3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

2018.7.29 バルコニー便り 草花が疲れているようである

2018-07-29 17:33:56 | 日記
昨日からは台風の強風で、椿の一つが倒れてしまった。大変だ!すぐ起こしてやらねば。

その前の酷暑のなかで、草花は熱にやられて、枯れたり、つぼみをつけなかったりしている。
それは草花の自己防衛の姿なのか。
なるべく、涼しいところに鉢を移したりしている。

冬の間は夏の光が待ち遠しかったのだが、こう連日暑いと冬のあの弱い光のほうがましと思ってしまう。

トンボがとまっている。今年の百日紅はまだ花をつけない。もう今年は花を咲かせないのかもしれないとおもって、あきらめている。

今は、小さなほうの百日紅が咲いているだけで、後は、自然に生えてきた山葡萄?がなんだか知らないが元気に実をつけている。

今の家に移ってきたのは、2014年のGWだった。
そのときは広々としてバルコニーをどのような草花で彩るか、それほど確固たるプランがあったわけではないが、なんとなく近くにおきたいと思う草花を取り入れ、毎日のように水やりをしてきた。淡々と。

それから、丸4年、5年目ともなると庭に草花たちはよく根付き、リビングからの景色も目になじんでいる。枯れてしまったものもあるし、購入したときは大輪の花をつけていたのに、その後、小さくなってしまったものなどいろいろである。

紫陽花と椿、桔梗、これらは期待通りに毎年美しく花を咲かせてくれる。
シマトネリコは常に青々として特に夏場には木陰をつくってくれて本当にありがたい。
楓も夏のその美しい青は涼しげで、秋の紅葉が楽しみである。

ゼラニウムやミニバラ、ジャスミンなども期待にそって咲いてくれている。

5年の月日は私に年をとらせたのだけれど、草花にとってはこのバルコニーに根付くために必要な年月だったのだなあ。
と思うと5年の歳月は無駄ではなかったのだと思う。

仕事の上で、どのような業績を上げたのか、忙しく働いたことは確かである。
忙しい生活のなかで、草花を愛でながら、なんとか乗り切ってきたように思う。

追い立てられる生活の中で、なんとか乗り切れたのは、私のバルコニーがあったからなのかもしれないと少し思う。

草花はいつもそこにいてくれて、水を怠ればたちまち枯れてしまうものもいるけれど、それでも、水をやれば、生き返って、笑っているように見える。
朝早くから家族は仕事にでてしまって、それ以降、だれとも話さない日がたまにあるけれど、草花を見ていると時を忘れてしまうので、特段の孤独感などを感じることがないのが不思議である。

小鳥も来るし、彼らがそこいらの虫をちょこちょこ食べているのをみるとなんだか笑いがこみ上げてきたりする。小鳥のさえずりを聞いて、あの鳥はなんていう名前なのだろうと調べているうちに時間が過ぎていたりする。

忙しい仕事の合間のわずかの時間だが、知らないうちに安らいでいる。ありがたいことである。




コメント

2018.7.2バルコニー便り 強い日差しに草花がぐったりしている

2018-07-02 12:32:35 | 日記
6月中に早くも梅雨明けしてしまったという。
随分、昔のことだが、なかなか梅雨が明けず、7月の下旬になっても明けなかった年があったが、そんなことは本当に昔のことになってしまった。

バルコニーの草花たち、雑草も含めて、強い日差しにやられてしまって、ぐったりである。

水をまいても、熱湯のようで、やけどしそうである。

冬の間は早く夏の明るい日差しが来ないか待ち遠しかったのに、こうも早く夏がやってくると、日差しの強ささえ、恨めしく思えてくる。
ゼラニウムなどいくつかはリビングの窓のそばに移動させた。少しは炎天を避けることができると思う。
月桂樹はその出自からだろうか、夏の暑さにもへこたれることなくすくっとたっている。ありがたいことである。
ピクルスでもつくろうかと思う。

机の上を整理していたら、母の看病に通っていたころのメモがでてきた。

最後の年、6月の中旬に入院した。6月の末に高熱がでて危ぶまれた。
7月の今頃は、依然発熱していて、もうだめかもしれないと覚悟を決めたことを思い出した。熱が高いという知らせを聞いて、今日が命日になるのかと思いながら病院へ向かったことを思い出す。

それから、10日ぐらい経って亡くなったのだが、あの年も暑かったけれど、夕方になれば涼風が吹いてきてしのぎやすかった。亡くなる前日、病院から出たときにみた夕焼けが美しく、今でも忘れられない。

世の中ワールドカップでにぎわっているけれど、そんなときでも、親の看病や最後の看取りに立会い、静かな夏の日を過ごしている人はいるのだろう。
人生いつでも明るいことばかりではないということなのである。





コメント

2018.6.21 バルコニー便り 桔梗が並んで咲いている

2018-06-21 14:23:04 | 日記
今日は、梅雨空だが雨は降らず曇り。
昨日は、随分降った。

今朝、バルコニーをみると桔梗が並んで咲いている。
梅雨の朝、その紫が鮮やかである。
桔梗の美しい姿はリビングより、洗面所とその隣の部屋の窓から見るほうが近くで味わえる。
洗濯を仕掛けようと洗面所のカーテンを開けると桔梗が並んで咲いているだなんて、贅沢だよね。

