3.11以後の日本

混迷する日本のゆくえを多面的に考える

中島みゆき singles 懐かしい

2019-03-05 14:58:33 | 音楽ノート
中島みゆきのsingles 3枚組みのものを聞いている。
懐かしい歌である。

リバイバル 
ホームにて、
悪女、孤独の肖像とか。いろいろ入っているのである。

そうそうこういうのが中島みゆきだよね、って思いながら聞いている。

孤独の肖像

みんなひとりぽっち 海の底にいるみたい
だからだれか どうぞ上手な嘘をついて
いつも僕が側にいると 夢のように囁いて
それで私 たぶん少しだけ眠れる

Lonely face 悲しみはあなたを失くしたことではなく
Lonely face もう二度とだれも信じられなくなることよ
どうせみんなひとりぽっち海の底にいるみたい
だからだれかどうぞ上手な嘘をついて
いつも僕が側にいると夢のように囁いて
それで私たぶん少しだけ眠れる

Lonely face 愛なんて何処にもないと思えば気楽
Lonely face はじめからないものはつかまえられないわ
どうせみんなひとりぽっち海の底にいるみたい
だからだれかどうぞ上手な嘘をついて
いつも僕が側にいると夢のように囁いて
それで私たぶん少しだけ眠れる

どうせみんなひとりぽっち海の底にいるみたい
だからだれかどうぞ上手な嘘をついて
いつも僕が側にいると夢のように囁いて
それで私たぶん少しだけ隠して心の中ずめて心の中
もう二度と悲しむのはこりごりよ暗闇の中へ
隠して心の中ずめて心の中
もう二度と悲しむのはこりごりよ暗闇の中へ
消えないわ心の中消せないわ心の中
手さぐりで歩きだしてもう一度愛をはじめから
消えないわ心の中消せないわ心の中
手さぐりで歩きだしてもう一度愛をはじめから
消えないわ心の中消せないわ心の中
手さぐりで歩きだしてもう一度愛をはじめから
(Foever)
消えないわ心の中消せないわ心の中
(Foever)
手さぐりで歩きだしてもう一度愛をはじめから
//////////////////////////////////////////
相当傷ついた経験がないとこういう歌詞はかけないと思うのである。
うそでもいいからいつもそばにいるといってほしい、と願ってもそうはいかない、それが現実である。
それでもまたしばらくすると誰かを愛していたりする。
だからといって前の恋人を忘れるわけではない。
泣ける。

街角から聞こえてくる昔の歌に足をとめる。
「りばいばる」はそういう歌である。

忘れられない歌を突然きく。
だれも知る人のない遠い街角で。
やっとうらみもうそも薄れたころ
忘れられない歌がもう一度流行る

愛してる、愛してる、今はだれのため?
愛してる、愛してる、君よ歌う。

やっと忘れた歌がもう一度流行る

なんだか泣けてくる。

何も言葉に残る誓いはなく、
何も形に残る思いでもない。

酒に氷を入れて飲むのが好き
それが誰の真似かもとうに忘れたころ

愛している、愛してる、今はだれのため?
愛している、愛してる、君を歌う

やっと忘れた歌がもう一度流行る
//////////////////////////////////
たとえば、昔、付き合っていた人がいて、もう今は別れてしまって、すっかり忘れていつもの生活を送っている。
突然、あのころ流行っていた歌がまた流行っている。突然街角で流れる。足が止まる。胸が痛む。
あのころを思い出し、そしてそのころのあの人を思い出す。
泣けてくるよね。

クイーンなんかを聞いて思い出を辿る人もいるだろうね。
ユーミンのひこうき雲を聞いて思い出に浸る人もいる。

私は何を聞いて思い出に浸るのだろうか。
この3枚組みのアルバムに入っている「傷ついた翼」という歌がある。
時は流れゆき思い出の船は・・・
どこにいるの翼を折って・・・
飛んでいてねあなたの空で・・・
私きっとすぐに行くわ。

何もいわぬ瞳の色、今見える。

なんか懐かしい。
コメント

中島みゆき 「ホームにて」 のすばらしさ

2019-02-17 14:36:16 | 音楽ノート
ユーミンのアルバムの話をしていて最後のほうで中島みゆきを褒めて終わってしまった。
中島みゆきの「ホームにて」この間、NHKsongsでやっていてあらためて聞いて、なんて奥深い歌だろうと思った。

