3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

アーダーン首相を見習うべき NZのモスクのテロへの対応はすばらしい

2019-03-20 13:53:51 | 女性の地位
ニュージーランドは、1893年に、世界で初めて女性に国政選挙権が得られた国である。1919年には被選挙権を獲得、1947年には初の女性閣僚が誕生し、女性の政治参加や地位向上に積極的に取り組んできた国である。

現首相はアーダーン首相という女性である。
彼女は着任早々産休をとったことでも有名である。

産休中は副首相が公務を行ったという。そうなのである。それでOKなのである。
病気になることだってあるのだから、産休をとってもよいのである。
日本はアーダコーダ言いそうだけれど。オヤジが多すぎて有能な女子が身動きできない日本。

アーダーン首相は無事に出産し、3ヶ月になったとき娘を連れて国連総会で演説をした。
パートナーが同行して赤ちゃんのお世話をしている。
なんてすてきな首相なのだろう。

そこにはアグネスチャンみたいな無理なやり方ではなくごく自然な行動として世界が納得するやり方のように思える。
パートナーが同行するなんて素敵過ぎる!

国連総会で、パートナーがおむつ交換をしていたときの談、「きのう国連の会議室でニーブ(3ヶ月の娘)のおむつを換えていた時、日本代表団が入ってきた。あの人たちのびっくりした顔を、写真に撮れれば良かった」

きっと日本代表団のおじさんたちは目をまんまるくしたのだろうね。
自分の子どものおむつ交換なんかたぶんしたことがないおじさんたちだ。
国連総会にきて、会議室でおむつ交換の光景をみてびっくりしたんだろうね。
日本のおじさんたちのおどろきようが、目に浮かぶようだ。

国連総会での演説がとても好評であった。
彼女はトランプに対抗できる世界のリーダーとして期待されているのである。


https://courrier.jp/news/archives/142008/
トランプ流に反論”|アーダーン国連スピーチ語録1
「私たちは、情勢を利用して名前も顔もない他者を非難し、人々の不安を煽って、より深刻なレベルの孤立主義に陥ることもできれば、あるいは、問題を認めて、その解決を試みることもできます」(──トランプの愛国主義を否定し、改めて多国間主義にコミットすることを呼びかけて)
“Me Too よりWe Too”|アーダーン国連スピーチ語録2
「ニュージーランドでは女性が投票権を獲得してから今年で125年になります。ニュージーランドは世界で最初に女性参政権を認めた国です。(中略)そもそも私は、ニュージーランド初の女性首相ではなく、3人目の女性首相です。

しかし、そうした事実にもかかわらず、ニュージーランドにも依然として男女の賃金格差、低賃金労働に占める女性の割合が多すぎることや家庭内暴力などの問題があります。そしてこうした問題を抱えるのはニュージーランドだけではありません。(中略)

Me Too はWe Tooになるべきです。皆でこの問題に取り組んでいくのです」

なんて力強い言葉だろう。
我々はこの30代の女性首相をモデルとすべきである。
それにくらべ、わが国の首相はへらへらしていてトランプのポチといわれている。なさけないったらありゃしない。

先日、NZでモスクのテロがあった。
アーダーン首相の国民、世界に向けてのメッセージがすばらしいのである。
か細いからだで全身に力をこめたすばらしい演説である。
心打たれるものであった。

約100人が死傷したニュージーランド・クライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)銃撃事件を受けて、ジャシンダ・アーダーン首相は19日、銃撃犯の名前を今後一切口にしないと誓った。

アーダーン首相は議会で、「男はこのテロ行為を通じて色々なことを手に入れようとした。そのひとつが、悪名だ。だからこそ、私は今後一切、この男の名前を口にしない」と、気持ちをこめて演説した。

「皆さんは、大勢の命を奪った男の名前ではなく、命を失った大勢の人たちの名前を語ってください。男はテロリストで、犯罪者で、過激派だ。私が言及するとき、あの男は無名のままで終る」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
銃規制を強化するとも言っていた。
100年に一度でる女性首相である。
この自然体で有能は女性首相に期待したい。
英国も女性首相だが、あの偉そうでケバ首相は受け入れられない。迷走する英国はNZを見習うべきなのではないだろうか。
本家よりずっと民主的で女性の力が発揮されているNZから多くを学ぶべきである。

コメント

早稲田大学が東京女子医大を、だなんて絶対に許せない

2019-03-05 17:11:02 | 女性の地位
悲報である。
早稲田大学は文科系の大学、理工があるが添え物なので、であるが、そこが医学部を作りたいとかねがね思っているそうだ。
早慶といっても早稲田は医学部のある慶応に比べるとかなりの遅れをとっている感が否めないので、この際、女子医大を買ってしまおうとおもっているのだろう。

しかしだ。早稲田と女子医大????

