toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

折り紙の箱

2022-02-15 09:34:05 | 日常のあれこれ
もう四半世紀前になるのか、老人ホームのボランティアで
喫茶コーナーをやっていた。

コロナ発生以来その活動がストップしたままだが、
初期に活躍してくださったFさんから、荷物が届いた。

最初は、お母様が入居なさっていて、
親子の対話がそれはそれは明るくて、職員の方にも愛され、
みんなに親しまれた方だった。

その後、お母様も亡くなられ、引っ越しされたので
年賀状だけのお付き合いだったのだが、
突然届いた包みを何だろうと開けてみたら、最初の写真。

折り紙の箱やお花などがきっちりと、隙間のないほど詰まっていた。

一緒に入っていたお手紙に、
八年前に大病をなさり、死の淵をさまよったこと、
その後リウマチも加わり、要介護となり、デイサービスに通うようになった。

そこで、リウマチの指のリハビリとして
八角箱(マトリューシカ、十八段)、ハスの花を習った。
他に黄色い米俵(お正月飾り)も三組つくったので、これも入れた。

八角箱は大きいの(折り紙16枚)を習ったが、そればかりでは面白くないので
2mmずつ折り紙を切ってマトリューシカにして、積み上げて面白がっています、
銘々皿のお菓子入れとうに使ったり、etc.とのこと。

折り紙そのものの模様もあって、
色の組み合わせ、出来上がりのきっちりしていることに驚く。

お正月後の玄関の飾りに置いてみた。色味があると明るくなる。
一つの八角箱に、八つの箱が入っている。
それを広げたのが次の写真。



これを見るたび、Fさんとの楽しかった会話が思い出され、
楽しくなる。


人気ブログランキングへ
折り紙の箱! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

「うつわ」での食事

2022-02-15 08:22:44 | 御殿場生活
今日は、お昼を「うつわ」さんで頂いた。
このお店のシステムは、月毎にメニューが変わるので、
今月は何かなと思いながら、楽しみにできる。

考えてみると、お店にとっては一種類のメニューで
食材の無駄は避けられる。

ご自宅でやっていて、ご家族とお手伝いの方がいらっしゃるだけなので
この値段が可能なのだろうが、
お得感があって、いつも満席になって繁盛している。

サラダが最初に出る。

お店の名前は陶器を趣味として作っていらした方が、
その器を生かして食事を提供なさったからなのだが、
やはり、器によって美味しさが増す。



メインはだいたい、シチュー系が多い。
今日は、白菜のクリームシチューにカキのピカタ、
お米は何か違う穀物がまざっている。



そして、デザートが最初の写真。
大きなお花が描かれたお皿に、お庭に咲いた花だったり、葉っぱが飾られ、
数種類のデザートが見事に盛り付けられている。
飲み物は、好きなものを注文できる。

で、その時によるが、お煎茶が大きなお茶碗で提供されたりする。
今日は寒かったからと、甘酒が提供された。

で、一人前1100円。
普通だったら、デザートと飲み物の値段だ。


人気ブログランキングへ
「うつわ」での食事! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

飛行機雲

2022-02-09 11:54:00 | 御殿場生活
今朝、ごみ捨てに出たら、空に飛行機雲。
富士山側の空にも、箱根側の空にも。

360度撮れるカメラだったらと、思うほどに空いっぱいの飛行機雲。
見事に飛行機雲。









「空を見ろ!」
「鳥だ!飛行機だ!」
「あ、スーパーマン!」
の言葉を知っている人は、どの位いるだろうか(笑)


人気ブログランキングへ
飛行機雲! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

薪割り

2022-02-06 23:04:16 | 御殿場生活
御殿場では、ストーブを利用している。
薪は家の周りの木を伐採してもらったものを切って使っている。

そこで、薪割り機の登場である。
電動で、手前から押し進み、向こう側に見える楔状のものとの
間に挟んだ木を圧力で割る。

真直ぐな木は、パカっと見事に割れるが、
枝分かれした部分の木は変な割れ方をする。

どう割れるかの予想はつかない。
ねじれたような、ひねれたような。

こんな風に割れる。


これが、先日見て、俊介さんに教えてもらった
肋骨雲に似ている!



