3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

医学部は信用できないことが判明した 

2018-10-16 12:19:05 | 現代社会論
医学部の入試をめぐる不祥事、不公平、女子受験生への差別があらわになった。
医学部教員の常軌を逸する偏った社会意識が改めて白日の下にさらされている。

東京医大だけではないとはわかっていたが、入試情報を開示すればするほど、いい加減な入試が行われていたことが明らかになり、医学部卒といってもそもそも信用できない人たちであることがだんだんわかってきた。
私立の医学部は縁故と寄付金、金まみれの入試が行われているのではないかと思われ、この際、明確にすべきである。私立といっても多額の国の補助金が投入されているのであるから、税金を払っている国民からすれば、いい加減な入試でいい加減な合格発表が行われ、公平な手続きを経ていないものが合格して医師になっていくのはどうしても納得できない。


東京大学の理科Ⅲ類の入試の情報は明らかになったのであろうか。
東京医大のとき、全国の医学部の入試情報に関する調査が行われたが、東大は情報開示を拒否していたので、怪しいと思っているのだが、未だに東大の入試情報はクローズなのだろうか。
きちんと男女の差や面接点の開示などをすべきではないだろうか。
縁故採用をやっているのではないかと思われるふしがないわけではなく・・・、面接があるので、何でもありだと疑問にかねてから思っているので、この際、本丸東大理Ⅲ類の合格者情報を開示すべきであると強く要望したい。

財務事務次官のセクハラをみれば東大法学部の卒業生がセンター入試の点は高いのだろうが、そして数学や英語はよくできるのだろうが、ただそれだけのやからで、信頼に足るべき人材かどうかは、まったく別であることがだんだんわかってきた。というかやっと世間が正しい認識、つまり、東大や医学部といっても必ずしも公平に選ばれ、信頼される人格であるわけではないことがわかってきたということである。

さらに昨日は弁護士の犯罪が明らかになった。難関の司法試験を通って弁護士として社会の弱者を救うのが弁護士と思っていたが、犯罪に手を染めるとはどのような経歴の弁護士なのだろうか。
難関大学に合格するため、司法試験に通るために努力する途上で人格破壊が起こるのではないかと思うのである。

姫野カオルコの「彼女は頭が悪いから」という小説を読むと、頭が良いことが全能感を植え付け、何でも許されるという幻想をいただかせ、犯罪をしても許されると錯覚させる。大きいな問題を感じる。

日本の教育の大失敗だ。
このところ30年の教育の失敗なのではないだろうか。
効率や生産性ばかりを追及する社会状況は、子どもをゆがませ、縮こませ、ろくな人間を作ってこなかった。
優秀であってまともな子どもは、実は東大や医学部からは遠いところにいるのではないだろうか。
教育は、そういう優秀でまともな子どもを掘り起こし、育てることに力を注ぐべきである。

親が金持ちの医者で子どもに投資しコネをつかって、医学部や東大に入学させるような人間をとても信じることはできない。
腐っているのである。
本当に憤るのである。





コメント

2018.10.11 バルコニー便り  「落葉松」秋の雨の日に私の心が濡れる

2018-10-11 15:38:04 | 日記
今日は曇り、少し雨

落葉松を聞いている。
40歳ぐらいのバリトン歌手が歌う「落葉松」がとてもよい。


落葉松(作詞:野上彰、作曲:小林秀雄)

落葉松の 秋の雨に
わたしの 手が濡れる
落葉松の 夜の雨に
わたしの 心が濡れる

落葉松の 陽のある雨に
わたしの 思い出が濡れる
落葉松の 小鳥の雨に
わたしの 乾いた眼が濡れる

・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしの思い出が濡れる
小鳥の雨に
わたしの乾いた眼が濡れる

いいなあ、
しんみりする

こんな日は素敵なバリトンの「落葉松」がいい。

遠い日、年下に恋したことがあった。
そんな遠い日の恋を思い出し、涙ぐんでしまう秋の雨の夕暮れ





コメント

彼女が水着に着替えたら、じゃなくて、彼女は頭が悪いから、だって 馬鹿にしてる

2018-10-03 13:50:40 | 女性の地位
姫野カオルコの「彼女は頭が悪いから」という本が売れているらしい。近くの区の図書館のサイトをみたら、150人マチだって。
読んだわけじゃないんだが、それに姫野さんの作品をこれまで読んだこともないので、なんともいえないんだが、内容はちょっと前にあった東大生5人による女子大生性的虐待事件の話のようである。
あの事件があったとき、事件の全容について、新聞程度しか知らなかったが、それでも東大生5人でひとりの女性を性的虐待したというので、胸糞悪すぎと思っていた。