これだけ、女子の医学部進学が大変な時代が続くのだから、女子医大の役割はますます大きくなるばかりだと思う。そんなときに男女共学の早稲田大学などと一緒になったら、これまで女子のみだった学生がまた、すくなくとも半分は男子に占められるわけで絶対に承服できない。
それとも早稲田大学医学部は全員女子ということにするのだろうか、それなら少しは理解できる。

女子医大は長い歴史のある大学である。
早稲田のように手垢にまみれていない。
だいたい卒業生たちが許すはずがないではないか。

早稲田と女子医大受かったらほとんど全員女子医大に行くだろう。常識的にいって。

早稲田は政経が主でマスコミにはめっぽう強い。
それだけがとりえのような大学だから、まったく正反対のような女子医大がなくなって早稲田になってしまうなんて、本当に頭にくる。

それより、早稲田が買うのなら東京医大にすべきである。どうせとり潰しになるぐらいいい加減なことをやっているのだから、早稲田に買ってもらって生き延びるほうがよいのである。

女子医大は早稲田になんかになびくな。
これから30年は女性医師の養成に必要な大学なのだから。

それより、津田とか東京女子大とか日本女子大などと女子医大が合体して、薬学部看護学部もどこかと一緒になって、連合大学にして徹頭徹尾女子のキャリアをつける大学として生まれ変わったほうがこの際いいのではないだろうか。これだけ世界のなかで日本の女性の地位が低いと相当焦点化させて強化したほうが良い。そういう意味において女子医大の役目は大きいと思うのである。


コメント

医師の不祥事 昭和大学病院医師の強姦事件

2019-02-28 16:08:23 | 女性の地位
女性は入りにくいとされている医学部。
女性の受験生より優遇されて入学し、医師になって、挙句の果てに女性を薬物で無抵抗状態におとしめ、強姦をしたという。
こんな医師を許していいものか。
医師免剥奪、一生、浮かばれない人生にならないと気がすまない。
こんな鬼畜野郎は女の敵である。
人の命を扱う仕事に就いてはいけないのである。
偏差値が高いからといって人間的にも優れているとはいえない。
医師は人間的に信頼できる人でなければならない。
病に苦しむ患者を相手にするのだ。
診察室で患者に優しくともその裏で女性に睡眠薬を飲ませて強姦しているとしたら、二重人格で危ない。許せないのである。
こんなものを優遇して医者にしても犯罪者になるだけなら、女性医師をふやしてほしいものである。
強姦魔の医師などいらないのである。
これまで、こういう事件は示談にし金で解決してきた。
どこかの婿養子になって苗字を変えてシャーシャーと医師をやっていたりするのである。
親が権力を持っている場合などそうするらしい。

しかし、これからはそうはいかない。そういう時代になったのである。
しばらくしてしれっとどこか地方の病院かなんかで医師として働いているかもしれないと思うと身の毛がよだつ。
性犯罪者は病気である。そう簡単に治らない。とことん追跡して第二の被害者がでないように監視すべきではないだろうか。
所詮医師には向かなかったやからなのである。
別の道を歩んだほうが世のためである。
コメント

セクハラが横行する企業の話 メンタルを抱える女性労働者の多くはセクハラ・パワハラの被害か

2019-02-17 13:37:15 | 女性の地位
毎日新聞の
医療プレミア 誰も言わない うつの本音
の記事

セクハラが横行する会社の「あるある文化」とは
2018年7月11日 西川敦子 / フリーライター


・“お茶出しをするのは女性”という暗黙の了解がある

・担当と関係のない宴席に女性が呼ばれる

・上司の私用など、仕事と無関係のことを女性がさせられている

・女性の派遣社員のことを“女の子”“派遣さん”“○○ちゃん”などと呼ぶ

・「新しく来る子、かわいいの?」などと女性の容姿をやたらと話題にする

などである。

 「セクハラ加害者は突然、加害者になるわけでありません。“組織の土壌”が彼らを生んでいるのです」と話すのは、セクハラ問題に特化した労働組合「パープル・ユニオン」の執行委員長、佐藤かおりさん。2003年、派遣社員時代に受けたセクハラ被害で精神疾患を発症し、後遺症で就業できなくなった経験を持つ。2015年、国を相手取ったセクハラ労災行政訴訟で、日本で初めて勝訴した。