雲も、薪の木も、面白い。

人気ブログランキングへ
薪割り! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

電信柱と電線

2022-02-03 01:22:14 | 日常のあれこれ
お正月の頃、鶴瓶とタモリが一緒の番組をやっていて、
二人の会話が面白かった。

鶴瓶が出会った人のことを補足して説明していた時、
あの人は無口だったけど、町の電信柱を埋めた人で、
街のために尽力した人だと説明したところ、

タモリが、電信柱を埋めたんじゃなくて、
電線を埋めたんだろと、訂正した。
鶴瓶は、電信柱を埋めたで通じるじゃないかと抗議したが
タモリは、正確に言わなきゃだめだ、と主張した。

これに似た話が、私と夫の間にしょっちゅうある。

この間のデザートの(お皿に乗っていた)南天と私が言ったら、
南天はデザートじゃないし、食べられない。
(かっこ)の中の言葉を省略したらわからないと、夫が言う。

話の前後で話したいことはわかるだろうというと、
僕は科学者だから、正確に言わないとならないと思っている、という。

行間を読むとか、推測して理解することをしない、
言葉と裏腹な複雑な感情など、理解しない、
だから、時々言ってはならないことを、その人の目の前で言ったりする。

どちらが正しいとはいわないが、人はいろいろな人がいるのだと、思う。

人気ブログランキングへ
電信柱と電線! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


初ホウボウ

2022-02-03 00:31:41 | 日常のあれこれ
2月1日のこと、お昼を食べに箱根に出かけたのだが、
目指したところは2時で終わっていて、考えていたお店では食べられなかった。

で、富士屋ホテルの駐車場のそばにある魚屋さんの前を通りかかったら
美味しそうな魚が並んでいた。

お刺身を少し買って、夫がこれを買いたいというので
「ホウボウ」を買った。今まで買ったことがなかったし、
料理したこともなかった。

こういう初物は、気分が乗った時は珍しがって面白がるのだが、
最初はちょっと気がのらなかった。

でも、お魚屋さんと話していて、塩焼きが簡単と聞き、
買ってみようという気になった。

なんとも不思議な恰好だ。箱型で鎮座している。
今日、夕飯に焼いてみた。美味しかった。

このお魚屋さん、小田原から通ってくるのだそうで、
珍しい近海物があるので、夫は寄るのを楽しみにしている。

以前は、店先におばあさんが座っていて、何かと会話した。
5~6年前、舅も一緒にいたころ、

おばあさんにお元気ですね、おいくつですか?と尋ねたところ
95才くらいの答えだったと思う。

義父がにやってして、我々が100才なんですよと紹介すると、
「負けた!」とおばあさんが言って、お互い頑張りましょうなどと
言い合っていた。

舅は104歳で亡くなった旨話したら、
おばあさんは、今コロナで家にいるがこの22日で99才になるとのこと。

じゃ、その時にはお祝いに来なくちゃねなどと話して笑った。
たまに寄るお魚屋さんだが、山の中だけど新鮮なお魚が楽しみなお店。

人気ブログランキングへ
初ホウボウ! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


お年玉

2022-01-31 15:34:16 | 日常のあれこれ
先日、送った年賀状がお年玉に当たりましたと、ご報告を頂いた。
みんなの合唱団でご一緒で、ご家族ぐるみでお付き合いのある方。
こういうことって、小さなことだけど、気持ちが和む。

このところバタバタしていたので、今日やっと頂いた年賀状を調べてみたら
四本お年玉の切手が当たっていた。

いつも書き込みにお返事をくださる方一名(〒155-0033の方)。
先日スキーにご一緒した91歳の絵描きさん。
いとこ、一名。
夫の後輩、一名。

ありがとうございました。
当たるというのは嬉しいことですね。


人気ブログランキングへ
お年玉! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!






野沢温泉でのスキー5(おまけ)

2022-01-23 23:39:51 | 野沢スキー
最終日、スキーを終え、スキー場の食堂でコーヒーブレイク。

ガラス越しに子供たちが雪だるまを作っているのが見えた。
兄弟なのか、子供たちだけで作っている。



大きな丸を二つ作って、一つの上に載せようとしたが
乗っからない。
見ていたら、載せようとした丸い球をソバの坂を転がして登らせ、
雪だるまの胴体の上に載せた。
ピラミッドの積み上げ方のようで、頭が乗っかった時は、
子供たちもやった!という顔。

ガラス越しに見ていた我々の誰かが、
やったねと合図したのか、こっちに向けて、親指を立てて相槌をうっていた、
こっちにいた6人も、親指を立てて、揃ってやったね。



これでスキーは終わり、荷物をまとめてから美味しいお蕎麦屋さんと
紹介してもらったお店に寄って、帰途へ。

たった二泊三日だったが、色々な思い出になる旅だった。

最後の写真はなんかわからないけど、何だろう?
空を飛ぶのかな?



