クリック!

画像は南天の実。
コメント (3)

オリンピック中継

2006-02-16 21:18:09 | 日常のあれこれ
始まるまでは、メダルの可能性大といわれて、
期待していると、
うなだれた選手が
すみませんと、謝っている。

こんな場面が多くて、そろそろ
スカッとしたニュースに出会いたい。

曲芸的な技は、一瞬で終わってしまうが
このところ、カーリングが中継されていて、
ルールも説明されていたので、面白かった。

あの石(というのでいいのかな?)を
投げる時の、選手の目がすごくいい表情になる。
一生懸命だと、いい表情になる。


ところで、高校を卒業した頃、
高校のスキーの先生に、
「お前、そりやらないか?」と
いわれたことがある。

橇さ、
といわれて、へぇ~と思ったけど
リュージュのことだったのかな。

なんやかやで、うやむやになったけど、
今日、リュージュのニュースを見て、
こういう、レアなスポーツをやっている人が
それをはじめたきっかけって、
何だったんだろうなと、考える。

もしかしたら、私もやってたのかなとも、考える。
そう思ってみていると、気分が全然ちがってくる。


リュージュ、凄いスピードだ! クリック!

画像は山茶花。真正面を向いてるのは、
なぜか、かわいくない。
可愛いのは、葉の影に隠れている。
コメント (6)

280グラムと500グラム

2006-02-16 02:20:31 | おおはる話(母のこと)
姉の誕生日に近いので、母と姉の親友とお墓参りに行った。

この三人で逢うのも久しぶりだ。

母を迎えに行ったら、
開口一番、お墓のそばに山形牛のおいしいステーキを
食べさせるところがあるから、
そこで、お昼にしよう!

時間的に、まずお昼をすませることになり、
280グラムのステーキを注文する。

これって、一人じゃなかなか食べきれないよね。
うん、分けて食べよう!

アメリカに行った時、
500グラムのが出てきてね。
食べたのは、私とMさんだけだったよ、
と、母が言う。

食べることには、目がない母がおいしいというだけあって、
山形牛は、とろりとあぶらがのっておいしかった。

4月の陽気だそうで、半袖でもいいような天気だった。


500グラムは食べきれない! クリック!
コメント (4)

手をぐるぐるまわして…

2006-02-14 20:56:08 | 日常のあれこれ
オリンピック中継をみながら、
91の義父が、

昔は、ジャンプは手をぐるぐるまわしてね、という。
そうだ、そういう動きをしていた時期があった。

高校のスキー部の先生の話。
ジャンプの競技に、出たとき、
手をぐるぐるまわして、飛べばいいんだと、
練習もしてないのに、出されたことがあったそうな。

で、手をぐるぐるまわしたら、
反対に回したので、失速して、後戻りして
溝におっこったって、おもしろおかしく話してくれた。
みんな、涙を流して笑った。

時々ほら話もまじる先生だったから、
本当かどうかは定かじゃないが、
確かに、みんなぐるぐる回していた時期があったね。

思い出せば、
インカレで、雪なし県の選手は、
たいした練習なしで、ジャンプ競技に臨んでいた。

いつだったか、宿が一緒になった他校(3部)のスキー選手、
青い顔をして、遺書を書きたい心境だと、
火鉢にまたがりながら言っていた。
次の日に、ジャンプ競技が控えていたのだ。

ジャンプ競技というと、
その風景を思い出す。

度胸のあるのが、ジャンプ。
肺活量があって、粘り強いのがノルディック。
にわか選手の、選考基準だった。

得点をかせいで、上の部を狙うには、
ジャンプも、ノルディックでもこなさないとなのだった。
今でも、そんなことあるのかな?


手をぐるぐるまわして、飛べ! クリック!


この梅の蕾は、このあいだの日曜日に撮った。
今日、とても暖かかったから、咲いたかも知れない。
コメント (4)