東大生の全能感というのは、確かにあるだろう。
数学や物理がだれよりもできるから、なんでも許されると思っているのかもしれない。

だからといって、男5人かかって、女一人をいたぶるっているやり方は、狂っているとしかいいようがない。

カバノー判事の事件も同じようなにおいを感じる。
両親ともに弁護士で、カバノー自身も勉強ができ、いわゆる全脳感というのがあったのだろう。

しかし、勉強ができるからといって魅力的な男かというとそうではないというのが世の常である。
ノーベル賞級の男がいつも素敵とはかぎらない。全能だと世間は思いたいのだろうが、そうでもないと思う。
以外に妻や娘は苦労しているかもしれない。

全能感の男は、女はどう扱ってもよい。女、とくにバカなら何をやってもよいんだと、思いがちである。
勘違いの極致。

東大に入るには父親が高学歴で高収入、母親も高学歴で専業主婦的な女性でなければ大変であることはこれも世の常である。
よって、母子未密着度はかなり高い。全員マザコンであるといっても過言ではない。
とくに最近はその傾向が強いと思う。なんでも許される。なにか不祥事があれば権力に近いところにいる父親が対応してなかったことにしてくれたりする。

やはり、東大はあの時、崩壊させておいたほうがよかったのである。
東大の権威主義が東大生を勘違いさせ、性的虐待だけでなく、あらゆるところで害毒を振りまいているように思えてくる。
官僚、医学界、特にそれがひどい。

結局、女はバカじゃいけない。
バカでもいいけど、バカな東大生の言いなりになってはいけないという教育を受けるべきなのである。
それによって、女はバカから脱出することができる。

東大というブランドになびくやからこそ害毒である。それは東大生よりもっと毒だと思うのである。





コメント

カバノー判事は最高裁判事になる資格がない アメリカの最後の望み、見識にかける

2018-09-29 12:38:05 | 女性の地位
司法委員会で最後の最後のどんでん返し。
CNNを昨晩みていて、もう、数の論理で指名されてしまうんだな、と絶望的な気持ちになり、これ以上見る気がしなくなって、ふてくされて風呂にはいってふて寝をした。
で、朝起きてみたらどうもドンデン返しがあったらしいのである。

9月28日ジェフ・フレーク(共和党アリソナ)上院議員は、ブレット・M・カバノーフ最高裁判所の指名手続きの軌道を劇的に変えたという報道。
FBIの調査をしてからvoting することを提案したらしい。

カバノーのノミネートにokしたということがリスクだと思ったのだろうか。
この分だと、次の選挙で落選が決まってしまうと思ったらしい。
トランプもFBIの調査を認めたらしい。この分だと中間選挙で惨敗しそうだと思ったからだろう。計算高いトランプが、そういうのは相当危ないからだろう。
選挙権のない筆者も、あの上院議員の司法委員会のメンバーの共和党員の男どもの発言を聞いていて、フォード教授の捨て身の告発をあざ笑うがごとくの発言にひどく傷つき、こんなやつら全員落選させてやると思ったくらいだから、全米のまともな人たちはみなそう思っただろう。
延期されたのはいいがほんの1週間である。
この1週間の間に世論をみる、カバノーは巻き返しをはかる、ということか。
ただの通過儀礼か。禊のつもり?


世の中の反応をみて決めようとするところが狡猾だが、まあよしとしよう。
フォード教授とその後に続いた女性2人の勇気ある告発を機会にアメリカの政治に大きな変化がもたらされることを期待するのである。
これで、フレーク議員の再選は決まりだ。彼はヒーローである。

カバノはうそはっけんきにかけられ、すべてが暴露され、投獄されろと思うのである。

日本の#me too ももっとがんばらなくてはならい。
コメント

I bieve Dr.Christine Blasey Ford, and Mr. Brett Kavanaugh is not worthy

2018-09-27 12:08:44 | 女性の地位


I believe Dr. Christine Blasey Ford, that badge is on sale.
I also want to support her from Japan.

Mr. Brett Kavanaugh is not worthy of the judge of the Supreme Court.
You should leave before everything is revealed.

There should be another person on the Republican side who is suitable for judgment of the Supreme Court.
All the way, you do not have to choose such sexual violence.
America is only laughed at the world.



I believe Dr.Christine Blasey Ford,というバッジが売れているのだそうだ。
日本からも応援したい。

Brett Kavanaugh氏は最高裁の判事、にふさわしくない。
すべてが暴露される前に立ち去るべきである。

共和党側の人物で最高裁の判事にふさわしい人はほかにいるはずだ。
わざわざ、こんな性暴力者を選ばなくてもよいだろう。
アメリカが世界で笑われるだけである。
コメント