人気ブログランキングへ
野沢温泉でのスキー5(おまけ)! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


野沢温泉でのスキー4

2022-01-22 00:47:53 | 野沢スキー
備忘録として。
参加した13人の特徴を書いておく。

Tさん。
91才、いつも先頭を切って滑りだす。
私がコースアウトしたちょっと前に、顔面制動のごとくころんで
鼻のしたあたりにケガをなさったがものとせず。
私が、冷たくて手袋ごと手をたたいていたら、
これ、なんだかわかる?と見せてくれたのは、
手袋に電熱が入った手袋、スイッチの位置を示し、ここ押すと温かくなるんだよ。
誰にでも話しかけ、知らぬ間に仲良くなっている。

夕食の時、全員の記念撮影をしたのだが、そばにいた大学生に
君、とってくれる?と。お風呂で仲良くなったのだそうだ。
お仕事は絵描きさん。

Kさん。
やはり、91才。Tさんの良きライバル、さえちゃんの大先輩。
黄色いヤッケ。
スキー場では、皆ヘルメットにマスクなので、ウェアが似ていると誰が誰か
わからなくなる。
そんな時、ヤッケの黄色は目印になる。なので、はぐれないように、
私はいつも、黄色のヤッケを探していた。
コーラスをなさるので、一月前に行ったヨーデルのコンサートにもご一緒した。

Tさん。
今回のサブリーダー、集合や解散の合図を発してくれる。
全員での写真をここでとりましょう!とか、
並び方へのこだわりは、いろいろあって、
そこ引っ込んで、〇〇さんの顔が隠れてる、と注文も多い。
多少せっかちなところもあるかな。

T夫人。
我々と彼らが夫婦で参加。
細かいところに気が付き、身軽にみなさんのお世話をしてくださる。
山もスキーもベテラン。

Oさん。
青森から参加。青森から4時間半だったそうな。
思いのほか早いと皆が言っていた。
地元でリーダーをなさっているとのこと、
口数は少ないが、人の好さが滲み出る。
私のコースアウトの時に助けてくださった。

Sさん。
やはり青森からの参加。
大鰐から。
そういえば、インカレの時、大鰐だったと話す。
碇ヶ関に泊まったことを思い出した。
ザックに、いつ遭難しても大丈夫なような装備をしょっていらした。

Kさん。
昨年、志賀スキーにご一緒した方。
姿が見えないなと思うと、タバコ・ブレイク。
ブルーのヤッケ。

Kさん。
カーキ色のヤッケ。
テレマークをなさっていた。
山の話をさせたら、海外も含めきりなく話が続く。
鉄道関係のお仕事だそうで、
新幹線に信号はない話とか、切符の自動改札のメカなど
専門的な話が聞けた。

Yさん。
22才、大学4年生で、卒業間近。就職も決まって今が一番ほっとした時期か。
山スキーをしたいとのことで、
山スキーを一式揃えるのは大変と、山スキーの仲間に声を掛けたら、
もう使っていないのが提供された。
それに対しての彼女のお礼状があまりに見事で
好感度100%。
おばあさんっ子だったといっていたが、年寄り集団の中でも何のてらいもなく
みんなに可愛がられていた。
部活の話になり、雪崩に備える訓練はやった?の質問に
「埋められ、つつかれ、掘り出され!ですね。やりました。」
には、皆さんが大喜び。
あれ、埋められると、本当に掘り出してくれるのか凄く不安になるんだよな、
とか、上か下かもわからなくなるんだよな、と盛り上がった。
去年、イエティと日光にご一緒したので、話もはずみ、
車の中でも、いっぱい話して私も楽しかった。

Oさん、埼玉から参加。
今回、埼玉県からだと、長野県に隣接する県ということで
凄く割引になったと、喜んでいらした。

Gさん。
夫、話が長い、と改めて感じた(笑)
一応、今回リーダー。

Yさん。(私)
今回のエピソードの中で最大のコースアウトをしでかし、
パトロールに連絡しようと思ったとか、
木にぶつからなくてよかったねとか、
怪我がなくてよかったねとか、いっぱい言われた。
もし来年もこの旅があったら、絶対言われ続けられそう。

これで12人。もう一人が思いつかない。
でも、今日はここで。

人気ブログランキングへ
野沢温泉でのスキー4! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!