クチナシの花、枯れてしまったものをひとつひとつ摘む。
紫陽花は依然として咲き誇っている。今は、お多福さんが美しい。

そうそう、以前、実家の椿を移植したが、その種がたくさんできて、テキトーにあいた植木鉢に撒いてみたら、なんど知らぬ間に4つほど芽が出て葉が大きくなっているではないか!これは確かに椿の葉である。感動してしまう。日陰の忘れられた鉢なのに、ちゃんと芽をだしていて、私もいつか赤い大輪の花をつけますよ、とでもいうように存在感を示している。

実家の赤い椿の子孫がちゃんと我が家のバルコニーに根付いて、またいつか、冬になると美しい花をつけるのだろうか、実に楽しみである。

ワールドカップで日本がコロンビアに勝ってみんな大喜びである。
おっさんジャパンだなんていわれて奮起したのだそうだ。
香川も昔はまだ、20歳ぐらいで幼さが残っていたが今では、貫禄がついて侍ジャパンの頼もしい中心メンバーとなっている。
大迫はケルンにいたが、今はブレーメンにいるそうだ。ケルン、懐かしい街である。

2018の前、2014のときは、もう、父も母も亡くなっていた。義父と義母はまだ元気だったが、2015、2016と立て続けになくなってしまった。
2010年のときは何をしていたのだろうか。なぜか、思い出せないが、その年の秋に父が亡くなった。父を見送って随分経ってしまったのだなあ。
2006、2002と記憶をたどる。そうそう2002は日本で開催されたのでよく覚えている。稲本がゴールを決めたのだった。
まだ、あのころは若くて、バリバリ働いていたが、あれから16年。そろそろ仕事をどう縮小するか少し考える時期に入ったように思う。

次の2022はどうしているかしら。元気で働いていたいと思うのだが。
2020の東京オリンピックもあるけれど、年を重ね、こうして何度もオリンピックやワールドカップを経験し、2018のワールドカップのときはね、と長老のようにあれこれ講釈をする年寄りになるのだろうか。

世代は交代し、歴史は進んでいく。
歴史の一こまを刻みながら、生きていく。とはいえ、人一人の人生はあまりに小さいものである。

コメント

ザギトワさんと秋田犬のかわいさ だが 安倍総理夫妻はいらない

2018-05-28 14:36:32 | 日記
ロシアのフィギアスケーター金メダリストザギトワさんに秋田犬が贈られたそうである。
秋田犬は私も飼いたい犬である。
忠犬ハチ公は日本人ならみんな知っている。
最近はHACIという映画の影響で世界で秋田犬が人気だそうだ。

それにしても、ザギトワさんは少し困惑気味である。
だって、安倍総理夫妻が一緒についてきちゃったから。

なんで、ザギトワへの秋田犬贈呈に安倍夫妻が行くんだ?
まったく意味不明である。

そんな暇があったら、あきえ夫人は森友の説明の記者会見を開くべきである。
秋田犬になめられている写真を見て、反吐が出る。

いい加減にしてほしい。

せっかくのザギトワさんと秋田犬の贈呈式が、汚らわしく政治的においぷんぷん、腐臭ただようものになってしまって、台無しである。
マサルも困惑しているに違いない。
コメント

2018.5.28 バルコニー便り 紫陽花が美しい

2018-05-28 14:14:46 | 日記
籠池夫妻が保釈され、森友問題も動きそうだが、加計学園も目が話せない。愛媛県知事が県職員のプライドをかけ、柳瀬や安倍首相のうそを衝いて来ている。みんな愛媛県職員がうその文書を作る分けないことを知っている。ここにきて、うそで塗り固めた官邸のやり方がばればれで、どんなに鈍感な人でもアベ政権を信じるわけには行かない。自民党や公明党の議員もそろそろ分が悪いかもということで少しは新しい動きがあれば面白いのだが、まだ、どう転ぶか見ているようで情けない。

さて、
バルコニーは紫陽花の季節である。
アナベル、シュガーホワイト、ダンスパーティ、お多福など、紫陽花が美しく咲いている。
昨日からくちなしが3つ4つ咲いた。
近づくとほのかなくちなしの恥じらうような香り。

桔梗ももうすぐだ。

百日紅は冬は枯れ枝だったのに春になって葉がついて、夏の到来を待っている。まだ、つぼみも何も見えないがもうすぐ百日紅の季節がやってくるのだなあ。

ダリア(皇帝)は昨年はたった一つしか花が咲かなかったが、今年はなんとかたくさんの花を見たいものである。

紫陽花の紫と白を切花にしてリビングに飾ってみたら、なんと美しいこと!
高い花を買う必要はなく、季節のものを活ければそれでよい。

曇っていても晴れていても、草花が初夏の光に照らされて美しく風にゆれるのをみるのはなんともいえず心が安らぐ。

じっと草花を見ていると、随分長く生きてきたような、あっという間の人生だったようにも思えるのである。

こんなときのBGMはイタリア近代歌曲集がぴったりである。
ピアノ伴奏が少し物悲しく、美しいソプラノが終わった恋を歌う。

米朝会談が開かれることを切に祈るのである。
朝鮮半島が安定することは、アジア全体の安定につながる。
中東は不安定であるが、アジアだけでも安定し、人々が平和の風をいっぱいに吸えることができれば、と思うのである。



コメント