 自分の被害経験や、セクハラ問題の団体交渉、裁判などの支援を通じて、「セクハラが止まらない企業」は、もともと根深い問題を抱えていることに気づいたという。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
人手不足とか女性労働者が離職するとかいろいろ取り上げられているが、その根底にセクハラがあるということだろう。
筆者もつくづく日本の企業の人事権をもつような管理職の男どもは低レベルなセクハラ男が多いと痛感している。

女の子とかいつも使うし、
この間なんか、あるプロジェクトの人選をしているときに「きれいどころを並べて」と言い放った男がいて、
猛然と抗議したが、未だに謝罪していない。
大企業でもどこでもこのレベルである。

もし、女性の労働者がメンタルをやられて休暇をとっているというような場合は、セクハラやパワハラを疑ったほうが良い。
女性労働者がそもそもメンタルがよわかったのよ、では済まされないと思うのである。
上司はきちんと能力を認めちゃんとした仕事を与えているのだろうか。ハードルが高すぎるとか低すぎるとかそういうことはないのだろうか。
必死にがんばってきていざがんばろうと思っていた矢先、バカにしたような仕事とかそんなことでお茶を濁すか、なんてと不条理に憤ることもあるのではないだろうか。そういう日々が続けばメンタルやられるよね。
これは男性労働者も同じだと思う。

第三者機関に相談、訴えられるような窓口を必ず作る必要がある。
秘密を守り、相談したりしても不利益をこうむらない、そういう第三者機関であることが条件である。

日本企業の体質を変えない限り、女性活躍社会なんてくるわけない。
このままだとメンタルをやられた女性労働者が増えるばかりである。
滅亡に向かう日本である。


コメント

アメリカのセクハラ告発“パンデミック”は日本に本当の意味で上陸するか

2019-01-17 16:29:16 | 女性の地位
2017年の秋、#meetoo の運動のうねりが拡大してアメリカではセクハラの告発の嵐だった。
日本にも上陸すると言う気配があったが、それほどでもなく、日本の女性は「平和そのもの」である。

週刊SPA!の「やれる女子大学生」記事に対し、女性を軽視した出版を取り下げて謝って下さい、と大学生がchange.orgを通して掲載した編集部を告発し、署名5万人を集めた。久しぶりの快挙であった。
しかし、廃刊にすべき雑誌も対話をしたようだが、その後新たな展開もなく、マスコミに取り上げられることも少なくなり残念である。

さらに、松本人志が指原さんという歌手にむかってセクハラ発言をして問題になっている。

2019.1.13に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」で、アイドルグループ「NGT48」メンバーへの暴行事件をめぐるトークの最中、レギュラー出演者の松本人志(55)が、ゲストのタレント指原莉乃さん(26)にセクハラ発言をしたとして、批判の声が高まっている。
事の顛末は次のとおり。

松本らは13日のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)でNGT48の山口真帆(23)が昨年12月、男性ファン2人に自宅に押しかけられる被害を受けた事件についてトークを展開。指原が「誰がトップなのか、誰が仕切っているのか本当に私ですら分からない状態」などと訴える流れの中で、松本は「それはお得意の体を使って何とかするとか」などと発言。ネット上では「ひどいセクハラ発言」などと批判の声が上がっている。

ということである。お得意の体を使って・・・って何?
本当にひどい発言である。

松本は吉本興業がバックにいて、フジサンケイも女性蔑視、右翼なので、スルーしようとしているのだろう。

が、こういう胸糞わるい発言を編集段階でカットせずにスルーしているフジテレビも犯罪行為である。

スルーしてはいけないのである。
もう二度と娑婆に出てこられないように葬るしかないのである。
絶対に許されない発言なのである。

#meetoo のパンデミックを心から願うのである。
ここで一気呵成に変革の流れを作ろうと思う。
まず手始めにみんなで、力を合わせ告発しよう。
声を上げることからはじめ、変革の波を作ろう。

コメント