3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

女性進出を法律で後押しするしかない

2018-05-17 12:27:03 | 女性の地位
ほっとけばいつまでたっても男社会。
会社も学校も役所も町会も大学もみーんな男がのさばっている。
そこに入り込むには、女を武器にするか、ものすごく優秀かどっちかで、そこそこの女性は入り込む隙はない。
で、結婚して子ども生んで、産休育児休業、で、ちょっと無理になって、やめて、子どもに全速力で注力し、子どもが中学にはいってあたりから、復職しようかと思うが、プライドをかなぐり捨てれば別だが、そう簡単に花のOL時代のようにもてはやされることもなく賃金は低くてこんな給料なら働かなくてもよい、と、社会活動などにいそしむ、そう、夫が高収入であればなおさら、食うためにがむしゃらに働くことはなく、結局、働かなければならない女で給料に注文つけてられないような人が働き、あとは、遊んでいる、というのが日本の女の現状。

それでも不況になって、女も男も働いて家計を補助ではなだく、大黒柱として働くことになったりするとそりゃあもう大変である。

女には高い賃金は払わない!というのが日本の企業の体質だから。
これが問題である。女が多い職種は低賃金と決まっている。

とにかく、子育て中でもやりがいを持って働き続け賃金がきちんと支払われるような社会にならないと日本は崩壊する。

男も働きすぎである。

男女ともに労働時間を短くして、早く帰れるようにしよう。
通勤時間が長いので、帰宅時間が遅くなるので、職住接近政策をやろう。

地方によい企業をつくって、職住接近にしたらよいだろう。
地方に女性議員をたくさん誕生させて住みやすく働きやすい地域づくりをして、若者を呼び込もう。
すてきなカフェだけでなく、保育園と学校を誘致したら変わるのではないだろうか。

街づくりを含めて時短の働き方改革をしなければと思う。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 候補者男女均等法が通ってう... | トップ | 2018.5.13 母の日に 母を看... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

女性の地位」カテゴリの最新記事