toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

村長さん

2008-08-13 22:37:36 | 夏の思い出(一匡邑)
マイミクのおやじさんが村長になられたとのこと。

一匡邑という村、昔、祖父たちが仲間と作った別荘村だが
一種の共同体として、機能していた。

それぞれの家族が、子に、孫にと代が変わって、
これからは共同体を維持するのは大変そうに思う。

おやじさん、持ち前のアイデアと、親しみやすい人柄で
立派な村長さんになってくださることを、祈ります。


ところで、
「おいらが村の村長さんは♪」
ではじまる「ゆかいな村長さん」という歌、知っている人はいないかな?

軽井沢といえば、先日よくお邪魔するHPで
「軽井沢」が歌詞に含まれる歌が、いっぱい並べられていた

どれ一つとして、知っているのはなかった。
田舎がないぶん、夏はいつも行って親しんだ北軽井沢や、旧軽だが、
歌があったとは!


村長さん! クリック!

コメント (2)

地雷のない家

2007-04-03 22:00:06 | 夏の思い出(一匡邑)
家によって、その家風がある。
家風なんて、偉そうなものでなくても、
流儀のようなものがある。

夏、一緒に過ごすいとこたちに接していると、
我が家との違いに気付くことも多かった。

我が家では、父が時々、言葉遣いが悪いとか、
態度が生意気だ、などといって、
突然怒り出すことがあった。

父方の家は、長幼の序や、言葉遣いもみな気をつかっていて
兄弟でも、敬語をつかっていた。

そういう育ち方できたので、
母方の家族の自由さが、時に秩序のないものに思えたり、
馬鹿にされたように感じたりするのだと思う。

一匡邑で過ごす毎日は、
親戚とはいえ、よその家庭のようすを垣間見る日々だった。

おじ、おばをつかまえて、
○○ちゃんと呼ぶのには、私は抵抗があった。
あ、これが家庭による差だなと、感じた。

我が家では、時々爆発する地雷が存在したが、
地雷のない家族もあるんだと、妙にうらやましかった。

その頃は、我が家は堅苦しくて、と思っていたが、
年を経ると、いろいろな家庭を見聞きできて、
よかったんだなと、思える。


地雷のない家! クリック!

写真は、山中湖畔の芽吹き
コメント (3)

大じゃんけん大会

2007-03-29 19:04:09 | 夏の思い出(一匡邑)
従兄弟たちと、ひと夏過ごす。

いとこは、6人兄弟のおじおばのところに
上から、3、4、2、2、2、2、計15名。

全員が揃うわけではないが、
常時10人前後はいた。

毎食後に、大じゃんけん大会がある。
食事の後の片づけの役割をじゃんけんで決める。

テーブルから流しにもっていく、まえかた(前の片付けの略)
洗剤で洗う、洗い、
それをすすぐ、すすぎ、
洗いあがったものを拭く、ふき、
戸棚にしまう、あとかた(後の片付けの略)

上記の役割を、じゃんけんに勝ったものから先に選べる。

大したことではないが、いつもテンション高く、
「じゃんけんぽん!」っと、やっていた。

掃除、洗濯、買物、
どれもワイワイやっていた。

10数軒ある、一匡邑の家々の中でも
ひときわ子供の密度が高く、
いつも連なって、行動していた。

邑の管理人をしてくれていたMさんは、
それを、面白がってくれていた。


大じゃんけん大会! クリック!

写真は、ベランダに咲いたクロッカス。
コメント (4)

いっきょうむら

2007-03-28 21:15:30 | 夏の思い出(一匡邑)
以前も、ご紹介したが、
一匡邑(いっきょうむら)について
sourokuさんがブログに書かれている。

大正12年に…とあるように、母の代から夏はここで過ごしたらしい。

母と北軽(略してこう呼んでいた)といえば、
草軽電鉄で怪我をした話がよくでる。

娘時代、北軽井沢から東京に帰るのに
草軽電鉄に乗って、デッキから身を乗り出して、
手を振って別れを惜しんでいたら、

電信柱にあたり、その反動で反対側にたたきつけられ、
落ちて大怪我をしたのである。

もちろん、医者はいない、
軽井沢の外人専用の病院にかつぎこまれ、
意識不明の状態が続いた。

顔を何針も縫う怪我をしたので
女の子なのにと、心配した祖父が、車で東京まで運んだので
その後、目の焦点があわなくなるという後遺症が残った。
(そのため、今かけているメガネは、
片目を黒いシートで覆っている、丹下左膳みたい!)

その時の話、
意識はなくても、皆が言っていることは聞こえる。

ああ、もうだめだとか、
助からないなと言う声が聞こえていたと言う。

だから、病人やけが人の枕元では
聞こえないからと悲観的なことはいってはいけないと
よく言う。
聞こえていることに対して、表現できないだけなのだそうだ。

母にとっても、いっきょうむらは、
いっぱい思い出のあるところなのだ。


いっきょうむら! クリック!

写真は、2月のコンサート、マンドリンクラブの指揮者。
笑顔が素敵だった。みねこぺんさん写す
コメント (2)

夏の思い出(一匡邑)

2007-03-27 21:52:50 | 夏の思い出(一匡邑)
子供の頃、夏になると北軽井沢に毎年いっていた。

北軽井沢での生活は
普段出来ない、楽しいことばかりだった。

いとこ10数人が一緒に寝起きし、
家事もみなでやり、合宿のような楽しさだった。

大人は、祖母かおばがお目付け役でいるくらい、
よく考えると、親たちは、約一ヶ月の間、
子供なしで過ごせたのだから、
ある意味ホッとできる期間だったかもしれない。


川の水を汲んできて飲用に、

冷蔵庫はないので、
川にブリキの箱をうかせて、その中が冷蔵庫がわりだった。


その一ヶ月を一緒に過ごしたので、
従兄弟たちとも、仲がよい。

あるときは、おにぎりを作って、
溶岩が固まって出来た鬼押出しへ行ったり、
浅間牧場へ行ったり、よく歩いた。

そんな話を、時々書いてみたい。


夏の思い出(一匡邑)! クリック!

写真は、山吹コーラス隊の重要メンバーKさん
みねこぺんさん写す
コメント (5)