中島みゆき初のNo.1ヒット・シングル『わかれうた』のB面に収録された“隠れた名曲”。1977年
当時のコンサートや、加藤登紀子と共演したフジテレビ「ミュージックフェア」(1978年2月21日O.A.)などでは、この曲を唄いながら泣く場面があった。中島みゆき研究所 http://miyuki-lab.jp/disco/song/ba047.shtml

東京に出稼ぎに来て、仕事がうまくいかなくてホームレスになったおじさんがきいたら涙を流すのではないかと思うのである。

ふるさとに向かう最終列車
お急ぎくださいと駅長がいう。
上野駅に違いないのである。
ふるさとはきっと青森とか秋田だ。
北海道かもしれない。でもそれは札幌や函館ではないのだろう。

空色の汽車・・・

夜行列車なのだろうか。
汽車、いい響きだ。

汽車なんだよね。

新幹線なんかじゃないんだ。
リニヤカー、ありえない。

上野駅のホームで一人たたずむ
ホームにて、ふるさとに帰りたいでも帰れない。
そうやって、東京に染まっていく。

いまやふるさとは人口急減社会になっている。

あのころ東京にやってきた若年労働者はいまや定年を向かえ、大都市東京の高齢化の中心層である。

ふるさとをもつ地方出身者が東京で成功した人もそうでないひとも皆涙ぐむ
中島みゆき「ホームにて」なのである。

中島みゆきの地方へのまなざし、地方出身者のまなざしの暖かさと歌の底に流れる社会性、これがいいのである。
だからやっぱり最後のところで
ユーミン<中島みゆきなのである。


コメント

ユーミンのアルバム 結構すきな「悲しいほどお天気」だが・・・。

2019-02-17 13:59:40 | 音楽ノート
ユーミンのアルバム、結構すきなもの「悲しいほどお天気」
リリース1979.12.1

1. 「ジャコビニ彗星の日 -The Story of Giacobini's Comet-」 4:00
2. 「影になって -We're All Free-」 5:32
3. 「緑の町に舞い降りて -Ode of Morioka-」 4:41
4. 「DESTINY」 4:41
5. 「丘の上の光 -Silhouettes-」 6:04
6. 「悲しいほどお天気 -The Gallery in My Heart-」 4:53
7. 「気ままな朝帰り -As I'm Alone-」 3:20
8. 「水平線にグレナディン -Horizon & Grenadine-」 4:35
9. 「78」 5:00
10. 「さまよいの果て波は寄せる -The Ocean and I-」 6:26

1.ジャコビニ彗星の日は1972年のジャコビニ流星群をテーマにした作品だ。
古きよき時代の日本を思い出す。
2.影になって、何度もダイヤルする、指が痛くなる、というのが昔のダイヤル式の黒電話を思い出す。ドーナツ屋の薄いコーヒーってミスドのことだよね。
3.緑の町って盛岡なんだね。
そして、
4.代表作のDESTINY

とまあ続くのだが、
四畳半フォークじゃないということでニューミュジックの代表のユーミンである。
それぞれの曲は歌詞もメロディーも洗練されていて好きだ。

しかし、四畳半フォークじゃないとはいえ、そこには社会性はみえない、というところがユーミンのアイデンティティでもあるが弱点でもある。
経済的に豊かな都内在住の中産階級の娘のちょっとおしゃれな毎日、恋の風景、ノンポリ女の浅薄さが気になるところがある。
あるところまで絶対的に支持するが、歌詞もテーマも支持するが、しかし、最後のところでその浅さがきになるときがある。

久しぶりにあった元彼、安いサンダルをはいていて後悔するなんて、バカな女子の代表のような感覚だよね、って、思ったりする。
そこには、仕事をがんばろうとかそういうのではなく、所詮、女は恋に生き、いつもよい嫁ぎ先を物色しているというような女の姿である。

そこいくと中島みゆきのほうが、地方出身であるがゆえ、地方出身、しかも北海道という地方からみた東京のゆがみと憧憬があるので、いいなあとおもってしまう。
ユーミンは好きだが、時折、その「表面的」な「ブルジョア的」なセンスに辟易するときがある。

