気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

少し早かった子角山の紅葉

2016-11-26 16:46:49 | ふるさと紹介
 掛川城の東側300m程の小高い丘に掛川古城があった場所があります。

 現在の掛川市立第一小学校の北側の小山の頂きで、以前に「ここの紅葉もいいよ!」と聞いていたので本日、立ち寄ってみました。
 しかしある程度のモミジやイチョウの色づきは見られましたが、少し早いようでした。(12月上旬がいいとか)

   
           (子角山公園と、色付き好き始めたモミジ《一部分》)

 まだ色つき薄い紅葉の模様もまとめてみました。


 この場所は、子角山(ねずみやま)と言い、公園になっていて、市街地に近く普段は散歩や子供連れの遊び場所にもいいようです。

 公園南の第一小学校グランドでは野球少年の練習風景が見られました。また、子角山の一角には県の指定有形文化財となている徳川家光公の霊廟も建立されており、興味深い地区ともなっていました。

   
           (野球少年の練習風景と家光公の霊廟)

 上の小画像は、子角山から眺めた東方面の風景で、掛川の粟ヶ岳や遠く小さく富士山も眺められました。
 


◆家光公の霊廟の解説。(インターネットより引用)
 明暦2年(1656)、この古城跡に掛川城主北条氏重によって3代将軍徳川家光の霊廟が建立されました。現存する建物は文化年間の火災の後、文政5年(1822)に再建された180年以上も前のもの。きらびやかな極彩色の宝形造(ほうぎょうづくり)です。内部には霊牌を祀る春日厨子があり、建物とともに静岡県指定有形文化財として保存されています。

コメント   この記事についてブログを書く
« ローカルバンド  《桜木ヤン... | トップ | 家康公ゆかりの寺〈⑥最終回〉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと紹介」カテゴリの最新記事