教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

横浜市上郷・森の家リニューアルオープン

2019年09月04日 | その他

9月1日、上郷森の家リニューアルオープンの式典及び内覧会に
関係者としてお招きいただき新恵先生とともに参加しました。


今までバーデゾーン(温水プール)だった場所です。
床は板張り、大きな鏡がつけられ社交ダンスなどで使われる
多目的ホールとなりました。
上を見上げればステンドグラス。素敵な雰囲気の空間です。


式典ではさまざまな来賓の挨拶があり横浜市長の林文子さんが
トップバッター。この施設が横浜市のものなのだと改めて思いました。

式典の後はグループに分かれ館内やキャンプ場を案内していただきました。
我々は陶芸教室や日本野鳥の会の方々と。


宿泊料金がちょっとお高めなエグゼクティブルーム
大きな窓からは横浜自然観察の森が見下ろせます。


快適に過ごせそうです。


エグゼクティブルームは浴槽つき。


こちらはスタンダードルーム
大人数向きですね。小学生たちがよくやってくるこの施設。
以前は畳敷きでしたが時代を反映させてベットにしたのだとか。
子供たち、喜ぶでしょうね。

この部屋はシャワーのみなので

男女別の大浴場があります。外には一人用の湯船がありますが
ここが外から見えないようにするのが大変だったと建築家の先生が
おっしゃっていました。


本館からゆっくり歩いて5分ほど。バーベキュー場だった場所に
キャンプサイトができていました。


手ぶらで来て贅沢にアウトドア気分が楽しめるグランピング施設も。
大きなテントのなかに簡易ベットやテーブル、クッションなどが
備え付けてあります。
以前からバーベキュー場は人気がありましたがさらに混むかも。


最後にレストランへ。kokkoという名の素材にこだわったお店で
試食させていただきました。
以前はカレーライスやサンドイッチやスパゲティーなどが気軽に
食べられる食堂でしたが高級感とお洒落感が漂う空間に。

さっそく9月2日のお昼にHさんが行ってみたものの団体しか受け付けない
ようだ、と帰ってきてしまいました。まだ準備ができていないのでしょうか。


別館はなにも変わっておらず。体育館の屋根が補修されたのかな?
我々が使用させていただく工房も出て行った時のままだったので
新恵さんと一時間以上掃き掃除、拭き掃除をしてピカピカにしました。

パーキングの機械や陶芸教室の開催もこれから。
秋の行楽シーズンにはさまざまなことが落ち着いて活気に満ちているかも。
上郷森の家絵画教室にとっても新たな季節の始まりです。

横浜市上郷・森の家
→公式サイト

コメント