野沢温泉でのスキー3

2022-01-19 21:11:10 | 野沢スキー
野沢温泉でのスキーの日程は、ここで行われる火祭り(道祖神祭り)にあわせてあって、
二日目の夜は、このお祭りで盛り上がる。

コロナ前は、大変な人出があって、盛大だったそうだが、
今回は、地元の方たちのみ、観光客は宿でケーブルテレビの中継を見ることができた。

夕方、会場に行き、燃やす前の姿を見る。
そこまでの道は、踏み固められて、ツルツルすべる。

転ばないように歩くが、あちこちで、おっと!と転ぶ人続出。
半分くらいの人は転んでいた。



これが燃やされる前の姿。手の込んだ作りで、この屋根のところに年男がのり、
下では、松明をもった人たちが火をつけようとする。



上のほうには、お社がある。



こんな飾りもあり、新年の書初めが集められている。
これも最後には日の中にくべられる。



お祭りの説明。



多分、年男を出す家は、こんな飾りを家の前に飾る。

ケーブルテレビ(菜の花テレビ)を宿でみんなで見ていたが、
8時から11時まで延々と続く。よく火傷しないと思うほど、火のついたもので相手をたたく。

ずっと、掛け声がかかり、そばにいたら火が降りかかって、
衣類はこげて穴があいてしまうという。







話には何回も聞いていたが、テレビを通じてみただけでもすごかった。

人気ブログランキングへ
野沢温泉でのスキー3! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

野沢温泉でのスキー2

2022-01-18 20:09:16 | 野沢スキー
二日目の朝は、青空。
遠く妙高・火打が見え、見事な眺め。
眺めはいいが、次の写真の真ん中の赤い人は雪かき、
雪国はこれが、大変なんだな、と思いながら。



前日、次男に野沢に行く旨、メールを入れておいたら
僕も近くの木島平にいきますとのことで、
望遠鏡で見たら見えたとメールで返そうかと笑った。



ロープウェイなど乗り継いで、毛無山(1650m)まであがる。
皆さん、揃って滑り出す。
皆さん、かなりうまいし、スピードも出す。

91歳のお一人がいつも先頭をきり、皆がどんどん続く。
平均年齢81歳のグループとは思えない。
天気は良いし、気分良く滑る。



22歳のYさんは、深雪(ふかゆき)をやりたいということで、
青森からの参加者お二人が、面倒をみてくれるということで
張り切って滑っていた。



すべてがうまくいっていたのだが、
尾根にあるスカイラインコースの廊下状のところを滑っていたら、

一部凍っていて、アッと思ったとたん足をとられて
コースから外れ、新雪の中に、飛び込んだ。(←私が)

コースから同行者たちの顔が覗き込む。
片方のスキーが突き刺さり、手をつこうとすると、潜り込んで
にっちもさっちもいかない。

青森からの方が、助けてくださって、
スキーを組んで、それで雪を抑えながら、足場を作る。
起き上がり方から、腿までめり込んだ足の引き抜き方、
本当にお世話になりました。

コースに戻るため、トラバースする時も先行してくれて、
助かりました。幸い、木にもぶつからず怪我もなく、
その後は、大人しく滑りました。



そろそろ皆さん疲れてきてますから、慎重に!と声がかかり、
早めにスキーを終えた。

その後、有名な火祭り(道祖神祭り)の準備しているところを見に行った。
それは、また続く。

人気ブログランキングへ
野沢温泉でのスキー2! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!