八王子の絵が好きな呉服屋の娘が金持ちの慶応野郎と結婚して、階層移動して何がうれしいのかと批判したくなる。
荒井より松任谷のほうが聞こえがよいので、すんなり結婚後も夫の姓を名乗っているところが嫌いなのである。

松任谷と結婚して歌が大ヒットして巨万の富を得たユーミンであるが、以外とさびしい老後なのではないかと思うのである。




コメント

ユーミンの歌 私のベスト12 ’幸せになるために’とか

2018-12-31 17:53:38 | 音楽ノート
2018年の紅白でユーミンに歌ってほしいリストである。
取り急ぎ12曲選んでみた。

1.あの日に帰りたい
2.卒業写真
3. 時をかける少女
4. 幸せになるために1
5. 幸せになるために2
6.いちご白書をもう一度
7.リフレインが叫んでいる
8.SEET DREAMS
9.霧雨で見えない
10.朝陽の中で微笑んで
11.Good luck and Good by
12.人魚になりたい

なんとなく、青春の日々を思い出すのである。
ユーミンがまだ、ひこうき雲をうたっていたころから知っている。
まだ、レコードだったころから。
その後、ウオークマンになり、CDになった。

中島みゆきとともに私の青春そのものである。
それぞれの歌に思い出がある。
懐かしさに涙ぐんでしまいそう。

成就しなかった恋の思い出
今でも輝く人でいてほしい。
最後に会ったのはいつだっただろうか。
消息を知るすべは多々ある。
時折、その人を思い出して、検索する。
その人も同じように私を思い出しているような気がするときがある。
こんな冬の強い風の日や冷たい雨のそぼ降る秋の午後はそんな気がするのである。

いつか死亡記事を読む日がくるのだろうか。
老いて、若い日の恋など忘れてしまう日が来るのだろうか。

ユーミンの歌ベストを考えていて古い恋を思い出してしまった大晦日なのである。







コメント

 女性指揮者の台頭ーバーミンガム ミルガMirga Gražinytė-Tyla

2018-09-21 11:48:40 | 音楽ノート
クラシカジャパンのポートレート
有名な指揮者やピアニスト、バレエダンサーなどの生涯などを取り上げ、すごく面白いプログラムが多いのだが、
先日、ミルガというリトアニア出身の若干30歳の女性指揮者を取り上げていて、とにかく、感銘を受けた。
彼女の経歴は
次のとおり。

ミルガ・グラジニーテ=ティーラ(1986年 - )
リトアニアのヴィリニュス出身の指揮者。
ビリニュスの国立チョルリョーニス芸術学校,グラーツ芸術大学,チューリヒ音楽院,
ライプツィヒ音楽院,ボローニャ音楽院に学ぶ。
2011-12年にハイデルベルク市立劇場の第2楽長
2013-14年にベルン歌劇場の第1楽長
2015年からザルツブルク州立劇場の音楽監督
2015年からロサンジェルス・フィルハーモニックのアシスタント指揮者
2015年7月からバーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者を務めていて、2016年9月から第12代音楽監督に就任

とにかく、かっこいい。
見かけは華奢な30歳の女性なんだが、その芸術にかける情熱とこだわりは只者じゃない。
パワフルで、ハイなそのキャラに一クセも二クセもあるようなチェロやコントラバスの男どもをバッタバッタとなぎ落とし、ひれ伏させる。
彼女をみていると、とにかく、やっと、女性の指揮者が普通に出てくるそういう時代にはったことを予感させる。

ピアニストやバイオリニスト、声楽家など多くの女性音楽家はいるが、指揮者となると、これは男の独壇場だった。
カラヤンみたいな独裁者の男がすべての権力を握り、統括するというオケのスタイルを打ち破る新しい時代の指揮のあり方を示すものである。

日本人では西本智美がいるが、実績ではミルガにはかなわない。

デュダメルは、ベネズエラ出身で世界的な指揮者になったことで有名だが、ダイナミックな指揮でいいが、どっちかというと力で圧すタイプで、有名になったとたんにモデルみたいな女をつれていて、その普通な感じが興ざめだった。男の指揮者は俺様主義でなじめない。だいたい、男性指揮者の囲われているような夫を支える、夫によって豪勢な生活を保障されご満悦な妻など見たくもないんだが。

ミルガに希望を託したい。
ぜひ、クラシカジャパンのミルガのポートレートをご覧あれ。
コメント