野沢温泉でのスキー1

2022-01-17 12:38:02 | 野沢スキー
夫が行く予定の野沢スキーのメンバーがお二人もドタキャンになったとかで
急遽、穴埋めのため、私も行く予定になった。
14~16日、二泊三日である。

結局13名の参加、東京から車でご一緒は、91才二人、22才一人、それと私と夫の5人。
若い方には新宿駅に来てもらい、高齢のお二人はそれぞれのお宅に迎えに行く。

夫の山の仲間の中で、スキーが好きな方々の恒例の旅で、
野沢の火祭りに合わせて行く。

舅が存命の頃は、私は行かれなかったので
火祭りを見るのは初めて。

昨年はコロナで団体での行動はできなかったので、
私と夫で、旅館の方とこのご時世の話をしてきたが、
火祭りは内々でのお祭りだった。

今年はそこそこの人出で、スキー場はにぎわっていた。
行った日は途中から雪が降りだし、つく頃はホワイトアウトに近い状態。

高速道路上で出会った、除雪車。
どこにこんなにあったのかというほど、
いたるところで、様々な除雪車に出会った。

集合がゲレンデの食堂で12時半ということだったので、
天気は最悪ながらゲレンデに。

コースに新雪が降ったところと、圧雪されていないところの境目がわからないので
本当に滑りにくかった。

寒くて、道路は凍っていて、宿のツララはすごい。



続く。

人気ブログランキングへ
野沢温泉でのスキー1! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

南天

2022-01-12 13:58:17 | 日常のあれこれ
年賀状に南天の実の絵を描いた。
昔は、木版で何色もにわけ、刷るだけで大変だった。
一時、プリントゴッコなるものができて、便利になったと喜んでいたが、

今では、紙に筆ペンで輪郭だけ描き、
スキャンして着色をパソコン上で行い、あっという間に仕上がる。

毎年、何を題材にしようか迷うのだが、
今年は、庭にいっぱいある南天にした。

玄関を開けるとすぐ目に飛び込む
マムシ草にしようかと夫に提案したのだが、

夫の「マムシ草は嫌いだ」との一言で却下となった。
マムシ草に対する偏見だと、いってみたものの、
まあ、南天に収まった。

年齢との関係で、年賀状をもうやめますというメッセージが最近増えたが
近況を知るのが楽しいので、やはり私は出すつもりでいます。

もらった年賀状から。
20年前ごろ、ネット上で掲示板を通じて親しくなった
明野照葉さんという作家の方から、新刊出しましたとの添え書きがあった。
早速、買いにいこうと思っている。


人気ブログランキングへ
南天! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

コーラス変じて豪雨の中のスキー

2022-01-11 21:07:36 | 日常のあれこれ
K会のコーラスがコロナ増加の傾向に鑑み、中止にしますとの連絡がきた。
東京に行く予定だったのが、一日何もないことになったので、
夫がイエティ・スキー場に行こうと言い出した。

天気予報では雨となっていたが、
朝、ちょっと薄日が差したので、それっと出かけた。

家から車で30分ほど、途中で霧の中に入ったが
それを越えたら、雲の上に出たのか、
間近に大きな富士山山頂が見え、喜んだのだった。

しかし、身支度をして滑ろうとした頃から、
雨→みぞれ→雪→雨と変わり、びしょびしょに濡れながらのスキーとなった。



ネット予約(シニア)で一日券が2200円だったので
たった二本のすべりしかしてないので、
一本1100円だ!といいながら、早々に退散した。

現役の頃でも、これほどの豪雨の中で滑った記憶はない。
年寄りの冷や水といわれるかな?

コーヒーを飲みに入った食堂もガラガラ。


人気ブログランキングへ
コーラス変じて豪雨の中のスキー! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!


柚子が活躍

2022-01-10 15:02:42 | 日常のあれこれ
東京の玄関先にある柚子。
次男が小学校一年の時、遠足で苗をもらってきたのだが
時期になると実をつける。
今年は東さんから15個ほど欲しいとの連絡があったので
長男に頼んで届けてもらったら、元旦のおせちに使ったと
連絡があった。



残ったものを全部取って、夫が御殿場に持ってきた。
いつもいく、喫茶店におみかんで作った虎の飾り物があったので、
この柚子を届けたら、より虎らしくなって、飾ってくれた。





お店の方は、よそでこういう虎の目鼻をつけたものを見たらしく、
すぐにマジックで描いて作ったとのこと。

帰ってきて、昨夜「ダーウィンがきた」をみていたら
虎はオレンジ色、黄色の話をやっていて、なんとなくおかしかった。

人気ブログランキングへ
柚子が活躍! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!